« 涼しげアレンジメント | トップページ | クズの花 »

2013/08/28

タカサゴユリの咲くころ

今年も8月に入ってから、庭やご近所で「タカサゴユリ」の花が咲き始めました。
 
4年前、クックの最後の日々を見守りつつガラス越しに眺めたあのときから、
心の中でクックと強く結びついた野生の真っ白いユリの花。
 
毎年何輪か咲くのを楽しみにしています。 昨日・8月27日のクックの命日に寄せて
「タカサゴユリ」をアップさせていただきます
       cute(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
          130727takasagoyuri4
 
                 蕾が顔をのぞかせ始めました
 
          日当たりの悪い庭のせいか、毎年花数は少なめです
 
 
 
 
 
 
    130817takasagoyuri1
 
 
       すっかり薄暗くなってから、白い花が浮き上がるように見えるのを
           撮りたかったのですが あいにく風にゆ~らりゆらり
           蚊が押し寄せてくるので 早々に切り上げました sweat01
 
 
    130817takasagoyuri2
 
 
 
 
 
 
          130816takasagoyuri3
 
 
               その朝咲いたばかりの 初々しさよ
 
 
          130816takasagoyuri5
 
 
 
 
 
 
          130826takasagoyuri
 
          ある朝 花の散った後にとまっていたのはアブラゼミ
 
              うふ こんな所で夜を明かしたの? confident
 
 
                 ( 7/27 ~ 8/26 撮影 )
  
  
 
「タカサゴユリ(高砂百合)」 : ユリ科 ・ ユリ属  別名「細葉テッポウユリ」など
 
                  台湾原産であることから、台湾の別称「タカサゴ」
                  (琉球語のサカサング由来)から「タカサゴユリ」と
                  なったそうです。
 
                  「テッポウユリ」やその他の種との交雑も多いそうです。
                  花被の外側に暗赤色の筋が入ることも多いようですが、
                  わが家で咲くもの(どこからか飛んできて自然に咲く
                  ようになったもの)には、赤い筋がありません。
  
                  よく似る「テッポウユリ」は、南西諸島から九州南部が
                  原産地で、沖縄では自生のものの群生が見られるそう
                  ですよ。
 
 

|

« 涼しげアレンジメント | トップページ | クズの花 »

コメント

ポージィさんこんにちは^^
お久しぶりにおじゃまします。
ブログはずっと拝見させていただいておりました。
百合の花もいろいろな種類があるなか、気品と芯の強さ、
そして優しさも兼ね備えているようでとても素敵な
花ですね。朝からとても爽やかな気持ちになりました。
ありがとうございます。
この名前に変えて戻ってまいりました(笑い)
読み逃げすることの方が多いかもしれませんが、
よかったらまたお付き合いいただくと嬉しいですhappy01
この後、私もある白い花をUPする予定です。

投稿: ターコイズ | 2013/08/28 10:15

おはようございます!

そうでしたね~ クックちゃんの命日でしたね。
クックちゃんのそばで 祈るようなお気持ちで ガラス越しにご覧になられたこのユリに対する思い 想像して涙してしまいました。

咲き始めから開花まで とても清楚で素敵なユリ クックちゃんもきっと今 一緒に眺めていることでしょうね。

タカサゴユリとシンテッポウユリ 区別が難しいですね。
これは葉っぱも細く 花冠に赤い縞がないようなのでシンテッポウユリなのでは?
お写真の撮り方なのかもしれませんが 花冠が白く見えました。
間違っていたらごめんなさいです。
タカサゴユリとテッポウユリの自然交配がシンテッポウユリだそうです。

投稿: pole pole | 2013/08/28 10:28

 真っ白で、細い葉っぱに、トランペットのように長い花。メロディーが聞こえてきそう。好きです。
 ユリは真っ白の花のが、清涼感があっていい。

投稿: 夢閑人 | 2013/08/28 10:52

色々と思いだしてしまうお花なんですね。
とっても清楚です。
ポージィさんの中のクックちゃんも
こんな風に真っ白で清楚なんだろうなぁって思いました。
花弁が少し厚めに見え、さらに白さを美しくしていますよね。
貴婦人なんかがしてる肘まである長~い手袋(?!)を思わせます。
花が長いからかしら。smile
台湾の先住民に「タカサゴ族」という方達がいらっしゃるのは知ってたんですけど、
別称が「タカサゴ」だとは知りませんでした。
賢くなった。flair

投稿: くらふぇ | 2013/08/28 12:41

場所を構わず咲いていますね
雑草みたいに咲きますが皆さんは長咲くのを良く知っていてこの花を咲くのを待って終わってから切るようですね
今でもあちこちで見られます
小鳥が種を運ぶようです

投稿: フクちゃん | 2013/08/28 15:02

こんにちは。
昨日は、クックたんの命日でしたか。
素でしたか、このタカサゴユリは、クックたんとの思い出の花でもありましたか。
こうして、綺麗な花で偲んでもらって、きっと喜んでいることでしょう。
暗所を背景に、浮かび上がる百合の姿、見事な写真に出来上がりましたね。
うっとり拝見しています。
散ったあとに縋っている油蝉、きっとポージィさんの想いを、クックたんのもとへ運んでくれることでしょう。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/08/28 15:21

涼しげなお花アレンジを拝見できました、
わざわざでなければなかなかお目にかかれませんし、
本当に良かったです。
27日は命日、タカサゴユリの清々しい姿と重なりますね。
よくここまでお育てになったと、いつも感心していました。
お庭にこれだけのご立派な百合の花、さぞかし楽しみにされていたことでしょう。
いよいよ開花で投稿の日を迎え、一入の嬉しさと思います。
百合はいつ見てもですがステキですね。

投稿: 玲 | 2013/08/28 17:11

cute ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
広場の方では気付かずにいて失礼しました。面目ないです~sweat01
遅ればせながら、新ブログ開設おめでとうございます。
空の色の様でもあり、空を映した水の様でもあり、石の色でもあり…
綺麗な色がぱっと思い浮かぶHNですね♪
ずっといらしてくださっていたとのこと嬉しいです。
読み逃げでも構いませんし、ご負担にならない範囲で、
これからもよろしくお願いします confident
 
テッポウユリにそっくりのこのユリ、すっきりした花姿に
独特の品がありますよね。
ターコイズさんに褒めていただいて、ちょっと照れて
うつむいているようです smile
 
 
cute pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
このユリとクックとの結びつきが、自分の中で年々強まっていくような
そんな気がしています。すみません、pole poleさんの涙まで
お誘いしてしまいました。
 
わが家で咲くもの、最初から花冠の赤い縞はありません。
あれこれ検索したものを見ると、タカサゴユリでも縞なしのものもあると
書かれていたり、よく分からないながらタカサゴユリとしてしまっています。
葉は細くて縞がないのでシンテッポウユリとしても良いかもしれませんね。
ご近所のは縞ありばかりなのです。不思議な子たちです(^^)
 
 
cute 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
夢閑人さんもお好きですか、このユリ。嬉しいです。
清涼感と気品がある と毎年べた褒めしながら眺めています。
花が長ーくて、ほんとトランペットのようですよね。
どんなメロディーが奏でられているんでしょう。
私も聞いてみたいです。
 
 
cute くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
不思議と去年辺りからクックとの結びつきが強まってきたような
気持ちで見ています。去年は3年で今年は4年?
私の心の中でどんな変化が起きているんでしょね。
うふふ クックの思い出自体は、ユリの花のイメージではないなぁ。
イメージピッタリなのは何だろう?? パッと思いつかないやhappy01
 
あぁ ほんとですね。日焼け予防の白い長い手袋思い出しますね。
厚みもあって、しっかり紫外線防いでくれそうsmile
 
私も検索してみるまで、台湾先住民族の方たちの呼び名に
由来しているとは思ってもみませんでしたよ。
これも日本側からの呼び名ということになるのでしょうけれど。
花の名前にも歴史が重なっているのだなぁと改めて感じましたflair
 
 
cute フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
フクちゃんのご近所では、ところかまわずという感じで
たくさん咲いていますか。うちの辺りはぽつりぽつり程度です。
清楚な花ですから、私同様楽しみにしている方もいるでしょうね。
その逆の場合もあるでしょうけれど。
 
種は風で舞い飛ぶものと思っていましたが、鳥に運ばれることも
あるかもしれませんね。
 
 
cute 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなんですよ。逝ってしまってから4年となりました。
長くご訪問いただいている鎌ちゃんなどには、姿も思い出して
いただけるかもしれませんが、それでももう遠い存在でしょうね。
この花がクックと結びつくようになったのは去年あたりからです。
最期の日々とちょうど同時期に咲きますから。
何年か経ってからというのが不思議なような面白いような…。
でも結びついてきたからといって、悲しみを思い起こさせられて嫌だとか、
そういうのは全くなく、以前からの愛おしい想いは、クックに対しても
ユリに対しても変わることはありません。

暗がりで写した写真、鎌ちゃんに認めていただいて嬉しいです。
もう少しいい具合に画面に納まってほしかったのですが、
風ですぐ画面の外にいってしまうので諦めました(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2013/08/28 17:22

cute 玲さん、ありがとうございます ♪
 
アレンジメントにもお言葉を有難うございます。
いつもの習作ですので恥ずかしながらですが、ご紹介してしまいました。
 
8月のひと月弱のクックの最期の日々と、このユリが咲く時期と
ちょうど重なるのですね。窓内から眺め撮ったのを思い出しつつ、
毎年愛おしく眺めています。
 
いえいえ、育ててはいないのですよ。勝手に生えて勝手に育って咲く
野生児たちです。私が気をつけるのは、抜かないようにすることだけで。
逞しく自然に育った子たちです。
それがこんなに美しい花を見せてくれるのですから、ありがたいことですね。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/28 17:32

こんばんはhappy01
タカサゴユリは私の実家にもたくさんあって
長い間名前が分からなかったけど、
ポージィさんの記事で知ったのでした・・
私にとっても、思い出深いお花です
私は最近のお出ましなので
クックちゃんのことは知りませんでしたが・・
決して忘れることはありませんよね
私も亡くなったネコのこと、いまだに
あーだったこうだった・・と思い出しますもの・・confident
もう19年も前ですがcatface

投稿: sam | 2013/08/28 18:42

うちでも今年咲きました。
それもあまり日が差さない場所でひっそり咲いていました。
家の裏側なので気がつかなくて、花が終わりそうになって見つけました。
テッポウユリみたいに存在感がないですよね。
葉が細いからかな。

アレンジの黒い割りばしと青い花ステキですね。
割りばしの色を変えるとおもしろいですね。
考えるだけで楽しくなりました。

投稿: ロッキーママ | 2013/08/28 19:38

cute samさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは happy01
 
ご実家のお庭にもたくさん咲くのですね。
ということは、ご両親も抜いてしまわず咲かせていらっしゃる(^.^)
samさんにとっても思い出深いお花、今、ご自宅の近くでも
ご覧になれたら、ほぅっと胸があったかくなりそうですね。
 
クックのこと、たまに多くの方に思っていただきたくなって、
未だにブログに名前を出してしまいますcoldsweats01
今回samさんにも名前を呼んでいただけて嬉しかったです~dog
samさんも猫ちゃんのこと思い出していらっしゃるんですね。
忘れることはありませんよね。
うちでも夫と話題にしてはニヤリとしています smile
 
 
cute ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
お~ ロッキーママさんのお宅でも咲きましたか。
一昨年かその前に種が落ちたものですね、きっと。
タカサゴユリは種から花が咲くまでがほかのユリより短いそうですから。
日陰がちの場所でひっそりと咲きましたか。まだ背も花も小さいのでは?
充実してくると、背も高く花も大きく数が増えて存在感増しますよ。
来年はどうなるかな~
うちは日当たりが悪いのであまり大きくなりませんが…
 
アレンジにもお言葉有難うございます。
割り箸使いの、気に入ってくださいましたか、面白いですよね。
薄い器なら挟めますから、挟み方を変えると色々な表情も楽しめます。
そうそう、割り箸の色を変えるのも面白いですね。
このときは使いませんでしたが、赤い割り箸もいただきましたよ♪
 

投稿: ポージィ | 2013/08/28 20:37

こんばんは~
あらためて・・・よろしくお願いしますconfident

もう4年も経ちましたか・・・早いものですねぇ。
タカサゴユリとクックちゃん・・・チョッピリ悲しい花ですね。
あのクリッとしたお目々を思い出しちゃいました。
今年に入って、友達2人のワンちゃんも相次いで・・・weep
しばらくは泣き暮らしたようです。

前記事のアレンジメント、とてもステキ~heart04
クレマチスは切り花にならないと思っていたんですが・・・目から鱗!
ロウグチの色と形、とてもいいですね、庭に欲しくなってしまいました。

投稿: 雪ん子 | 2013/08/28 21:50

ポージィさん
こんばんは
タカサゴユリは、クックちゃんと強い思いででつながっているのですね
毎年、この時期に思い出してもらい、クックちゃんも喜んでいることでしょう
ペットは、家族の一員ですものね
私も、小学生の頃に飼っていた〝エス”の最期を忘れることができません
何かの時に、思い出します

このユリは、我が家の近くでも見れますね
非常に清潔な綺麗な花ですね

投稿: ジジフク | 2013/08/28 21:51

そうですね。クックちゃん、私も忘れていませんよ。
表情を覚えています。街で似たわんこに会うと思い出します。

投稿: ふくやぎ | 2013/08/28 22:43

おはようございます。
クックも幸せですね、4年経ってもこうしてユリが咲くたびに家族に思い出してもらえるなんて…・
タカサゴユリも白が浮き上がって綺麗です。
元気だったアブラゼミの声もツクツクホウシに変わって、いよいよ秋の気配が漂ってきましたね。

投稿: ソングバード | 2013/08/29 07:15

cute 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
こちらこそよろしくお願いしますhappy01
 
一緒に暮らした15年もあっという間でしたけど、逝ってしまってからの
4年もあっという間。今生きてたら19歳? 病気がなかったとしても
もう逝っちゃってる年齢ですねぇ。
クックのくりくりおめめ、思い出して下さって有難うございますdog
お友達のワンちゃんも相次いで亡くなったのですか。
かけがえのない子たちとの別れ、泣き暮れてしまいますね…
しばらくは何かと涙が流れてしまうと思います。
 
アレンジメントにも有難うございます。
お庭のクレマチスって、蔓や花が好き勝手な方向向いているので
扱いづらいですよね。思い切って短く扱ったり遊ばせるのが良いようです(^^)
ロウグチは小さく地味目だけれど色も形も素適で、ファンも多いみたい。
雪ん子さんのお庭にも仲間入りするかな?
 
 
cute ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
私の中でタカサゴユリとクックの結びつきが強まってきたのは
昨年辺りからなんですけど、それ以前も意識していなかっただけで
結びついていたのかもしれません。いちばん辛かった時期と花期が
ちょうど重なってますから。
今も毎日写真を見てご飯を上げていますが、8月は気持ちがちょっと
違うのかもしれません。
ジジフクさんも「エス」ちゃんの最期が心に焼き付いていらっしゃるんですね。
元気にしていた楽しかったころのことも思い出してあげてくださいね。
 
身近で咲いてくれるおかげで、テッポウユリ似の清楚で品ある花を
手軽に楽しませてもらえて、感謝しています。
侵入生物といわれていても美しいものは美しいですよね~
 
 
cute ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
クックのこと覚えていてくださって嬉しいです。
似たワンちゃんにお会いになったときも思い出してくださるなんて、
クックは幸せな子だなぁ。いやいやクックだけじゃありません。
私も幸せ者です。 ありがとうございます(^^)
 
 
cute ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
私たちは毎日写真を見てご飯を上げ、話題に上らせていますが、
ブログを訪問してくださる皆さんにも、強制的?に思い出して
いただいちゃっています~
といっても、クックがいなくなった後、お付き合いが始まった皆さんには
???ですよね。すみません(^^;)
 
タカサゴユリも綺麗な花ですね。勝手にやってきて勝手に咲く
野生次ですが慈しんでます。
セミたちの声もツクツクボウシに取って代わってきていますか。
涼やかな乾いた風も吹きましたし、秋を感じられる日が
どんどん増えていくでしょうね。
 


投稿: ポージィ | 2013/08/29 09:10

クックちゃんの凛としたところと
タカサゴユリの姿はどこか似ていると思った私です。
それにしても美しいですね。
花だけをみると貴婦人のようですが、
全体的にはアスリートのような。
私の勝手な妄想です。

投稿: koko | 2013/08/29 12:44

cute kokoさん、ありがとうございます ♪
 
わぁ 凛としたイメージをクックに重ねてくださるなんて有難うございます。
超の付く怖がりさんでしたが、その怖がりな子が
最期の日々はまさに凛としてて胸打たれました。
「花だけ見ると婦人のようで全体的にはアスリートのよう」との
kokoさんの妄想 smile、言い得て妙ですよ!
なるほどなー 細い葉っぱのなびくような様子や
スーッと長い花筒がアスリートだなって思いました shine
 

投稿: ポージィ | 2013/08/29 15:51

スマホなんか買ったので忙しくなったりしていましたがやっと慣れました。
クックちゃんの命日は27日でしたか。もう4年でしたかしら。
私もクックちゃんだけは我が家の文子(文鳥14年前)とともに忘れられないです。
白いクックちゃんと白いタカサゴユリはぴったりですね。
ポージィさんもまだまだ悲しみはぬぐえきれないと思います。でもこのお花がクックちゃんを偲ぶよすがになるのですね。

投稿: tona | 2013/08/29 19:45

今年もこの時期がやってきました。きっとポージィさんにとってこのタカサゴユリは大切で思い入れのある花であるのでしょう。

クックちゃんのいろんな思い出がこもった花なんですね?

その思いが写真にも現れてるのでしょうか。。。
なんだかさみしげで、、、それでいてとても美しく、心ひかれる写真です。

薄暗くなった中で、真っ白のタカサゴユリ。。。浮き上がるように見えていますよ~すごく素敵な写真です。
花首?がすら~っと長くてとても美しい~

私も公園のタカサゴユリ、見に行かなくっちゃ~

投稿: 野花 | 2013/08/29 20:20

 もう4年になるんですね!
 今晩は~

 そうですか高砂さん・・・。
2・3枚目、特にいいですね~。
 
 我が家も(犬のハッピー)何年になるでしょうか?
未だにお家はそのままに、花壇の用具であふれています。
 タカサゴさんもどこからともなく訪れて、神出鬼没!
楽しませていただいていま~す。
 暑かった8月も終わりますね。
   ヒロでした。

投稿: | 2013/08/29 21:00

cute tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
もうスマホに慣れられましたか。パソコンを触ってると
とっつきやすいかもしれませんね。
 
早いもので4年になりました。文子ちゃんと一緒に覚えていて
下さるとはすごく嬉しいです。
昨年辺りから、私の中でクックとタカサゴユリの結びつきがより強く
なってきたのですが、ピッタリと言っていただけてなお嬉しいです。
クックがいちばん辛かった時期と花期が重なるのですが、
どちらも愛おしい存在です confident heart04
 
 
cute 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
クックが亡くなる前から大切に思っていた花でしたが、昨年辺りから
私の中でクックとタカサゴユリの結びつきが一層強まってきたみたいです。
今年は庭のタカサゴユリを見るたび4年前の8月の日々を思い出していました。
そっか…あのいちばん辛い日々も少しずつ思い出すことができるように
なったということかもしれませんね confident
野花さんがクックとクックへの想いに心寄せてくださって、嬉しいです。
 
薄暗い中で撮ったのもOKでしょうか、ありがとうございます。
撮ろうとしたら、風で揺れて、すぐフレームの外に
出ちゃうので、
まるでイヤイヤされているみたいでした(^^;) 
そうそう、タカサゴユリはテッポウユリより背も花の横顔も
すらーっと長いんだそうです。
公園のタカサゴユリ、楽しんでいらしてね。赤い筋入りかしら?
 

投稿: ポージィ | 2013/08/29 21:13

cute ヒロ・・もんたさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
クックと暮らした15年余りもあっという間でしたが、亡くなってからの
4年もあっという間でした。
ヒロさんのお宅のハッピーちゃんも、いつもご家族の皆さんの
胸のうちに生きているのでしょうね。
おうちにはハッピーちゃんの代わりに園芸用具がネンネしてますか~(^^)
 
2、3枚目、ありがとうございます。薄暗い中で撮ったものですね。
ちょっと幻想的に撮れたかな…
 
そうなんですよね、神出鬼没のタカサゴさん。
うちの庭のがパタリと消えていなくなってしまわないよう祈ってます。
 
そうですね、8月もあと2日。これまたあっという間でした。
暑かったですが、寂しいです。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/29 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/58069977

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリの咲くころ:

« 涼しげアレンジメント | トップページ | クズの花 »