« 空き地のオシロイバナ | トップページ | ゆらり コスモス »

2014/10/23

茶の花 ころころ

9月の半ばから「チャノキ」の花が咲き始めました。
私たちが日頃お世話になっているお茶 japanesetea の葉を採る木の花。
白く丸っこい花姿に黄色のシベがたくさん、直径2cmほどと小振りで俯いて咲きます。
素朴で可愛い花ですね。
 
『咲き始めたね~ 可愛いね~』とカメラを向けていたら、今年は目の前に飛び入りで
これまた可愛い子が♪ 楽しいひとときを過ごしました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますjapanesetea
 
 
 
    140919tya2
 
      枝にはころころの蕾がいっぱい  そのうちの一つが咲き始めました
 
 
 
 
    140919tya5
 
       俯いて咲く花は 1mほどの木で目線の高さから見ると こんな感じ
 
 
 
 
    140919tya8
 
                お~ お客さんがやってきました♪
 
 
 
 
    140919tya9
 
                   働きものの ミツバチさん
 
 
 
 
    140919tya7
 
              まだまだ せっせと働きますヨ  エライなぁ
 
 
 
 
    140919tya1
 
                 空をバックに見上げてみました
 
                     ( 9/19 撮影 )
 
                花期は10~11月とされています
       撮影から1ヶ月後の今頃は 満開になっているかもしれませんね
 
 
 
            「チャノキ(茶の木)」 : ツバキ科 ・ ツバキ属
 
 
 
 アップしていませんが、花と同じくらいの大きさの緑色の実も少しばかりありました。
 
 

|

« 空き地のオシロイバナ | トップページ | ゆらり コスモス »

コメント

ポージィさん、こんにちは^^
チャノキ。本当にコロンとしていて可愛いですよね。
新宿御苑の茶の木もそろそろ見頃ではないでしょうか。
閉鎖されたいたのがやっと先週末から再開されたとの
ニュースを聞き、安心したところでしたhappy01

投稿: ターコイズ | 2014/10/23 12:16

ポージィさん
こんにちは
最初に、此花を見た時、名札「チャノキ」を見て
お茶と結びつかなかったです
葉っぱを見て、何とか「お茶?」と思うようになり
やっと、分かった次第です
でも、まだ何故「チャ」と言わないのか、なんて思うことがありますね

この花は、東御苑で見ました
今年は、見に行くチャンスがなさそうなので
ここで、楽しませていただきます

投稿: フクジイ | 2014/10/23 13:26

 こんにちは~

 本当に働き者ですね~、疲れないのかな?蜂さん。
そういえば下向きが多いですね。
・今年も最初で最後?の、茶の花 でした(御礼)。

・そうでなくても長距離運転ですのに、渋滞では…(汗)!
※間違いなく体には負担がかかっていますね。
今の時期は特に季節の変わり目でもあります、今日のさいたまは13度台です(寒すぎ)。
・御用がなくても、定期的な休止・休養…が必要と損じますが!
・また、野草が済みましたら、先々の準備(5年・10年後・・を見据えて)を投稿予定しているんですよ!!
・我が家のオシロイバナ、今年はお休みにさせていただきました(余りに繁茂するもので!)

・肉厚の花びらに、淡い黄色・何とも言えませんね、サネカズラ!
・このような花を拝見させていただくと・心が動揺しちゃいます(笑)。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年) | 2014/10/23 15:00

bud ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは (^^)
 
ですよね♪ 蕾もコロコロ 花もコロン で可愛いです。
新宿御苑のチャノキも花盛りでしょうね。
再開を喜び、チャノキの花も秋バラも、そのほか色々な秋のお花を
楽しんでいらっしゃる方たちが大勢いらっしゃるでしょうね♪
来年はこんな騒ぎにならないよう、どこでも蚊対策がしっかりされると
いいのですけれど。
 
 
bud フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
なぜ「チャ」ではなくて「チャノキ」なの? と私も思いましたよ。
チャノキの名前の由来はよくわかっていないようですね。
私たちが飲む茶japaneseteaの木という意味かなぁなんて…
適当なことを思っています。
 
フクジイさんがご覧になったのは東御苑でのことなのですね。
ご近所には植えられていませんか、よくいらっしゃる植物園にも?
私は、子供のころも自宅そばに植えられていたものを見て育ち、
今住んでいるところも畑の生垣にたくさん植えられていて馴染み深い木です。
今年は実にいらっしゃれそうにないとのこと、こんな写真ででも
見ていただけて良かったです。
 
 
bud ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヒロさんのご近所にも茶の木はありませんか。
何となくありそうな気がしていました。
オシベたっぷりの茶の木の花は、蜂にとっても魅力的なのでしょうね。
足に大きな花粉玉をくっつけていましたが、もっと持ち帰りたいようで
夢中になっていましたよ。私だったらとっくに引き上げているところです。
 
コメント欄閉じていた記事についても色々とありがとうございます。
ドライブは、超距離でも短距離でもですが、やはり気持ちよく
走れるか否かで疲れが違ってきますね。今回は事故渋滞が2つくらい
重なっていました。事故渋滞は、交通集中による渋滞よりもイラつきます(^^;)
 
サネカズラは(も)勝手に生えてきたお客さんですが、これからが楽しみな
植物です。でもやっぱり蔓植物。すごい勢いで伸び巻きつきますね!
>心が動揺しちゃいます(笑)
サネカズラのような花はヒロさんのお好み?琴線に触れましたでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/23 16:14

こんばんは。
今ちょうどチャノキの花が咲いていますね。
花粉をいっぱいつけたミツバチもうれしいでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2014/10/23 18:26

★ポージィさま

こんばんは。
もう実が出来ていますか。
お茶の木は東京でもあちこちと見かけます。
そういえば実家にもありました。でもその時は花を知らなかったです。
花びらがこんなに開いて俯いて咲くなんて。そこにぶら下がる蜂は大変そうですね。
蜂蜜になる蜜を吸っているのですね。きっと美味しし蜜でしょうね。

投稿: tona | 2014/10/23 18:45

こんばんはhappy01
お茶の木は、実家の方では畑の垣根としてたくさん植えてありました。
東京の多摩地区です。
私は畑の仕切りとしてお茶の木は普通だと思ってたのですけど、そういえば他の地域ではあんまり見かけませんねぇ。
たくさん植えてあるのに、採って飲んだりするわけでもありませんcoldsweats01
ちょっと調べてみたら、お茶の木は常緑樹で根っこはまっすぐ伸びるし、地面の近くまで葉が茂るので風よけ・ごみよけになり、畑の垣根にちょうどいいからでは?という説がありました。
濃い緑の固そうな葉っぱの中に、白いお花がぽつんぽつんと咲くのです。
今住んでいるところでは見ないので、なつかしいです。


投稿: sam | 2014/10/23 19:17

追伸です:お茶の木ではなくチャノキですね。また、お名前に星印などを付けてしまって失礼しました。

投稿: tona | 2014/10/23 19:42

bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
写真は咲き始めたばかりの頃、9月中旬のものですが、
今は花盛りですね。たくさんの蕾が次々咲いて濃い緑の葉と
白い花のコントラストが美しいです。
オシベいっぱい花粉たっぷりに蜜も、ですから、蜂たちは嬉しいでしょうね ^^
 
 
bud tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。追伸もありがとうございます。
お茶の木で構わないと思いますよ。それに名前の★も全然気になりませんwink
 
畑が残っている地域では見かけることも多いですね。
うちの近くも畑の生垣によく植えられています。
tonaさんのご実家にもありましたか♪
子供のころは、そこにあることが当たり前になっているものは
改めてよく見ることもしないですよね。
私もマジマジと見たのは大人になってからでした。
そして、意外な可愛さにもやっと気付いたというわけです。
ミツバチは、花蜜も吸い同時に花粉も集めて持って帰るのでしょうね。
この時の蜂も足に大きな花粉玉をつけていて重そうでした。
 
 
bud samさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは wink
多摩地区では畑の生垣に植えられていましたか! 一緒ですよぅ♪
私が今回写したのも、畑の生垣として植えられているものです。
そして愛知の実家の方でも同じ様子が見られました。
どうして畑の生垣にされることが多いのか不思議に思っていたのですが、
samさんが調べてくださった説になるほどと納得の気持ちです。
少しは自家製のお茶にもしたかしら???
戦時中は茶の実の油を椿油のように搾って使ったこともあると
どこかで読んだこともあります。ツバキ科ですものね。
 
そうそう。濃い緑の葉の中に、白く可愛らしい花が咲く様子は
コントラストも美しいですし、心和むものですね♪
懐かしく見ていただけて良かったです confident
 

投稿: ポージィ | 2014/10/23 20:12

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ
「チャノキ」って、暖かい地方限定のイメージです。宮城で見掛ける事はないんでしょうね。
ツバキ科だけあって、本当に花がツバキそのもの(笑)。
葉がカテキンたっぷりの嗜好品になるなんて、とても見えません。コレを「飲める!」と発見した祖先は凄いです。
えっと…コレを手揉みして乾燥させれば、飲める様になるのかしら。んな訳ないって声が聞こえそう。

投稿: コヨコヨ | 2014/10/23 21:31

こんばんは。
茶の木の花、可愛いくて優しそうな花ですね。
花弁がホッコリしてて、心が落ち着きそうです。

茶畑のお茶の木とは違うのでしょうね。(変な質問??)
大昔、学生時代の友人と、山に行ったとき、その友人が、「これはお茶の木だ!」と言って、その若葉を手もみして、お湯を注いでいたことを思い出しました。
そんな木と関係があるのかな??????????

投稿: ソングバード | 2014/10/23 21:39

こんにちは ポージィさん sign01

もうお茶の花の咲くころになりましたか! happy01
そういえば時々山茶花の早咲きを見かけますね。eye

写真の木ではたくさんお花が咲いていますね、びっくりするくらいにnote 
よっぽど管理と栄養状態が良いのでしょうね。shine delicious

投稿: プロフユキ | 2014/10/23 22:11

bud コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おばんです(^.^)
 
ですよね、寒さに弱そうなイメージ。
Wikipediaによると『日本国内では宮城県(桃生町)が北限とされる』そうです。
そうそ、椿の花を素朴に小ぶりにして逆さまにぶら下げた感じ ( ´艸`)
 
実を搾って油を利用するのは、自然な流れで発見できそうですけど、
葉からお茶というのはどうやって発見したんでしょうね。
最初はハーブティーのように、生の葉にお湯を注いだのかしら??
日本の緑茶は、えーと柔らかな葉を摘んで、蒸して手揉みして乾燥かな。
愛知の実家前の畑周りにも茶の木が植えられていて、父が試したことが
ありましたよ。結果? 美味しくなかったー (>_<)
 
 
bud ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
そうなんです、素朴な優しさが感じられる花ですね。濃い緑の硬そうな葉とは
対照的な感じです。
チャノキの品種は分かりませんが、畑の生垣として植えられている
これらの茶の木が利用されているのは見たことがありません。
やっぱり、ちゃんと茶畑で栽培されているのとは違うのかも。
へぇぇ 学生時代のお友達、茶の木の葉を摘んでお茶にしようと試されたんですね。
お味はいかに? 蒸し工程と乾燥工程省略ですね。
でも、案外、原始的なお茶はそういうものだったかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/23 22:19

 ポージイ 様

 今晩は・またすいません。
※サネカズラ:好み、このみ、お・好・み~♪
触れて・振れて、琴線だらけ…?
 やっぱり良いものは、いい・いいで~す!
ありがとうございました。

・この秋は特に変?気温差も…天候も!
体も変調を来たしやすい状況と思います。
・私はここの所、午前中は工務店に、午後はのんびり?自宅で(屋内)の所用をこなしておりま~す。

 なお、返信はご無用でございますので・ね。
おからだ癒して上げて下さ~い!
  失礼いたします。
 
 

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年) | 2014/10/23 22:22

bud プロフユキさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは ^^
 
うちの辺りでは、9月半ば頃から咲き始めて、今は花盛りになりました。
可愛い花がいっぱい♪
サザンカも早咲きのものから咲き始めていますね。
ご近所でも、ひらひらした感じの白いサザンカが咲いています。
 
↑写真のチャノキは畑の生垣に植えられているものですが、
今年はほんとたくさんの蕾が付いていました。
管理はあまりされていないようなのですが、背丈は1m20cmくらいに
育っていました。畑の土の栄養がチャノキの根元にも流れてきて
いるかもしれませんね(^^)

投稿: ポージィ | 2014/10/23 22:25

bud ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、再コメントありがとうございます ♪
 
サネカズラはやはり好みでいらっしゃいましたか。
可愛い花ですものね。中心部が赤い雄花も魅力的ですし、
これで実も生ると最高ですね。
 
ご心配ありがとうございます。
おかげさまでお疲れモードはもう解消しました~
 

投稿: ポージィ | 2014/10/23 22:28

これならいいのですが、、、時々居るのですよ。スズメバチ。
あれ、恐いですね。逃げるが勝ちです、そろかに離脱します。

投稿: ふくやぎ | 2014/10/23 23:07

bud ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
ミツバチやクマバチは性格穏やかであまり怖くありませんね。
スズメバチも蜜に夢中の時は比較的安心。
でも、いつ攻撃的になるか知れませんものね、私もそっと身を引きます。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/24 08:59

こんにちは。
先日テレビで、地図に記す茶畑の記号はお茶の実からきていると言っていましたよ。
こちらでは滅多に見られないチャノキ。
でも私ならあっても気づきませんね~(泣)

投稿: koko | 2014/10/24 12:39

bud kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
お茶畑の地図記号ってどんなだったっけ…? 状態だったので調べました。
「∴」そうそう、●三つが三角状に。お茶の実だったのですね(^^)
Wikipediaによると、チャノキの栽培の北限は、宮城県の桃生町という
ところだそうです。あまりお見かけにならないわけですね。
よく見かけているお馴染みさんでないと、チャノキは気付きにくそうですョ。
どちらかというと地味な存在ですから。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/24 16:49

可愛いお茶の花の登場ですね。
つぼみ可愛い。(^-^)
この時期に真っ白な花って珍しくないですか?

桜がね、また好きな時期になってきました。
桜の紅葉好きなんです。
ポージィさんの辺りでは
もう紅葉始めてるかな。

投稿: くらふぇ | 2014/10/25 03:34

bud くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ツバキ科の中でもお茶の木の花は特に可愛いような~
蕾の小さなころころはホント可愛いです♪
この時期の真っ白な花 …。
ご近所で、白い山茶花や秋明菊、小菊なんぞ見かけてる
私はあんまりそういう風に感じたことがありませんでしたョ。
 
木々の紅葉が平地にも降りてきましたね♪
桜の紅葉って、一枚一枚の個性が豊かでステキよね。
虫食いの穴も一緒になってデザインされているように見えます。
私も好きですよ~ 今年もとびきりの素適な葉っぱ見つけてね♪
うちの辺りでは、真っ先にハナミズキが紅葉して、そろそろ散り始めました。
あとは、柿・ケヤキ・桜・藤 などなど、パラパラと紅黄葉始まってます。
あ、うちの夏椿も。
紅葉名所のような錦秋は望めなくても、赤・茶・橙・黄と色んな紅葉が
身近でも楽しめますね。
 

投稿: ポージィ | 2014/10/25 12:44

こんにちは~良いお天気になりました
朝と昼の気温の較差がスゴイですね。
さぶさぶ・・・から暑っ!!、体がついていけないかも・・・coldsweats01

夏にはうるさいほどいたハチも少なくなりました。
それでも時々セッセセッセと花から花へ・・・
冬が近くなり、クマと同じくハチにとっても今が最後のかき入れ時なのでしょうか?

投稿: 雪ん子 | 2014/10/25 12:57

bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
秋晴れになりましたか? そういうときは一層朝晩と昼間の
気温差が大きくなりますよね。着るものを増やしたり減らしたり
せっせと調整しなくてはいけません。
こちらは、昨日も今日もまぁまぁ良いお天気。
天気予報では快晴が期待できたのですけど、結構雲が多かったです。
 
いっぱい飛び回っていたハチも減ってきましたね。
こちらでは日中はまだまだ普通に見かけます。
ミツバチは蓄えた蜂蜜などを消費しながらかたまって越冬するとか。
となると、クマと一緒で今のうちがかき入れ時なんでしょうねー
 

投稿: ポージィ | 2014/10/25 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/60439240

この記事へのトラックバック一覧です: 茶の花 ころころ:

« 空き地のオシロイバナ | トップページ | ゆらり コスモス »