« ガガイモのお舟にあいたい | トップページ | 懐かしのジュズダマ »

2013/09/18

悪よのぉ ワルナスビ

散歩で歩くことの多い川沿いに、今年ついに「ワルナスビ」が登場しました。
これまで、別の所では見ていましたが、いずれも歩いていくには遠い場所でした。
ここにはどういう経緯で運ばれてきたのでしょ。 土に混じった根っこの可能性が
高いような気もしますが、実を食べた鳥によっての可能性もありそうです。
 (鳥が食べる様子は未確認だが、食べられているのでは?と書かれていました)
 
「ワルナスビ」には鋭い棘があるのですが、私の散歩中に見かけるトゲトゲの目立つ
帰化植物は、「アメリカオニアザミ」、「アレチウリ」についで3つ目となりました。
 
「ワルナスビ」は牧野富太郎博士が、自分の菜園に植えたところ、そのあまりの
繁殖力にほとほと手を焼いて付けた名前のようです。 
著書の中に
    『この始末の悪い草、何にも利用のない害草に悪るナスビとは打ってつけた
     佳名であると思っている。そしてその名がすこぶる奇抜だから一度聞いたら
     忘れっこがない。 』
と書いているそうですよ。 よくよくの思いをしたのでしょう… (^^;)
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    130731warunasubi14
 
              ちょっと 「ジャガイモ」の花に似ていますね  
              綺麗な淡い紫色  白い花もあるようですよ
 
 
 
 
 
    130731warunasubi1
 
 
 
 
 
    130731warunasubi2
 
               バナナを思わせるような黄色のものは
               オシベの葯 中に花粉が入っています
 
 
 
 
 
          130731warunasubi3
 
                 楕円形の蕾は ナスの実みたい
 
 
 
 
 
    130731warunasubi6
 
     花によって 「メシベの花柱の長さが異なる異形花柱」 が特徴だそうです
 
        この写真で咲いている2つの花の 花柱の長さも違いますね!
 
 
 
 
 
          130731warunasubi5
 
                  葉や茎に鋭い棘があります
 
         …が 私の出会った「ワルナスビ」たちは まだ若いからか
              棘の数も鋭さ硬さも まだまだ控えめでした
 
 
 
 
 
          130731warunasubi11
 
                すごい繁殖力という 「ワルナスビ」
         この場所でも これからすごいことになっていくのかな…
 
 
                  ( いずれも 7/31 撮影 )
 
 
 
 
「ワルナスビ(悪茄子)」 : ナス科 ・ ナス属   北米原産の帰化植物
                                  (世界的に帰化)
 
                 縦横に広がる地下茎と種子でよく繁殖し、1cm以下に
                 細切れになった地下茎からでも芽を出してくるそうです。
 
                 花後に球形の実が生り黄色く熟します。
                 (私はまだ実を見た事がありませんが、写真で見ると
                  黄色のプチトマトそっくりでした)
 
                 たくさんの鋭い棘、旺盛な繁殖力、有毒であるなど
                 家畜にも被害があることから、英語でも
                 Apple of Sodom(ソドムのリンゴ)
                 Devil's tomato (悪魔のトマト) などと呼ばれるそうです。
 
 
            身を守り確実に子孫を残せるよう進化してきた結果なのですが、
            可哀想なほどの言われよう (;´▽`A``
 
 
 
 9月に入ってから、そろそろ実ができているかしら?と見に行ってみましたが、
 他の草たち(クズ、ススキ、ヨモギ、etc.)に覆い隠されて、どこだったか見つけるのに
 苦労しました。 かろうじて1~2株見つけたものの実はつけていないようでした。
 
 ワルといわれる彼らも苦労はあるようですね happy02
 
 

|

« ガガイモのお舟にあいたい | トップページ | 懐かしのジュズダマ »

コメント

台風去って涼しくなりました。

クズこそワルクズと言いたくなるくらい繁茂していますね。
SodomもDevil'sも気の毒になるほどの名前です。あのタスマニアデビルの怖い目つきからしてそう思います。
雄しべの葯が存在感があって立派なのですね。
これまた黄色に熟した実が見られるといいですね。

投稿: tona | 2013/09/18 09:13

おはようございます。
ワルナスビ・・・・いかにも悪そうな名前ですね。
我が近所の公園にも、少しずつ勢力を広めつつあるようです。
「嫌われ者世に憚る」という諺がありますが、そういうものほど、幅を利かせています。
人の世でもそのようで・・・・。
花は綺麗なのですが、いったん蔓延り出したら困りますね。
せいぜい、観賞用に、遠くから見つけるだけにいたしましょう。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/09/18 10:40

ポージィさん
こんにちは
確かに、名前のとおり「お主は、悪よのぉ」ですね
しかし、私はこの花は好きです
ナス科の花は、シベに特徴がありますよね
先日、撮影会で茄子の花を撮るチャンスがありました
ネットで色々と調べていましたら
メシベの花柱の長さに関する記載が見つかり
非常に、興味深かったです
現在、準備中ですが、私のblogでご紹介いたします

投稿: ジジフク | 2013/09/18 12:08

おお~、こないだpole poleさんもアップされてましたよね。eye
かわいいお花で、トマトみたいな実。
そっからネーミングしてあげれば・・と思ってました。
しかし牧野博士、ずいぶん苦労されたんですね。sweat02
しょーがないか、ワルナスビでも。(笑)
ちょっとした茶目っ気も感じられますね。
ふふ・・。でもワルナスビも周りの皆に結託してこられたら敵わないようですね。wink

投稿: くらふぇ | 2013/09/18 12:42

こんにちは!

例のワルナスビですね。
淡い藤色が素敵です。
以前見たのもこの色でしたが 近所で最近見るのは白花です。

そんなにトゲトゲはなかったのですね~
葉っぱの裏の主脈にまで生えていましたよ~

根絶やしにするのはとても大変そう!

でも花自体は可愛いですよね。
どこかで果実がみられるといいですね。

投稿: pole pole | 2013/09/18 13:35

花だけ見ると可愛い花ですよね
繁殖力がつよく気をからしてしまうことがあるんですよ
雑草の中でも凄いです

投稿: フクちゃん | 2013/09/18 15:18

book tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
台風が秋の空気を運んできましたね。朝晩寒いくらいです。
 
そうですね~ 棘こそないですけれど、クズの繁殖力もワルと言いたく
なるほど旺盛ですね。同じ棘仲間では、アレチウリがこれまたすごいですよ。
夏の終わりからかなり茂ってきています。
タスマニアデビルも見た目で可哀想な時代があったのでしたね。
キリスト教圏ではデビルやサタンは最悪の存在。
そんな名前を付けられて気の毒です。
 
私たちが食べるナスの花もですが、葯が立派で目立ちますね。
例えばユリのように全体から花粉が出るのではなく、先端からだけ
出すことにしたのはどんな理由があるのでしょうね。
 
 
book 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
お近くの公園でも勢力拡大中ですか。
とても生命力が強いそうですから、この先ずっとのお馴染みさんに
なるかもしれませんね。だいたいこういう具合に強いものを人は嫌う
傾向がありますよね。世にはばかるから嫌われるような??
ワルナスビは加えてトゲトゲが痛いので、博士に毒舌を吐かれたと
いったところでしょうか。
でも、庭などに生えてどうにかしようと思ったら、文句も言いたく
なるかもしれません(^^;)
 
 
book ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
取り除こうとしてさんざんてこずらされた牧野博士が、悪い奴め!と
悪態つきながら、そのまま名前にしようと思っている様子が目に見えるようです。
花はなかなか風情あって、私も嫌いじゃありませんよ。
他のナス科の花たちとよく似ていますね。
オシベの葯は大きく袋状。これはジジフクさんが撮っていらした、
食用にするナスやジャガイモも同じようになってますね。
メシベは異形花柱だそうで、これまた食用のナスもなのですか。
面白いですね。ナスの花の記事、楽しみにしています。
 
 
book くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
そうそう、pole poleさんの所で素適なお写真拝見しました。
可愛い花ですね。実は写真でしか知りませんがこれまたかわいい実♪
私たちが食べるナスの花や実とも、ジャガイモの花や実とも
とってもよく似ています。
牧野博士もそれはよくご存知で、でも繁殖力と棘に閉口して
ワルめ!と苦笑いしながら悪態つきたくなったのでしょうね coldsweats01
分からないでもありませぬ happy02
 
そうなの、どんなにか立派に育って『どうだ!』とトゲトゲ葉っぱを
振りかざしているかと思いきや、他の草たちに覆われて小さくなってて
ちょっと笑っちゃいました ( ´艸`)プププ
 
 
book pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
覚えていてくださいましたか。そうなんです、これがコメントに
書かせていただいたワルナスビです。
淡い綺麗な色のタイプでした。別の場所で見たのは白のもありましたよ。
可愛い花ですよね。お写真で見せていただいた実もとても可愛かったです。
 
これら↑はまだ若そうな初々しさのある株ばかりで、棘はあるものの
葉も棘も柔らかそうでした。見た感じがですが(^^;)
株が充実して逞しくなったら、きっと棘も硬く見るからに痛そうに
なっているだろうなと想像しながら9月に見に行ったら、
他の草たちに埋もれて肩身狭そうにしていました。実も見当たらず。
でも、埋もれながらもしっかり踏んばっていたかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2013/09/18 15:41

book フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
花だけ見ているとなかなか素適なのですけどね…
畑や牧草地などに一度はびこってしまったら、
かなり厄介なことになりますね。
見つけたら根を深く張らないうちに取り除いてしまうのが
良さそうです。
 

投稿: ポージィ | 2013/09/18 15:49

こんにちは。
ワルナスビ、牧野博士も面白い名前を付けたものですね。
蕾の時の方が可愛くて好きですね。
小さな提灯をつけてるようで…・
帰化植物はさすがに生命力が逞しいのは繁殖力が旺盛なものが多そうですね。
そうは云うもののまだ見たことがない花ですが、土手にでも生えてるのかな?????

投稿: ソングバード | 2013/09/18 15:56

今日は ポージィさん happy01

ワルナスビは困り者ですね。雑草として繁殖力は抜群ですしね。happy01

抜こうとすると、葉や茎には鋭い棘がありますしね。happy02

それに葉にも茎にも有毒物質のソラニンを含んでいますから、いつも手袋をしてから抜くようにし、絶対素手で触らないように注意しています。eye  
 happy02

投稿: プロフユキ | 2013/09/18 17:34

こんばんは。
自分では庭いじりや畑をやらないのでワルナスビに閉口することもなく、しっかりした白い花を楽しませてもらっています。
実が枯れたのを撮ったことがありますが、青い実はまだ見たことがありません。
ちょっと気を付けて探してみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/09/18 18:22

book ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
牧野博士はすごい方ではあるんですけれど、ときおりえっ?と思う
名前もいくつか付けていらっしゃるようですよ。
ソングバードさんは蕾の方がお好きですか。確かにこの形、可愛いですね♪
帰化植物は、海を渡って環境が変わっても生き残っていけるものだけに、
生命力や繁殖力も強いものが多いのでしょうね。
ソングバードさんがお出かけの場所では、まだご覧になっていないのですね。
ここまで厄介さんは広がらない方が良さそうです。
 
 
book プロフユキさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
1cmの細切れの根からも新たに芽が出て増えていくとは驚きの繁殖力ですね!
棘が鋭いですし、こういうのが牧草地にでも入り込んだら
大変なことになってしまうでしょうね。
有毒でもあるし、う~ん、かなりな厄介さん。
触れる際は手袋をするべし、私も頭に入れておきます。
 
 
book 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
そうですね、無関係の所に生えている分には、花や実を楽しんでいられますね。
今回実も見られると思ったのですが、他の草に覆い隠され
見つけられませんでした。
おーちゃんのご近所でも生えていますか?枯れた実はご覧になって、
青いのや熟したのはご覧になっていないのですね。今年はどうでしょうか。
生えていれば、今ごろ実をつけているでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2013/09/18 20:54

おはようございます。

実を見た事が無いです。
花は前に住んでいた所でも、今の所でもよく見かけますが
実がなるとは知りませんでした。
繁殖力がそれ程強いですか。
花は好きだけど庭にはいらないですね。

投稿: ロッキーママ | 2013/09/19 05:29

book ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
ロッキーママさんも実はご覧になっていないのですね。私もです。
ネット上の写真で見ると、まさに黄色系のプチトマトでした。
繁殖力の強さはピカイチだそうですよ。わずか1cmの根からも再生とは
驚きの生命力。棘があり毒もあるとなっては、畑や牧草地、庭では
生えてきてくれては困りますね。花は綺麗なのですけれど…(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2013/09/19 07:44

 その昔・時代劇で・・
 こんにちは~。

お主も悪よのう・わははは!
今でも時代劇テレビではこんな感じでしょうか!
 しかし、お花は黄色の部分がむき出しになって主張している!
 時には奥ゆかしく?
花はそんなに嫌いではありませ~ん。
※棘の痛さは半端じゃない!!
 何年振りかでの拝見、御礼です。
  ヒロでした。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2013/09/19 13:29

book ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうですそうです、頭にあったのは時代劇のせりふ(^^)
さぁ?最近の時代劇では出てこないかもしれませんね。
 
お花の黄色の部分はオシベの葯で、袋状になった中に花粉が
入っているようです。食用のナスやジャガイモの花と同じですね。
花はなかなか綺麗だと思います。
ヒロさんは棘の痛さを体験されているのですね! ひゃ~
私は触れたこと無しです。これからも気をつけます。
 

投稿: ポージィ | 2013/09/19 17:32

ワルナスビとはひどい名前のような気がしますが、
ワルなのでしょうね(笑)
ワルと分からない人から見ればナスに似ていて綺麗ではありますが…
繁殖が凄いのはどちらにしてもいい感じではなく、困ることなのでしょうね。
わが家の芝の中のカタバミ、ご同様です。
やれやれ

投稿: 玲 | 2013/09/19 19:15

book 玲さん、ありがとうございます ♪
 
ワル とは人の立場からですが、この植物にしてみたら
酷い言われようですよね。
根の切れ端からでも芽を出し増えるほどの生命力と繁殖力の強さは
畑や庭を管理する人間にとっては手ごわい相手なのですね。
さらに頭が痛いのは鋭い棘と毒でしょうか。
牧草地にはびこったときのことを想像すると、ゾッとします。
こういうこと無関係な身としては、綺麗だなと思うのですが。
 
あは 芝の中のカタバミに苦労されていますか。
彼らもなかなかどうしてしぶといですよね(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2013/09/19 20:27

記事の最後の一言に笑いました。
うふふ、です。

(それだけです、すいません)

投稿: ふくやぎ | 2013/09/19 22:53

おはようございます!爽やかな朝です
ワルナスビ・・ひどい名前ですよね~coldsweats01
息子が小2の時だったと思いますが、
夏休みの自由研究で、近所の公園にある草花を調べて採取して標本を作るというのをやったのですよ・・
名前が分からなくてもいいから、雑草っぽいのを引っこ抜けー!とやっていたのですが、
このワルナスビ・・・ぜんぜん抜けないんですcoldsweats01
しかも棘あるし・・・
苦労して採って、家に戻って植物図鑑で名前調べたら「ワルナスビ」・・
大笑いしました・・ほんとに悪いねぇhappy02って。
で、よくよく道端見るとワルナスビの多いことsweat02
すごい繁殖力なんですねぇ

投稿: sam | 2013/09/20 07:09

book ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
最後の一行まで読んでくださってありがとうございます(^^)
ワル と名付けたのは人間の立場からですが、
そんな言われようの彼らにも人知れぬ苦労があるんですよね。
 
 
book samさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
台風一過からこちら、爽やかな朝が続いていますね!
 
博士は時々、それはちょっと…という名前を付けてますが、
これも植物としては気の毒な名前 coldsweats01
でもまぁ 相当苦労されたようで気持ちも分かります。
あら~ samさんたち親子でそんな体験をされたんですね!
そんなに抜けないんですか。しっかり根を張ってるんですね。
棘で痛い思いもされたでしょ。
そんな思いをされた後でこの名前を知ったら、笑えちゃいますね。
まさに名付け親・牧野博士の心境 happy02
お近くでは、しっかり繁殖力発揮して増えてるんですね。
草取り奉仕なんかのときには気をつけないと痛い思いしますねsweat01
 

投稿: ポージィ | 2013/09/20 08:59

本当に久しぶりにヒマです!営業中に出来るなんて。ワルナスビ散歩コースにけっこう見かけますよ!ヒトデみたいな花ですね!可愛い花だと思いますけど繁殖すると大変なんだ。満月自分も見ました。東京の夜空でも明るく綺麗に輝いてました。気持ち良かったです!

投稿: 茂吉 | 2013/09/25 20:27

book 茂吉さん、ありがとうざいます ♪
 
こんばんは。ほんとだ、こんな時間にコメントくださるなんて久し振り! お客さんいっぱいいらして忙しいのは良いことですが、やっぱりときには息抜きできるとホッとしますね。
お散歩コースにワルナスビたくさん咲いてますか。あちこちで確実に数を増やしているみたいですね。驚きの繁殖力をもっているみたいですよ~~ 棘が鋭いことや毒があるのがちょっと厄介ですね。取り扱い要注意さんです。
十五夜お月さん、ご覧になりましたか。綺麗でしたね!天空の高みから冴え冴えと降り注ぐ月明かり、気持ちよかったですね。次は10/17の十三夜の月(後見月)も楽しみましょう♪
 

投稿: ポージィ | 2013/09/25 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/57965879

この記事へのトラックバック一覧です: 悪よのぉ ワルナスビ:

« ガガイモのお舟にあいたい | トップページ | 懐かしのジュズダマ »