« 薫風に誘われて 谷戸山公園 ② | トップページ | なんの花が開いた »

2014/06/23

薫風に誘われて 谷戸山公園 ③

5月初旬に訪れた谷戸山公園での出会いシリーズ、その③ (最終回)です。
今回は、ちょっと面白いな~という形の花をまとめてみました。
初めましての花にも、ひとつこちらに回ってもらいました。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmoneybag
 
 
 
140503_1hanaikada140503_1hanaikada_cut
 
                 「ハナイカダ(花筏)」 の 雄花
 
                ずいぶん久し振りに会いました。
   葉の上に花が咲くのが特徴です。 雌雄異株で、この日見たのは雄花でした。
 
 
 
 
 
    140503_16inukoriyanagi
 
           「イヌコリヤナギ(犬行李柳)」 の 柳絮(りゅうじょ)
 
           柳絮 とは、柳などの種を運ぶ綿毛のことをいいます。
      写真には撮れませんでしたが、強めの風が吹く度にあたりにたくさんの
                綿毛がふわふわと漂っていました。
 
 
 
 
 
140503_31nisikigi140503_30nisikigi_cut
 
                     「ニシキギ(錦木)」
 
             何度見ても ユニークだなあ と思う形の花
 
 
 
 
 
140503_47kouzo140503_48kouzo_cut
 
                       「コウゾ(楮)」
 
       ご存知、和紙の原料となる木のひとつですね。 初めて花を見ました。
          同株異花 で 細長い花柱が放射状に伸びているのが雌花、
                 球状になっているのが雄花です。
                   どちらも 集合花序ですね。
 
 
 
 
 
140503_7kogomeutugi140503_7kogomeutugi_cut
 
                    「コゴメウツギ(小米空木)」
 
            この谷戸山公園の森には たくさん生えていて、
      どの木も蕾がいっぱいでした。 その中から咲いていたものをパチリ。
 
             直径5mmに満たないような小さな花ですが、
           近寄ってよく見ると ユニークな形をしていますよ。
         ぜひ 右写真をクリックして 大きめ写真もご覧くださいね。
 
 
 
 
 さて、これで11ヶ月ぶりに歩いた谷戸山での出会いのご報告はおしまいです。
 次回はこんなに間が開かずに公園歩きを楽しむ機会があると良いナ…
 
 

|

« 薫風に誘われて 谷戸山公園 ② | トップページ | なんの花が開いた »

コメント

ハナイカダ、ずい分前に見たことがあります。
ショーゲキだったんです。coldsweats02
だって、葉から花がでてるでしょ?
環境の変化で植物が大変なことになってる~sweat02
って、真剣に「エライコッチャ!!」と思ったのです。coldsweats01

たくさんの珍しい植物を目にされたんですね。
楽しいお散歩だったんだろうな~って思いました。happy01
11ヶ月ぶりになってしまったお散歩。
アタシもそんな感じだったので、ちょっとだけお気持ちわかるような・・・。
行けば、「もっと早く来ればよかったな~」って思うんですよね。confident

投稿: くらふぇ | 2014/06/23 10:32

ポージィさん
こんにちは
珍しい花ばかりですね
ハナイカダは、10年ほど前に見たきりです
隣の駅近くの公園にあったのですが
確か、東日本大震災の影響で枯れてしまいました
初めて見た時の感動をもう一度味わいたいです
コウゾは、今年初めて見ることができました
この花も実にユニークですね
いつも珍しい花木を見せていただき、有難うございます

投稿: フクジイ | 2014/06/23 12:03

こんにちは~

公園の木々。私の知らなかったものばかりで、こんなのがあるんだあ~と感心させてもらいました。

花筏って。。。
葉に落ちてる花を撮影したのかと思ったら、、、
よく読ませていただくと、、、
葉の上に花が咲くんですね~
珍しいなあ~見たことないよ。。。。
見つけても、知らなかったら花が落下してるんだ~と思っちゃいそうです。

そう言う気持ちで眺めると、ほんとほんと。。。。
筏に花を乗せて流れてるようですね~
風が吹いたりしたものなら、、、
そんな感じなんだろうな~
いつか私も見てみたいなあ~

ニシシギも、、、円盤みたいだし、
こうぞなんて雄花と雌花と全然違うなんて。。。。
面白いなあ~
いろんな不思議を見せてくださってありがとうございま~す

投稿: 野花 | 2014/06/23 14:12

 皆さんそれぞれに特徴が~♪
こんにちは~。

 いいですね~。
やっぱり私は、こうしてお伺いさせていただくことで…。
いろんな世界を垣間見させていただき、そして心が落ち着き・・、最終的には忙しく?なります~(笑)。

 最初も最後の写真もお初です。
・葉はあ~・葉の上に!花が?
何がキッカケでこのように進化したのでしょうか?
・我が家のヒメウツギさんとはチョット違う!
落ち着いた中にも煌びやかさが…、本当に主張しておりますね。
※私ももっと・・すべきかな~、そんな歳でもないか?
  ありがとうございました。
  ヒロ・ 

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2014/06/23 14:17

bud くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ご覧になったことありましたか。
衝撃ですよね~ 初めて見る葉にじかに咲く花! happy01
私も初めて知ったとき、へぇぇぇっ 面白い~~ って興奮しました。
環境の影響で遺伝子が傷ついての結果、などではないそうですからご安心を。
 
谷戸山、里山といったところは、普段歩く身近な場所とは違う動植物が
見られて楽しいですね。うきうきワクワク♪
そうそう、くらふぇさんも春に似た感じを味わいながら公園歩きを
されたんでしたよね。
こうした自然いっぱいの公園は、車じゃないと不便な場所が多くて、
運転苦手の私はついつい夫頼り。ところが夫がもうずーーっと忙しくて、
こんなに間が空いてしまいました。
もっと行動的になれるといいんですけどね~~confident
 
 
bud フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
あの日の谷戸山公園歩きでは、たまたま初めましてやお久し振りの出会いが
たくさんありました。この頃、近所の川沿い歩きばかりなので、
とても新鮮で楽しかったです。
ハナイカダには、だいぶ前にお会いになったのですね。
東日本大震災の影響で枯れてしまったとは残念です。
またどこかでお会いになれると良いですね。公園やお寺などで、
植えられていることもありますよ。
フクジイさんのコウゾとの初めての出会いについては、記事を拝見しました。
お互い初めての出会い、珍しい花に会えてラッキーでしたね。
最後の一文は、フクジイさんにこそ、あてはまります(^^)
 
 
bud 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
意外です、野花さんの方がお会いになるチャンスがたくさんの木々ですが、
山によって植生も違えば、花期も関係するので、たまたまお会いになっていない
ということもありなのですね…。
 
ハナイカダ、面白いでしょ(^^)
でもって、「花筏」っていう名前がとっても素適です。
この名前を付けた人には拍手~ですね!
私も最初に知ったのは、ブロガーさんのどなたかのお写真で、でした。
面白~い、と感動すると同時に、なんだかとてもロマンチックな気持ちに
なったのを思い出します。初めて実物を見たのは、鎌倉の長谷寺で、だったかな…?
花が咲いていない時期は目立たないかも~
 
ニシキギの花は、私は見るたびに甲虫ロボットみたいに思えちゃいます ふふっ
 
野花さんにこそいつも見たことないものをたくさん見せていただいています。
こちらこそ、ありがとうです♪
 
 
bud ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
植物界も、実に個性豊かですね!
私も久し振りの近所歩きじゃない場所で、珍しい出会いが色々あり
楽しかったです。
魅力的な植物を知ると、ご自分のお庭にも呼び寄せてみたくなるのですね。
仲間入りしてもらえる余地があるとどうしても。
そうして、お世話など忙しくされることに?
お気持ちはよく分かります。わが家の場合は余地が無いので諦める
ことがほとんどですが、どこからか飛んできて仲間入りや、水に挿していたのが
発根して仲間入り、という子がジリジリ増えてきましたよ。

ハナイカダは、ウィキによると『進化的には花序は葉腋から出たもので、
その軸が葉の主脈と癒合したためにこの形になったと考えられる。』
ってことだそうですよ。分かったような分からないような…(^^;)
 
○○○ウツギ と名前のつく木もたくさんありますね。
↑コゴメウツギはバラ科で、ヒロさんが植えられたヒメウツギはアジサイ科、と
いうように、科が違うものもあって、ちょっと複雑です。
バラ科と分かって見ると、コゴメウツギの煌びやかさも納得です。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/23 15:33

名前は知っていても、見たことのない花、じっくり観察したことのない花ばかりです。
まずハナイカダは雌雄異株なのですか。
当然花は違うわけですね。知らなかった!
柳絮も舞うのは見ていますがこんな形だったとは。
ニシキギは紅葉がきれいとか棘みたいのが痛そうとかで、お花を見たことがありません。
コウゾもです。
コゴメウツギは5枚ずつ花弁が違っていたのですね。
5月の初旬には是非目をきらきらと輝かせなければ。

投稿: tona | 2014/06/23 16:13

こんにちは。
「ハナイカダ」これは、一度見たことがありますが、実にユニークな葉ですね。
葉の上にあるのが花なんですか。
植物の世界の多様なあり方、驚くばかりです。

「ニシキギ」・・・・紅葉の時期に目につく植物ですが、こんな花を咲かせるんですね。
本当にユニークな花なんですね。

「コウゾ」これも知ったる名ですが、花は初めてです。
これまたユニークな花ですね。

珍しい花の数々、ありがとうございました。

投稿: 鎌ちゃん | 2014/06/23 16:54

bud tonaさん、ありがとうございます ♪
 
そうですよね、タイミングよく花に出会えるかは、場所も時期も合わないと
かないません。身近にはないものばかりで楽しい出会いでした。

ハナイカダは、そうなんです雌雄異株で、雌株の雌花に、花後の実にも
まだ会ったことがありません。またいつか叶うと良いですね、お互いに。
柳絮が舞うのはご覧になったことがおありなのですね。
私はこれも初めてで、割とそばへ寄れたので出所を見てきました。
ほわほわの綿毛が柔らかかったです~
 
ニシキギやマユミの花はグリーン系で目立ちませんね。
でもなかなかユニークな形で、甲虫のロボットのようだと思って見ています(笑)
コウゾも面白いですし、コゴメウツギは花びらもオシベの付き方も面白いです。
本当に、また来年5月初旬ころ、お目めキラキラになれる出会いが楽しみです。

投稿: ポージィ | 2014/06/23 17:14

bud 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ハナイカダはご覧になったことがおありなのですね。
葉っぱの上にちょこんと小さな花が見えるのが、乗っているのではなくて
この場所で繋がって咲いているのです。
この様子を見て「花筏」と名付けたのもすてきですよね。
ニシキギの花は、甲虫のロボットみたいに見えてなりません。
秋の真っ赤な紅葉と違い、グリーン系の花で目立ちませんが、
ユニークですよね。
コウゾは和紙の原料になる木として名前をよく知っていますが、
花は私も初めてでした。クワ科だそうですよ。面白いですね。
 
この日の谷戸山歩きでは、珍しいものいくつかにタイミングよく会えて、
とてもラッキーでした。ご覧いただきありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/23 17:19

こんばんは!

初めてのお花って コウゾのことでしょうかね?
ヒメコウゾとコウゾの区別が はっきりしない私です~
イヌコリヤナギの綿毛って たしか問題になっているような・・・
すごいですものね~~

出会われた植物たち 以前越生の林床で見た植物たちにとてもよく似た植物相だと思いました~

いいところなのですね~
近ければ行ってみたいところですが・・・

投稿: pole pole | 2014/06/23 18:31

こんばんは。
毎日ジメジメ、ジトジト嫌ですね。

ハナイカダは実がついた時が知られていて、花はあまり知られていないですね。
葉の上にそっと咲いてる姿は可愛いです。

コゴメウツギの花はまじかに見た事がありませんでした。
ユニークな形の花ですね。

全部じっくり見たいです。

投稿: ロッキーママ | 2014/06/23 18:58

bud pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
はい、コウゾのことです。私は初めてでもあり面白いとも思ったので
③の仲間に入れました。この公園内では、たまに名札つきの木があって、
このコウゾには「コウゾ」と名札が付いていました。
ヒメコウゾとコウゾは見分けがとても難しいそうですね。
 
イヌコリヤナギの柳絮、問題になっているのですか?
確かに住宅地に近い所などで大量に飛んだら色々困る場面も出てきそうです。
この場所では1本の木からふわふわ~~っと舞っているだけで風流の範疇でした。
 
越生というと埼玉でしたっけ…神奈川の割と北部の森と埼玉の森林。
植生も似ていて不思議はないのかもしれませんね。
自然の森林や谷戸を生かしたこうした公園は、気軽に自然を身近に感じることができ
いいですね。もう少し頻繁に行きたいのですが、運転手をしてくれる夫多忙につき
近年はご無沙汰続きになっています。
 
 
bud ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
晴れ間が出てもやっぱり梅雨ですね。すっかり空気が重くなりましたね。
おかげでヤブ蚊もすごいです。
 
ハナイカダは葉の上にちょこんと咲いて実も生って、面白いですね。
目立たない花ですけど可愛いですね。名前共々風流を感じます。
 
コゴメウツギの花は小さいですから、近寄ってもよく見えないくらい。
私も、パソコンに取り込んで大きくしてみてユニークな形に気付きました。
花びらの形もオシベのつき方も面白くて、小さいのに凝っています。
 
私もまた会う機会があったら、今度はもっとじっくり見たい花ばかりです。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/23 20:21

ポージィさん、こんばんは。
今回は、ハナイカダ以外は全く知りませんでした。私が通うサンコウチョウの森にはKさんという夫婦連れの自然ウオッチャーがいます。ヘビ、カエル、昆虫、植物などをカメラにおさめて、持って帰り、それをスライドにして、近所の小学校の4年生に定期的に教えているそうです。決して実物を捕らえたりはせず、カメラにおさめます。貴女はこのようにして、珍しい植物を掲載して、解説し説明もします。何百人と"生徒”がいるでしょうね。コゴメウツギの写真を最大化して見ましたが、仰る通り不思議な形をしています。昔、精米の時に割れた米を集めてコゴメとして売っておりました。裕福な家では決して食べなかったけれど、私は食べたことがあります。ヒヨコにも与えましたね。

投稿: polo181 | 2014/06/23 21:07

こんばんは。
谷戸山公園はいろんな木の花が咲いて時間を忘れますね。
雌雄異株や雌雄同株も見られて楽しまれたでしょう。
先日コウゾが実になっていました。摘まむとクワの実と同じように甘かったです。
ちょっとだけイガイガが口当たりを悪くするのが難点でした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/06/23 21:25

bud  polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
ハナイカダはご覧になったことがおありでしたか。葉っぱの上に直接花が咲き
実がなる植物、面白いですね。そして「花筏」という風流な名前がぴったりで
素適だとも思います。
 
まぁ、ご夫婦でそんな素適なことをしていらっしゃる自然ウォッチャーの方が
いらしゃるのですね。お二人が撮った写真を見て、自然界に興味を持ったり
好きになったりする子が、きっと何人かいることでしょう。
 
いえいえ、私は珍しいものを掲載できるのはたまにのこと、普段は近所歩き
ばかりで出会いもマンネリ気味です。それでも、たまたま目を留めてくださった方が
道端の野草たちにも関心を持ってくれたらいいなぁとは思っています。
見てくださる方は、何百人には遠いですけれど。
 
コゴメウツギの花の大きめ写真も見てくださってありがとうございます。
5mmほどの花なので、肉眼ではあまりよく見えませんが、大きくしてみたら
花びらもオシベの付き方もユニークで面白いと思いました。
コゴメウツギの名前のコゴメは「小米」、その小米も販売されていた(る)のですね。
スーパーでは見かけず、私もご飯としては食べたことがありませんが、
ひょっとすると別の形で口に入っているかも?分かりません。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/23 21:30

bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
谷戸山公園へ行ったのは何年ぶり(5~6年?)かでしたが、
楽しいところですね。舞岡公園、谷戸山公園、いずみの森、といった
気軽に自然と親しめる公園は大好きです。私に一人でどんどん出掛ける
パワーが無くて、この頃はなかなか行けないのが残念ですが。
 
おぉ コウゾの実を味見されましたか。クワ科だそうですね。
味わいもクワの実に似ていましたか。イガイガの口当たりがやや難点ですか。
なるほど、そういう感じなのですね。
実の写真をネット上で見て、美味しそうだなと興味を持っていたのです。
おーちゃんに教えていただけてスッキリしました。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/23 21:37

こんにちは♪
 
つい先程から 本格的に雨になってきました。
遠雷も聞こえます。
今日は暗くなるのも早いかな rain
 
そんな空模様と真逆の 明るいお写真群 sun
 
こんなに たくさんの植物があるとは
素敵な公園ですね。
そして、よく見つけられるポージィさんの視線。
 
ハナイカダは 面白い花ですよね。
この植物に限らずですが
思いもかけない場所から開花しているのって
本当に興味深いです。
そして、命名の妙。
流れに落ちると
花が葉のイカダに乗っているように見えることでしょうね。
 
見たことはあっても名前の知らない植物を
今回も たくさん紹介頂き ありがとうございます ヽ(´▽`)/
 
しかし、そういう名前なのね、と思っても すぐに忘れるピーマン頭。
困ったものです ( ´・ω・`)

投稿: 花mame | 2014/06/24 16:21

bud 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
予報どおり雷雨になりましたね。こちらも昼ころから真っ暗になり、
雨が強まったり弱まったり、雷鳴も近づいたり遠ざかったりしています。
調布ではヒョウが降ったようですね。さきほどTVでチラと見ました。
雨や曇りだと、夏至から間がない日の長い時期を満喫できないのが残念です~
 
自然の谷戸山を手入れして公園にしたようなところなので、木々の種類も多く
自然を身近に手軽に感じられます。こういうところ大好き♪
このごろは滅多に行かれず寂しいのですが。
 
ハナイカダは面白いですね。どうしてこういう形を選んだのか、
木に聞いてみたいものです。そうそう、命名がまた素晴らしいですよね。
実に風流で、命名した方に拍手を送ります。
ハナイカダのように葉にじかに花が咲くように見えるものに、
ナギイカダというのもあるんですよ。こちらは葉に見えるものが
実は枝だそうですが、見た目は葉に花です。一度だけ見たことがあります。
数多ある植物の中で、知っているものなどごくわずか。
それでも珍しいもの不思議なものがあれこれあって、奥深く広い世界ですね。
 
あ、名前は、私自身が近頃忘れっぽさに拍車がかかってますので
お忘れになっても気になさらないでくださいねー
 

投稿: ポージィ | 2014/06/24 17:35

こんばんは
ハナイカダ、久しぶりに見ましたよ
妙高にはニシキギとコマユミの両方が見られますが、圧倒的にコマユミの方が多いです。
昔、測量で山に入った時、一面ニシキギの紅葉で大感激した記憶があります。
枝に翼が有るか無いかの違いで、どちらも紅葉は天下一品ですね。
コウゾ、花がとてもユニークですが、実は透きとおったオレンジ色で美味しそうです。
味は甘いけれど、口に中にイガイガが残って・・・あまりお勧めはできません。
コゴメウツギ、普通にある木だそうですが・・・
まだ出会っていない花です、山へ行ったら探してみます。

投稿: 雪ん子 | 2014/06/24 20:40

bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ハナイカダ、雪ん子さんも久し振りでいらっしゃいますか。
ユニークな花が咲く木ですが、あまり見かけませんね。
もっとも私は、花や実が付いていなかったら気付かない可能性大ですが~
 
コマユミはニシキギの品種だそうですね。翼のある無しの違いとか…
妙高地方にコマユミの方が圧倒的に多いのは何か訳があるのでしょうか。
紅葉の美しさは、さすが世界三大紅葉樹と賞されるだけのことありますね。
魅せられます。
 
コウゾの実、ネット上の写真で見ましたが美味しそうですね♪
さすがクワ科と思いましたが、口当たりがそんなじゃせっかくの味も
消し飛んじゃいますね、残念ながら。子供のころクワの実を食べたという
お話は時々聞くのに対し、コウゾの実を食べたという話は聞いたことが
無かったのもうなずけます。
 
コゴメウツギの花期は5~6月だそうです。北海道から九州までの低山地に
普通に見られるといいますが、それでも均一にではないでしょうね。
そちらの山でもご覧になれるといいなー
 

投稿: ポージィ | 2014/06/24 21:17

こんにちは♪
ネコヤナギは聞くけど イヌコリヤナギ(・・?)
「犬」の文字に目が留まりました
綿毛が尻尾みたいだからかな?と名前の由来をググったら

*コリヤナギに似ているが、枝が曲がっていて、行李をつくるのには役立たないところからイヌとつけられた。

とありました。
納得できないσ(^_^;)

投稿: miki | 2014/06/25 15:48

谷戸山公園はいろいろありますね。きっとあれもこれもと
撮影にお忙しかったことでしょう。
私も無心に撮れるような場所に行きたいものと
憧れます、それも初めて足を入れるところに。
2枚目には驚かされました~あの好きでないものに見えてしまいました、
まさか美の追求なのにまさかと思います(笑)
名古屋は大変なことでお出かけ、さぞお疲れだったでしょう、
喪主のほうに失礼な発言ですが、
大体畏まってとかジィッとしていなければならないことは
人との関わりとか、普通ではないことはお疲れになりますね。

投稿: 玲 | 2014/06/25 20:59

bud mikiさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは(^^)
 
うはは 植物に「イヌ」が付くもの結構あるんですよ~
でもって、このイヌコリヤナギのように役に立たないから、と
イヌが付いているものも多々。
私も納得できない!ぷんぷん pout と怒りましたとも。
犬は人間との繋がりができたはるか昔から、役に立ってきたし友なのに~って。
でもその後、必ずしも イヌ=犬 ではないと知りました。
否(いな) が転訛しての いぬ との説もあるそうです。
そういうことなら… (^^)
 

投稿: ポージィ | 2014/06/25 21:06

bud 玲さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
自然をそのまま生かした公園なので、様々なものが見られて楽しいです。
もちろん、手も入っていますから安全に見て回れますしね。
こういう公園は大好きです。クックの晩年によーくでかけました。
この2~3年は全然行けなくなってしまって…
もう少し運転が得意なら、自分だけで行く気にもなるかもしれませんが。
玲さんもこんなような場所、お好きでしょうか?
自然と向き合うひとときは、確かに無心になれますね。
うふふ 2枚目はアレに見えてしまいましたか。
私もアレは苦手ですから、実際のアレを写すことはまずないかと(笑)
でも芋虫は載せたことありましたね(^^;)
 
名古屋行きは、2週間前に法事とお見舞いで三重と名古屋に行ったばかりで、
まさかこれほど間をおかずにまた行くことになるとは思いませんでした。
お気遣いをありがとうございます。私は体力がなく、遠出というだけで
疲れてしまいます。今度のような理由だと精神的にも疲れますね。
 

投稿: ポージィ | 2014/06/25 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/59686089

この記事へのトラックバック一覧です: 薫風に誘われて 谷戸山公園 ③:

« 薫風に誘われて 谷戸山公園 ② | トップページ | なんの花が開いた »