« 青田だったころ | トップページ | 三浦半島 試乗ドライブ リポート »

2014/08/21

野性味の魅力 オニユリ

常態化しております、季節の追っかけ記事にお付き合いくださいませ...
 
今年も、鉢に埋めたムカゴから育った「オニユリ」が咲きました。
今年は蕾4つ。4輪の花を順に楽しませてもらいました。1輪目が7/21に咲きましたョ。
       (diamond写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますdiamond
 
 
 
140630oniyuri_tubomi 140714oniyuri_tubomi1 140717oniyuri_tubomi
 
        6/30               7/14               7/17
 
まだ小さく上を向いていたころは産毛がいっぱい。 やがて花茎が伸びてばらけるに
したがって、蕾は下向きに向きを変えつつ大きくなります。 オレンジ色に色付いたら
咲くのはもう間もなく。 斑点が透けて見えます。 開花直前の蕾の長さ=約10cm
 
 
 
 
          140721oniyuri_kaika6
 
                     7/21 一番花・開花
 
 
 
 
    140721oniyuri_kaika7
 
                花被(花弁とガク)は大きく反り返ります
                 反り返った状態での直径=約9cm
 
 
 
 
    140721oniyuri_kaika8_cut
 
                   斑点 と 突起 がワイルド!
 
 
 
 
    140721oniyuri_kaika2
 
              咲いたばかりの 初々しい オシベ と メシベ
 
                 ( 花はいずれも 7/21 撮影 )
 
 
 
 
          140630oniyuri_mukago
 
                       ムカゴ(珠芽)
 
          オニユリは結実しませんが ムカゴで子孫を増やせます
        充実してくると 葉脇に付いている時点から根が出てくるんです
                 地面に落ちるころには準備万端!
 
 
 
 
          140716oniyuri1
 
             道端の ミニミニ花壇で咲いていた 「オニユリ」
                      ( 7/16 撮影 )
 
 
 
 
  「オニユリ(鬼百合)」 : ユリ科 ・ ユリ属   日本、朝鮮半島、中国に自生
                  花期は7~8月
 
                  種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作り
                  繁殖します。(わが家のもムカゴ育ち)
                  鱗茎はヤマユリと同じく、食用となります。
 
 
 
 
  またもや大雨による大災害発生...。
  亡くなられた方のご冥福と、生活の早期のご回復を切にお祈りいたします。
 

|

« 青田だったころ | トップページ | 三浦半島 試乗ドライブ リポート »

コメント

おはようございます!

またまた起きてしまった広島市での目を覆いたくなるような惨状!
もともとハザードマップでは危険な個所とされていたようですが・・・
夜中に起きたとはいえ 自治体の避難誘導がもう少し早かったらと思うと残念でなりません。
心からお悔やみ申し上げます。

オニユリさん 今となっては懐かしいです~
我が家の鉢植えにも多分オニユリが 2本 一昨年くらいから出て来ています。花は咲かないのですが 今年はムカゴをたくさんつけています。
植え替えてあげようかしら・・・
まだまだ20㎝位の背丈なのですが。

野性味たっぷりのオニユリ さんは色は暑苦しいのですが 何か魅かれますね。
楽しませていただきました。

投稿: pole pole | 2014/08/21 08:55

こんにちは^^
オニユリ。 本当にワイルドですよね。
オニユリと、その足元に咲いていた姫檜扇水仙の
オレンジの御苑の景色を懐かしく思い出しますconfident

投稿: ターコイズ | 2014/08/21 09:19

こんにちは。

今庭に見に行きましたら、たくさんムカゴが落ちていました。根が付いているなんて今まで見たこともありませんでした。なるほど見えました。
蕾に斑点が透けて見えるとは観察が細かいですね。感嘆!
大きな写真の3枚目ですが、斑点がぼったり垂れ下がっているようで幻想的、素敵な一枚です!

ゲリラ豪雨が今年は一段と激しさを増して、住む場所を改めて見直すことになっていきそうですね。

投稿: tona | 2014/08/21 10:36

その後、体調はいかがですか?
今年の夏は去年以上にキツイです、アタシ。
なんだろうか・・・。
年齢のせい?暑さのせい?
でも、でも、嫌いになんてならないぞ~、夏っっsign03

オニユリって、こわい名前ですよねぇ。
見た目もちょっとハデハデで、大阪のおばちゃんを
連想してまうアタシです。coldsweats01
子供の頃、母がよく玄関に活けていました。
オレンジの地にヒョウ柄の斑点模様。
アタシはけっこう好きなんですよ。
しべも長くて、かっこいいですよね。boutique

投稿: くらふぇ | 2014/08/21 12:44

魅力的ですね~
ゾクゾクします。
それに、ムカゴ育ちというのがいいです。
私も挑戦したいです。
ムカゴや~い。

投稿: koko | 2014/08/21 12:59

 オニユリ(ポージイ)さんこんにちは~。

 毎日の「ポチ」:誠にありがとうございました。
 しかし、例えコメントせずとも、トータル的には休まりませんでしょうに…!

・可愛い蕾から…!いいですよね~♪
最初の撮影から数か月もかかることがありますが、それも楽しみの一つですもんね。
・今まで庭のユリは食べていないのですが、今年は頂いてみようかな?と…。

 こちらの昨日38度位に!今日も同じような、11時で終了に!
・この暑さ、まだまだ続きそうですが、楽しく秋を迎えましょう。  
   ヒロ・・でした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年) | 2014/08/21 13:51

club pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
今日もまだあちこちで大雨による災害への注意が出ていますね。
以前に起きた同じような災害が繰り返されてしまうこともよくある話…
様々な事情があるためですが、悲しく悔しいことですね。
 
オニユリさん、花期が終ってからもうしばらくになってしまいました。
pole poleさんのお宅の鉢にもオニユリが出てきていますか。
うちのは花が咲くようになる前に、まずムカゴを付けはじめました。
お庭のも、来年は咲くかもしれませんね♪
 
夏の暑さの中、涼やかな色の花に引かれると同時に、アカやオレンジ色の花も
その夏らしさに魅了されます。それぞれの良さがあるのでしょうね(^^)
 
 
club ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは ^^
ワイルドですよね~ 私はどちらかというと淡い優しい雰囲気の花に
惹かれることが多いのですが、オニユリなど一部の花は、
濃い色とワイルド感に惹かれます。
御苑では、オニユリとヒメヒオウギスイセンが咲き競ってましたか。
これぞ夏!!の光景だったのですね confident
 
 
club tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
お庭のオニユリさんもムカゴを地面に落としていましたか。
すでに根も出た状態で wink
うちのも、もういつ転がり落ちてもOKの状態になっています。
 
蕾が色付いてきて斑点が透けて見えるようになると、羽化間近の
蝶の蛹を思い出すんですよ。待ちわびているからかもしれません。
咲いてからの垂れ下がったようになっている斑点、見て下さいましたか。
ありがとうございます。アップで見ると不思議なような神秘的なような、
面白い世界ですよね。
 
ゲリラ豪雨、年々ひどさを増しつつあるような気がします。
あらゆることを気にかけて住む場所を選ぶ必要がありそうですが、
なかなかままなりませんね。
 
 
club くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
お気遣いありがとうございます。
私の不調は更年期から来るものなのかも… 去年くらいから
体のあちこちが今までと違うって感じていて。
以前と同じ動きなのにダメージがきちゃうことが増えましたcatface
でも、汗ダラダラの毎日は、まだ嫌いになっていないよ~
秋にはもう少し待っててもらいたいです(笑)
くらふぇさんもちょっと不調なんですね。私よりずっとお若いけど、
どうしても20代30代のようにはいかないかもしれないね。
でも夏は嫌いにならないで~ happy02
 
オニユリ、好きですか? 嬉しいな~ 何か惹かれるのよね。
ふふっ 大阪のおばちゃんかぁ、なるほどね wink
ポンポンとテンポ良くて、でも人情ある大阪のおばちゃん、憧れます。
ド派手部分はおいとくとしても(笑)カッコイイと思う。
 
 
club kokoさん、ありがとうございます ♪
 
オニユリにぞくぞくする魅力を感じてくださいます?
嬉しいなぁ。
ムカゴ育ちは愛おしさが増しますね。
どこかで見つけられたら、鉢にちょいと埋めておけば、
3年後くらいに花が咲く可能性アリ♪ ムカゴや~い。
お送りしましょうか?
 
 
club ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ポチだけならかなりの時間短縮になります。コメントは、考え考え、
ときには調べもしてなもので…。記事を書くときも同じくです。
 
ヒロさんもたくさんの種類のユリを育てられて、だんだん生長していく様子を
楽しまれましたね。やはり少しずつ生長していく様子を見ていると、
自然と愛しさも増しますね。
今年は百合根をご賞味になられますか。地面の中でどんな姿をしているか
楽しみですね。
 
38℃ですかぁ… うわぁwobblysweat01 11時でももう危険ですね。
こちらは室内で33℃くらいです。38℃からしたら「涼しい」温度。
どうぞお気をつけください。
 

投稿: ポージィ | 2014/08/21 15:19

お久しぶりです。
一か月くらいご無沙汰しました。

オニユリ見なくなりました。
こちらは至る所にヤマユリが咲いています。
夏にオレンジの花はステキですよね。

また大きな災害が起きてしまいました。
行方不明の方が一日も早く発見されると良いですね。

投稿: ロッキーママ | 2014/08/21 16:30

こんばんは。
「野性味の魅力」・・・これ、オオオニユリを表現するにぴったりですね。
今度、これを見かけたら、このイメージをお借りして詠んでみたいですよ。
ムカゴで増えていくんですか。
我が家にも欲しい花の一つです。
どこかで、ムカゴが手に入れたいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2014/08/21 19:00

club ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
そんなに久し振りになりますか。私もお休みしてましたしね。
このごろでは、自分の感覚より実際の時がはるかに速く過ぎていきます。
 
オニユリあまりお見かけにならなくなりましたか?
うちの近くでも、畑などに自然にあったものがずいぶん減ってしまいました。
庭に咲かせているお宅はあるのですが。
ヤマユリがたくさん咲くのは羨ましいです。ずっと残ってほしいですね。
神奈川の県花というのに、私は公園以外では見たことがないのです。
ヤマユリも野性味と優雅さがある花姿で大好きなのですが。
 
ほんとうに…大災害です。今日新たな行方不明の方が判明し
数字が増えました。早く見つけてあげたいですね。
 
 
club 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
野性味とその魅力、鎌ちゃんもご賛同くださいますか。
オニユリに惹かれるのは何故だろうと考えたとき、この野性味にこそかも
しれないと思いました。ぜひ野性味に注目しての句をお詠みになってくださいね。
今の時期、花はもう終わっていますが、葉脇にムカゴが良い具合に育って
いると思います。もしお見かけになったら幾つかいただいてきて
鉢に埋めておいてみて下さい。ただし花が咲くには3年くらいかかりますから、
途中で抜いてしまわないよう気をつけ、気長にお待ちくださいね。
冬は地上部が消滅しますので、その点も要注意です(^^)
 

投稿: ポージィ | 2014/08/21 19:45

ポージィさんへ
こんばんは
いつもながら鋭い観察力と文章力に感激です
花の方もこれだけシッカリと観察してもらえたら嬉しいですね
ワイルドな斑点と突起が、このオニユリの名前を生んだのでしょうね
長期に亘る観察は、楽しかったでしょうね
ご自分で育てたご褒美ですよね

昨今の災害は、年ごとに大きくなっているように思います
夏は酷暑、冬は豪雪、自然には逆らえませんが
平穏な日々にして欲しいです

投稿: フクジイ | 2014/08/21 23:07

おはようございます。
今年もオニユリが咲いたんですね。
蕾の色が変わることは知りませんでした。
他のユリでもそうなのでしょうか??
花弁表面には、こんな突起があるなんて、じっくり観察してみるといろんなものが見えてきて楽しいですね。

投稿: ソングバード | 2014/08/22 07:13

club フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
いつもお褒めいただき恐縮してしまいます。
ほんとは観察眼なんてありませんのに。たまたま玄関の出入りごとに
目に入るのでよく見たというだけなんです。+ 愛おしさでしょうか(^^;ゞ
 
やっぱりオニユリはこの色と姿からの「鬼」なんでしょうね。
それが魅力でもありますが。
 
仰るように、年ごとに災害が大きく酷くなっていると感じられますね。
しかも頻発しているとも感じます。
人間は、地球や自然に対しておごりすぎたのではないでしょうか…。
本当に、平穏な日々であって欲しいですね。
 
 
club ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
植えっぱなしですが、有難いことに今年も咲いてくれました。
ユリの蕾の色、変るんですよ~ 蝶の蛹を思い出しませんか?
ほかのユリでも多分。うちでは勝手に生えてくるタカサゴユリも咲いていますが、
こちらは淡いグリーンからだんだん白くなります。
オニユリやヤマユリは、この斑点と突起がワイルド感を出していますね。
ツルンとしたスカシユリなどと大きな違いで、魅力でもあると思います。
でもどうしてこんな突起になるんでしょ。面白いですね。
 

投稿: ポージィ | 2014/08/22 07:58

こんにちは。
オニユリの蕾から開花までの様子を楽しませてもらいました。
開花近くなると斑点が透けてくるのですね。
それにムカゴのときから根が出始めるとは初めて知りました。面白いですね。
昨日はちょっと遊びに行っていて、コオニユリを見かけました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/08/22 15:22

綺麗にそして理想的なくるりんポーズでオニユリが咲きましたね~

ちょっと野性味があって、かっこよくて、、、
そしてやっぱり花の形がとてもきれい。
こうしてポージィさんのように育ててみると、いろんな観察ができて楽しいですね。

できたむかご。。。は。。。
再度植えて育てるのかしら~sign02

森にも所々に咲いてるのですが、あれは誰かが植えたのか、、、野生なのかは不明です。
でも、、、
蜘蛛の巣がかかってたり、虫が入ったりしてこんなにきれいに咲いていないです~

おしべがとてもスマートで、イケメンぞろいですネ!!

投稿: 野花 | 2014/08/22 17:16

club 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
目の前で咲いてくれると、生長の様子をじっくり楽しませてもらえますね。
おーちゃんにも蕾の変化をお楽しみいただけて良かったです。
開花間近に、斑点など透けて見えてくる様子には、羽化が近づく蛹を
思い出しました。実際のところ、蛹はこんな風には透けないでしょうけれど。
 
ムカゴが葉脇に付いているときから根を出して準備しているのは
気が早いのね、と思いましたが、そういえばムカゴではありませんがコダカラソウも
親葉の縁についているうちから根を出しています。
 
おや、お出かけされた先で、まだコオニユリが咲いていましたか。
もう花期は終ってしまったと思ってました。何だか嬉しいです。
 
 
club 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)
ご無沙汰していてごめんなさい。
 
くるりん反り返りはオニユリらしい咲きポーズですね♪
色といい斑点といい形といい、野性味はオニユリの大きな魅力だなぁと
思っています。目の前で咲いてくれるとジワジワ変わっていく様子も
見られて楽しいです。最初に埋めただけで、あとは放任なので
育てている、とは言えない状況なんですけどね(^^;)
出来たムカゴは、この子がダメになった時のために、別の鉢に埋めてみましたが、
育ちがイマイチなの。この子は特別だったのか?と思ったりもしています。
 
通勤の森にも咲いているのですね。元は人が植えたかもしれませんが、
自生してますね。森の中にはいろんな生き物がいますから、どうしても蜘蛛の巣などで
汚れた感じになっていることが多いですね。
 


投稿: ポージィ | 2014/08/22 17:42

こんばんは☆
 
おぉ、キレイに咲いてますね♪
オニユリと言う名前の通りだなぁと
思わせるところもある お花ですよね。
 
前にも お話ししたかと思いますが
我が実家(に限らずですが)では 植えた覚えも無いのに
生えまくりの咲きまくり。
ムカゴも落ち放題なので ほぼ雑草と化していて
小さな芽を見つけると ささっと抜いてしまいます。
それに比べて ポージィさんの所のオニユリの幸せなこと・・・ shine
咲いている姿も 何だか神々しくさえ見えますよ (o^-^o)
 
お膝は如何ですか。
早く回復されますように。
 
広島や福岡などの被害、心が痛みますね。
早くお天気が回復して 救助作業が進むことを願います。

投稿: 花mame | 2014/08/22 18:46

club 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
はい この色、この姿ですものね、鬼を連想したのだろうな~と思います。
今年も綺麗に咲いてくれました。ほかの植物と同居の鉢なので、
お互いに窮屈になってきているだろうなと心配しているのですが…
じゃぁ植え替えてやれよ~~ですよね(^^;)
ということで、あんまり幸せともいえないかも。
 
花mameさんのご実家近辺のように、生えまくり咲きまくりのオニユリヶ島状態、
見たことありませんよ~ うちの近辺では、減りつつあります。
ささっと抜く気になれるくらいが気楽で良いですよね。
わが家では、タカサゴユリがたくさん出てくるので、適当に間引いてます。
 
膝をお気遣いいただきありがとうございます。
一度良くなりかけたのを再度痛めた後はちょっと治りが悪いですね。
太腿筋を鍛える運動をしていますが、効果はまだ現れていません。
頑張ります~ この先一生膝痛なんて不自由ですし嫌ですもの。
 
この夏は、もう、どこで被害が起きたか覚え切れないくらいの数になって
しまいましたね。全国どこででも災害が起きうる状態だそうです。
行方不明の方が全員早く助け出されてほしいです。
 

投稿: ポージィ | 2014/08/22 20:46

お晩です(。・ω・。)ノ
あ。昨年の「鬼のパンツ」だ。
…品が無い会話なんて言わないで(≖ω≖。)
忘れられない、あの日の写真(笑)。
職場が職場ですので、普通の白いユリはお見舞いの方達がよく持ってきます。強い香りが続きますが、オニユリの香りも同じなんでしょうか…。
広島のニュース、観ました。
大変な惨事で、画面を直視出来ませんでした。
義援金程度しかお手伝い出来る事が思い付きませんが、早く全員の方が救助されますように…。

投稿: コヨコヨ | 2014/08/22 23:14

club コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
♪オニ~のパンツは良いパンツ~ 強いぞ~強いぞ~
作者不詳の歌「鬼のパンツ」、検索するとちゃんとヒットしますよ ( ̄ー+ ̄)
品が悪いなんて言うもんですか。オニユリの記事を品よくまとめていようと、
頭の中ではこの歌が常に鳴っている私です。もう逃れられない…
きっとコヨコヨさんにも、一生鬼のパンツがついてまわりますことよ。
 
強い香りが続く白百合というと、カサブランカかしら?
カサブランカは離れていても強い香りが漂ってきますよね。
このオニユリは、そういえば香りに気づきませんでした。
鼻をくっつけて嗅いではいないので(花粉がつく)少しは
あるのかは不明ですが。
今庭で咲いている、テッポウユリ似のタカサゴユリも香りの覚えがないです。
テッポウユリは香りますよね、たしか… 記憶が曖昧
 
今年は豪雨による災害があまりに多いですね。その中でも広島の土砂災害は
大惨事になってしまいました。ニュースを前に涙がこぼれます。
出来る事は限られますが、その出来る事をさせていただき、祈りは無限大に、ですね。
 

投稿: ポージィ | 2014/08/23 12:11

こんばんは

オニユリ、ロココ・ガーデンではもう終わってしまいました。
ムカゴで増えるので、うっかりしていると庭中オニユリだらけになってしまいそうcoldsweats01
そしてそのムカゴも土と共に移動して、とんでも無い場所から芽を出したりします。
可愛そうですが私は時々引っこ抜いています。
野性味あふれる花姿ですが、そのたくましさも中々のものですね。

投稿: 雪ん子 | 2014/08/23 21:18

しばらくご無沙汰してしまいごめんなさいm(__)m
いつも読み逃げしておりましたm(__)m
さて、オニユリ・・
ユリというと白くて清楚な印象ですけれど、このオニユリは色味、模様、形、どれをとってもワイルドですよねぇ。
夏のイメージにピッタリ!かもsmile

今年は豪雨による災害が例年より多いように思います。
家も家族も失ってしまった方もいるでしょう。
心が痛みます。行方不明の方が早く見つかること祈ります。

投稿: sam | 2014/08/24 06:58

club 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
うちのオニユリももうすっかり咲き終って、今はムカゴがパンパンに
育ってます。たくさんのムカゴが出来ますよね。うちもみなは育てられないので、
試しにお隣の葛の海に投げ込んでおいてみようかな~と思案中です smile
お庭や畑が埋め尽くされるのは困りますから、ここではダメという場所のは
引っこ抜くのも仕方ありませんね。私もいろんなのでやってますよ。
ユリではタカサゴユリで。
逞しい子たちにはそれもできますね。可哀想ではありますけれど。
 
 
club samさん、ありがとうございます ♪
 
いえいえ、私もお休みしたり色々してましたし。覗きにいらしていただけて
とっても嬉しいです。ごめんなさいなんて、とんでもないですよ(^^)
 
オニユリのこのワイルドさは、仰るように夏にピッタリと、私も思いますよ~
ギラギラした情熱的な夏のイメージですよね。
暑い夏は、清涼感感じさせるものももちろん良いですが、逆に暑苦しい
くらいのも似合う気がします happy02
 
同感です、今夏は日本中のあちこちで豪雨による被害が頻発ですね。
日本中いつどこで豪雨被害が出てもおかしくない状況と、専門家も言ってました。
本当に胸が痛みますね。
 


投稿: ポージィ | 2014/08/24 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/60026719

この記事へのトラックバック一覧です: 野性味の魅力 オニユリ:

« 青田だったころ | トップページ | 三浦半島 試乗ドライブ リポート »