« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015/01/29

冬の花

今シーズンも、お隣の空き地の「サザンカ」が咲き続けています。
11月ころから咲き始め、ぽつりぽつりマイペースな感じで咲き続けています。
昨シーズンは、たしか2月後半まで咲いていましたっけ…
 
 
 
    141103sazanka2
 
                    昨年11月初旬の 一番花
 
 
 
 
 
    141107sazanka5
 
                咲いた花と 背中合わせに かたい蕾
 
 
 
 
 
    141107sazanka3
 
                      ほころびかけた蕾
 
 
 
 
 
    141117sazanka3
 
                       すっかり咲いて
 
 
 
          141107sazanka2
 
                          散りゆく
 
 
 
 
 
    141117sazanka_cut
 
 
 
昔、大ヒットした「さざんかの宿」という歌の歌詞の中に
「赤く咲いても冬の花  咲いてさびしい さざんかの宿」 と歌われています。
寒々しい冬景色の中で赤く咲くサザンカの花に、悲しい恋が重なりました。
 
童謡「たきび」の中では
2番に 「さざんか さざんか さいた道 たきびだたきびだ 落ち葉たき」 と登場。
3番では、たき火で温まったしもやけの手が痒くなったと歌っています。
サザンカは寒い冬の代名詞のような花なのですね。
 
でも、もう立春も間もなく。 立春過ぎると行きつ戻りつしながらも、少しずつ春が
近づいてきているのを感じられるようになることでしょう。
 
 
 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。°。°
 
 
 都合により、コメント欄を閉じさせていただくと同時に
 来週までご訪問コメントをお休みさせていただきます  o(_ _)o ペコッ
 
 

| | トラックバック (0)

2015/01/26

陶芸教室

新年のご挨拶で、とうとうカミングアウト(!?)してしまった陶芸のことを
お話しさせていただきますね。 
 
わたくし、半年ほどぐじぐじ迷った挙句ついに決心して、昨年春から陶芸教室へ
通い始めました。 未経験者にも一つ一つ教えて下さるという謳い文句に誘われ、
まずはカルチャーセンターを通しての6回のコースを体験。
終了後、引き続きもう少し楽しませていただくことにして、現在継続中です。
 
最初の6回コースの最後にミニ・シーサーを教わったので、引き続いての第1回目に
相方を作りました。 これで阿吽揃って、うちの魔除け・守り神になってくれたかな。
 
 
    Dscf1508
 
 
うふっ ちょっとひょうきん顔のミニ・シーサーですよ。
土は「赤土」だそう。 焼く前は黄土色をしていましたが、焼くことで鉄分が酸化して
こういう色になるのだそうです。 そんなことも初めて知って感動しました。
 
超初心者OKに加え、このシーサーを教えていただけることも、申し込みの決断に
つながりました。 シーサー作りをライフワークの中心としてみえる先生なのです。
 
 
 
 
    140822
 
 
その後、シーサーを作った残りの赤土で作ったのが、↑のお皿と小鉢。
白系の釉薬をかけたらこんな感じに。 面白い味が出るものですね~
(完全に実験気分。なのに記録せずじまいで使った釉薬の名前すら忘却のかなた)
 
 
 
 
こうして陶芸世界の門を一歩くぐった 私。 この先、相当奥深そうな世界に、
踏み込んでいくのか入り口だけで引き返すのか自分でも分かりませんが、
しばらくお世話になってみようと思っています。
 
作るものは、何でも好きなものでOKなんだそうです。 これが作りたいと言うと、
作り方を教えていただけます。 私、ド素人で何も知らないのを良いことに(?)、
結構わがまま言ってるような気も… sweat01
 
ひじょーに拙いながら、今後も作品をご紹介させていただこうかなと思います。
まだたくさん歩きまわれないこともあって、「ポージィの花etc.記」が
「ポージィのたまに花etc.記」になりそうな昨今ですがおゆるしを (^_^;)
 
 

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2015/01/22

きらきら ツワブキ

またまた昨年の秋撮影の写真からです…
 
こちらは昨日に続いて一日雨模様だそうで、明るい花で気分をupしたいと思います。
 
晩秋の、とある日、道すがら明るい「ツワブキ」の花が目に留まりました。
あるお宅の生垣の下から道路側へ顔を覗かせていましたよ。
生垣外の世界を見てなんと思ったかしら? 明るく輝いていましたけれど shine shine
思わず誘われて、久し振りの「ツワブキ撮影」となりました。
       (diamond写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    141028tuwabuki2
 
 
 
 
 
 
    141028tuwabuki3
 
 
 
 
 
 
    141028tuwabuki9_cut
 
 
 
 
 
 
          141028tuwabuki8
 
 
                 キラキラ なんだか楽しそうでした
 
            きっと 虫たちの訪問もたくさんあったことでしょう
 
 
 
 
 
 「ツワブキ(石蕗、艶蕗)」 : キク科 ・ ツワブキ属
                   別名「ツワ、 ツヤブキ、 イシブキ」など
                   常緑の多年草。東北南部以南の主に海岸沿いで
                   自生が見られるそうです。
 
                   葉の表面はワックスのような層でコーティングされ
                   ツヤツヤした光沢があり、葉の裏面や軸は毛で
                   覆われています。 これらは潮風などから身を守る
                   ためのものといわれています。
                   (海岸沿い自生地は海風が厳しそうですものね)
                   艶のある蕗(フキ)から→ツヤブキ→ツワブキ、
                   あるいは厚い葉の蕗(アツバブキ)から転じて
                   「ツワブキ」となったと考えられているそうです。
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2015/01/19

カリン かりん コロリン

今日は、晩秋に撮った写真から…
 
昨年、「フェイジョア」の果実の香りについて、「カリン」にも通じる芳醇な香り…と
説明にもならない説明をした私。 香りの説明って難しいですね。
その「カリン」、せめて写真だけでも見ていただきましょう。
       diamond(写真クリックでもう少し大きめ写真もごらんいただけますdiamond
 
 
 
          141122karin1
 
 
         秋もいよいよ深まる頃 カリンの実も黄色く色づいてきます
            枝先に実を突き刺して 空に捧げているかのよう
 
              大きさはちょっと大きめの 洋ナシくらいかな
         ゴツゴツした様も洋ナシと共通 ジャガイモの様でもあります
 
 
    141122karin2
 
 
 
 
    141122karin5
 
 
 
 
    141122karin3
 
 
             今シーズンも収穫はされなかったんだろうなぁ…
 
 
 
 
    141122karin6
 
 
                 落果していたものもありましたよ
         熟成が足りないらしく 「素晴らしい芳醇な香り」 はまだでした
 
           以前ジャムを作ったときには 労多くして…でしたが
        カリン蜂蜜(スライスして蜂蜜に浸けただけ)はすごくいい香りで
                幸せ~♪ な気分になったものでした
              その香りだけでも喉に良さそうでしたよ cafe
            今の季節、愛飲している方もいらっしゃるでしょうね
 
 
 
   「カリン(榠樝)」 : バラ科 ・ カリン属  原産地:中国
                春に咲かせる花色はピンクで、葉の縁はギザギザ有。
                果実の表面はつるんとしている。
 
                よく似ている「マルメロ」は白にピンクの暈し、または紅色の
                花が咲き葉の縁はつるんとし、果実の表面に短い産毛有。
                バラ科・マルメロ属  原産地:中央アジア
 
                漢字で「花梨」と書かれることも多い「カリン」ですが、
                「花梨」はマメ科の全く別の植物の漢字表記でもあり、
                バラ科のカリンの漢字表記は「榠樝」が本当らしい…?
                でも!こんな字書けませんし読めません~~
                 (花梨の方が可愛いし…)
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2015/01/15

鬼揚子(おにようず)

山口県在住の夫の両親の元へ帰省する際は、「山口宇部空港」を利用しますが、
先だっての年末年始の空港には、巨大な凧が展示されていました。
 
山口県萩市見島(みしま)の「鬼揚子(おにようず)」という伝統的な凧だそうです。
「見島」というのは、萩市の沖合45km・山口県の最北に位置する島とのこと。
結婚ウン十年弱、山口には何度も行っていますが、初めて知りました happy02
 
 
 
    150103yamagutiube_airport_oniyouzu1
 
 
 
         見島の島おこし会制作で 畳3畳分 尾も含めると全長7m
 
                   ひときわ目を引いていました
 
 
 
    150103yamagutiube_airport_oniyouzu2
 
 
 
「鬼揚子」 … 奈良~平安時代より伝わる見島の伝統で、初子長男が誕生すると
          その年の暮れに親戚縁者が集まって大凧を作り、お正月に揚げる
          風習。 大凧の大きさは、畳6~8畳にも及ぶそうです。
 
          鬼面には、子がたくましく成長してほしいという願いが込められ
          鬼の目の涙は、育った子が「決して人の情けを忘れないように」という
          願いと、空高く揚がった「鬼揚子」が人々の平和な暮らしぶりを眺め
          「嬉し涙」を流しているという意味があるのだそうです。
          (この↑鬼揚子ではよく分かりませんが、赤いのが涙なのかな?)
 
          また、「鬼揚子」は吉祥のシンボルということで、萩市の消防車や
          見島への連絡船にも描かれているそうです。
 
          (ちなみに「揚子(ようず)」とは凧のこと)
 
 
 
今年のNHK大河ドラマは、萩を舞台にスタートしました。
『ひょっとして、ドラマの中にも登場することがあるかしら?
 萩とはだいぶ離れた島だからやっぱり出てこないかな?』などと、思いを巡らせて
おります。
 
萩といえば、何年も前に一度連れて行ってもらったのですが、当時は維新のころの
歴史に関心も知識もとんと薄く、ほとんど記憶に残っていません sweat01
もしチャンスがあったら、またぜひ訪れてみたいものです。
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2015/01/12

夕景 at Haneda Airport

年末の30日、山口県・宇部への帰省旅は19:00羽田空港発の空の旅でした。
慌てずのんびり行こうと夫と意見が一致し、早目に家を出て空港に着いてから
少し買い物して展望デッキへも出てみて、夕食をしてから搭乗しました。
 
展望デッキでは、偶然にも、ちょうど沈んでいこうとしている夕日に会えました。
とっても綺麗でしたよ~
重いので持っていくのをやめようかと、さんざん迷いつつ持っていったカメラ。
後悔しなくてすんでヨカッタ。 下手でも何でもとにかく撮りました camera カシャッ!
       (sun真クリックでもう少し大きめ写真もごらんいただけますairplane
 
 
 
    141230haneda_sunset1_1707
 
                          17:07
 
 
 
 
 
    141230haneda_sunset6_1709
 
                          17:09
 
 
 
 
 
    141230haneda_sunset8_1710
 
                          17:10
 
 
 
 
 
    141230haneda_sunset10_1711
 
 
 
 
 
 
 
    141230haneda_sunset12_1748
 
                こちらはちょっと面白く撮れたので
 
 
 
 
    141230haneda_sunset14_1748
 
         こーんな状態で 窓にもっとくっつけて撮ったのが 上の写真
 
             夕食を食べたレストランの窓越しの夕景です
                         17:48
 
 
 
この日、日没を見る事は全く頭になかった私。展望デッキへの扉をくぐったときも
何の期待もしていなかっただけに、この、自然からのプレゼントに大感激でした。
 
 

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2015/01/07

謹賀新年 ~2015年 ブログことはじめ~

皆さまご無沙汰いたしました。
 
あらためまして
新年のお慶びを申し上げますと共に、皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします。
どうぞ佳い一年でありますように。
 
 
ブログことはじめは、今年もお正月アレンジメントで。
 
   20141216
 
 
           (松・葉牡丹・千両・デンファレ・バラ・ピンポンマム・ドラセナ 他)
 
 
 
 
皆さまは、どんな年末年始をお過ごしだったでしょうか。
私は、山口県の夫の両親のもとで年末年始を過ごしてきました。
揃って新年を迎えられたことに感謝です。
 
このところ、土日の休みもままならない生活を送ってきた夫にとって、この年末年始は
インフルエンザ発症による外出禁止を含めた12日間の休みになりました。
でも、ガンガンする頭を抱えながらずーっと家で仕事に追われ、外出禁止が解かれた
日からは5日間の帰省旅。 インフルは治ったものの腰痛に悩まされ続けのまま
あっという間に、はい終了~。  なんという冬休みだったのでせう。
私は、調子のよろしくない膝を心配しながらの帰省旅。
あちらでは図太くしてましたが、移動と寒さはやはりちょっとこたえたかな。
でも、夫のインフルエンザがうつることもなく、元気に過ごせました。
 
さてさて、今年はどんな一年になりますか、いたしましょうか。
昨年の年頭に、ブログで不義理をしてでも健康のために歩くと宣言した私でしたが、
蓋を開けてみれば3月から足やら膝やらのトラブルが続いて、結局ちっとも歩けません
でした。 トホホ… 家に居ながらの運動になっちゃいました。
今年のさしあたっての目標は、‘さらに運動を続けて何とか膝トラブル克服’かしら。
そうできることを祈っています。 ブログ継続のためにも。
 
そして、これはまだ記事にしていなかったのですが、昨年春から齧りだした陶芸を
フラワーアレンジメントと併せての楽しみとしていきたいと思っています。
その陶芸のことも、また記事にさせていただきますね。
 
そんなこんなで、私のブログことはじめといたします。

 
                            本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
皆さまのところへも、ぼちぼちコメント等再開させていただきますね。
 

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2015/01/01

新年おめでとうございます

 
sun 2015年 の幕開けです aries
 
 
まずは簡単なご挨拶にて・・・
 
 
  2015_2
 
 
 
                           今年もどうぞよろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
 
     (ただいま冬休み継続中につき、自動公開機能を利用しての更新です
                          ブログことはじめ は後日となります)
 
 

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »