« 霧のサファリパーク | トップページ | 太陽の花 ひまわり »

2014/09/01

ようこそ地上世界へ

今日から9月がスタートですね。カレンダー上の秋もスタート。そしてこのブログは
11年目がスタートです。 丸10年で一区切り、お終いにしようかなと考えた日も
ありましたが、やっぱりゼロになるのは寂しいと、もうしばらくこのままに…。
 
日記も3日と続けられない私が、10年もブログを続けてこられたのは、ひとえに
皆さまのおかげです。支えられての10年間、本当にありがとうございました。
そして、これからもマイペース&いつの日かフェードアウトするかもしれませんが、
こんな当ブログを、これからもどうぞよろしくお願いいたします o(_ _)oペコッ 
 
 
さて、8月のある朝のこと、出勤する夫を見送った直後、羽化したばかりの「セミ」を
見つけました。 とまっていたのは台風余波の強めの風がバサバサと煽っている
自転車のカバーの裾。 どうしてそんな場所で…必死でしがみついていました。
       (bicycle写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    140805aburazemi_0705_1
 
 
                      ↑   7:05   ↓
 
 
          140805aburazemi_0706_2
 
 
        透き通りそうな白とグリーンの美しい翅の色・つぶらな黒い目
                   なんて可愛いのでしょ
    写真では見たことがありましたが 実際に目の前で見るのは初めてでした
 
 
 
 
 
 
    140805aburazemi_0849
 
                          8:49
 
           しばらく経って見てみると 抜け殻は風に吹き飛ばされ
               それでもセミは踏みとどまっていました
             少し風の影響の少ない場所にちゃんと移動して good
 
                  色が濃くなってきていました
                  あなたは アブラゼミ さん?
 
 
 
 
 
 
    140805aburazemi_1027
 
                          10:27
 
               またしばらくして… さらに色が濃くなって
 
           この後 11:00ころ見たときには いなくなっていました
 
 
                    地上での 約1週間の生
               しっかり謳歌して 生き抜いたことでしょう
 
 

|

« 霧のサファリパーク | トップページ | 太陽の花 ひまわり »

コメント

おはようございます!

11年目突入 おめでとうございます!
これからもマイペースで結構ですから 楽しいブログを拝見させてくださいね。

さてさて これはまた貴重なシャッターチャンスをものにされましたね~
緑の状態のかわいいこと!
私が見たのはすでに色が変わっていたので 残念だったのですが こちらで羽化直後の様子を見られてうれしいです。
アブラゼミ さん 風に吹かれながらもがんばったのですね~

命の素晴らしさを実感しました。

投稿: pole pole | 2014/09/01 08:40

shine11年目突入おめでとうございますshine

いつも素敵なお写真、お花などの詳しい解説
楽しみに読ませていただいています。
知らないこと、なるほどなこと色々勉強させ
いただき有難うございます
これらも楽しみに拝見させていただきますね(´▽`)

投稿: ブラント | 2014/09/01 09:01

ポージィさん
おはようございます
おぉ~、素晴らしい自然を見られ、羨ましい限りです
抜殻は、毎年見ますが、誕生の姿は近年見たことがありません
というか、子供の頃からですので
もう半世紀以上も見ていないということになりますね
新しい命は、美しいですね
ポージィさんが7時過ぎに見られたのだから
実際は、もう少し前から抜け始めたということですね
とすると、4時間前後同じ所でジッとしていたのですね
短い命ですが、シッカリと生き抜いてくれたでしょうね

Blogはこれからも継続してくださいね
11年目ですか、10年続けたのですから
次は、20年目を目指してスタートです
10年は、あくまでも通過点にすぎません
いつも楽しみにしております

投稿: フクジイ | 2014/09/01 09:17

ブログ11年目おめでとうございます。
これからも是非是非続けてくださいね。

セミの羽化をご覧になったのですね。
私はまだありません。
最初は羽が薄緑色なのですね。それがだんだん茶色になっていくのをしっかり観察されましたね。
どのくらい時間がかかったのでしょうか?

投稿: tona | 2014/09/01 09:46

新しいスタート、おめでとうございます。
9月は誕生の月だったんですね。
10年も継続できるなんて、なかなかできることではありません。素晴らしいですよ。shine
これからも楽しみに伺いますよ。

さてさて、セミさんは生まれてすぐはこんな色なんですね。
これはすごいーsign03
子にも見せてやりますよ。eye
だんだんとアタシが知ってるセミさんへと変わっていってます。
1週間の生、セミさんにとっては長いと感じるのか短いと感じるのか。
でも全ての生き物が自分の寿命なんて知らないんだから、そこんとこ平等かな。
短かろうが長かろうが、関係ないですね。
一生懸命、与えられた生を生きなきゃ・・ですね。
秋でも冬でも春でも夏でも、がんばろ。happy02

投稿: くらふぇ | 2014/09/01 10:17

ブログ11年目ですか! 凄いですね。
まさに継続は力なりですね。
私もヨタヨタしながらではありますが、見習って続けたいと思いますhappy01
せみの抜け殻はよくみかけますが、これは貴重なそして
とても綺麗な写真ですね。
この子もポージィさんに見守られて幸せな生涯となったことでしょうgood

投稿: ターコイズ | 2014/09/01 10:42

sandclock pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ありがとうございます。突入することにしてしまいました。
だんだん、だんだんお休みも増えてきてしまいましたし、内容も今一つですが、
もうしばらくよろしくお願いします。
 
羽化したてのセミさんとの出会い、思ってもみなかった自然からのプレゼントを
もらいました。この夏は全然歩きまわれていないので、情けをかけてくれた
のかしら~なんて思いました(^^)
初めて目の当たりにしましたが、ほんと可愛い姿ですね。
こんなにバタバタするものじゃなく、動かないものにつかまって脱皮すれば
よかったのにと思いましたが、よく頑張りました(笑)
ほんとうに…お言葉どおり命の素晴らしさですね。
 
 
sandclock ブラントさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは、ありがとうございます。
10年の間には、だんだんお休みも増え、記事内容もときおり
言葉少ななときもあったりになりましたが、続けることができました。
私の性格からは奇跡的なことです~笑
おかげで、ブラントさんともお会いでき、素適な魅力ある作品を
楽しませていただけるようになりました。
これからも、今しばらくよろしくお願いいたします。
 
 
sandclock フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうですね、抜け殻は私も毎年見てきましたが、羽化直後の姿を
見るのは初めてでした。探したわけでもなくほんとにたまたま目の前に。
嬉しい贈り物でした。
とっても初々しく美しいですね。触れたくなりましたよ。
(もちろん我慢しましたが)
土の中で何年も過ごし、地上に出てからは短い命。
ちょっと切ないですが、きっと精一杯生き抜いたと思います。
 
10年も経つと新しいこともかけなくなってきましたし、お休みも増えましたが
もうしばらく続けようかなという気持ちになりました。
この先さらに10年20年は難しいと思いますが、よろしくお願いします(^^)
 
 
sandclock tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは、ありがとうございます。
tonaさんも来年には…間もなくでいらっしゃいますね(^^)
始めの頃と思うとずいぶんお休みも増えましたが、今しばらく
マイペースで続けてみることにしました。
これからもよろしくお願いします。
 
セミさん、羽化の最中は見られなかったのですが、したてのほやほやの姿を
見ることができました。初めてのこと、すごく感動しました。
生で見るとさらに初々しいのです。tonaさんも来年にはチャンスが訪れるかも
しれませんね。
 
最初に見つけたのが7時ころ。最後に確認したのが10:30ころ。
幼虫の背中が割れ始めてから体が完全に外に出るまでには1時間弱くらい
かかるようです。それから縮んでいた羽が伸びてシャンとし、
色も変わって飛んでいくまでにはどのくらいかかるのでしょうね。
アブラゼミが羽化のために土から出てくるのは日没後少ししてから
らしいですよ。神秘的ですね。
 
 
sandclock くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ありがとうございます~ そっか、ポージィ誕生の月ですねhappy01
10年も続けられるとは、私の他のことどれを見てもナイ!奇跡ですね(笑)
だんだん、お休みも増え、内容もマンネリ的になってきてしまいましたが、
例え毎年見る花でも、何度でも感動できる、そんな心は持ち続けて
いきたいなと思っています。これからもよろしくネ。
くらふぇさんらしい素適な感性のコメントが大いに刺激になってます。
 
羽化したてのセミさん、綺麗ですよね~
私も生で見たのは初めて。綺麗でとっても可愛いお顔 note
息子くんも気に入ってくれるかな~
セミの幼虫は、何年にもわたる地中での生活を終えて、穴から外へ出てきたら
もう後戻りはできないんですって。そして羽化したらそれから1週間から1ヶ月
(アブラゼミは1週間くらいらしい)、とにかく命の限りひたむきに
生きていきますよね。途中いろんな理由で短く命を落とす個対も少なくないですが。
そうそう、仰るように長い短い関係なく、一生懸命に生きなきゃ、って
私もそう思います。ついつい忘れてしまいがちですが、
こうして自然界の生き物に教わることも多いですね。
 
 
sandclock ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ほかには長続きすることが皆無なのに、なぜか10年です。
皆さんに支えられてきたからこそと、しみじみ思います confident
この間にはお休みもたくさんになりましたし、内容もマンネリになっている
面もありますが、花や自然、色々なものを目にするときは、
何度目であっても新鮮な感動と共に見たい、そんな気持ちでいます。
マイペースですが、これからも今しばらくよろしくお願いします。
 
羽化して間もないセミさん、私も初めて生で見ましたが
とっても初々しく綺麗で感動しました。
強風に煽られながらでしたが、どうやら無事飛び立ったようで安心しました。
元気いっぱい、生を謳歌したことでしょうね♪ 
 

投稿: ポージィ | 2014/09/01 15:08

10周年、おめでとうございます。
もうしばらく・・・なんておっしゃらず
これからもずっと楽しみにしております。

オッこのセミ、私もずっとむかし、山に住んでいた頃見たことがあるぞ~coldsweats01
今は羽化どころか成虫に会うことも滅多になくなってしまいました。
なんと今年セミを見たのはたった1回ですよ・・・

でも何だって自転車のカバーなんかに・・・ビックリですよね。
今はもう秋note セミもしっかり子孫を残して、短い夏を終えたことでしょうね。

投稿: 雪ん子 | 2014/09/01 16:39

sandclock 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
応援ありがとうございます。始めた当初に比べてお休みも増え、
内容もマンネリ的になってきてしまっていますが、ご訪問下さる
皆さんの存在が喜びになって続けてこられたんですね。
早く散歩を再開できないと存続の危機!(^^;)
でも今しばらく頑張るつもりでいますので、よろしくお願いします。
 
羽化したてのこんな綺麗な色のセミ、雪ん子さんもお会いになったこと
おありですか。初々しいですね~
えっ 今年セミをご覧になったのはたったの1回ですか?少ない…
そうすると、今年のセミが産んだ卵が地上で羽化する何年か後も
セミの少ない年になるのかしら…
  
これ↑はアブラゼミなので、6年位前に卵が産みつけられたことになります。
いったいどの木の地下にいたのかしら。しっかり固定されたものに
つかまって羽化すればよかったのにね(^^;)
でも、そのおかげでこうして見せてもらえたのかもしれません。
飛び去った後、きっとしっかり生き抜いたと思います。
 

投稿: ポージィ | 2014/09/01 17:26

こんばんは。
自転車のカバーで羽化ですか。面白い場所ですね。
でも、おかげで素晴らしい姿に出会えてよかったですね。

今日でブログ10周年ですか。おめでとうございます。
私は来年の春で10年です。
先輩、これからもよろしくお願いします。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/09/01 17:38

こんにちは ポージィさん sign01

まずは10年おめでとうございます。happy01

ユニークな観察記事ですので、フェードアウトとしないで2期目を
目指して続けてください。wink

蝉は幼虫期間が長い割に、成虫期間が1週間前後と短いのですね。
それだけ精一杯日なが鳴いて自己主張をしているのでしょうか。smile

私たちもそうありたいものです。happy02

投稿: プロフユキ | 2014/09/01 17:47

sandclock 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
土から出てきたセミの幼虫は、好みの場所を求めて結構動き回るそうですが、
この子はどうしてこんな不安定な場所を選んだんでしょうね。
強風にばっさばっさ揺れていました。
でも、そうなんですよね、おかげで感動の姿に出会えました♪
 
ありがとうございます。アララいつの間にか10年経っちゃったという感じです。
正確には8月30日開始なんですが、区切り良く9月からということにしています。
おーちゃんは来年の春で10年でいらっしゃいますか。
あら、先輩だなんて嫌ですよ、たった半年のちがいですよー (^m^*)
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
 
 
sandclock プロフユキさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
お祝いと励ましをありがとうございます。
10年の間にはずいぶんお休みも増え、内容もマンネリ化かな~という感じですが。
ユニークと言っていただいた観察も、最近はなかなかできずにいますけれど、
今しばらく続けてみますね。
 
セミは土の中での幼虫期が3年~13年? 羽化した後の成虫期が
1週間~1ヶ月?? 正しい数字が分かりませんが、種類によっても違うようです。
寿命を全うする前に、天敵によって短く命を終えるセミもたくさんいるでしょうね。
地上での短い一生を終える前に子孫を残さなきゃいけませんものね。
力が入って大声で日がな一日鳴き続けるのかも happy02
ひたむきに一生懸命に、ですね。ほんと、人間もそうありたいですね。
 

投稿: ポージィ | 2014/09/01 19:58

わ~!!
いい写真撮られましたね。
実は、今年こそ、セミの羽化を写真に撮ってみたいと思ってたんです。
毎年、志を立てるものの、いまだに実現してないんです。
近くの公園で撮れると思うのですが、夜、懐中電灯を持ってウロウロしてると、何かに間違えられそうだし・・・・・
ちょうど翅が伸びきったときみたいですね。ラッキー!!

投稿: ソングバード | 2014/09/01 20:45

sandclock ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
ありがとうございます~ 
たまたま目を向けた先に粋な自然からの贈り物が!
夜の内からここにとまっていたのでしょうか。
羽化して間がないこんな色のセミを間近で見るのは初めての経験でした。
ほんとラッキー (^^)♪
ソングバードさんはセミの羽化の撮影を目標のひとつにされているんですね。
うーん、お一人で懐中電灯もって公園内をうろうろ…は、あらぬ疑いを
掛けられそうですね。お仲間がいらっしゃれば大丈夫かな。
ただし、蚊には要注意ですね!
 

投稿: ポージィ | 2014/09/01 21:32

ブログを開始して、そんなに経つんですかΣ(゚д゚ )
おめでとうございます(๑→ܫ←๑)ノ 凄いです!
これからも宜しくお付き合い下さいね( ≧∀≦)ノ
蝉の羽化って、実際に見る事が出来るんですね。
いえ。N■K等、テレビの中の世界でしかないと思っていたんです。
リアル羽化、本当に貴重な体験です♥
そして、そんな貴重な場面に出くわして冷静にシャッター押してるポージィさんも凄い…。
私なら風にうろたえ、その場でワタワタしている間に蝉が飛ばされる、というパターンで決まりですね。
膝の調子も思わしくない様ですが、無理せずポージィさんのペースで続けて下さい。

投稿: コヨコヨ | 2014/09/01 21:50

大変ご無沙汰してました
ウチはアゲハでしたけど セミさんですね♪

ポージィさんはブログ11年目ですか
私は来年の1月で10年になります
お互い 長い間続いてますよねぇ
いや、ポージィさんはマメに更新されてるから
一緒にしたらいけないか(^_^)
残念ながら ウチの方はサービス終了となるので
この前から引越し作業に取り掛かり
今日やっとお知らせすることができます
いやぁ 大変でしたよ(^_^;)

良かったら新居の方へもお越しくださいませm(_ _*)m

投稿: miki | 2014/09/01 22:52

こんばんは☆
 
11年目に入ったのですね!
おめでとうございます ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
 
もう少し とは言わずに ずっと続けて頂きたいブログですよ♪
10年と言うスパンを考えると
ポージィさんと お知り合いになれたのは
ほんの少し前ですが 記事はもとより
ポージィさんとの お付合い(記事の上でのことですが)も
とても楽しませて頂いています。
今後も 楽しみにしていますね。
 
さて、セミ。
羽化したてと言うのは 何と美しいものでしょう。
身体も翅も 透き通るよう。
実際に ご覧になったポージィさんもでしょうが
見せて頂いた花mameも とても感動しました shineshine
ありがとうございました。
セミちゃんが 地上に出て来た目的を達しますようにと
願っています。

投稿: 花mame | 2014/09/01 23:20

沢山のコメント大変ですね
蝉の一生も短いですが
9月に何ましたね、ゆっくり

投稿: フクちゃん | 2014/09/02 08:05

sandclock コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おはようさんどす(^^)
そうなんですよ、いつの間にか10年も続けちゃいました。
コヨコヨさんとは、広場に参加してからのお知り合い。そういう意味で
広場参加も意味あったなぁと感謝してます。何度も言っちゃいますが
コヨコヨさんの感性好きなんですもん♪
 
セミの羽化って、私にとっても縁のないものと思ってました。
そしたら最中は見られなかったにしても、こんな初々しい姿を見られて
すごくラッキーでした。
うふふ、風には花撮りのときもさんざん弄ばれてる私。下手な鉄砲数撃ちゃ
なんとやらで乗り切る訓練積んでますからね。今回もなんとか。
でも、セミが耐え切れずに飛ばされちゃうんじゃないかというのは心配でした。
膝が回復しないとそれこそ存続の危機ですが、マイペースでぼちぼちいきますね。
これからも宜しくお願いします♪
 
 
sandclock mikiさん、ありがとうございます ♪
 
こちらこそご無沙汰していました。
広島の土砂災害の際も、心配しつつkokoさんのコメントからご無事を知り、
ホッとしてご連絡もせずじまい… (^^;)
 
おぉ ブログのお引越し、無事お済みになったんですね。
うゎぁ大変だったのですね。お疲れ様でした。
新しいブログのお部屋、後ほどさっそく伺いますよ~ 楽しみ♪
 
mikiさんのアゲハ観察は蛹化から羽化まで通してでしたが、
私のセミちゃんは羽化後しばらくしてから。ほかに、クロアゲハも同じく
部分的観察というのがありました。それでもこういう触れ合いって、
心の栄養になりますね。
 
 
sandclock 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
そうなんです~ 11年目に入っちゃいました。ありがとうございます。
花mameさんも、ほんの半年ほどの違いで11年目突入ですよね?
お互い長く続いていますね(^^)
広場にも参加してみたおかげで、こうして花mameさんとお知り合いになれた事も
とっても嬉しかったことのひとつ。すごく感謝しています。
こちらこそよろしくお願いします。
 
さてさて、セミさん。
羽化したての初々しい姿、初めて目の当たりにしましたが、
実に初々しく美しく、感動ものでした。手を伸ばして触れたくなりましたよ。
感動を共有していただきありがとうございます。
あの強風にも負けなかったセミさんです。きっと充実した地上生活を
全うしたと思います♪
 
 
sandclock フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
コメント残してくださって嬉しいです。
セミは長い地中生活がありますから、昆虫の中ではとても長生きの部類に
入るそうですよ。地上に出てからは儚くも感じますけれど。
人の時間もあっという間に感じ早くも9月ですが、
自分のペースで自分なりのステキ時間を送って生きたいと思います。
フクちゃんも、フクちゃんペースで・・・
 

投稿: ポージィ | 2014/09/02 09:35

生き物たちを見つめるポージィさんのまなざしの暖かさを感じられる記事ですね。
生物はどれも美しいです。
色や形にはみな意味があるのですよね。

ブログを始められて11年目に突入ですか。
おめでとうございます。
私は2005年の4月から始めていますから、
だいたい同じくらいなのですね。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: koko | 2014/09/02 12:59

 こんにちは~。

 そうですか・11年目、おめでとうございます。
私はまだまだヒヨッコ!2年半です。
※ブログの大先輩様、今後もよろしくご指導のほどを(頭下げ)。

・我が家ではまだ一度も見かけておりません!!
一度見てみたいのですが…。
・いろんなものにつかまって!これも環境でしょうか。
 1・2枚目本当に綺麗な、ここまではヒグラシさんかな?と。
 やっぱり・自然が大切ですね。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年) | 2014/09/02 13:06

sandclock kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
こういう贈り物をもらったときって、ほんとうに嬉しいものですね。
感動いっぱい喜びいっぱいで、この日一日を過ごせました。
そうですね。生物のどんな色形にもみな意味があるのだと思います。
中には多分本能的に苦手な姿というのもありますが、人も身を守らなきゃ
いけませんから、それは仕方のないことなのでしょう。
 
11年目に突入です。ありがとうございます。
クックと一緒に綴った5年と、失ってから綴った5年。半々になりました。
kokoさんとは半年違うだけですか。ちょうど半年くらい違うだけの春に
始められた方で、長くお付き合いさせていただいている方が数人いらっしゃいます。
ありがたいことです。こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
 
 
sandclock ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ありがとうございます。そうなんです、いつの間にかこんなに経ってしまいました。
だんだんお休みが増え、内容はマンネリ化…
それでも皆さんに支えていただいたからこそ、続けてこられました。
ヒロさんもきっとあっという間に10年くらい経ってしまわれますよ(^^)
指導なんてとんでもないです。ブログはその人その人が自由な感性・発想で
綴っていくものです。ヒロさんもヒロさんらしさを大切になさって下さい。
 
ヒロさんのお庭でもセミの羽化が見られそうですよね。
それとも、木を移動させる事が続いかれたので、しばらく待たなくては
いけないかしら?
土から出てくると、つかまるための好みのものを求めてしばしウロウロする
らしいですね。それがよりによってこんな不安定なものだったとは、と
ちょっと呆れました(笑)
羽が真っ直ぐに伸びたところに出会いましたが、とても綺麗で感動しました。
最初の内は、ヒグラシもアブラゼミも、よく似たこんな色をしているようですね。
やがてヒグラシの翅は透明に、アブラゼミは茶色に…
こんな自然からの贈り物は大歓迎です♪
 

投稿: ポージィ | 2014/09/02 14:58

ポージィさん、こんにちは。大変ご無沙汰しました。今日から復帰しました。なんと、あなたは11年目に突入したのですね。
それは、すごいことです。私は半年ほど遅れております。やはりあなたの方が先輩でした。すごい!まだ続ける?!若いですね。これだけ多くのフアンがいるとコメレスに難儀するでしょう。私ならもうとっくにお手上げです。
しかも手抜き記事ではなくて、どれもきちっと完結しております。つまり連続性がありドラマ性があります。多くの人の尊敬の的でしょう。
一方私はと見ると、ほぼ燃料が切れて燃え尽き症候群になりかけでした。それが、自宅に帰ってみると皆さんが熱心に続けておられるのを知りました。これではいかんと叱咤激励して、立ち上がった次第です。宜しくお願い致します。

投稿: polo181 | 2014/09/02 16:46

sandclock polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
お疲れは癒えましたでしょうか。ご訪問くださって嬉しいです。
なんと11年目に足を踏み入れてしまいました。
poloさんもあと半年で11年目突入でいらっしゃいますか。
ほぼ同じ時期に始めたのですね。
この10年の間に、週2の更新に回数も減り、夏休み冬休みも10日余いただき、
ずいぶんと変化しました。内容も、poloさんは褒めてくださいますが、
結構マンネリ化しているのではないかと思っています。
10年の区切りでやめる事も頭をよぎりましたが、皆さんとのつながりが
途絶えるのは寂しく、今しばらくマイペースで続けてみることにしたのです。
poloさんも少しお休みされたら、ブログへのお気持ちが回復されたようで
嬉しいです。こちらこそよろしくお願いします。
 

投稿: ポージィ | 2014/09/02 20:30

ブログ11年目になるとか。偉業達成おめでとうございます。
ポージィさんのブログには大勢の方が訪問され、
内容も素晴らしくいつも敬服しています。
そして、今回は本当に珍しいシーンに遭遇されました。
めったにないチャンスですね。自然の神秘に触れられ、
心打たれたことでしょう。残念ながら、私にはまだ
そのようなチャンスガ巡って来ないです。

投稿: 茂彦 | 2014/09/06 07:05

sandclock 茂彦さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
お祝いのお言葉いただき、恐縮です~
でも、偉業なんて、そんな立派なものではないです。
 
羽化して間がないセミさん、写真では見たことがありましたが、
生で見るのは初めてで、美しい色がとても初々しく感動しました。
たまにではありますが、自然からこんなプレゼントをもらえる環境で
生活することができていることに感謝しなくてはいけませんね。
この日は、一日嬉しい弾んだ気持ちで過ごせましたよ(^^)
 

投稿: ポージィ | 2014/09/06 13:26

ポージィさん 今晩は!

遅れてしまいましたが

   11年目突入 おめでとう~~~shine

ポージィさんの記事はいつ読んでも植物に対する暖かな眼差しを感じます。
マンネリなんてとんでもない!
同じ頃に同じ花が咲くのは当たり前
あぁ また咲いてくれたのねと嬉しくなります。

細く長く続けてくださいね。
いつも楽しみに読ませていただいています。

セミの羽化は感動ものですね。
私も何年か前に一度だけ見ました。
今年は抜け殻はいくつも見ましたが、羽化の場面には会えませんでした。

投稿: glenn | 2014/09/06 21:57

sandclock glennさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
きゃぁ… お祝いのお言葉、恐縮です。
この10年の間に、ずいぶんお休みも増えましたし、身近な道端のお花は
取り上げつくしたような気分(ほんとは敬遠してるのもいっぱい ^^;)なんて
10年一区切りでやめることもチラとよぎりましたが、やっぱり続けようかと…
そうそう、毎年見慣れた同じ花でも、また今年も会えたありがとう、
そういう気持ち♪ glennさんも同じお気持ちと分かって嬉しく励みになります。
細く長くマイペースでまいります~ (^^)
glennさんも、ですよ。お願いしますね。 
 
セミの羽化は思いもかけない自然からの贈り物ですね。
始めからではありませんでしたが、十分な感動いただきました。
こういう出会いは心の中に大切な宝物として残っていきますね。
 

投稿: ポージィ | 2014/09/07 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/60108354

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ地上世界へ:

« 霧のサファリパーク | トップページ | 太陽の花 ひまわり »