« ゆらり コスモス | トップページ | 紫苑(シオン) »

2014/10/30

久し振りの キバナコスモスと

この2~3年、近くで「キバナコスモス」を見ることが減ったな…と少し寂しい気持ち。
徒歩15分ほどの小さな公園に足を伸ばしてみると、そこで会うことができました。
ひとかたまり…2~3株だったでしょうか。
 
 
 
    140923kibana_cosmos11
 
 
         こんなのや    こんなの   を 撮っていたところ…
 
 
    140923kibana_cosmos4
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos1
 
 
             突如 目の前に現れたるは 「オオスカシバ」
    これぞ何年振りの出会い?   関心はあっという間に花から虫へと移り気に
 
 
    140923kibana_cosmos3
 
          オート撮影では 透明な翅が全然写らなくて 無いみたい
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos9
 
 
                次に登場は 「ツマグロヒョウモン♂」
 
                実は 彼とも久し振りの出会いでした
 
 
    140923kibana_cosmos13
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos5
 
 
         そして おなじみ つぶらな目が可愛い 「イチモンジセセリ」
 
 
    140923kibana_cosmos7
 
 
                      ( 9/23 撮影 )
 
 
 
   短い時間でしたが キバナコスモスと虫たちとの出会いの至福のひとときを
   大いに楽しみました。 あれからもうひと月以上も経ってしまったなんて…
 
 

|

« ゆらり コスモス | トップページ | 紫苑(シオン) »

コメント

こんにちは♪
 
可憐なピンクに続いては 明るいキバナコスモス shine
先日行った大井川鐵道の 車窓のあちこちに群生していました。
ポージィさん同様 久しぶりに見たキバナコスモスでした。
元気の出る色ですよね。
 
だから 虫さんたちも集まるのかな (o^-^o)
オオスカシバ。
初めて見ました。
透明な翅を持っているから スカシバなのかしら?
ロシア語みたいですね ( ´艸`)プププ
珍しい虫さん始め 素敵なお写真を見せて頂き
「スパシーバ!」です ヽ(´▽`)/

投稿: 花mame | 2014/10/30 10:34

キバナコスモス、「キ」とついてるけど
黄色というより山吹色sign02
夏のビタミンカラーとちがって
やっぱり秋色ですよね。
でも爽やかさは同じだから
やっぱりビタミンカラーかな。

たくさんの虫さんと出会われたんですね。
オオスカシバ、翅まったく見えない~。(笑)
すごい速さで、ブーンって動いてるんですよね。

そっか、もう1か月ほど前なんですね。
早いなぁ。
さむーい冬はスローペースで
ながーく感じるのになぁ。despair

投稿: くらふぇ | 2014/10/30 12:20

オオスカシバ・・・名前は忘れていたけど、このガを検索したら、あれ?見たことがある。
ひょっとして過去にポージィさんちで見せてもらったのかな?
「ポージィの花etc.記」で検索したけど、見つからない。はて?どこでだったのか・・・。
思い出せないけど、確かにお付き合いのあるブログで見せてもらった記憶がある。
いい加減ですね(ポリポリ)。

ああ、ここのツマグロヒョウモンの羽は綺麗ですね。
こっちの鶴見緑地のコスモスでお食事していたツマグロさんの羽は可哀想にボロボロでした。

キバナコスモスを見るたびに思います。葉っぱがコスモスじゃない・・・と。
キバナコスモスはこちらでもまだまだ花盛りです(^O^)

投稿: あまもり | 2014/10/30 12:47

ポージィさん
こんにちは
ポージィさんも色んなチョウなどに出会えたのですね
私も今年は、色んな珍しいチョウに出会えました
このオオスカシバにも会えましたが、写真には撮れませんでした
このホバリングの状態を撮りたいのですが、ピント合わせが難しくて・・・
オートは、便利なんですが、不便に感じる被写体です
レンズが、チーチーと動いている間に、飛んで行ってしまいます
ラストのイチモンジセセリちゃんは、ベストショットですね

投稿: フクジイ | 2014/10/30 14:19

diamond 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは ^^
 
どちらもコスモスと呼ばれる花、連続してみました。
可憐なピンクと元気あふれるオレンジ色。草丈や茎のなよやかさなど
持っている雰囲気もちょっと異なりますね。
おぉ、大井川鐵道の車窓からご覧になりましたか♪ 茶畑の緑、キバナさんの
オレンジ色… ときには紅葉した木も混じって、秋らしい雰囲気だったでしょうね。
 
キク科の花たちは虫さんに人気のある子が多いですよね。
キバナコスモスもしかり(*^^*)
オオスカシバ 初見でいらっしゃいましたか。
オオスカシバやホシホウジャクは、昼間登場する蛾の仲間で、
ホバリングしながら蜜を吸う姿がユニークです。
オオスカシバの名前はご推察どおり! 漢字で書くと「大透翅」だそうです。
羽化したては鱗粉が付いているのに、初飛行で落ちて透明に。
ホシホウジャクの方は鱗粉が付いたままなんですよ。面白いですね~
ロシア語って? と思いましたら ウフフ
こちらこそご覧いただいて「スパシーバ!」ほんと、似てますね。
 
 
diamond くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
そうそう、黄花といいつつ、このタイプは橙花ですよね~
fairy ringさんのところで、まこと黄花のキバナコスモスを見せていただき
ましたが、私の住まい近辺ではオレンジ色のタイプばかりです。
元気が出るのはどちらもですね。やっぱりビタミンカラ~art
 
キバナコスモスは虫に人気があるんですよ~
しばらく見ているとたいてい何かしらやってきます。
でもオオスカシバが来るとは想定外のラッキーでした(^^)
翅見えないものね~ 目にも留まらぬ速さとはこのことですね! 笑
 
10月も明日が最後。ほんと速いです。10月はいつの間に過ぎて行ったの??
「耐える時間」(=寒い冬)は長~く感じますね catface
 
 
diamond あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
オオスカシバ、検索でもっとはっきりした姿をご覧くださいましたか。
私は以前見かけたときもちゃんと撮れてないので、きっと他の方のところで
ご覧になったのですね。ぼやぼや写真をアップしたかどうだったか、
私自身ですら記憶があやふやです~~ (^^;)ゞ
 
同じく久し振りに再会のツマグロ君は羽化したてなのか若々しいイケメンでした。
羽化から日を重ねるにつれ痛々しい勲章が増えていきますね。
今年は結局この子しか見ていないんですよ。ツマグロさんたちうちの辺りでは
数が少なかったようです。
 
うふふ キバナさんは前記事↓のいわゆる「コスモス」とは葉の形が
明らかに違いますよね。キク科でコスモス属だけれど、同属別種なのだそうです。
 
 
diamond フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いえいえ、先日書きましたように、今年はあまり散歩ができずにいることもあって、
ほとんど会えていません。少ない機会にたまたま近くで止まってくれて
ラッキーでした。フクジイさんはたくさんの出会いがおありでしたね。
オオスカシバはホバリングで蜜を吸いますから、撮るのが難しいですね。
一瞬のチャンスにシャッタースピードを速く設定して…なんて私には
とてもしていられないので、常に合わせているオート機能で撮ることになります。
じっと来るのを待つ根気もありませんし(^^;)
 
ラストのセセリちゃん、ありがとうございます。
お目めの可愛さがよーく見えて嬉しかったです。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/30 15:56

花の蜜を吸うオオスカシバを撮られたのですか。素晴らしい。私は葉の上に止まっているところでした。
翅が写らないとはオオスカシバならではですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/10/30 16:40

diamond 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
何年ぶりかのオオスカシバ、せっかく目の前でしばらく
ホバリングしてくれていたのですが、次々に花を変えるんですよね 涙
もうちょっとゆっくり~~! と心の中で叫びながら、
やっとこの2枚でした。
シャッタースピードを速くするなどしたら、翅もちゃんと
写ったかもしれませんが、咄嗟の時にカメラを操作できません(^^;)
確かに見えなくなってしまう翅は透明ならではかもしれませんね。
おーちゃんもホバリングのホウジャクの仲間をお撮りになりましたし、
葉っぱに止まっているオオスカシバは様子がはっきりわかって素適でした。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/30 17:26

ポージィさん、こんばんは。大変ご無沙汰しました。
オオスカシバ、これを見ると大きな蜂かと思ってぎょっとします。羽はトンボ、胴体は蜂の蛾ですね。羽化したときには羽に鱗片がついているらしい。羽ばたいて、全部飛んでしまうのだろう。一見してオオスカシバと判断するあたりは、さすがポージィさん。そういえばキバナコスモスは私もあまり見かけなかった。イチモンジセセリ、可愛いです。胴体が大きいのでちょっと不利ですね。9月に撮影の物を悠然とだしてくるあたり、まったく余裕ですね。毎日追われているその日暮らしの私にはとても羨ましいです。

投稿: polo181 | 2014/10/30 19:55

diamond polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは、八ヶ岳山荘の冬支度、お疲れ様でした。
 
オスカシバやホシホウジャクなど、ご訪問先のブログでたくさん拝見して
きているので、すぐに分かりましたよ。でも、昔初めて見たときは、
私は『まさかまさかハチドリ?』と思ったものです。
poloさんは蜂かとドキリとされますか。
ホシホウジャクは鱗粉が付いたままなのに、オオスカシバは初飛行で
落ちてしまうのだそうですね。落ちてしまうオオスカシバと落ちないホシホウジャク
何が分かれ目になったのやら。不思議です。
イチモンジセセリは、目が大きくてとても可愛いです。この形のおかげで
直線的に速く飛べるそうです。戦闘機のように。
 
アハハ 別に悠然と構えて9月のネタを出しているのではないんですよ。
季節後追いは私の常ですが、色々あって10月のネタはほとんどないのです。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/30 20:51

 今晩は~

 いや~・恐れいいりました!
・素敵な花に、素敵な蝶に・ガ!
やっぱり腕がいい、勘がいい・・セセリはジェット機、・・スカシバはホバリングなのに、お見事~なものですね♪
 なんと我が家にも!
下手くそはしょうがありません(悲しい)。
  ヒロ・・でした。
 

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年) | 2014/10/30 21:07

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ
キバナという名前の割には、爽やかなオレンジ色なんですね。
確かに、ポージィさんの仰る通り、ピンクのオーソドックスなコスモスは見掛けてもオレンジ(←キバナだってば)に出会う事はあまりないかも。
以前は近所の線路沿いに咲いていた様な気がしましたが…私の記憶違いでしょうか。
この時期でも、虫達は何とか飛び回っているんですね。冬支度に向けて、ラストスパートでしょうか。

投稿: コヨコヨ | 2014/10/30 21:33

diamond ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
キク科の明るいお花は虫さんたちがよく来てくれますね。
ピンクのコスモスに次いで、このときも目の前に現れてくれてラッキーでした。
オオスカシバさんはホバリングしながら次々花を移動するのでなかなか撮れず、
やっと何とかの2枚です。その点セセリちゃんはとまってる時間が長いので。
ええ、ヒロさんのお庭にも来てくれていましたね!
花だけでも大いに嬉しいのですが、虫が来てくれるとさらにハッピーですね。
 
 
diamond コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おばんです(*^^*)
そうなんですよ~ 私が出会うキバナコスモスは「オレンジ色」ばかり。
でもね、ほんとうに黄色のキバナコスモスもあるようです。このキバナコスモスもわーっと植えられているところもあるのですが、
うちの周辺では減りました。コヨコヨさんの身近でもあまり見かけないのですね。
あ、でも線路沿いのような場所に咲いていること多いですよ。
きっと正しい記憶です(o^-^o)
 
今回の写真は9月末のものですが、うちの辺りでは今も活動している虫も
結構います。アゲハチョウなどの大きな蝶はさすがに見かけなくなりましたが。
でももう間もなく11月、霜も降りるようになりますからラストスパートですね。
その後は陽射しのある暖かな日中にチラホラ見かけるだけになりそうです。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/30 22:24

おはようございます。

仰る通りでこちらもちょっと減ったような感じです。
子供の頃は見たことがなかったですが、いつの間にかお馴染みさんになっている花のひとつですね。
ポージィさんは虫たちによく出会っていますね。
そしてスピード感よろしくぱっと撮影されて、お陰様で見る事ができます。
黄色にお日様が当たって、黄金の世界です。見ているだけで心まで豊かになりました。

投稿: tona | 2014/10/31 09:25

diamond tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
tonaさんのお住まいの辺りでも数が減りましたか。
うちの近くで道端に生えてきたものはどなたかに抜かれて萎れて
いたりもしました。好まない方もいらっしゃるのでしょうね。
同じくです、子供のころは見かけず、いつの間にかお馴染みさんに。
明るく元気のでる花ですから、減ってくると寂しく感じます。
どうもキク科の明るい花は虫さんにも人気があるようですね。
陽射しの温かい日には出会いも多いような気がします。
ちょうどカメラを向けている花にきてくれると撮れる確率が上がります。
オレンジ色は、赤のエネルギーと黄色の軽快さを併せ持つ色だとか。
元気で豊かな気持ちになれるのですね♪
 

投稿: ポージィ | 2014/10/31 16:39

こんばんは。
キバナコスモスにもたくさんの虫たちが集まってきますね。
キバナコスモスにも、オオスカシバが来るんですね。初めて見ました。
今年はついにオオスカシバを撮ることが出来ませんでした。
羨まし~!!
ツマグロヒョウモンの雄は、なぜ地味なんでしょうね。

投稿: ソングバード | 2014/10/31 20:45

diamond ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ほんと、キバナコスモスも虫たちに大人気ですね。
私も、オオスカシバがくるとは思ってもいませんでした。
そもそもオオスカシバを見たのも何年ぶりやら。久し振りの出会いでしたよ。
ソングバードさんはよい出会いがありませんでしたか?
ここで出会ったのが私じゃなくソングバードさんだったら…
きっと素適なお写真を見せていただけたでしょうに!
 
ツマグロヒョウモンは、雄も決して地味ではないと思いますが~~ ^^
翅の先に白黒帯の入る雌の方が鮮やかですね。
南方系の蝶ですから、同じ南方系の有毒な蝶カバマダラに擬態している
ということのようです。子孫を残すための作戦なのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/31 20:59

キバナコスモスも広く全体で見るところが増えた様で、
公園に華やかさが広がりますね。
一時期私も公園で埋もれるかのように撮りまくりましたこと
思い出しました、こちらでも綺麗ですね。
特にヒョウモンとコラボどちらも同系色、美を張りあうかのように
お見事なコラボと思いました。
やはり蝶たちの来訪が物凄くステキ、華やかさを一層プラスされますね。

投稿: 玲 | 2014/11/01 10:00

diamond 玲さん、ありがとうございます ♪
 
公園などに広く植えられていると華やかですね。そういうところも多いかと
思いますが、うちの近所にはなく…道端に生えていたものも減少中です。
埋もれるかのようにしてお撮りになったご経験、羨ましいです。
今回私が撮った場所はほんの2~3株が植えられていたところなのです~
それでも花だけ見つめれば、頭の中では広大なお花畑のイメージが広がりますね♪
仰るように、ツマグロヒョウモンとのコラボは、同系色での競い合い。
お互いに引き立てあって輝きを増しているようです。
花と蝶の取り合わせはやっぱり良いものですね  confident heart04
 

投稿: ポージィ | 2014/11/01 11:02

こんばんは。
キバナコスモス、減りましたか。
こちらでは、そんな感じがありませんが・・・。
この目にも鮮やかな黄色は、心まで温めてくれる感じがしますね。
そんな黄色に惹かれるのでしょうか。蝶たちも、盛んにやってきます。
特に、ツマグロヒョウモンをよくみかけます。
11月に入りました。
冬めいてきました。
小さな生命たちの命を尽くす営みを見守ってやりたいですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2014/11/02 19:01

とうとう11月になってしまいましたが、なぜか妙高は昨日も今日も暖かい・・・
雨が降っているのに暖かい、この季節だと冷たい雨になって当たり前なのに・・・
コタツを出そうと思っていたのですが、しばらく様子を見ます。

コスモスに続いてキバナコスモスですね
実はこれも我が庭の初期、庭いっぱいに蒔いていた花です。
春に種蒔きして咲きだすとそれは輝くほどの美しさ
花後抜くと、種が落ちて芽が出、再び秋に輝いてheart04
庭に少しずつ花の種類が増え、3年ほどで縮小・・・
その後はコスモスと同じ運命をたどりました。
これもやはり広~い場所で咲かせてやりたい花ですね~。

投稿: 雪ん子 | 2014/11/02 19:01

diamond 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
減ったなぁと感じるのは、わが家の周囲でのことで、全国的にはそんなこと
ないでしょうね。公園でわ~っとお花畑が作られていることもありますし。
鎌ちゃんのお近くでは変わらず、元気な明るい花が輝いているのですね。
黄色は虫たちがいちばん集まる色の様ですし、キク科の花も人気高いと感じます。
ツマグロヒョウモンとのオレンジ色コラボは、お互い引き立てあうように
輝きを増して感じられます。美しいですね。
 
秋も終盤に入りました。冬を越せない生き物たちも、最後の命を輝かせますね。
 
 
diamond 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
11月に入ってしまいましたね! こちらでも妙に暖かな11月の始まりと
なりましたが、北海道北の低気圧が去れば、気温が下がってきそうな気がします。
そしたら、雪ん子さんのお宅でもついにこたつの出番となるかしら。
 
はい、キバナコスモスの記事を並べました(^^)
こちらも初期のロココ・ガーデンを彩っていた思い出深いお花なんですね。
コスモス揺れる優しげな区画と、秋の日に輝くぱあっと明るい区画と
交じり合う場所と… 光景が目に浮かびます。
そうですね、キバナコスモスも広~い場所、広~い空がお似合いです。
 

投稿: ポージィ | 2014/11/03 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/60449212

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの キバナコスモスと:

« ゆらり コスモス | トップページ | 紫苑(シオン) »