« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/30

久し振りの キバナコスモスと

この2~3年、近くで「キバナコスモス」を見ることが減ったな…と少し寂しい気持ち。
徒歩15分ほどの小さな公園に足を伸ばしてみると、そこで会うことができました。
ひとかたまり…2~3株だったでしょうか。
 
 
 
    140923kibana_cosmos11
 
 
         こんなのや    こんなの   を 撮っていたところ…
 
 
    140923kibana_cosmos4
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos1
 
 
             突如 目の前に現れたるは 「オオスカシバ」
    これぞ何年振りの出会い?   関心はあっという間に花から虫へと移り気に
 
 
    140923kibana_cosmos3
 
          オート撮影では 透明な翅が全然写らなくて 無いみたい
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos9
 
 
                次に登場は 「ツマグロヒョウモン♂」
 
                実は 彼とも久し振りの出会いでした
 
 
    140923kibana_cosmos13
 
 
 
 
 
 
    140923kibana_cosmos5
 
 
         そして おなじみ つぶらな目が可愛い 「イチモンジセセリ」
 
 
    140923kibana_cosmos7
 
 
                      ( 9/23 撮影 )
 
 
 
   短い時間でしたが キバナコスモスと虫たちとの出会いの至福のひとときを
   大いに楽しみました。 あれからもうひと月以上も経ってしまったなんて…
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2014/10/27

ゆらり コスモス

秋を彩る花のひとつとして欠かせない存在になっている感の「コスモス」は、
メキシコ原産の植物ですが、もうすっかり日本の秋の風物詩となりました。
その風情や花顔ももちろん、こぼれ種からどんどん大繁殖したりしないのも
広く愛されるゆえんでしょうか。 群れ咲くお花畑はとても素適ですね cutecutecute
 
私が愛でるのは、農家さんの畑の一隅に植えられた数株ずつのコスモスたち。
昔からのおなじみの、ピンクの濃淡と白の花たちです。
品種改良で次々いろんな可愛い品種が生み出されていますが、私はこの昔っからの
おなじみさんたちがいちばん好きです。 今年も楽しませてもらいました。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
          140919cosmos2
 
 
 
 
 
    140922cosmos1
 
 
 
 
 
    140922cosmos5
 
              目の前に突然 ヒメアカタテハ さん~ ♪
 
 
 
 
    140929cosmos3
 
 
 
 
 
    140929cosmos4
 
 
 
 
 
          140922cosmos6
 
                    ラストは 青空バックで
 
 
 
               キク科・コスモス属  9/19 ~ 29 に撮影
 
 
            あらら たまたまですが、ピンクばかり撮ってました
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014/10/23

茶の花 ころころ

9月の半ばから「チャノキ」の花が咲き始めました。
私たちが日頃お世話になっているお茶 japanesetea の葉を採る木の花。
白く丸っこい花姿に黄色のシベがたくさん、直径2cmほどと小振りで俯いて咲きます。
素朴で可愛い花ですね。
 
『咲き始めたね~ 可愛いね~』とカメラを向けていたら、今年は目の前に飛び入りで
これまた可愛い子が♪ 楽しいひとときを過ごしました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますjapanesetea
 
 
 
    140919tya2
 
      枝にはころころの蕾がいっぱい  そのうちの一つが咲き始めました
 
 
 
 
    140919tya5
 
       俯いて咲く花は 1mほどの木で目線の高さから見ると こんな感じ
 
 
 
 
    140919tya8
 
                お~ お客さんがやってきました♪
 
 
 
 
    140919tya9
 
                   働きものの ミツバチさん
 
 
 
 
    140919tya7
 
              まだまだ せっせと働きますヨ  エライなぁ
 
 
 
 
    140919tya1
 
                 空をバックに見上げてみました
 
                     ( 9/19 撮影 )
 
                花期は10~11月とされています
       撮影から1ヶ月後の今頃は 満開になっているかもしれませんね
 
 
 
            「チャノキ(茶の木)」 : ツバキ科 ・ ツバキ属
 
 
 
 アップしていませんが、花と同じくらいの大きさの緑色の実も少しばかりありました。
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014/10/20

空き地のオシロイバナ

お隣空き地に、いつの頃からか咲くようになった「オシロイバナ」は、ひところとても
勢いがありましたが、昨年あたりから少し株数を減らしたように思います。
雪が積もった後、しばらく氷の板の下になったせいで、寒さに負けた根もあったのやも
しれません。
 
それでも、今年もいつの間にか生長して、8月後半から花を咲かせ始めました。
夕方花開き、午前中早い内に萎みます。 それで「ユウゲショウ」の別名も。
 
9月上旬の日暮れ時、薄暗くなった空き地で咲いていた花を、窓の内から撮りました。
       (rouge写真栗くでもう少し大きめ写真もご覧いただけますkissmark
 
 
 
    140908osiroibana1
 
                    つぼみ  13:00 ころ
 
 
 
 
 
    140912osiroibana2
 
                 16:30 ころには咲き始めます
 
 
 
 
 
    140909osiroibana3
 
                 重なり合う葉っぱたちの隙間から
 
 
 
 
 
    140912osiroibana4
 
           暗くなってから訪れるのは スズメガ の仲間でしょうか
 
 
 
 
 
    140909osiroibana1
 
             咲いている花  16:30~18:00 ころの撮影
                     いずれも 9月上旬
 
 
 
 「オシロイバナ(白粉花)」 : オシロイバナ科 ・ オシロイバナ属
                    黒い種子の中に、白い粉状の胚乳があることから
                    「オシロイバナ」の名に。
                    別名「ユウゲショウ(夕化粧)」は夕方花開くことから。
 
                    南アメリカ(熱帯アメリカ)原産
                    江戸時代初期のころ渡来。
 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 週末、私の伯父の3回忌で愛知のふるさとへ行ってきました。睡眠時間3~4時間
 での長距離ドライブ。膝痛のせいで運転を代わってあげることもできず、夫にばかり
 無理させてしまいました(涙)  6月に亡くなった夫の名古屋の叔父のところにも
 お参りに寄って、長~い事故渋滞にも巻き込まれ、昨夜遅く帰宅しました。
 
 今朝は、まず3日分の洗濯物。 今日まではお天気大丈夫なようで助かります~
 お次は片付けもしなくてはね。 キビキビ動けないので時間がかかります。
 私もいささかお疲れモードでもありますし、今回もコメント欄閉じさせてくださいね。
  (あ、でも元気ですからご心配ご無用ですヨ happy01
 
 

| | トラックバック (0)

2014/10/16

咲いたのは雌花 「サネカズラ」

今日ご紹介するのは、当ブログ7年ぶり登場の「サネカズラ」です。
2007年には、ご近所で見つけた花と実の様子でしたが、今回はわが家のものを!
 
正確にいうと、庭のフェンス向こうの細長空き地(葛の海空き地とは別空き地)に
勝手に生えてきたのを、フェンスに絡ませているものです。 鳥さんの落し物から
芽生えたのでしょうね。初めて花が咲いたので、記念の顔見せです。
 
でも 暗いうえ蚊がウヨウヨいる場所での、そそくさ撮り。悪しからずご了承を…
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    140826sanekazura6
 
                見下ろした 「蕾」  直径7~8mm
 
 
 
 
    140826sanekazura1
 
                   開花~  直径1.5cmほど
       花弁状の花被(花冠と萼の総称)片は 8~17枚ほど(未確認)
 
 
 
 
    140826sanekazura3
 
             5~6cmの花柄にぶらさがって俯いて咲くので
        ちょっと失礼して 中を覗かせていただきました  雌花です virgo
 
 
 
 
    140826sanekazura4
 
    雄花は 赤い葯隔が目立つ花姿 (雄花は↑2行目下線部をクリックしてね)
 
 
 
 
    140826sanekazura2
 
 
 
 
 
「サネカズラ(実葛)」 : マツブサ科 ・ サネカズラ属  関東以西の山地に生える
 
                雌雄異株または同株で、通常単性花、まれに両性花もある
                (複雑ですね。わが家のはどれ?今のところ雌花だけ…)
 
               * サネカズラ=実(サネ)が美しい葛(カズラ)の意味
                (たしかに、秋に実る赤い実は綺麗でインパクトあり♪)
               * 別名「ビナンカズラ(美男葛)」=枝を潰したり、樹皮を剥いで
                 水に浸して出てくる粘液を整髪に用いたことからの名前
                (整髪料に使用したのは男女ともと書かれていたものも)
 
                果実を細かく崩して乾燥させたものは
                「南五味子(なんごみし)」という生薬で、滋養強壮などの
                薬効があるそうです。
 
 
 * 後日記 *
   5つほど咲いた雌花は、ひとつも結実することなく散って終しまいとなりました。
   赤い実が生るのは来年以降の楽しみということで。
   それにしても、この方も蔓をよーく伸ばしてぐるぐる。 蔓植物って元気ですね!
 
 
  ○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○
 
 
  この週末、遠方での法事を控えており、コメント欄を閉じさせていただいています。
  明日以降、ご訪問コメントもお休みさせてくださいね。 また来週 (^^)/~
 
 

| | トラックバック (0)

2014/10/13

負けないよ フヨウがんばる

台風19号の動きがゆっくりで、脅威が長時間続いた地域では大変な思いをされて
いると思います。 向きが変わって、このあとスピードアップしながら列島縦断開始。
被害ないよう祈ります。 当地に最接近は今日深夜から明日未明ころ? 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
わが家のお隣り空き地は今年も「クズ」が元気いっぱいです(でした)。
春の芽吹き前に太い茎を根元から切っておいたのに、何事もなかったかのように、
いや、むしろ昨年以上に蔓を伸ばして繁茂したんじゃないかしらん。
 
「ヤブガラシ」も元気もりもり、「イノコズチ」もずいぶん数が増えました。
一方で3年ほど前までいっぱい咲いていた「オシロイバナ」は冬が寒かったせいか、
やや勢力減退…。 他にもいろんな野草がびっしりと生い茂っています。
 
そんな野草の園の中、覆いかぶさる「クズ」を何とか凌ごうと頑張っている「フヨウ」。
いつの間にか生えてきて自生しているものですが、頑張り具合を見てやってください。
       (cute真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclub
 
 
 
          140915fuyou2
 
      ピンクの花が「フヨウ」で 周囲に見える葉はほとんどが「クズ」です
 
 
 
 
          140915fuyou3
 
                  も少し ズームしてみましょ
 
  クズに覆いかぶさられると 完全に日陰の身になってしまう植物が多いのですが
         フヨウは 覆われても 覆われてもぐんぐん茎を伸ばして
                  頭を出し 花を咲かせます
          その頑張りようには 思わず拍手を送ってしまいます
 
 
 
 
 
    140915kuzu1
 
                昨年以上に勢いのあったクズたちは
       こういう花を咲かせます  『秋の七草』のひとつとされていますね
                今年は花数もはんぱなく多かった…
         今は咲き終わってたっくさん!の 豆果をぶら下げています
 
 
 
 
 
    140915fuyou4
 
         「フヨウ」も 必死の努力を感じさせない おっとりと美しい花顔
              「芙蓉の顔」 とは 美しい顔を表す言葉ですね
             ときおり 蜜や花粉に訪れる虫たちも見えました
 
 
 
 
 
    140915fuyou5
 
                     どちらも 上へ 上へ
 
       9月下旬に「クズ」は咲き終わり 新たな蔓は伸ばさなくなりました
        「フヨウ」は 上へ上へ伸びなくても花を咲かせられるようになって
                   ホッとしていることでしょう
 
        今しばらく 10月いっぱいくらいは花を楽しませてもらえそうです
 
 
 
 
              「フヨウ(芙蓉)」 : アオイ科 ・ フヨウ属
                 「クズ(葛)」  : マメ科 ・ クズ属
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014/10/09

韮 レストラン

9月の初め、30分ほどのちょこっと散歩の途中、ニラの群れに会いました。
群れといっても畑脇の道沿いに細長く2mほど植えられたものですが、可愛いお花畑。
近くで見られたのが久し振りだったのでワクワクしましたよ。
私たち人間は葉っぱをいただきますが、虫たちは蜜や花粉を求めてやって来ます。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    140903nira2
 
                    ☆形の花が こんもりと
 
 
 
 
    140903nira4
 
         このとき いちばんたくさん来ていたのは イチモンジセセリ
 
 
 
 
          140903nira3
 
 
 
 
 
    140903nira5_cut
 
                ハナムグリ の仲間もきていましたよ
 
 
 
 
    140903nira9
 
 
 
 
               「ニラ(韮)」 : ヒガンバナ科 ・ ネギ属
 
                       ( 撮影 9/3 )
 
 
 
 
 子供のころお腹を壊すと、母がニラ入りの「卵とじおじや」を作ってくれました。
 でも、成長するにつれ、ニンニク・ニラ・生ネギ・生タマネギ 等を食べた際に
 いつまでも息や体から発する「アリシン」のニオイが大の苦手になり、
 できるだけ避けるようになりました。
 今では花と花後の実の様子を「見る」のを楽しみにしています clover
 
 
  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 
 台風19号が、猛烈に発達していますね 週末から来週はじめにかけて大荒れに
 なるところも多いと思います。 皆さま、今回も早めの備えと最大級のご用心を!
 
 

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2014/10/06

夏に彩りをありがとう

台風18号がやってきています。 (19号も後に続きそう…)
列島に沿って東へと駆け抜けていくのですね。 どうか皆さまご安全に!
最大級の用心をなさって下さい。 被害ができるだけ少なく済みますように。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 今日の記事は、自動更新&コメント欄を閉じさせていただきますね。
 ご訪問もお休みさせていただきます。
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 
初夏から初秋にかけて、元気なアオイ科の花たちが目を楽しませてくれますが、
その中のひとつに「ムクゲ」がありますね。 わが家の近辺では、戸建てやアパートの
お庭、公園、畑の一遇などに植えられているのをよく見かけます。
一重もあれば八重もあり、白、ピンク、紫など色も様々。
ほんとうに長い間彩り続けてくれます。 強剪定にも耐えていますし逞しいですね。
 
今年も色々見かけましたが、カメラを向けたのはほんの少しばかり。
でも記事にして残しておくことにしました。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          140719mukuge2
 
 
                       雨の中で咲く
 
 
    140719mukuge1
 
 
 
 
 
    140903mukuge2
 
                お客さん来訪中  コガネムシの仲間
 
 
 
 
 
         140903mukuge4
 
                        青い空と
 
 
 
 
    「ムクゲ(木槿)」 : アオイ科 ・ フヨウ属  中国原産  落葉樹
                 乾燥や荒地にも強い性質を持つそうで、
                 日本にも古い時代に渡ってきたとのこと…
                 多くの人に愛されてきたのですね、たくさんの園芸種が
                 生み出されているそうです。
 
                 フヨウ、スイフヨウなどと共に10月ころまで楽しめます。
 
 

| | トラックバック (0)

2014/10/02

金木犀 かおる

「金木犀」が咲いています。 最初に香りにはっきりと気づいたのは9/27のこと、
もう少し前から少しずつ咲き始めていたのかもしれません。
 
わが家では、窓を開けておくと風向きによって時折り ふわり と香りが届きます。
とらえどころがない程度のほんのりした香りを胸深く吸い込み香りの元をたどって
いきたくなります。 それが道を歩いているときなら、辺りを見回し小さなオレンジ色の
花を見つけると、なぜか安心してまた歩き始めるのです。
 
実は私にとっては特別な存在であり思い入れある「金木犀」ですが、随分久し振りに
カメラを向けました。過去をたどってみたところ3年ぶりでしたよ。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますdiamond
 
 
 
          140929kinmokusei2_2
 
           今年は少し早めの咲きはじめ (昨年は10/3 頃)
 
 
 
 
 
    140929kinmokusei8_2
 
 
 
 
 
    140929kinmokusei6_cut_2
 
 
 
 
 
    140929kinmokusei3_2
 
            低い枝に セミの抜け殻がしがみついていました
 
        「キンモクセイ」が咲き終わると いよいよ秋が深まっていきます
 
                遠ざかる夏 に ちょっとセンチ気分
 
                  ( いずれも 9/29 撮影 )
 
 
 
          「キンモクセイ(金木犀)」 : モクセイ科 ・ モクセイ属
 
 
 
     中国茶の「桂花茶」は、「金木犀」の香りをつけたお茶ですね。
     花の香りは甘やかですが、爽やか感のあるお茶で美味しくいただきました。
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »