« はっぱの思い出 | トップページ | 作・常盤山櫨子 »

2014/01/27

恋の花 椿

「アンコ椿は恋の花」と歌われた「椿」の花が、早咲きのものからポツポツ見られる
ようになりました。
赤く咲く椿の花に、恋心を重ねたのでしょうね。 ちなみに「アンコ」とは年上の女性
への敬称で、「お姉さん」が転訛したものとされているそうです。
 
昨年台風26号で大変な被害の出た「伊豆大島」でも、様々な思いや困難を乗り越え
昨日から『第59回 伊豆大島 椿まつり』が始まりました。(1/26~3/23)
 
できることなら行ってみたいけれど、なかなか難しそう。せめて気持ちは応援を。
ということで、拙いながら私が今シーズン初めて出会った「椿」の花をアップします。
伊豆大島でも、今の時期は早咲きの椿たちが咲いているようです。
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 
 
    140113tubaki1
 
 
 
 
    140113tubaki2
 
 
 
 
    140113tubaki4
 
 
 
 
    140113tubaki5
 
                     ( 1/13 撮影 )
 
 
 
       辛い思いをされている皆さんにも 明るい光が差しこみますように
 
 
 

|

« はっぱの思い出 | トップページ | 作・常盤山櫨子 »

コメント

おはようございます!

ほんとうですね~
テレビでもやっていましたね。

今頃のツバキはどうしても寒さと強い風とで傷んでしまっているのが多いですね。
温かくなる頃には 美しいツバキを見ることができるのですが・・・
先日もヤブツバキ シロヤブツバキが開花しているのを見ましたが やはり 花弁は傷んでいました。
冬の景色のなかで太陽を浴びてきらきらと輝いていました~
サザンカもまだがんばっていますね。
でもこれからはツバキの季節!
やっぱりヤブツバキがいいですね。

投稿: pole pole | 2014/01/27 10:06

あっ、そうか~。
椿はこれからですね。
サザンカとかぶっちゃうからなぁ、アタシ。
でもこうやって見ると、椿とサザンカは違うっsign01
な~んで同じだと思っちゃうんだろう。wobbly
「アンコ」って、お姉さんのことだったんですね。
確かに、椿はお姉さんだな。
頭のよさそうな、きれいでかっこいいお姉さん。shine
しべが、茶せんみたいで好きなんです~。smile

投稿: くらふぇ | 2014/01/27 13:11

「アンコ椿は恋の花」懐かしい歌です。
この歌がヒットする(1964年)2年くらい前に友人と東京湾から船に乗って、お祭りに行きました。多分春休みです。もう暖かでした。椿の花をたくさん見て、美しいアンコさんのサービスでお菓子をいただいたり、今は良い思い出です。
この間の台風被害には心が痛みました。あの頃のアンコさんはもう高齢者になって、もしかして被害に遭ったかなあと心配です。
光をバックに椿がきれいですね。

投稿: tona | 2014/01/27 15:40

bud pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
まだ寒い中咲き始めた椿は、仰るように花の傷みが目立つことが多いですね。
けれども、わざわざそういう時期を選んで咲き始めるのには、
何か理由もあるのでしょう。
はい、お隣空き地ほか、長くまだ咲き続けているサザンカもあります。
花期の短い花と違って、これらはゆっくりと入れ替わって行くのですね。
 
ヤブツバキ、良いですね。今年私が初めて見た、この子↑もヤブツバキなのか…
よく見かけるものより赤黒い色合いでした。葉陰になっている場所で
向こう斜めからスポットライトのように日が差し込んでいました。
 
 
bud くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ツバキも早くから咲く種類もあるようですけど、これから春が中心ですね。
今は、まだ咲き続けているサザンカと、咲き始めたツバキの
両方見られることもありますよ。
サザンカとツバキ、親戚のようなものだもの。
何となく一緒になっちゃうのも無理ないですよ。
それにpaper ツバキとサザンカのmixちゃんもいるそうですしsign01
でも、くらふぇさんがお好きな茶せんみたいなシベはツバキらしさですねnote
 
アンコ=お姉さん 私もへぇ~でした。
子供の頃、=餡子? と思ったものの、でも変だなぁって
思ったのを覚えてます smile
お姉さんの恋と椿の花を重ねた歌だったんですね。
うん、きっと綺麗でカッコイイお姉さん。
失恋からもキッパリ立ち直れますね。
 
 
bud tonaさん、ありがとうございます ♪
 
懐かしい歌ですよね。ヒットは1964年でしたか。
長い間に渡って何度も何度も歌われていましたよね。
歌のヒットより前に椿まつりにいらしたのですか! わぁ、すてきです。
椿まつりが開催されるようになってから数年目ですね。
お話を伺うと、その頃も今も変わらぬ温かなおもてなしをして
いただけそうな気がします。椿の木の数や大きさは増したでしょうけれど。
そうですね、そのころのアンコさんはもうご高齢になって
だいぶ代替わりされていることでしょう。
台風被害にお遭いになっていらっしゃらなければ良いのですが。
 

投稿: ポージィ | 2014/01/27 16:41

大きな災害があっても季節は変わるし、草花も変わらず咲いてくれる。
自然てすごいですね。

この間読んでいた本に書いてあったのですが、江戸時代武士は椿を植えなかったそうです。
江戸城にも藩邸にもなかったそうです。
椿の花がポトリと落ちるのが首を取られるように見れて嫌われていたそうです。

シベのところにお塩を入れておくとポトリと落ちないですよ。
光にあたって花弁が透けて見えるのがステキですね。

投稿: ロッキーママ | 2014/01/27 21:00

こんばんは。
大島のツバキも早咲きが咲き始めましたか。
大島は行ったことがありますが夏だったので島の花・椿を見たことはありません。
アンコ椿の歌が流行ったころ京都に住んでいたので地元の都はるみさんの歌として印象深かったですが、
大島のことは知らなかったのでアンコって何?という感じでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/01/27 21:22

bud ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
そうですね、大災害があって被害に遭うのは自然界の生き物たちも同じ。
それを、まだ人などいなかった太古の昔から繰り返してきたのですよね。
逞しく強いわけです。
 
椿のぽとりと落ちる落花を武士が嫌ったという話は聞いていましたが、
そこまで徹底していたとは知りませんでした。
縁起を担いだのですね。花の散り方としては綺麗だと思うのですが。
へぇ! しべのところに塩を入れておくと落ちないとは、
これまた初めて知りました。教えてくださってありがとうございます。
機会があったら試してみたいです(^^)
 
 
bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
早咲きのものが咲き始め、大島椿まつりも始まったそうですよ。
春まで花もお祭りも長く楽しめるのですね。
おーちゃんは大島へいらしたことがおありなのですね。
季節は夏でしたか。さすがに花は終わってしまっていましたね。
そっか、都はるみさんは同郷でいらっしゃるのですね。
「アンコ」は、私も長年何のこと??と分からないままで
聞いていました。「お姉さん」から「アンコ」とは思いつけませんね。
でも長年の疑問が晴れてスッキリしました(笑)
 
 

投稿: ポージィ | 2014/01/27 22:35

大島ではつばきまつりが行われているようですね
大きな被害を受けた後、もり上がってほしいですね
今日は良い天気になりました

投稿: フクちゃん | 2014/01/28 09:21

bud フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
大島椿まつりは、一昨日の26日から始まったようですよ。
賛否両論あったようですが、開催決定で良かったんじゃないかな
と思います。盛り上がってほしいですね。
 
今日は暖かくなるそうですね sun

投稿: ポージィ | 2014/01/28 10:37

おはようございます。
♪ 三日遅れの便りを乗せて~~ ♪
思わず口ずさみました。
その伊豆大島、昨年は大変な目に合いましたね。
そうですか、『第59回 伊豆大島 椿まつり』が始まりましたか。
こういうニュースを聞くと元気が出ますよね。
この椿のように、真っ赤に花咲く年であって欲しいものです。
頑張ろう!伊豆大島!
花開け、真っ赤に、椿花!

投稿: 鎌ちゃん | 2014/01/28 10:46

実は子どもの頃、椿はあまり好きではありませんでした。
自宅の椿はピンク色で、花弁が茶色く腐っていくように見えたから
っていうのが大きいかな。
でも今は好きです。
子どもには椿の魅力がわからなかったということでしょう。
先日地元のニュースでやっていた話です。
気仙沼の大島も椿の産地なのですが、
津波で椿油をしぼる機械がだめになり、
伊豆大島の方から機械が贈られた
(間違っていたらごめんなさい)というようなことを聞きました。
離れているところなのに、椿でつながっているって不思議。
素敵ですね。

投稿: koko | 2014/01/28 12:50

bud 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
うふふ 鎌ちゃんならきっと口ずさんでくださると思っていました♪
伊豆大島でも大きな台風被害が出ましたが、椿まつりは開催が決まり、
一昨日日曜から始まったそうで、良かったなと思いました。
まだまだ辛いこと乗り越えなくてはいけないことは多いでしょうけれど。
鎌ちゃんからの熱い伊豆大島エール、きっと皆さんの元にも届きますね!
 
 
bud kokoさん、ありがとうございます ♪
 
あぁ、わかります。そういう風になる椿の花、多いですね。
特に寒い時期。ピンクや白は茶色くなったり腐ってしまったりが目立ちますし。
でも、そんなふうになることも含めて好きになられたんですね。
私も似たようなものかも。子供の頃は椿の花に無関心だった気がします。
人間歳を重ねて包容力が大きくなる?(逆の場合もあるかな)
 
気仙沼大島と伊豆大島の椿繋がり、知りませんでした。
素適なエピソードと絆ですね! 感動しました♪
 

投稿: ポージィ | 2014/01/28 14:33

ポージィさん、こんばんは。光を上手に使って、椿を主役にし、引き立てていますね。素晴らしい作品です。逆光もうまく使っています。恋の花ですか。恋かぁ。遠い昔のことだな。でもセピア色ではありません。鮮やかに記憶に残っています。私たちの頃から"新制中学”がスタートしました。私は勉強一筋でして、常に学年上位でした。理数系では学年1,2を争うほどだった。

ある日転校してきた女生徒が私の、なんと言うか、心ではなくて、気持ちといったほうがいいかな、を惹きつけるようになったのです。斜め前方に座っていました。私は彼女の後ろ姿をちラリチラリと見ては、その姿勢の良さに気を引かれるのです。

取るべきノートを取り忘れることが増えてきました。成績はガタガタガタと落ちてきました。職員室に呼ばれて、181くん、授業中に黒板を見ていないね!だめじゃないか、と叱責されました。なんとまあ、純粋だったのだろう、あの頃は。

投稿: polo181 | 2014/01/28 19:33

bud polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
褒めてくださってありがとうございます、嬉しいです。
歩いていたら、たまたま向こうから逆光がスポットライトのように
差し込んでいるこの光景に出会い、心惹かれて撮りました。
そして、都はるみさんのヒット曲「アンコ椿は恋の花」を思い出しましたよ。
 
poloさんの初恋は、今も色褪せることなく鮮やかな色彩で存在するのですね。
勤勉ですばらしい成績だったのが、恋したことで成績が落ちてしまうとは…
まるで小説のようです。ほんとに、なんて純粋でいらしたのでしょう。
微笑ましい素適な初恋のお話をありがとうございます。
とっても温かな気持ちになりました。
 

投稿: ポージィ | 2014/01/28 20:45

葉っぱたちの紅葉もきれいでしたね、流石にわが家ではもうお終いになり
殺風景な庭でスズメなど追いかけていますが(笑)
椿がもう見られますか山茶花椿とこれからは梅桜と共に
春を呼ぶ素適な光景になりますね。
わが庭もまだ固い蕾で、これから楽しめます。
大島には友人が居りますので椿まつりに少しは
華やいだ気持ちになっていると思います。

投稿: 玲 | 2014/01/29 10:51

こんにちは♪
 
すっかりのご無沙汰でした。
 
そうなのかぁ、「アンコ」とは お姉さんのこと。
「アン」と言うと「兄」のなまった感じがします (*´ェ`*)
 
東京にいると
この時期に花が咲くのに不思議はないのに
今、外の景色を見て 外に花が咲く場所があるとは
俄かには信じられない感じがします (o^-^o)
 
伊豆大島では まだ大変な思いをされている方たちが
たくさんいらっしゃいますね。
花は必ず 癒しに一役買ってくれるはずです。

投稿: 花mame | 2014/01/29 11:33

bud 玲さん、ありがとうございます ♪
 
紅黄葉たち、綺麗でしたね。
ブログに写真をアップしたものは、こちらでも皆とうに散ってありませんが、
よく歩く道沿いのお宅のブルーベリーの紅葉だけはまだ残っているんですよ。
それを目にするとちょっとホッとします。暖かだった頃を思い出すのか。
もっとも、間もなく立春。寒気はまたやってくるでしょうけれど、
日差しは僅かながら温もりが増している気がしますね。
 
玲さんのお庭の椿はまだ固いつぼみですか。侘び助が咲くのは
いつ頃になるでしょうね。
そうですね、たしか大島には玲さんのお友達が?と思っていました。
椿まつり開催には、賛否両論あったとニュースで言っていましたが、
開催に決まって良かったのじゃないかなと思っています。
 
 
bud 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
いえいえ、とんでもありません。私も今年はゆるゆる~りと
行くことにしているんですよ。
 
「アンコ」が「お姉さん」からきていたとは、思いつきませんでしたよね。
うふふ はい、「兄」の方が繋がります。「あんちゃん!」って言いますものね。
 
北海道のふるさとの地は、見渡す周り白の世界が広がっているこの季節。
その中に身を置いていらっしゃると、花が咲く地域があるのは別世界の
不思議のように感じられるでしょうね。
私もそういう場所に身を置いた経験が一応あるものの、幼い時だったので、
いまや真冬でもポチリポチリ咲く花があるのが普通になってしまいました。
 
伊豆大島でも早咲きの椿が咲き始め、これから春にかけて咲き続けるのですね。
必ずや癒しに一役かってくれるはず…私もそう思います confident
 

投稿: ポージィ | 2014/01/29 16:23

こんばんは~
伊豆大島の椿まつり、私もTVで見ました
大島の人たちの切実な思いが伝わってきました。
早く元のようになると良いですね。

太平洋側の椿の木って、本当に大きくなるんですね~
こちらのユキツバキは雪の下になるせいか・・・
細くてしなやかなんですよ。

投稿: 雪ん子 | 2014/01/29 20:50

bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは ^^
伊豆大島の椿まつりのこと、雪ん子さんもごらんになりましたか~。
皆さん頑張っていらっしゃいますね。
 
妙高地方の椿は「ユキツバキ」というのですね。
細くてしなやか… こちらでよく見るヤブツバキとはイメージが違いますね。
私がこれまで見たいちばん大きなヤブツバキは樹高が5mくらいあったように
思いますが、18mにもなるものもあるそうです。ビックリ!
 

投稿: ポージィ | 2014/01/29 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/59018366

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の花 椿:

« はっぱの思い出 | トップページ | 作・常盤山櫨子 »