« 終戦の日 | トップページ | 野性味の魅力 オニユリ »

2014/08/18

青田だったころ

皆さま、ご無沙汰いたしました。 いかがお過ごしでしたか?
この10日間、台風から前線による大雨被害まで、不安定な空模様と水害多発の
ニュースに胸を痛めてきました。大変な目に遭われた皆さまが一日も早く平穏な
生活を取り戻せますようお祈りいたします。
 
 
さて、私の夏休みはといいますと、結果、のんびり過ごせました。
当初の愛知行き予定(名古屋初盆と豊川帰省)は、夫の仕事と台風接近で
取りやめに。 それでも、神奈川県内・三浦半島の三崎と、富士サファリパークへ
ドライブに連れて行ってもらいました。どちらもお天気は雨やら霧やらでしたけれど。
 
ただ、7月に痛めた私の膝が再び悪化し(変形性膝関節症の初期と言われ、貼り薬と
腿の筋肉を強化する運動療法を指示されました)、ステッキを突いて歩いていたら
手の古傷まで痛くなる始末。 運動不足にはなるしで、不調のスパイラルですヮ weep
 
そんなわけで、いましばらく抑え気味の再開とさせていただくことにしました。
(コメント欄閉じていたり、沈黙のご訪問もあるかと思いますが、お許しください)
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
< 本日は在庫記事からの up です >
 
わが家の近くの田んぼでは、6月後半になってから田植えが終わります。
水が湛えられ清々しさが感じられる田で、始めはちょっと頼りなげだった稲たちも
7月半ばともなると青々とよく育ち青田となります。
 
清々しい青田を見て風に吹かれていると、何と言えば良いのか… 
心が洗われていく感じ、郷愁、希望、様々なものがミックスされた思いが満ちてきます。
 
そんな田んぼの光景をおすそ分けです。
はや、過ぎ去ったシーンとなってしまいましたけれどね。
 
 
 
          140620tanbo2 
 
 
                ↑  植えつけられて間もない田  ↓
 
                       ( 6/20 撮影 )
 
 
    140623tanbo1
 
 
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
    140716tanbo3
 
 
 
 
 
    140716tanbo4
 
 
 
 
 
    140716tanbo6_aigamo2
 
            合鴨農法をしている田んぼの アイガモちゃん
             今年は素早く逃げられて やっと撮影の1枚
 
 
 
 
 
    140716tanbo5_enokorogusa
 
                   さあ 季節は 真夏 へ・・・
 
                      ( 7/16 撮影)
 
 
     いえ 今や 「さあ 季節は 晩夏 へ・・・」 でしょうか。
     いやいや、立秋を過ぎていますから、 「 初秋へ・・・」 となりますか。
 
     いまごろは、青い穂が頭を垂れ色付く日を待っていることでしょう。
     季節の移ろいは早いですね。 秋が近づきつつあるのが寂しい私です。
 
 

|

« 終戦の日 | トップページ | 野性味の魅力 オニユリ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/60042605

この記事へのトラックバック一覧です: 青田だったころ:

« 終戦の日 | トップページ | 野性味の魅力 オニユリ »