« ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ⑥ (最終回) »

2013/12/11

ケアンズ旅行記 ⑤ (動物編)

さてさて、旅行記 ⑤ となりました。
滞在日数たった3日のケアンズ旅行で6記事、ちょっと飽きていらっしゃいましたよね。
ごめんなさい。いま少しお付き合いくださいね。
 
今日は動物編です。
オーストラリアの動物でパッと思い浮かぶのは コアラ・カンガルー・エミューetc. だと
思いますが、今回は動物園へは行かなかったので、これらの動物との出会いはなし
でしたヨ。ニシキヘビやクロコダイルともなしでした。 じゃ 何か、といいますと…
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますhorse
 
 
  
ホテルについてまず驚いたのは、周辺の木々にたくさん鳥が飛び交っていること。
目で見られても、撮るのは私には難しくて写真はわずかですが、まずはそれらから。
 
 
    Dscf9213
 
        まずは 記憶新しい「キュランダ」は「バロン川」にいたこの方
 
            ガイドの方と「チュウサギ」かな?と話しました
    日本でもお馴染みの「チュウサギ」動きも佇み方もそっくり  あたりまえか bleah
 
 
 
 
    Dscf9299
 
             ホテル近くの公園にいた カモメのお仲間さん
 
        数羽まとまっての立ち姿が面白くて撮ったものもあったのですが
         背景に刺激の強いものが写ってましたので やむなく単独で
 
 
 
 
          Dscf9114
 
      ホテルの窓から見える 大きなヤシの木の仲間(?)で 遊んでいた鳥
        カメラを覗いた時点では 黒っぽい鳥としか見えなかったのが
       帰宅後パソコンで明るくしてみたら なんとカラフルな インコ でした
           たぶん 「ゴシキセイガイインコ(Rainbow Lorikeet)」
 
    Dscf9110
 
 
 
 そのほか、撮れなかったけれどよく見かけたのが、白い体に羽先の黒が美しい
 「ソデグロバト」?、くちばしが黄色いムクドリくらいの大きさの「インドハッカ」?、
 ツバメくらいの大きさの小鳥も… どれも結構ヒトの近くまで来ていましたよ。
 
 
 
 
そして、ちょっとびっくりだったのが「オオコウモリ」の大群!
 
① に登場した白い市民図書館の近くの大木に鈴生りにぶら下がっておりました。
 
    Dscf9104
 
 
               他の方のブログなど拝見すると
  「オーストラリアオオコウモリ」 と 「メガネオオコウモリ」 と2種類いるみたい
           通称「フルーツバット」と呼ばれているようです
 
         ケアンズの街中にも近郊にもマンゴーの木がたくさんあり
          街中の大きな木をねぐらにするようになったのだそう
   日本でも 野鳥の大群が街路樹をねぐらにしていることがあるのと同じですね
 
 
    Dscf9098
 
 
   目いっぱいズームで! なんとかコウモリの形が分かる程度に撮れました♪
 
          夜 たまたま この木の下を通る羽目になってしまって
   頭の上に落し物が降ってくるのではないかと ヒヤヒヤで足早に通り過ぎました
            けっこうな獣臭で 鳴き声も騒がしかったですよ
 
 
    Dscf9099_cut
 
 
 
 
 
さて、最後に登場してもらうのは「ウマ」 horse
 
10年前にゴールド・コーストを訪れた際、自然の中の丘を馬に乗って探索するという
オプショナルツアーに参加したのが楽しくて、今回のケアンズでも同じようなツアーに
申し込みました。
とてもよく訓練された馬の背にまたがり、各自手綱を持って一列になってポクポク歩く
というものです。 日本でも広い土地のある場所では、やってる所がありますね。
 
 
    Dscf9282
 
                        馬 房
 
 
Dscf9276_2Dscf9277
 
       夫を乗せてくれた マキシ (左) と 私を乗せてくれた ロディ (右)
 
    このときご一緒したのが 70歳をいくつか超えていそうな小柄な方ばかりで
      夫がいちばん大きな馬  私がちょっとやんちゃな馬 に乗ることに coldsweats01
 
 
 
 
乗馬体験中はカメラを持てないので、施設の人が撮ってくれた写真を買ってきました
 
 
    1124riding1
 
 
 
    1124riding2
 
                       出発ですよー
 
 
 
          1124riding3
 
      熱帯雨林の中や 池の水辺 サトウキビ畑の中などを歩くこと約1時間
 
            途中 私たちだけ ちょっぴり「駆け足」も体験
   あのタイミングを取るのは大変 お尻が鞍にバコンバコン打ちつけられるばかりで
             全然上手くできないままでした 10年前同様
 
    景色は ゴールド・コーストのときのほうが綺麗でしたけど 楽しかったです
                おんまさんは 綺麗で可愛いなー
 
           『ロディはしっかりコントロールしてください』と言われ
        ちょっと厳しく手綱を引いたから ロディは楽しくなかったかもね
 
 
 
 
    Dscf9273
 
       私たちの後の体験グループは 2人組でした 楽しんできてねー
 
 
         そうそ 後から私は内股が 夫は脛が筋肉痛になりました
 
 
 
 
これにて 旅行記 ⑤ はお終いです。 次回の ⑥ は、①~⑤までに登場しなかった
景色写真をご覧いただいて、終了~ と参りたいと思います。
 
今日もたくさんご覧いただきありがとうございました!
  
 

|

« ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ⑥ (最終回) »

コメント

おはようございます。

インコ以外は私のオーストラリア体験では見ませんでした。
サギチョウまでいたのですか!
そしてコウモリですが、洞窟の中のしか見てないです。このように外の木をねぐらにしているとは壮観ですね。色まで見えますものね。
乗馬体験楽しそうですね。ロディちゃん、とてもおとなしそうないいお顔をしています。言うことを聞いてくれましたか?

投稿: tona | 2013/12/11 09:03

おはようございます。
野鳥も日本とは違ったのが見られて楽しいですね。でもチュウサギ君は南半球まで行っていましたか。
コウモリは暗くならないと出てこないと思っていましたが、木に鈴なりのようにぶら下がっているのを観察できるとはいいですね。
マントをたたんでいるみたいな姿が面白いです。
ハワイで馬に乗ったことがありますがゆっくり歩くだけでした。駆け足を楽しまれたとは大したものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/12/11 10:51

おはようございます!

日本では鳥さんたちは用心深くってなかなか寄ってきてくれませんが 外国では結構 外でランチなどしているとそのおこぼれ目当てでいろんな鳥 さんたちがやってきてくれますよね。

フルーツバット たくさんいましたね~
コウモリは狂犬病のウィルスを持っていることが多いので そばに行く時は気を付けないとね。

なんと乗馬をされたのですね。
楽しそう~
筋肉痛 なんとなくわかります~
でも 高いところからの景色 楽しかったことでしょうね。
セレブな感じがします~~

投稿: fairy ring | 2013/12/11 11:19

すごい~happy02
ポージィさん、馬に乗れるんですね。horse
かっちょい~。shine
馬にのって1時間も観光するなんて、
ちゃんと乗れないとできないですもんね。
すごい~。good

たくさん鳥さんにも会われましたね。
インコ、さすがオーストラリアsign03
きれい~。こんなの普通に飛んでたらビックリだ。eye
コウモリの大群にはちょっと恐怖。
「コウモリのなる木」ですね。
子供の頃は、家の周りでもよく見かけたけど
最近は見なくなったな。
次回、最終回ですか。
楽しみにしてま~す。happy01

投稿: くらふぇ | 2013/12/11 11:27

ふふふ。
ポージィさん、かわいい~。
顔は見えないけど、かわいい~。
そして、乗馬ができるなんて、かっこいい~。
乗馬経験がなくても少し練習して参加できるのですか?
私もやってみたいな。

それと、鳥さん。
インコがいるところはさすがオーストラリアですね。
私はぜひ野生のセキセイインコの群れをみてみたいです。
もっと乾燥した地域にいるのでしょうか。
私も韓国に行ったときに鳥の写真を撮ったので、
今度ブログにアップしますね。

投稿: koko | 2013/12/11 12:58

コウモリ大きいですね。
このくらい大きいと飛んでる姿も勇壮でしょうね。
日本の夕暮れ時に飛んでいるコウモリは小さすぎてつまらないです。

乗馬するなんて素敵。
駆け足もしちゃうなんてすごいですね。
ご主人さまが乗ってる馬が早そうですね。

色とりどりの大きなインコが飛んでるところを見たいです。

投稿: ロッキーママ | 2013/12/11 13:12

 もう終盤?まだまだ・・!
こんにちは~。


 ぜんぜん外れ・でしたね。
鳥さんたちでしたか。
それもコウモリさんが街中にとは、土地柄ですね。
・そっか~・インコもこうやっているんですね。
それに2回目なんですね、オーストラリア!

※星の王子様とお姫様!!
まだまだ王様とお妃様には見えませんよ~~。
・ヒロはこの星をメクッテ?拝見、なんちゃってネ。
それに、ロディさんには人間が載っているのか?分からない、軽すぎて!
 手綱を引かれて、そうだっカワイ子ちゃんが乗っているんだっけ!ですよキット。

⑥の次は、特別編が・・、お待ちですよ~♪
  ヒロでした。

投稿: | 2013/12/11 14:01

carouselpony tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
tonaさんはもっと色々な動物をご覧になれて、なかでもタスマニアデビルは
格別な存在でしたね。1~2ヶ月前?どこかの動物施設でタスマニアデビルの
赤ちゃんが生まれたというニュースをチラと見ましたよ。
絶滅の危機を乗り越えて欲しいですね。
 
今回、カラフルなインコは見ないなぁ…と思っていたのですが、
帰ってから撮っていたのがインコだったと分かって感動しました。
そうそう、シラサギを見たときは、日本でお馴染みの鳥だけに
不思議な感覚になりました。
 
コウモリについては、私もこんな明るい日もカンカン当たる場所に
いることにびっくりしました。もっと暗い場所が好みかと。
 
乗馬体験は面白いですね。経験なくても乗れる、よく訓練された馬なので
安心ですし。その中で、ロディちゃんはちょっということを聞きづらい子
なのだそうですが、勝手をしようとするたびに私にビッと手綱を引かれ
仕方なく良い子にしてくれてましたsmile
終った後声をかけても振り向いてもくれませんでしたが~(^^;)
 
 
carouselpony 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
植物も日本と違えば野鳥も違い、楽しいですね。もっとたっぷり時間があれば
もっともっと楽しめただろうと思います。
そうなんですよね、まさか日本でもお馴染みのチュウサギに会うとは
思ってもいなくて、かえって不思議な感じがしました。
 
明るいカンカン照る陽射しの下でぶら下がっているコウモリも意外ですよね。
私も、昼間は洞窟など暗いところにいるものとばかり思っていました。
オオコウモリだったおかげで、コウモリらしい特徴も見えて嬉しかったです。
 
おーちゃんもハワイで乗馬体験をされたのですね。
たいていはゆっくり歩くだけのようですが、前回も今回も
ほんの短時間駆け足をさせてくれました。滅多にない楽しい経験ですが、
ものすごい振動ですよ~ お尻にも脳天にも(笑)
 
 
carouselpony fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ホテルに入って窓の外を眺めて最初にオヤと思ったのが鳥の多さでした。
道路を歩いていても意外と近くにいくまで逃げないし。
時間があればゆっくり立ち止まって、もっと眺めていたかったです。
 
オオコウモリは、話は聞いていたのですが、大きな木に鈴生り状態を
実際に目にしたときはお口あんぐりでした。
あぁ、狂犬病の問題もありましたね。木がすごく高くてニアミスは
ありませんでした。
 
体験乗馬は楽しかったですよ~ 前回初めての体験が楽しくて、
今度もオプショナルツアーで入れてしまいました。
馬の背から眺める世界は、想像以上に高いのですよね。
気持ちイイです。
 
 
carouselpony くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
カッチョ良く見えますか~ happy01
でもね、乗れるうちに入らないの。未経験者でも乗れるという
徹底的に訓練されたhorsehorsehorseさんたちだから。
今回はお腹を蹴る合図すらしなくても、前の馬に鼻くっつけて
自動的に歩いていってたし(^^;)
初体験だったお爺ちゃんお婆ちゃんたちも、無事1時間乗り切りました♪
 
日本にはいない鳥たちが結構身近にいるのも楽しかったです。
カラフルなインコはオーストラリアらしいですよね。
撮ったときは、あの黒っぽい鳥は何してるの?だったのですけど、
帰宅後インコと分かって、遊んでたんだなーって納得happy01
 
コウモリの生る木、まさにその通りでした!
さすがに真っ暗になってから木の下を歩いた時は、ギェーギェー鳴いてるし
獣のにおいがするし、あんまり気持ちのいいものではなかったな。
でも昼間見た姿はユーモラスでしたwink
お子さん時代に家の周りで?実はうちの周りでも、かなり薄暗くなった頃
飛んでるものを見ることがあるんですよ。コウモリかな、って
思ってるんですけど、暗くてよく見えないの。多分コウモリですね。
ケアンズで見たのよりずっとずっと小さいですが。
 
 
carouselpony kokoさん、ありがとうございます ♪
 
えぇ~ 可愛いですか!? おばちゃんですよぉー(笑)
よほど嬉しかったのか、久~し振りに顔が輝いて写ってはいましたけれど
汗が光ってたんだったりして smile
 
この乗馬は、経験がなくてもできるんですよ。すごくよく訓練された
馬たちなので、たまに草を食べたりしようとするだけで、
ちゃんと前の馬に続いてポクポク歩きます。
駆け足体験のとき、前の馬から列を外れさせようとしたら嫌がったほど、
自動的について歩いてるって感じでした。
kokoさんも問題なく乗れます♪ どこかで機会があったらぜひ!楽しいですよ。
 
カラフルなインコはオーストラリアらしいですね。
野生のセキセイインコの群れ、見てみたいですね。全土で見られるけれど、
沿岸部にはいないと書かれていました。いるのは内陸の乾燥地かな。
韓国にはどんな鳥さんがいたのでしょう。楽しみにしてます。
 
 
carouselpony ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
オオコウモリ というだけあってかなり大きいですね。
おかげでコウモリらしい特徴を見てとることができました。
暗くなってからこの木の下を通った際、見上げたらカラスくらいの
黒い影が飛び交っているのが見えましたよ。日本にいるのは小さくて
よく見えませんね。
 
乗馬体験は、前にして楽しかったのでまた入れてしまいました。
駆け足と言っても馬にとってはほんのちょっぴり体を揺らしている程度
なんだと思いますが、ほとんど経験無しの者にとってはすごい振動!
バランスとるので精一杯でした。良い経験ですけれど。
 
街中で見たカラフルなインコは、日が暮れかかるとやってくるみたいでしたが、
群れは見ませんでした。
オーストラリアならではの、インコたちの群れ、見てみたいですね。
 
 
carouselpony ヒロさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いえいえ、次回で完結。特別編はありませんよ。
もう搾り出したくても何も残っていないのです(笑)
 
ケアンズのあるクイーンズランド州は森も多く野生の果樹もたくさん
あるので、フルーツバットもたくさんいるのでしょうね。
でも、街中の木で、真昼間にカンカン日に照らされながら
たくさんぶら下がっているのを見たときは、しばし口が開いたままに
なってしまいました。
 
そうなんです、前回はもう少し南のゴールド・コースとに行きました。
そのときの乗馬体験が楽しくて今回も♪
ウハハ 王子様とお姫様というには塔が立ちすぎてますよ。
もちろん、王様お妃様でもなくて、しがないおじさんとおばさんでーす。
ロディ君は実際の所、何と思っていたんでしょ。
終った後で声をかけても見向きもしてくれませんでしたよ~(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2013/12/11 15:42

こんばんは。
すごいですね。
野鳥園とかでなく、普通に、こうした鳥たちと接することができるなんて。
私は、今回のシリーズで、今日のこの記事に一番惹かれますよ。
いかに豊かな自然に恵まれているかですよね。
コウモリまで、こんなに見れるんですね。
ズームで撮ったとは言え、これだけ近くに鮮明に撮れるなんて。
オッと、コウモリは、鳥じゃなかったですね。
こんな自然のところに、身を置いてみたいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/12/11 19:46

carouselpony 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ホテルに着いて窓から外を見たとき、いきなり目に付いたのが
ソデグロバト(白い体に羽先が黒い)でした。そのほかにも飛ぶ姿が見えて
街中なのに野鳥が多いなと思ったものでした。
カラフルなインコまでいて、オーストラリアならではですね。
鈴生りのオオコウモリまでいましたし、鎌ちゃんのお言葉の通り
ほんと生き物が豊かだと感じましたよ。
コウモリについては、暮らす人々との間に摩擦もあるようですが、
それでも全体的にヒトと他の生き物との距離が近いように思いました。
そういう場所、しばらく身を置いて、じっくり色々な生き物たちを
見て味わいたくなりますよね。
 

投稿: ポージィ | 2013/12/11 20:24

こんばんは。
いよいよ動物編ですか。
オーストラリアの鳥たちはやっぱりハデハデが多いようですね。フルーツバットは有名なのですぐ得分かりました。
時々バードウォッチング専門ツアーもあるそうで、人気があるようですよ。
馬さんに乗っての散策も楽しそうですが、私には無理みたいです。
何せ極度の高所恐怖症!!(笑)

投稿: ソングバード | 2013/12/11 20:28

carouselpony ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
私は美味しいものを後から食べるタイプなので、大好きな動物は
後の方へもって来ました。…説明になってるようななってないような?
カラフルなインコが街中にいるなんて、オーストラリアならではと感じますね。
コウモリは大コロニーを作っていました。ソングバードさんもご存知でしたね。
バードウォッチング専門ツアーですか。そういうのも楽しそうですね。
でも、双眼鏡やちゃんとしたカメラがないと辛いかな。
 
おや、極度の高所恐怖症でいらっしゃいますか!?
それでは馬は難しいかもですね。想像以上に高く感じますから。
慣れなんですけどね。
 

投稿: ポージィ | 2013/12/11 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/58725308

この記事へのトラックバック一覧です: ケアンズ旅行記 ⑤ (動物編):

« ケアンズ旅行記 ④ (キュランダ 熱帯雨林編) | トップページ | ケアンズ旅行記 ⑥ (最終回) »