« ケアンズ旅行記 ② (お食事編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) »

2013/12/06

ケアンズ旅行記 ③ (キュランダ村・乗り物 編)

ケアンズ旅行記 ③ は、1つめのオプショナルツアーで出かけた「キュランダ村」への
旅の様子をお伝えしようと思います。
「キュランダ」とは、先住民族アボリジニの言葉で「熱帯雨林にある町」の意味
だそうです。
 
book まずはお勉強ですーよ pencil
 
ケアンズは「グレートバリアリーフ」の玄関口として知られますが、「熱帯雨林」に
アクセスできる街でもあります。 どちらも『世界遺産』に指定されています。
 
クィーンズランド州北部の海岸線約500kmに沿うように広がる
「クイーンズランド湿潤熱帯地域」にあたり、現存する世界最古の熱帯雨林で、
約1億2000年前、オーストラリア大陸を覆っていた森林の一部だそうです。
その時代、草食恐竜たちが食べていたのと同じ植物もまだ残っているのだそう。
多種の生物が生息し、動植物の環境変化や進化過程をはるか過去まで遡れる
貴重な森林です。
 
かってはオーストラリア全土を覆っていましたが、今では限られた地域に残るだけに
なってしまったそうです。
現在はオーストラリア全土に占める割合は、わずか0.1%にも満たないとか…
それで、オーストラリアからは石炭がたくさん採れるんだと納得しましたが、
それにしても、ここまで激減してしまった原因は何だったのでしょう。
気候や近くの変動のせい? 人間のせい? そこにも学ぶものがありそうです。
 
1988年に世界遺産登録されました。
 
さて、その熱帯雨林の中にある「キュランダ村」へは、自動車、スカイレールという
ゴンドラ、キュランダ高原列車 の3つのルートで行けます。
私たちは「キュランダ満喫パッケージ」を選択。往きはスカイレール・帰りは列車、
さらにアーミーダックで水陸探索、ジャングル・ウォークと、文字通り熱帯雨林を満喫
してきました。
 
今回の③では「スカイレール」「キュランダ高原列車」を中心にご覧下さい。
写真の枚数が多いですsweat01 適当に飛ばして眺めてくださいね。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtrain
 
 
 
bus ツアーの最初は「キュランダ鉄道」の博物館へ
    ケアンズから1つ目の「フレッシュウォーター駅」隣接
 
    Dscf9135
 
       1891年 ケアンズ-キュランダ間 開業のキュランダ高原鉄道は
         ダイナマイトの他は つるはし・ショベルの手作業だけで
             約10年の歳月をかけて作られたそうです
 
          それから 100年以上 今なお観光鉄道として活躍中
 
          Dscf9137_2
 
 
 
Dscf9145Dscf9141_kao
 
        フレッシュウォーター駅の チケット売り場 と プラットホーム
 
 
 
 
spade 「スカイレール」で熱帯雨林上を空中散歩しながらキュランダへ
 
    Dscf9154
 
              こんな6人乗りゴンドラに乗っていきます
 
           世界最長級のゴンドラだそうで 7.5kmに渡ります
     途中下車して 熱帯雨林内に設けられた木道を歩いて見学もできます
 
           動き始めて間もなくの ゴンドラ内から出発駅方向
 
    Dscf9156
 
 
    Dscf9185
 
                スカイレール キュランダ駅 到着
 
 
 
 
    Dscf9172
 
                    キュランダ村入り口
 
 
 
 
    Dscf9179
 
              キュランダ・ヘリテイジ・マーケット入り口
 
        マーケットと バードワールドや コアラガーデンもありますが
         ここや バタフライ・サンクチュアリ には行きませんでした
                    ちょっぴり後ろ髪
 
 
 
 
train いよいよ「キュランダ高原列車」で キュランダを後にします
 
          Dscf9221
 
                   先頭のディーゼル機関車
  
 
 
 
Dscf9181Dscf9218
 
     キュランダ駅のプラットホーム 素適でしたよぉ  大きめ写真もぜひ!
 
 
 
 
Dscf9238Dscf9226
 
      緑に金属プレートは特別車両かな?  客車は木造 味があります
 
 
 
 
          Dscf9237
 
              キュランダを出発して すぐの所にある
           バロン・フォール駅は ホームが展望台になっていて
            壮大な バロン滝 と バロン川 が見渡せます
 
 
    Dscf9235
 
           10分ほど停車するので みんな降りて写真撮影!
 
 
 
 
    Dscf9249
 
           最大の見せ場のひとつ ストーニー・クリークの鉄橋
 
                       前を見て
 
    Dscf9255
 
                 後ろを見て  長~い  traintraintrain
 
    この後も見せ場があったのですが 雨が激しくなってきてよく分からずじまい
         やがて 最初に立ち寄ったフレッシュウォーター駅に到着
            ホテルまで送ってもらい この日のツアーは終了
 
 
 
 
          Dscf9138
 
      往きに撮った フレッシュウォーター駅の 真っ直ぐで長ーいレール
 
 
 
今日も 長~い 記事にお付き合いいただきありがとうございました。お疲れ様!
次回 ④は、ジャングル内の様子を見ていただこうと思います。 今回よりは短く coldsweats01
 
今回の記事のコメント欄は、また閉じさせていただいています。 
 

|

« ケアンズ旅行記 ② (お食事編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/58696675

この記事へのトラックバック一覧です: ケアンズ旅行記 ③ (キュランダ村・乗り物 編):

« ケアンズ旅行記 ② (お食事編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) »