« ハゴロモルコウソウ 2013 | トップページ | 小さな生き物たち - マメアサガオ - »

2013/10/28

今年の マルバルコウソウ 2013

前記事でわが家の「ハゴロモルコウソウ」に登場してもらいましたが、「ハゴロモ…」と
くれば、ペアで「マルバルコウソウ」にも登場してもらわなくてはー(^o^)
「ルコウソウ」とトリオで、といかないのが残念ですが、会えないのでは仕方ありません。
 
川沿いのいつもの場所で、今年も「マルバルコウソウ」の元気な姿に出会えました。
クズに圧倒されて、ちょっと肩身が狭そうな子達もいましたけれど、
今年はこんな表情を見せてもらえましたよ。 野生児たちです(*^_^*)
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 
 
    130910marubarukousou9
 
 
 
 
 
          130910marubarukousou7
 
             「ハゴロモルコウソウ」 同様  折り目正しく
 
      「マルバルコウソウ」は 濃いオレンジと明るい黄色の2色使いが鮮やか
 
 
 
 
 
    130910marubarukousou5
 
                ネックレス風に並んで  可愛いな♪
 
 
 
 
 
          130910marubarukousou2_ha
 
                   見事な グリーンカーテン
 
 
 
 
 
          130910marubarukousou4
 
       「ヨモギ」の蕾に巻きついて  何だかコサージュみたいでしたよ
 
            新郎用のコサージュことブートニアでもいいかしら
 
 
 
 
 
    130910marubarukousou3
 
                   ( 9月の花盛りに撮影 )
 
 
 
 
 「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」 : ヒルガオ科 ・ ルコウソウ属
                         熱帯アメリカ原産
 
                    葉が丸い(ハート形)ことからの名前。
                    5角形の濃いオレンジ色の花が咲きます。
 
                    江戸末期のころ観賞用として渡来し、やがて野生化。
 
 
 
   10日ほど前に見に行ったところ、熟成を待つ実がいっぱい見られました。
   たしか一昨年は、11月末にまだ咲いている花も見られました。
   秋晴れが戻ってきましたから、これからまた花を付ける株もあるかもしれません。
 
 

|

« ハゴロモルコウソウ 2013 | トップページ | 小さな生き物たち - マメアサガオ - »

コメント

おはようございます!

お対のマルバルコウソウですね。
オレンジ色がとてもきれいです。
ハゴロモルコウソウよりも野趣味があって 色もこちらの方が好きです。
しべが可愛いですね。

そのうちにアップできたらと思っています~
何しろチョウチョの写真がいっぱいあるので。

投稿: pole pole | 2013/10/28 10:36

おはようございます。
今日は、マルバルコウソウですか。
この色が何ともいいですね。
赤とオレンジに間みたいな色、大好きです。
おっしゃる通り、底白の黄色とのコントラストも鮮やかですね。
前回も書きましたが、いつも出会えるところで、今年は見れません。
心なく、処分されたかな?
道端にそっと色を添えてくれていた花、もう出会えないのかな・・・。
秋思です。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/10/28 11:27

ハゴロモルコウソウの赤から一転して、マルバルコウソウの色もなんて美しいことでしょう。
コサージュに見立てたのも素敵な一枚ですね。
さすがにお花の先生は違います!
蕊の白さが際立っていて、この写真で気が付くほどです。
葉がこんなに重なるなんてやはり野の花は逞しいなあと感じさせられました。

投稿: tona | 2013/10/28 13:12

apple pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はい、お対のマルバルコウソウさん、続いて登場してもらいました。
 
pole poleさんはマルバちゃんのほうがお好きですか。
仰るように野趣味がありますね。色も明るいです。
私はどうかなー? どちらも好きですが究極の選択を迫られたら
ハゴロモルコウソウを選びそうです。
 
この秋は、蝶々との出会いがとてもたくさんおありなのですね。
楽しませていただいています♪
 
 
apple 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はい、ハゴロモちゃんをアップしましたので、つづいてマルバちゃんを。
マルバルコウソウの花は、鎌ちゃんのお好きな色合いなのですね。
明るくて綺麗、色の入り方も素敵ですね。
今年、いつもの所でお会いになれなかったのが残念ですよね。
帰化植物だからと、取り除かれてしまったかもしれませんね。
元は観賞用に導入された花なのだそうですけれど、今ではほとんど
栽培されることもなくなってしまったのかもしれません。
来年またひょっこり出会いがるといいですね。
 
 
apple tonaさん、ありがとうございます ♪
 
ハゴロモルコウソウのまじりっけなしの赤がとても好きですが、
マルバルコウソウの色合いもとても素敵ですね。明るさはこちらの方が。
コサージュみたいなの、楽しんでいただけたでしょうか。
巻き付いて可愛い束を作っていたのです。
マルバルコウソウが自分で作ったコサージュですね。
そして、葉のこの重なり具合は実に見事でした。たまたまこの場所だけ
クズなど他の植物が伸びてきていませんでした。
さすがに野生化できただけあって、マルバルコウソウは逞しいですね。
 

投稿: ポージィ | 2013/10/28 16:13

こんばんは。
マルバルコウソウがヨモギの蕾にまで巻き付いていたのですね。
なかなか元気者です。
でもセイタカアワダチソウのように広がり過ぎないのは外来種とは思えない奥ゆかしさです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/10/28 17:34

apple 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
巻きつけるものがあればとりあえず巻き付いちゃうみたいですね。
ヨモギの他、エノコログサに巻き付いているのもありましたし、
自分や仲間にも遠慮なくクルクルです。そんな元気さはマルバ…も
ハゴロモも同じですね。
そういえばそうです。セイタカアワダチソウのような勢いでは
広がりませんね。風に種が舞っていくのと、ころころっと転がるのとの
範囲の違いでしょうか。
数年前初めて見つけたときより、低い方へと生息地が移って
いるように思えました。
  

投稿: ポージィ | 2013/10/28 17:52

 えっ、こんなところに朝顔が・・?
 今晩は~

 そんなことを思いつつ、しかしこの時期に・・?
と思ったり。
 制約された庭で細々…、抜かれたりするよりは、伸び伸びと競争し合いながら野で咲く、これが一番でしょうか。
 三枚目は芸術・ですね!
また、ヨモギとは相性がいいのでしょうか~♪
・ヨモギは、虫刺され時?に、その都度、絞って汁を付けたものです。
   ヒロでした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2013/10/28 20:33

apple ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
そうですね、小さな朝顔のような花です。
(余談ですが、ノアサガオはまだまだ元気に咲いていますね)
 
先週末アップしたハゴロモルコウソウの片親とも言われているのが、
このマルバルコウソウなのです。
他のルコウソウは野に出て野性化しているのは見たことがありませんが、
マルバルコウソウだけはあちこちで野性化しているのを見かけます。
伸び伸びと逞しく生きていける生命力があるのですね。
 
ヨモギとの相性は特に良くも悪くも? でもヨモギはそれほど草丈が大きく
なりませんし、蔓性でもないのでクズよりは良いかもしれませんね。
 
へぇ~ ヨモギの絞り汁は虫刺されに効くのですか。
私は蚊によ~~く刺されるのですよ。覚えておきますね。
 

投稿: ポージィ | 2013/10/28 21:02

こんばんはhappy01
このルコウソウも色がとってもきれいですね
形もかわいらしいです
私はヨモギの蕾にも注目・・よもぎの蕾ってこんなだったっけ??ってcoldsweats01
ルコウソウの鮮やかな色を引き立てますねshine

投稿: sam | 2013/10/28 22:32

apple samさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~happy01
 
マルバちゃんの色は明るくて元気が出る色合いですね。
野に出て行って野性化した元気の良さとイメージ一致の感じかな。
ヨモギにも注目してくださって嬉しいです。
何年か前には小さな花を撮ろうと粘ってアップしたことも
あるんですよ。小さな花で風にプルプルするのを(^^;)
ちょっと離れるとただの粒々にしか見えませんが。
来年はまた撮れるか試してみようかな。
 
マルバルコウソウと一緒になったら、この白っぽい粒々が良い感じに
引き立て役になってますね♪
  

投稿: ポージィ | 2013/10/28 23:01

おはようございます。

今年も庭で咲いています。
年々増えているような気がします。
緑の葉とオレンジの花が目立ちますね。

こちらはいよいよセイタカアワダチソウの黄色が目立ち始めました。
いたる所にある空き地が黄色に染まるのは圧巻ですよ。

投稿: ロッキーママ | 2013/10/29 05:52

apple ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
お庭でご覧になれるのですね。ぽつぽつと散らばるオレンジ色の花は
散りばめられた星のよう。蛍光カラーのように目立ちますね。
元は観賞用として入ってきたもの。元気で丈夫ですし、今の時代、
グリーンカーテンとして見直されても良さそうな気がします。
こぼれ落ちた種でよく増えるようですね。ハゴロモルコウソウは
そうはいかないのですが。
 
セイタカアワダチソウ、花盛り。
ロッキーママさん地方の空き地が黄色に染まっているさま…
見応えあるでしょうね。以前見た、似たような光景を思い出しています。
 

投稿: ポージィ | 2013/10/29 08:55

やぁ~、可愛らしいheart04
好きだなぁ、このコ。ribbon
オレンジが鮮やかです。
もみじが紅葉した時の色と似ていますね。
おしべ(?)の白も可愛くって~。
ちょっとヘクソちゃんとも似てるように思います。wink

投稿: くらふぇ | 2013/10/29 13:08

apple くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
んふ マルバルコウソウさん、タイプですか?
綺麗な明るい色に、見てると元気が出てきますねnote
そうですね、紅葉でこんな色に染まる葉っぱもありますね。
お日様の光を透かすととっても綺麗 maple
はい、白いポチッはオシベです~
ハゴロモルコウソウと比べると、あちらはちょっと大人でおすまし美人、
マルバルコウソウは、親しみやすさ満点の元気はつらつ美人、ってとこかな。

あはは 親しみやすさと花筒の長さは、ヘクソちゃんと共通点ありですねhappy01
 

投稿: ポージィ | 2013/10/29 15:52

こんにちは!
小さい花ですが、色が華やかなので 咲いているのがわかりますよね。
「マルバルコウソウ」と「ハゴロモルコウソウ」は葉が違いが大きいですが、花の大きさも違うのでしょうか?

「ハゴロモルコウソウ」は園芸用に栽培されているのに、「マルバルコウソウ」は野生のものがほとんどですね。

ポージィさんの写真を拝見して 行儀よく並んでいる葉もいい感じですし、ネックレスみたいに並んでさいている様子は魅力いっぱいです。

マルバルコウソウは散歩道を華やかにして。ハゴロモルコウソウはお庭を飾って、以前ベストセラーになった「置かれた場所でさきなさい」という本のタイトルを思いました。

投稿: 生駒の風 | 2013/10/29 17:48

この花は家にもありますが
もうとっくに終わってしまいました
毎年種をまいています
色はオレンジで可愛いですね

投稿: フクちゃん | 2013/10/29 18:06

apple 生駒の風さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
明るく元気なこの花色は、遠くからでもよく目立ちますね。
ハゴロモルコウソウ、マルバルコウソウは、花の大きさはほぼ同じです。
最も大きく花開いた状態で直径2cmほどかと。
ただ、野で咲く野生児・マルバルコウソウの場合はちょっと小さめのも
ちょこちょこ見かけます。
人の手に触れられないまま自由気ままに這ったり巻き付いたりで、
もしゃもしゃの中にも、ときおり素適なデザイン性の高い表情を
見せてくれるのが楽しいです(^^)
 
「マルバルコウソウ」も元々は観賞用に導入されたものだそうですよ。
それが野に逃げ出し野生化。観賞用のほうはすっかり人気が落ちて
しまったようで、何だか可哀想です。とうのマルバルコウソウたちは
広々とした所で自由な方が気分は良いかもしれませんね。
刈られたり抜かれたりの危険が伴いますが。
 
「置かれた場所でさきなさい」お名前忘れましたが、シスターの先生が
書かれたものですよね?この本のタイトルを目にしたとき、
私も野で咲く花たちをパッと思い浮かべました(*^^*)
 
 
apple フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
お庭のマルバルコウソウの花を見せていただいたこと、
覚えていますよ。可愛いですね。
 
私が川沿いで見る野生のマルバルコウソウは、
いちばん遅い時期では11月下旬にまだ咲いていたこともありました。
でも、今年は気候の関係か早々に咲き終えることにした
株が多いようです。
 

投稿: ポージィ | 2013/10/29 19:56

観賞用だった野生児、誰も庭に植えていない?と思ったら
今も観賞用に植えていらっしゃる方もいて、マルバちゃんも嬉しいでしょうね。
それにしても、グリーンカーテンはお見事!!
家裏空き地のマルバちゃん、去年まではオレンジの絨毯のようだったのに・・・
今年は除草剤をまかれてしまって・・・全滅でしたcrying

投稿: 雪ん子 | 2013/10/29 21:11

apple 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
そうなんです。今は野生児ばかり? と思ったら、お庭で育てて
いらっしゃる方も♪ グリーンカーテン・エコ時代になって、
マルバルコウソウやハゴロモルコウソウもこれからもっと見直されて
いってもいいような気がします。↑こんなになるんですものね♪
食べられる実は生らないけれど~~smile
 
雪ん子さんのお宅に隣接の空き地のマルバちゃんは可哀想でしたね。
少しは種が生き残っていないかしら…
草取りや草刈りの労力を考えると、除草剤もやむをえないかと
思うこともありますが、やっぱり嫌いだなぁ。
あの不自然な枯れ方。撒いてすぐには分からないことの危険。
クックの散歩でも気を遣いました。
 

投稿: ポージィ | 2013/10/30 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/58307368

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の マルバルコウソウ 2013:

« ハゴロモルコウソウ 2013 | トップページ | 小さな生き物たち - マメアサガオ - »