« 再会 藤色の「ツユクサ」 | トップページ | 夏だね!  ヒマワリ »

2013/08/02

ムカゴ育ちの「オニユリ」

散歩中に道端の「オニユリ」から一粒採ってきて鉢に埋めたムカゴが運よく育った、
わが家の「オニユリ」が、今年も咲きました。昨年よりつぼみの数が増えましたよ。
 (昨年埋めておいたムカゴは、いくつか芽は出たものの、枯れてしまいました)
 
玄関を出て目の前にあるので、今年もパシャパシャ撮ってみました。
ちょっと枚数が多くなりましたが見てやってください。
       bud(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    130702oniyuri_tubomi2
 
                    まだ緑色の若い蕾
 
 
 
 
          130702oniyuri_tubomi1
 
             初めは上向きに伸び やがて頭を垂れます
 
 
 
 
 
          130715oniyuri2
 
       だんだん色づいて 斑点が透けて見えるようになると開花も間近
 
 
 
 
 
          130716oniyuir3
 
              咲いたよ~  葯には花粉がたっぷり!
 
 
 
 
 
    130716oniyuir2
 
      花びらの 「斑点」 と ささくれ立ちのような 「ビラビラ」 ^^; がワイルド
 
 
 
 
 
          130716oniyuir8
 
               思いきり反り返って まぁるくなります
 
 
 
 
 
          130716oniyuir7
 
          葉脇についた 「ムカゴ」  オニユリならではの特徴です
              ムカゴはできるけれど 種子はできません
 
 
 
 
 
          130716oniyuir6
 
              下のつぼみから  上へと咲いて行きます
 
 
 
 
 
    130702oniyuri_kumo
 
                      < おまけ >
 
               葉裏で 卵のう を守っていた小さなクモ
 
 
                  ( 7/2 ~ 7/16 撮影 )
 
              7月中に 全ての蕾が咲き終わりました 
 
 
 
             「オニユリ(鬼百合)」 : ユリ科 ・ ユリ属
 
 

|

« 再会 藤色の「ツユクサ」 | トップページ | 夏だね!  ヒマワリ »

コメント

ムカゴって。。。
オニユリにこういう風につくのですねぇ~~
自然薯のムカゴしか(^◇^;)知らなかった私(^^;;
蕾から段々。。。
こうして拝見できると開花前からお花って素敵だなぁって
毎回(((o(*゚▽゚*)o)))ワクワクお勉強できます!!

投稿: うさぎ | 2013/08/02 10:13

おはようございます!

ムカゴから育てられてこんなに大きくなったのですね~
私はひとつも芽が出ませんでした。

ワイルドな色と模様とが夏の花! って感じですね。
咲きたての葯の美しいこと!

投稿: pole pole | 2013/08/02 10:16

こんにちは~

このオニユリ、通勤の森にも咲いているのですが、なかなかじっくり見る暇もなく通り過ごしてきました。
こうやって見させていただくと、こんなに魅力のある花だったんだ~改めて知らされたような気がします。

斑点の花びらもなかなか個性的だけれど、しべがすっごくゴージャスで、これだけでもみる価値がありますね~
一番花粉の多いときなんかまるで王様のベルベットの衣装みたいだわあ~

花びらの反り方も、これでもか~って言うくらいに反っててなんか楽しいな~

家で育てるといろんなものが見えてくるね。
それにしても、むかごを持ち帰って育てるって、、、
ポージィさんらしくていいなあ~

これからも毎年楽しませてくれそうだね~

投稿: 野花 | 2013/08/02 12:27

すごい~、ポージィさんが育ての親ですね。
こんなに立派に育って。weep
オニユリって、茶髪の反抗期の女の子みたい。
ヒョウ柄みたいに見えるからそう思うのかな。
ばっちりメイクしてるけど、
素顔がかわいい、まだまだ子供なんですよねぇ。
つぼみは始めは上向きなんですね。up
オクラといっしょ~。(笑)happy02

投稿: くらふぇ | 2013/08/02 12:44

わお!
ムカゴからこんな立派な花に?
素晴らしい~
私も挑戦したくなりました。
鉢に植える時期はいつ頃がよいのでしょうか?
取ってすぐですか?

投稿: koko | 2013/08/02 12:58

鉢に植えられたムカゴからすっかり根付いて毎年きれいな花を咲かせてくれるのはうれしいですね。
実らせるために受粉を確実にする工夫は必要亡くなったように思えるのに、
花弁の色とか形とか反り返ったりとかのあれこれは人の目を楽しませるためにやってくれているのでしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/08/02 14:59

こんにちは。
オニユリは、この名前の通り、ワイルドな感じ、小悪魔的な危なっかしさがいいですね。
ムカゴから育てることが出来るんですね。
今年もいっぱいムカゴが出来て、また増えるんですね。
我が家にも欲しい花ですから、どこかで、ムカゴを手に入れたいです。
私がよく見かけるのは、コオニユリで、ムカゴがありません。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/08/02 15:12

よま綺麗に咲かせましたね
満開の時の鬼百合綺麗ですものね
揺れも種類があってよいですよね
鹿の子百合も綺麗ですね

投稿: フクちゃん | 2013/08/02 15:20

ポージィさん
偶然一緒になりましたね、ビックリです
お家で育てておれば、このようにツボミから開花まで
経過を楽しませていただけるのですね
ムカゴから育てられたのであれば、可愛さ百倍でしょう
花名は、花の色や形から赤鬼を連想させるからとのこと
そのようなイメージはないのですが
ちょっと、可哀相なネーミングですね
確かに、奇抜な色合いですけれども
すごく特徴があると思います

投稿: ジジフク | 2013/08/02 15:23

pencil うさぎさん、こちらにもありがとうございます ♪
 
そうなの、オニユリのムカゴはこんな風に。自然薯のとちがって
つやつやと黒光り?してます。形は何となく百合根っぽいですよね。
 
だんだん育って蕾が出てきて、それが膨らんで咲いて、っていう
だんだん変わっていく姿を見るのって、楽しいですね♪
愛おしさを感じます confident heart04
そういえば歌にもありましたね。
『お寺の和尚さんが南瓜の種をまきました 芽が出て膨らんで
花が咲いて じゃんけんぽん!』 (^m^*)
 
 
pencil pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
このときはラッキーだったんですね。たった一つのムカゴが
埋めたのも忘れているうちにちゃんと育って。
去年埋めておいた自家製ムカゴは芽は出たものの、その後枯れたみたいです。
pole poleさんのは芽が出てこなかったのですね。残念です。
忘れるくらい放置の方がいいのかしら??
 
pole poleさんにはたっぷり美しさを見せていただきましたね♪
夏らしい花。咲き終わってしまって名残惜しいです。
 
 
pencil 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
野花さんの通勤の森にも咲いているんですね! やっぱり~
野性味の強いユリですね。同じ野性味でもヤマユリのような豪華さはなくて
庶民派かしら? でも、綺麗ですよね(^^)
うんうん 初々しいオシベの、花粉たっぷりの葯は王様のベルベットの衣装!
野花さんナイス描写です。
思い切り反り返った花も面白いですよね。蜜を吸った虫がこの中で
休んだりしたら楽しいのにな~ って、勝手な想像をして遊んでました。
 
持ち帰ったムカゴ、芽が出るか確かめたかったのに、埋めたら
すっかり忘れちゃっていたんです。そしたら一昨年花は咲かないけれど
ムカゴだけできて、去年は花も一輪咲いて、今年は三輪。
わが家で育った子も、とってもワイルドです。
この先も咲いてくれるといいな~
 
 
pencil くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
育ての親、と言っていいかどうか… 
だってね、もらって来たムカゴを埋めた後、一昨年まで
すっかり忘れていたんです。ユリらしい単子葉の芽は見ていたと
思うけど、庭に勝手に咲くタカサゴユリと思っていたみたい。
それが、一昨年花は咲かないけれどムカゴをつけたのを見て、
やっと埋めたことを思い出したのです~
というわけで、勝手に育った野生児ちゃんです smile
 
うふふ くらふぇさんのコメント拝見しながら、ひところ一世を風靡した?
ヤマンバギャルたちを思い出しちゃった。ちょっと違うけど coldsweats01
 
そうなの、つぼみは最初上向きで下を向いてきて咲きます。
実ができるものは咲き終わるとまた上向きに戻りますよ。
オクラと一緒ね!
 
 
pencil kokoさん、こちらにもありがとうございます ♪
 
直径1cmあるかないかのムカゴからもちゃんと育つと分かりましたよ~
kokoさんもムカゴを見つけられたらぜひ!
大きくて、ちょっぴり根が出ているのがあったらそんなのを
選ぶといいんじゃないでしょうか。
 
花が咲くまでには3~4年かかったと思いますけど、なにしろ埋めた後
すっかり忘れていたので、あやふやです~
クックとの散歩のときに、道端のオニユリのムカゴを1粒もらって帰って、
すぐに他のものを植えてある鉢の隅にちょいと埋めました。
最初の年は葉っぱ1枚だけだったろうと思います。翌年は数枚?
最初にオニユリを思い出したのは、一昨年ムカゴが出現したからです。
そして昨年、初めて花が咲きました(^^)
 
 
pencil 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いつまで咲き続けるか分かりませんが、続くと嬉しいものですね。
昨年から、自家製のムカゴをいくつかまた埋めてみていますが、
果たして同じように育つかどうか。何年越しかでのワクワク実験です。
そうですね、受粉も必要ないのにたっぷり花粉を出したり反り返ったり。
百合根との関係上、人の住む里のそばに多く見られるというオニユリだけに、
人を楽しませてくれているのかもしれませんね(^^)
 
 
pencil 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ワイルド感いっぱいの花ですよね。お言葉のように子悪魔的魅力も♪
ムカゴから花が咲くには3年くらいかかったと思います。
でもちゃんと咲きましたよ。
ただし、埋めた翌年は葉が1枚だけ、翌年は数枚、という状態なので、
いらない草と間違えて抜いてしまわないよう要注意です。
鎌ちゃんがお見かけになるのはコニユリの方なのですね。
 
flairそうだ!もしムカゴを見つけられなかったら、お正月近くに
お店で売られる「百合根」を植えてみられてはいかがでしょう。
コオニユリか、オニユリかどちらかが育つ可能性が高いかと思います。
 
 
pencil フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
ムカゴを埋めてから、昨年初めての花が咲くまでに3年か4年かかったと
思うのですが、今年も綺麗に咲いてくれました。
地面に生えているオニユリたちは株も充実して花も多く
ステキですね。
 
カノコユリも良いですね。ご近所のお庭で今ちょうど咲いています。
 
 
pencil ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
偶然一緒でしたね~(^^)
 
そうなんです、家の目の前で育っていくので、毎日見るのも楽勝。
生長の経過を見守るのは楽しいものですね。
育てたというと語弊があって、埋めたのが勝手に育ってくれたのですが、
可愛さは仰るとおりで百倍ですね(笑)
赤鬼のイメージが重ねられてしまいましたが、ワイルド感はあっても
鬼といった恐ろしさはないですよね。
このワイルド感に惹かれて、初めて見たときから好きになりました。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/02 18:02

ムカゴからよく育ちましたね。
なかなか難しいです。
ささくれだった「ビラビラ」は気が付きませんでした。
今年は終わってしまったので、来年まで覚えておいるかどうか怪しいです。
花粉には触らないようにと気を付けていたのに、白いブラースに思い切りつけてしまいました。

投稿: tona | 2013/08/02 18:55

pencil tonaさん、ありがとうございます ♪
 
>なかなか難しいです。
 
お言葉から察するに、tonaさんも試みてみられたのですね。
他にも発芽しなかったという方もいらっしゃいますし、
一粒もらってきたのがここまで育ったのはラッキー
だったのかもしれませんねぇ。 ありがとう、ムカゴちゃん♪
ささくれだった「ビラビラ」 変な表現ですみません(^^;)
このビラビラはヤマユリやカサブランカにもあるかもしれません。
(ビラビラじゃなくブツブツかも)
 
ユリの花粉は要注意ですよね。ほんと取れ難いです。
注意なさっていたのに、よりによって白いブラウスに
ついてしまわれましたか~weep
 

投稿: ポージィ | 2013/08/02 20:03

オニユリの繁殖力をなめてはいけません
増やそうと思えば限りなく増殖!していきました。
花がワッと咲き、本当にきれいでしたが・・・
tonaさんのように白い服に何度か花粉を付けてしまい・・・
いくら洗っても落ちないんですよね~weep
結論:狭い庭には無理!と言うことに・・・なり、
今は隅っこの方に2、3本coldsweats01

投稿: ロココ | 2013/08/02 21:27

pencil ロココさん、ありがとうございます ♪
 
わぁ~ そんなに繁殖力強いんですか。
ロココさんのお庭が特別居心地のいい環境だったのかも~
散歩途中で見かけるオニユリは、全然増えてないように見えるんですけど、
もしかすると適当に間引いてるのかな??
うちは鉢植えだし、増えたくても無理なので大丈夫。
うちで自然繁殖してるのはタカサゴユリで、こちらは無数に
ばら撒かれる種で増えます。
単子葉の芽がよくわかるので、適当に間引いてますsmile
 
ユリの花粉は取れませんよね~ まずはこすらず吹き飛ばしたり
テープにくっつけて取ったり、それから洗うといいようですが、
気づくときは大抵ズリッとこすり付けちゃってますもんねcoldsweats01
今、お庭には2~3本? 他にいっぱいいろんなお花があるロココさんガーデン。
それくらいがちょうどいいのだと思います。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/02 21:50

おはようございます。
ムカゴから育てるなんてすごいですね。
近所の庭に咲いてるからムカゴ貰って来ようかな。

私にとって鬼ユリは思い出いっぱいの懐かしい花です。
夏の強い日差しとオレンジの花にセミの声。
日本の夏ですね。

良い週末を!

投稿: ロッキーママ | 2013/08/03 05:12

pencil ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
「育てた」というより、「育った」が当たりなんですよ。
もらってきて鉢の隅に埋めたあと、すっかり忘れていましたから(^^;)
ユリの芽は、タカサゴユリのものがあちこちに生えてくるのを見ているので、
すぐに抜かずにしばらく様子を見るのが習慣になっているのが
幸いしたみたいです。一昨年花は咲かずにムカゴだけできたとき、
やっとオニユリのムカゴを埋めたことを思い出しました。
昨年が初開花。ムカゴからだと3~4年かかるようですね。
でも面白いですから、ロッキーママさんもお気が向かれましたら
試してみてください。
懐かしい夏の思い出と結びついたオニユリが、お庭に咲くのも素適ですね♪
 
ありがとうございます。ロッキーママさんも素適な週末お過ごしください。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/03 10:52

こんにちは。
 
当地のオニユリは これからですよ~ (o^-^o)
今は 3枚目のお写真の状態です。
やはり北の地、半月は遅れていますね。
桜は よく前線に例えて北上を伝えますが
他の花も同様なのですよね。
 
しかし ムカゴから育てられたとのこと、
うまく行きましたね♪
 
うちの庭では あちこちから新しいものが 次々と伸びてきています。
ムカゴが落ちては芽を出すのでしょう。
ムスクマロウと同じく これも雑草扱いです ( ´艸`)プププ

投稿: 花mame | 2013/08/03 17:14

 いいですね~・ゆりさん
 こんにちは~。

 特に1枚目と、4番6番さんがいいですね~
そしてお花の最後、全体の姿が見事に表現されて~・・。
 クモさんも住みやすいんですね。
   ヒロでした。

投稿: ヒロ・・もんた | 2013/08/04 14:00

pencil 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
北海道ではこれからってトコなのですね。でももう間もなく。
明日くらいには咲いているかも(^^)!
桜はクローン桜のソメイヨシノが全国行き渡っているので
桜前線北上を辿りやすいのでしょうね。でも他のお花でもあるなぁって
感じます。
 
1粒きりもらってきたムカゴから、上手いこと育ってラッキーでした♪
埋めたのも忘れてましたから、勝手に育った野生児ですよん。
ご実家のお庭でもムカゴからどんどん増えるんですね。
次々芽が出るのを、全部そのままにしておくわけには行きませんよね。
うちではタカサゴユリがあちこちで芽を出すので、適宜間引かせて
もらってます。
 
 
pencil ヒロ・・もんたさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いいですね、ユリさん。ヒロさんに続きうちのもご披露させていただきました。
もう少ししたら、毎年勝手に生えてきているタカサゴユリも開花しそうです。
(テッポウユリ風のユリです)
写真をお褒めいただいて恐縮です。クモさんは、写真を撮ったすぐ後
強い雨と風に遭って、卵のうもクモもどこかへ消えていました。
 


投稿: ポージィ | 2013/08/04 17:18

こんばんは。
さすがにポージィさん!!
ムカゴから、上手く育てるとこんな綺麗に咲くんですね。
素人でも育てることはできるのでしょうか???
ムカゴを見つけるのも無理かも??(笑)

投稿: ソングバード | 2013/08/04 20:45

pencil ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
私、園芸はドシロウトです。
皆さんに、うまく育てたと言っていただきますが、育てたんじゃないんですよ~
勝手に育ったんです。ムカゴ自身の生命力が強かったのですね。
私は1cmほど鉢の隅をほじほじして埋めただけ。
あとはすっかり忘れていましたから。単子葉で生えてきたものを
すぐには抜かない、それだけだったんですよぅ(^^;)
ムカゴは、オニユリに出会えさえすれば、絶対見つかります♪
 

投稿: ポージィ | 2013/08/05 08:41

ハワイから帰国して日本の猛暑に戸惑っております。今朝は気持ち楽かな?それとも少し慣れたかな?あちらでユリ科のような美しい花をたくさん見ました。熱帯地方で咲くから夏の花なのか?豪華な花で色鮮やかで。香りも好きです。家にも一つ欲しいものです!

投稿: 茂吉 | 2013/08/12 08:51

pencil 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
そうそう、ハワイ旅行!楽しくお過ごしになれましたか?ハワイの暑さは湿度が低くてカラリとしていますよね。たとえ温度が同じでも湿度によってずいぶんと感じ方が変わってきます。長年慣れ親しんできた(?)日本の蒸し暑さの中へお帰りなさい。もうすっかりもとどおりでしょうね。
ハワイでたくさん咲いていたユリ科のような花って何だったんでしょ。南の方で咲く花って色鮮やかなものが多いですね。(そういえば魚や鳥も!)良い香りもしてました?日本でも植物園の温室に行くと、そんな雰囲気味わえますね。
 

投稿: ポージィ | 2013/08/15 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/57875588

この記事へのトラックバック一覧です: ムカゴ育ちの「オニユリ」:

« 再会 藤色の「ツユクサ」 | トップページ | 夏だね!  ヒマワリ »