« 春を実感した日には… | トップページ | はじめの桜には »

2014/04/03

鳥さん 散見記録

春本番の季節到来。ソメイヨシノはcherryblossom満開となり、辺りは様々な花に彩られ、
新緑も伸び始めて、景色がすっかり華やかになりました。
花と新緑が輝く季節は、やっぱり心も浮き立ちますね note
 
… なのですが、すみません、今日はもう1回地味色の記事にお付き合いください coldsweats01
 
冬~春、身近で見られた鳥さんたちをいくつかアップさせていただいてきましたが、
それらからこぼれ落ちてしまっていた子達をまとめました。
しがない写真ばかりですが、花の少なかった季節の嬉しい出会いの記憶に。
       clover(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
 
    140113kisekirei
 
                キセキレイ  1/13 橋の上から camera
 
 
 
 
    140117kogamo3_cut
 
                  コガモ  1/17 対岸から パチリ
 
              今シーズン 6~7羽の群れがきていました
         3/16 時点でまだいましたが もう北へと旅立ったでしょうね
 
 
 
 
    140123kawau2
 
              カワウ ただいま日光浴中  1/23 遠い~
 
 
 
 
    140221hakusekirei
 
         珍しく しばし動きをとめていた ハクセキレイ  2/21 camera
 
 
 
 
    140221isosigi_cut
 
        初めて見かけた子 イソシギ さん?  2/21 camera 対岸から
 
 
 
 
    140221mukudori
 
            珍しく近くに姿を現した ムクドリ  2/21 撮影
         冬場は群れでいることが多いけれど このときは2羽だけで
                 そろそろ カップル誕生の時季?
 
 
 
 
    140312mizutori3
 
                      こんなグループも
               仲良きことは 美しきかな  3/12 撮影
 
    140312mizutori1_name
 
 
 
 
 
手持ちで綺麗な写真は無理と分かってはいても、出会いが嬉しくてついつい
撮りたくなってしまいます。
 
 

|

« 春を実感した日には… | トップページ | はじめの桜には »

コメント

ポージィさん
おはようございます
このような鳥たちは、よく目にしますが
鳥の種類が分らず、ついついただ見るだけで終わってしまいます
皆様のBlogを拝見して、色んな鳥を見る機会が増えましたけれど
覚えても、すぐ忘れてしまい、いつまで経っても覚えられません
一昨日、初めてヒヨドリを撮りました
たまたま出会った鳥をカメラに収めると、頭の隅に残りそうです
今のところ、メジロとこのヒヨドリくらいです
さて、いつまで覚えておれることやら???

投稿: フクジイ | 2014/04/03 08:54

こんにちは~
今日は朝から雨雨。。。。
桜も散ってしまわないかちょっと心配なかんじです。

何処のブログを除いても、桜の花がいっぱい。
あたたかい気持ちになるけど、こうしてまた違った小鳥さんの写真を見るのは新鮮ですね。

キセキレイって、、きれいですね~
ハクセキレイとは、名の通り色が違うのかな?
鳴声なんかも聞いてみたい気がしました。

こんなにいろいろな鳥がいて、、、
ちゃんと名前がわかってるなんて、、、鳥を見るだけでも、ゆっくり時間を過ごせそうですね。
ヤッパリ名前を知ってるって興味が増しますもの~

数種類しか知らない私。。。もっと知りたいなあ~

投稿: 野花 | 2014/04/03 10:53

たくさんご覧になられましたね~eye
何日間ぐらいで見られたのかな。
キセキレイさんの後姿がシャープで素敵です。shine
それにしてもよくご存知ですね。
アタシなんて鳩とカラスとスズメさんくらいしか
見分けがつきません。coldsweats01
なんか今日の記事みてたら水辺に行きたくなったなぁ。
桜のきれいな水辺ってないかな~。happy01

投稿: くらふぇ | 2014/04/03 12:45

わーい、鳥さんシリーズだあhappy01

ポージィさんは良い環境にいらっしゃるのですね。
こんなにいろいろな鳥さんを目にできるなんて。
しかも鳥の種類にも詳しくて感心しちゃいます。
それにしても水つめたくないのかな。

投稿: koko | 2014/04/03 12:59

そちらにはコガモがいるのですね。久しく見ていません。
ムクドリのつがい、やはりメスの方がじみですか?いつも群れているのしか見ないので区別がわかりませんでした。
カワウの日光浴、格好がいいですね。
いろいろな鳥を見たいですが、声を聞いてもわからないし姿が見えないです。目の良い方は見えるらしいです。

投稿: tona | 2014/04/03 16:24

こんにちは!

これはまたいろんな鳥さんをご覧になられましたね~
イソシギ さんもご覧になれたのですね。

ちら見でも何でも出会えるということがいいですよね。
その日は なんだかうれしくなってしまいます。
特に変わった花 鳥 チョウに出会えるととてもうれしくなります。

カワウ さん よくこういうポーズをして日光浴を楽しんでいるようです。

どれもほのぼのとして 出会われたポージィさんの嬉しいお気持ちが伝わってきます。

投稿: pole pole | 2014/04/03 16:30

chick フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
フクジイさんのご活動地域でも、これらの鳥をよくお見かけですか。
鳥は、いちばん身近で出会う機会の多い野生動物だと思いますから、
やっぱり会うとワクワクします。
私も、鳥撮り好きの方のブログを拝見しながら野鳥たちの名前を
少しずつ覚えてきたんですよ。すぐ忘れるのがほとんどですけれど。
メジロを撮られて、今度はヒヨドリもお撮りになりましたか。
桜の季節は蜜を食べにくるので、メジロっちやヒヨちゃんを撮れるチャンスが
増しますね。私も同じようにメジロとヒヨドリを撮れました♪
大丈夫、どちらも、もうフクジイさんの記憶にしっかり刻み込まれました。
 
 
chick 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
今日の雨は昨日の予報よりしっかり降ってますね。明日の朝まで、
昨日の晩からほぼ一日半降り続けるんですねぇ。
花散らしの雨になってしまうかも。
 
私の桜は(桜以外もだけど)、いつも過ぎてしまった後から追っかけ。
それを温かいお言葉で受け入れてくださってありがとう confident
 
キセキレイは、そうそう、胸からお腹にかけて黄色いところからキセキレイ。
ハクセキレイとセグロセキレイは、いつもどっち?って分からなくなりますが
キセキレイだけははっきり分かります。今回の写真は後姿ですが、
少~し見える脇腹に黄色が wink
鳴き声、どんななんでしょうね。チチンチチン とか チチチチッ と鋭く鳴く
とかかれているのもありました。
 
仰るように、鳥でも花でも名前が分かると関心も親しみも深まりますね。
毎日早朝にでも歩いたら、もっとたくさん鳥さんとの出会いがあるかもしれません。
私の場合、お昼近くに、それも時折り歩くパターンなので、1回ごとの出会いは
あまり多くはないんです。こうしてまとめると一編にたくさん会ってる
みたいですけれどね。そんなたまの出会いでも、やっぱり嬉しいものです♪
 
 
chick くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
今日アップした鳥さんは、1/13~3/12 の約2ヶ月の間に会った子達です。
このほかに、前にアップしたモズ、コサギ、スズメ、ヒヨドリ、カラス、
そして撮ってないけどキジバト、ドバト、ツグミ、オナガ、ジョウビタキ、シロハラ、
メジロ、シジュウカラ、オナガ、カワセミ、ウグイス。こんなところかな~。
ほんの一瞬見ただけのも含めてね。
ご訪問くださってるブロガーさんの中には、鳥撮り中心の方達もいらして、
そういう方のブログを拝見するうちに少しずつ名前を覚えてきましたよ。
カモの仲間などは、すぐ忘れちゃいますけど。
 
桜の綺麗な水辺ね、情緒があって素適ですよね。
散った花びらが水に浮かんで「花いかだ」が見られるかも。
こちらは昨夕から明日の朝までずーっと雨 rain
たくさん散っていそうです。
 
 
chick kokoさん、ありがとうございます ♪
 
鳥撮り専門のブロガーさんからしたら、アップに値しないような
写真ばかりですけど… 撮ったどー♪ って気分で(笑)
出会いはたまにですし、一瞬しか目にできないこともありますが、
ありがたいことに、それなりに色々いますね。
鳥の名前は、鳥撮りさんのブログをご訪問するうちに、少しずつ
覚えてきました。すぐ忘れちゃうのも多くて、そのときは検索で調べてます。
冬場に水辺の鳥達を見ると、どうしても冷たかろう寒かろうって
思ってしまいますね。よく耐えられる~~~
 

投稿: ポージィ | 2014/04/03 16:33

chick tonaさん、ありがとうございます ♪
 
コガモさんがこの川にいることに私が気付いたのは、昨シーズンからなのです。
昨シーズンより今シーズンの方が数が増えていたような気がします。
池や川によって、飛来する種類や数が増えたり減ったりしますね。
ムクドリの雌雄の違いは、雄のほうが雌よりも胸のあたりや頭が黒っぽいそうですが、
それからすると、私の写真では右が雄ということになるかもしれませんね。
集団や単独では分かりませんよね。
 
カワウはよくこうやって日光浴してますね。カワウにとって大切なこと
なのでしょう。
 
遠くにいる鳥が見える見えないは、たしかに出会いの数を左右しますね。
私は、手元は老眼でぼやぼやになってしまいましたが、遠くは元々が遠視気味で
まだよく見えるのが幸いしています。鳴き声はカラスとハトとウグイスくらいしか
わかりませ~ん。 補聴器つけても聞こえない声の方が多いです。
鳥の声が聞き分けられたら楽しそうですね♪
 
 
chick pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ぽつり ぽつり ながら、集めてみるとけっこう色んな鳥さんと会えてますね。
特に珍しい種類のものはいませんし、数もあまり多くはありませんが、
それでもありがたいことです。川があり、減ってきてはいるものの
田畑や林が残っている環境のおかげなのでしょう。
 
そうそう、仰るとおりで、チラ見でも出会いがあると嬉しくなるものですね♪
花でも蝶でも(^^)
ほんの数秒、目で追うだけの出会いでも、自然と微笑んでいる自分がいます。
pole poleさんも同じお気持ちになられるのですね。
共感していただけて嬉しいです。
 

 

投稿: ポージィ | 2014/04/03 16:56

こんにちは。
鳥の名前にもお詳しいのですね。
私なんか、セキレイとカワウ、ムクドリは見分けがつきますが、
あとは、ひとからげに、「鴨」としか知らないんです。
イソシギも、「シギ」としかわからないかな?
実際、このあたりでシギと出会ったことはありません。
いい日和で、鳥たちとの時を、過ごされたようですね。
名前が判るだけでも、楽しみが何倍もなりますね。

投稿: 鎌ちゃん | 2014/04/03 17:25

chick 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
仰るように、名前がわかると親しみも楽しみもグッと増しますね。
でも、鳥の名前は、全然詳しくはないです。身近でよく見かけるものは
覚えていますけれど、カモの仲間やセキレイの仲間は、都度ネット検索して
再確認しています。何度覚えてもすぐ忘れてしまうんです。
イソシギは、以前ご訪問ブロガーさんに教えていただきました。
この川のもう少し上流の地域にお住まいなのです。
「シギ」の仲間をこの川で見たのは、今シーズンが初でした。
 
今日アップの鳥達は1月半ばから3月半ばの2ヶ月の間に
ポツリ ポツリ と出会った鳥さんたちです。
近くへは寄れませんが、目の届く範囲で鳥達がいるのを見られるのは
嬉しいことですね。
 

投稿: ポージィ | 2014/04/03 18:15

こんばんは。
川沿いは一年通して鳥の種類が多くて楽しいですね。
ハクセキレイは畑あたりでも見るのでありふれた感じがするようになりましたが、
キセキレイを見かけるとちょっとウキウキします。
おとといは珍しく電線に止まってさえずっていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/04/03 19:11

chick 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
川があって、減ってきているとはいえ近くに田畑や林もあって…という環境は、
鳥との出会いが多くなって楽しいですね。歩く時間が朝の内だったら
もっと多くなるかもしれません。
 
そそう、キセキレイは滅多に見かけないだけに見かけたときは
ウキウキ感がやっぱり違いますね。
まぁ キセキレイが電線にとまってさえずっていたんですか?
電線にとまる様子など、どのセキレイでも見たことがありません。
恋の歌を歌っていたのかしら♪
 

投稿: ポージィ | 2014/04/03 19:51

 これではヒロも撮りたくなっちゃいますよっ♪
おはようございま~す

 こちらものんびりと、いいですね~。
イソシギさん、名前と姿が初めて一致しました。
・ムクドリは、例年サクランボを食い荒らされて、ニックキ…!ですが。
 今年は網も掛けずにと、しかし・来年は厳しくなるかな?覚えているはずだから。
※カイツブリさんだけがお一人?
イヤイヤ・カメラに入らなかっただけ・・。
 ありがとうございます・ホッ!
  ヒロでした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2014/04/04 08:21

chick ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ヒロさんも出会いがおありになりましたらぜひ~camera
イソシギさんはご覧になっていらしたのですね。私は今シーズンが初見。
何だろう?状態でしたが、隣市にお住まいのブロガーさんに教えていただきました。
見たのは1羽きり。お仲間が増えるといいなぁ。
 
あらら、お庭のサクランボはムクドリに食べられますか。
ヒヨドリも目ざとく食べにきますが、ムクドリも負けてないんですね。
 
仲良きことは美しきかな のグループ。カイツブリさんはひとりでしたよ。
アングル外の近くの草むらにカルガモさんはいましたが。
違う種がこんなに至近距離で、思い思いに羽繕いをしていて、
穏やかな時間が流れていました。
 

投稿: ポージィ | 2014/04/04 09:51

わ~!鳥さんいっぱいいますね~^^
シソシギさん、すごいところに止まってる・・・
私も昨日、ウを見たのですが、ちょっと遠くて写真は撮れませんでした。
羽を乾かす姿が撮れたなんてラッキーですね♪
面白い姿です~

投稿: Sanae | 2014/04/04 21:45

おはようございます
そちらのサクラcherryblossomは昨日の雨で大丈夫でしたか?
妙高では今朝、雨からsnow霰になって・・・
今は止んでいますが、明日にかけて寒い日になりそうです。

近くの川でよく見かけるのはシラサギです、これは池の鯉なども食べてしまう困りものcoldsweats01
真冬の荒れた天気の時は、カモメも川を上ってきます。
私、鳥は本当に詳しくなくて・・・カモ類も種類がサッパリです。
高校生の時、父が捕ってきたカモはたぶんマガモかなぁ・・・
その後、羽をむしって血抜きをし、かも鍋にしたのは私です・・・泣きそうだったbearing

投稿: 雪ん子 | 2014/04/05 08:52

chick Sanaeさん、ありがとうございます ♪
 
ぽつり ぽつり ですし、特に珍しい鳥さんはいませんが、
改めて数えてみると結構いろんな種類が見られます。
もう少し近くで見られると嬉しいんですけれど欲を言っちゃいけませんね。
カワウはうちの最寄りからもう少し下ったあたりにいつも何羽かいて、
こんなふうに日光浴しています。羽を乾かしているんですね。
Sanaeさんも見かけられましたか。ちょっとユーモラスな姿ですよね(^^)
 
 
chick 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
cherryblossom 31日に見に行って以降、見に行っていないんです~
でも、本降りで丸一日続いた雨の後で昨日は強風でしたから、
多分だいぶ散ったでしょうね。
 
天気予報でこの土日は冬が戻ってくると言ってました。関東でも山沿いや
内陸は雪になるかもしれないとか。雪ん子さん地方でも完全に雪になって
しまうかもしれませんね。もう降らないように~と願かけてましたのに。
 
え~っ 白鷺は鯉まで食べちゃうんですか?あのでっかい鯉を!?
稚魚かしら。それに白鷺の中でも体の大きなダイサギやチュウサギでしょうか。
こちらの川ではコサギを見ることが多く、小魚食べてます。
体の大きな鳥では、チュウサギ、ダイサギ、アオサギにウも魚を食べますね。
カモ類は種類も多くて、私も覚えられません。覚えても覚えてもすぐ忘れて、
記事にするときなどは、その都度調べ直しです。
またまた え~っ お父様が捕っていらしたカモを、高校生の雪ん子さんが
捌かれたんですか!? そりゃ泣きそうにもなりますよ。よく頑張られましたねsign01
でも、いろんな知識と経験をお持ちの雪ん子さんは、頼りになる存在です。
 

投稿: ポージィ | 2014/04/05 09:50

単焦点の望遠でもなかなか難しいのに、コンパクトカメラでよく撮れましたね。なかでも、キセキレイが一番難しい。激しく動くし、これは真上から撮っていますから、脇腹の黄色を出さないとキセキレイとは言いがたい。苦労されたでしょうね。それに、コガモトマガモとカイツブリ!このような場面にはなかなか出会うことができません。ラッキーでしたね。カワウは潜るためには羽が防水だと困ります。ですから、びしょ濡れになるのですね。それの方が潜水は効率的となります。その代わり、このように定期的に乾かさなければならないのですね。愉快な写真です。

投稿: polo181 | 2014/04/05 14:34

chick polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ありがとうございます。本当は、オリジナル100%の大きさで見ると
かなりピントが甘いのですが、サイズダウンしてごまかしてます(^^;)
セキレイたちは、仰るようによく動きますねー。どの鳥も絶えず動いている
イメージですけれど。キセキレイはかろうじてシャッターを押せたオンリー1が
これでしたが、何とかキセキレイと分かる姿に撮れて嬉しかったです。
出会いが滅多に無いのです。
いろんな種類の水鳥さんの集合、面白いですよね。
それぞれみんな寛いで、羽繕いに余念がありませんでした。
画面内に入りませんでしたが、すぐそばの岸辺にはカルガモも
寛いでいたのですよ。平和な光景でした。
カワウの日光浴はよく見かけますが、ユーモラスな姿に映りますね♪
 

投稿: ポージィ | 2014/04/05 16:55

ちょっとご無沙汰しました。
鳥さんたち、綺麗に撮れてますよ。
5枚目の写真もイソシギに間違いなし!!
マガモやコガモはそろそろ巣d型を見る事が出来なくなります。

最近鳥の種類も増えてきましたね。
そろそろ本格的に鳥撮りさんに挑戦されては・・・・!!

↓のミツマタの花、探してみましたが、ついに見つけることが出来ませんでした。weep

投稿: ソングバード | 2014/04/05 18:04

こんばんは!
今雨が降っています。
満開の桜は散り始めています。

私も鳥が大好きで、鳥をみつけると嬉しくなります。
ポージィさんのお近くですか?
こんなにいろんな鳥がいるところがあったら 楽しいですね。
私も 今住んでいる家に越した時 家から池が見えました。いろんな鷺がやってきました。カワセミもみられたのです。
もう嬉しくて嬉しくていつも眺めていました。ところが10年経って 池が埋められて、今は家が建っています。
カイツブリが潜ってなかなか出てこないと心配でした(笑)

投稿: 生駒の風 | 2014/04/05 22:09

chick ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
いえいえ、これ以上大きくするとかなりピンボケなのがばれてしまうんですよ(笑)
イソシギも間違いなしですか、ありがとうございます。
北へ移動する鳥たちは、もう間もなくさようならなんですね。
そうなると、川で見かける鳥も寂しくなります。
私が散歩する地域では、鳥さんはむしろ寂しくなるような…
鳥撮りさんにはとても挑戦できません~。根気も腕もカメラも無いですし。
たまに出会う鳥を見て、こんなふうにお遊びで撮ってみるのくらいが
私にはちょうどいいみたいです。
 
ミツマタ、残念でしたね。植物園やお寺の庭といった場所の方が
植えられていることが多いかもしれません。
 
 
chick 生駒の風さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
生駒の風さんは、鳥が大好きでいらっしゃるのですね。
見付けると嬉しくなりますよね。比較的身近で見られる野生動物ですし、
ワクワクしてしまいます。スズメでもカラスでも(笑)
時々載せている写真はほとんど家の近くの川沿いで撮ったものです。
徒歩40分くらいまでの範囲かな。でも、毎回出会いがあるわけではなくて、
ポツリポツリ なんですよ。それでも街中よりは多いのでしょうけれど。
 
生駒の風さんのお宅の近くには、かってはバードサンクチュアリのような
場所があったのですね。やはり水場があることも生き物には大切な条件。
カワセミも見られたとは、なんて素適な場所だったんでしょう。
うふふ カイツブリは潜水の名人ですね。なかなか出てこないと心配していると
思いがけない場所から出てきて驚くことも。
埋め立てられ家が建ってしまったなんて…残念です。
その周囲で暮らしていた生き物たちは無事新しい棲みかを見つけられたでしょうか。
うちの周囲もたくさんの大きな木が切り倒され宅地になりました。
人間が増えた分、野生の生き物は減っているのですね。
 

投稿: ポージィ | 2014/04/05 23:05

色々な鳥さんとの出会い、楽しく拝見させていただきました。
なかなかお目にかかれないような鳥が撮れて羨ましい様な、
お散歩もどこに幸せがあるか分からないですね、
ドキドキのような気持ちで歩くとか、
何か目的があればあったで倍増の楽しみが潜んでいると思いますね。

投稿: 玲 | 2014/04/06 11:00

chick 玲さん、ありがとうございます ♪
 
ぽつりぽつり の出会いながら、まとめてみると結構な数になりました。
私の散歩コースがたいてい川沿いで、片側は田んぼという環境ですので
こんな出会いがあるのかもしれません。収穫ゼロで寂しく帰ることも
少なくはないのですけれど。
先日、カメラをぶら下げて歩いていたら、自転車で通りかかったおじさまに
「鳥を撮るんですか」って声かけられました。
私の答えは「特に鳥と決めてはいないんですよ。目に留まったものを撮ってます」
目的があるときも、なくて出会い任せのときも、それぞれ楽しみがありますね。
 

投稿: ポージィ | 2014/04/06 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/59242320

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥さん 散見記録:

« 春を実感した日には… | トップページ | はじめの桜には »