« オニユリ (真夏の扉 続編) | トップページ | ヤマユリ »

2015/08/27

タカサゴユリ - クックに捧ぐ -

8月に入り立秋を迎えたころから庭の 「タカサゴユリ」 たちが順に咲き始めました。
自然な発芽と生長に任せた、庭に咲くけれど野生の 「タカサゴユリ」 たちです。
6月のスズメバチの巣撤去時に踏み倒された(涙)株もあったけれど、
昨年よりたくさんの株が育ち蕾をつけました。
ちょうど6年前の、クック dog の最期の苦しい戦いの日々と同じように。
あの年以来、タカサゴユリは私の中でクックと固く結びついていますよ。
今日、8月27日はクックの命日です。 丸6年なので仏事では7回忌にあたります。
というわけで、久し振りにクックたんにも登場してもらい、タカサゴユリの花を捧げる
ことにしたいと思います。 過去に何度も登場した顔ですが見てやってくださいね。
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますdog
 
 
 
          150808takasagoyuri5
 
               いちばん最初の花は 8/8 開花でした
 
 
 
 
 
 
150816takasagoyuri2 150818takasagoyuri8 150819takasagoyuri8
 
       8/16               8/18              8/19
 
 
 
 
 
 
          150819takasagoyuri7
 
 
 
 
 
 
          150818takasagoyuri7
 
 
 
 
 
 
          150819takasagoyuri2
 
 
                  ( 8/8 ~ 8/19 撮影 )
 
 
 
 
 
    20070203mikaeri_cook_cut
 
 
 
 
               お付き合いいただき、ありがとうございました confident dog clover
 
 
 

|

« オニユリ (真夏の扉 続編) | トップページ | ヤマユリ »

コメント

おはようございます!

白いタカサゴユリは本当にクックちゃんにふさわしいと思います。

改めてクックちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

お庭にあるのですね~ うらやましいです。
それにとっても清楚に撮られて素敵です。
クックちゃんもお二人のそばで一緒に見ていることでしょうね。涙

投稿: pole pole | 2015/08/27 10:48

こんにちは。

長年家族を癒し続けて思い出が尽きない素晴らしい
クックたんさんのご冥福をお祈り申し上げます。

私は現在の犬以前にチワワ犬を飼ってましたがあの日
あの時のチワワ娘の姿を時間を超越して思い出してしま
いますが愛犬と一緒の時は忘れる事が出来ません weep

何時も素敵な花々の写真を感謝してます。

投稿: プー子ワン | 2015/08/27 14:46

こんにちは。
そうか、クックたんの、もう七回忌ですか。
つい先日のことのように思えますがね。
こうしてみると、改めて時の流れの速さを痛感します。
知らぬ間に、老いも進んでいるということです。
一日一日を大切に生きていかなくてはなりませんね。

投稿: 鎌ちゃん | 2015/08/27 15:11

 これではだれもが…!
こんにちは~

 まあ・目の覚めるような!
我が家のタカサゴさん、3年前?からいなくなって↓
 
※こんなにかわいい子♪
 それに7回忌!
幸せなクック様
 この振り返り表情も、愛情タップリの状況が・手に取るように・・・!
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2015/08/27 15:54

clover pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
暑さがじわりと戻ってきましたね!
 
6年前のちょうどあの時期とタカサゴユリの花期が重なって。
クックに相応しいとの優しいお言葉と、改めてのお悔やみのお言葉
いたみいります。
 
何年前になるでしょう、クックの生前からですから、10年は超えていると
思いますが、ある年急に芽が出てきました。以来、庭の整理のときに
出来る範囲で残すように気をつけてきました。
でも、好き勝手な場所に出てくるのが困るんですよね(^^;)
おかげで茫々の観です。
花には無関心なクックでしたが、一緒に見ているでしょうか~ ( ´艸`)
 
 
clover プー子ワンさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ご丁寧なお言葉、いたみいります。
 
プー子ワンちゃんの前に飼われていたチワワちゃんも、
きっと穏やかな優しいワンちゃんだったのでしょうね。
そしてプー子ちゃんとは違う個性もたくさん。
それぞれの時、それぞれの子との思い出は、お言葉のように
時を超えて薄れることなく今もここにありますね。
 
狭い行動範囲での限られた花ばかりで恐縮です。
山で咲いている素晴らしい野の花の群生にこそドキリとする
美しさがありますね。プー子ワンちゃんはお花には無関心のようですが。
クックも無関心でした(^^)
 
 
clover 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなんです。もう6年経ってしまいました。
1000日以上もの日々が過ぎたとは信じがたいのですが、
私も同じで、その6年の間の自分の変化をヒシヒシと感じています。
当時必要なかったメガネが、今では必需品になりましたし、
鏡に映る顔も重力やらなんやらの影響がたっぷり!
こんなにも時の経つのが速くなって、ほんとうに日々大切に
生きていかなくてはいけませんね。
 
 
clover ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
わが家のタカサゴユリたち、気に入ってくださいましたか。
わが家のなんて言ってますが、本当は誰のものでもないタカサゴユリたちです。
 
ヒロさんのお庭のタカサゴユリさんたちは去ってしまったのですね。
そのうちまた、どこぞから風に乗ってやってきて現れるかもしれませんね。
 
心臓の病で表情に力が無くなってくる前のクックです。
彼の場合、こういうカメラ目線は案外珍しいのです。
途中からカメラ向けられるのをなぜか嫌がるようになったものですから(^^;)
ありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2015/08/27 16:39

タカサゴユリは私の実家に毎年自然に咲いていて
ずっと正しい名前が分からないままで
ポージィさんのこのブログで初めて名前を知ったのでした。
清楚な雰囲気をもちながら強さも感じられるこの花が好きです。
きっとクックちゃんもポージィさんのそばで
「今年も咲いたね」って、この写真のように振り返って見てくれているように思います。

投稿: sam | 2015/08/27 20:00

こんばんは。
クックちゃんはもう7回忌ですか。
元気な写真が残っているのがお気持ちを和らげているでしょうか。
タカサゴユリが毎年きれいに咲いてくれるのも慰められますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2015/08/27 20:22

clover samさん、ありがとうございます ♪
 
samさんがタカサゴユリの名前をお知りになったのは、
ここででしたか。お子さん時代にお馴染みの花だったと伺った気はするのですが、
そちらのことは忘れていました。覚えていてくださって嬉しいです note
「清楚な雰囲気を持ちながら強さも感じられる」
ええ、ほんとその通りの花ですね。 私も好きです。
 
うふ クックも一緒に見てるでしょうかね。
そして振り返って語りかけてくれているかしら confident heart04
だといいなぁ~ 嬉しくて抱っこしちゃうぞ~~ 
 

投稿: ポージィ | 2015/08/27 20:28

clover 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
はやいものですねー もう6年が過ぎてしまって7回忌だなんて。
そうですね。元気なころの写真にはやはり心和んで笑みを返しています。
晩年になってからの辛そうな写真を見るのは切なくて、
つい目をそらせてしまいますけれど。
お言葉の通りで、タカサゴユリが絶えることなく毎年咲いてくれるのも
とてもありがたく嬉しいことです。
 

投稿: ポージィ | 2015/08/27 20:32

ポージィさん
こんばんは
今日が、クックちゃんの7回忌ですか
このようにタカサゴユリを見て、思い出すことができるから良いですね
クックちゃんも天国で喜んでいることでしょう
私も、小学生の頃、ワンちゃん(名前はエス)を飼っていました
ディステンパーとかいう病気で亡くなったのですが
最後の苦しんでいる姿は、今でも思い出します
タカサゴユリがクックちゃんとの固い絆となっているから
決して忘れることなく、この時期になると思い出せるので幸せすね

投稿: フクジイ | 2015/08/27 22:31

いゃんheart04 クックちゃんと目が合っちゃった~胸キュンです。
そうか~もう6年も経っちゃたんですねぇ・・・今にも写真から飛び出してきそう。
「ママ・・・今年も白い花が咲いたね、きれいだねぇ・・・」って言っているのかな・・・。

投稿: 雪ん子 | 2015/08/27 22:46

おはようございます。
クックちゃん、もう7回忌だったのですね。早いものですね。
白いタカサゴユリが手向けられて、とてもクックちゃんにふさわしいです。
澄んだきれいな目で見つめていますね。
いつもママさんたちを安心した顔で見ているのでしょうね。
クックちゃん、お会いできなかったけれども、私のこともよろしくね。欲張り婆さんですが。

投稿: tona | 2015/08/28 08:28

クックちゃん。もう6年にもなるんですね。
じっと見つめるまあるいお目眼が愛しい。
いつまでも焼き付いてる姿ですね。
天国から、庭のタカサゴユリを眺めていることでしょう。

タカサゴユリ。花はテッポウユリ、でも葉が細い。

 

投稿: 夢閑人 | 2015/08/28 10:20

clover フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
早いものですね。6年も経ってしまったとは。
フクジイさんも小学生の頃、ワンちゃんを飼っていらっしゃったのですね。
ジステンパーで亡くなったのですか。エスちゃんも家族の皆さんも
辛かったですね。苦しんでいた姿は目に焼きついて消えないものですが、
そっと蓋をしてしまっています。
タカサゴユリは、実は苦しんでいた辛い時期と重なるのですが、
それで尚更クックと強く結びついています。
庭に咲くたび、美しさを愛でつつ切なさと愛おしさと色々ごちゃ混ぜの
感情を抱いています(^^) でも好きです♪
 
 
clover 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
うふふ 目が合っちゃいました? こんなふうにジッと見つめられると
たまらないですよね~ キュンnote
6年、ほんとにあっという間でした。
その間に、眼鏡なしでは新聞も本もPCも読めなくなったり、
あちこちたるんだり、クックが知っていた私とはだいぶ変わってしまいました~
花には無関心だったクック、一緒に愛でてくれているかどうか。
むしろカメラを向けている私に、またやってんの?と溜息ついていそう…happy02
 
 
clover tonaさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ほんと、早いものですね。まだ感触は残っていますのに。
最期の日々に窓外で揺れていたタカサゴユリが、毎年咲き続けてくれています。
あの年以来、タカサゴユリを庭から絶やしたくない(野生ですけど)気持ちが
強まって、芽吹いてきたものは出来るだけ残すようにしています。
おかげで無秩序な庭ですが。
 
生前は、信頼もしているけれど怖がり性格のせいで身を任せきれない
という感じのちょっと複雑な彼でした。今はきっと、もっと穏やかな心で
いてくれるでしょう。 こんな目で見られるときは嬉しかったですよ~(*^^*)
tonaさんには、お会いしたことありませんでしたが、可愛がって
いただいていたことを、クックもよくわかっていると思います。
欲張り婆さん!? とんでもないですよ!
 


投稿: ポージィ | 2015/08/28 10:20

clover 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
早いものですね。まる6年経ちました。
今年は、記事更新のタイミングと合ったので、久し振りに
クックにも登場してもらいました (^^)
 
そうなんですよね。背が高く葉も細いですが、テッポウユリそっくりの花です。
クックも天国から眺めているでしょうか、タカサゴユリ。
花には無関心だったクックですから、立ち上がっている太い茎を見て、
マーキングしたくなっているかもしれません(^^;)ゞ
 
来週月曜にはリキちゃんの1周忌ですね。
リキちゃんもポーチュラカやバラのさくお庭で寛いでいることでしょう。
 

投稿: ポージィ | 2015/08/28 10:26

初めまして、こんにちは。jima と申します。
白い花、つる植物、外来種で検索していましたところ、貴ブログにたどり着きました。何が知りたかったと言いますと、マメアサガオです。それで、色々拝見させていただいたところ、野の花、植物の写真がたくさんあり、これからも勉強させていただければと思い、コメントさせていただく次第です。
私もブログをやっておりますので、よろしければご笑覧下さい。また「初めまして」なのにリンクを張らせていたければ幸いです。よろしくお願い致します。

投稿: jima | 2015/08/28 10:29

clover jimaさん、ありがとうございます ♪
 
はじめまして、ようこそお越しくださいました。
マメアサガオの蔓をたどって当ブログにたどり着いてくださったのですね。
ありがとうございます。
ごく身近にある野の花を中心にアップしていた当ブログですが、
昨年膝にトラブルを抱えてからは、あまり野の花を撮れなくなってしまっています。
過去のものにしても勉強の参考にしていただけるような内容でもありませんが、
気軽に覗いていただければ幸いです。
こんなでよろしければ、リンクも貼ってやってくださいませ。
jimaさんのブログも拝見してきました。ご夫妻で自然を楽しんで
いらっしゃるのですね。素適です。またお邪魔させていただきますね。
よろしくお願いいたします。
 

投稿: ポージィ | 2015/08/28 12:49

お久しぶりです~

タカサゴユリ~
ポージィさんのお蔭で、この名前を覚えた記憶があります。
そして、公園など歩いているとこの花を見つけうれしくなった気がします。

ポージィさんにとっては、クックちゃんと結びつきが深いお花なんですね。
お盆の時期と重なり、心に感じることでしょう。
毎年咲く喜びと、そのたびに思い出すさみしい気持ち~
きっと。。。。かみしめる季節なんですね。

この花が咲くたび、クックちゃんも空から優しいまなざしで鑑賞しているのでしょうね。

投稿: 野花 | 2015/08/29 13:49

clover 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは、お久し振りでーす。
 
おや、野花さんもここでタカサゴユリの名前を覚えられた
お一人でしたっけ。 そう言っていただくとなんだか嬉しいものですね。
ありがとうございます。
そこかしこで咲いているの見かけますが、うちのご近所では
以前より数が減ったような気がしてちょっと寂しいです。
庭ではこの先もずーっと毎年咲いてほしいのですけれど。
 
6年前、ちょうど辛い時期と開花が重なりましたから、
以来、それまでとはちょっと違う意味と結びつきを持つようになりました。
そうそう、「かみしめる季節」まさにそういう感じです。
 
クックも見ているでしょうね。でもきっと、まーた写真撮るの?って
ちょっと醒めたまなざしかもです~~ (^▽^;) 
 

投稿: ポージィ | 2015/08/29 15:06

おはようございます。
ポーーじぃさんにとっては、クックとタカサゴユリが重なるんですね。
毎年タカサゴユリの花を見てクックを偲ぶ!素敵です。
クックも天国で喜んでることでしょう。dog

ユリの花も種類がいっぱいありますが、この純白のユリ、ユリの基本系なのかもしれませんね。

投稿: ソングバード | 2015/08/30 07:17

ポージィさん こんにちわ(。・ω・。)ノ

クックさんの記事は昨年も拝見した記憶があります。
あれからもう1年ですか…。
改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

ユリが咲いてるお庭って、何だか羨ましい。
清々しい雰囲気で、きっとクックさんもお気に入りだった事でしょう。

私の頭では、お庭=祖母の家の庭。
・自由奔放(何もかも伸び放題)
・ナチュラル(あ、草むらにゴミ発見…)
・来る者拒まず(草取りもしてない)
このお庭(?)を見て絶句するポージィさんが浮かびます。

投稿: コヨコヨ | 2015/08/30 14:18

clover ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
6年前の夏以降、このタカサゴユリとクックが切り離せない関係になりました。
辛い思い出となので切ない気持ちですけど、心の中でクックに
話しかけながら偲んでいます。天国でクックも応えてくれるかしら(^^)
 
タカサゴユリはテッポウユリとそっくりですね。
そして、聖母マリアの象徴とされるマドンナリリーと近い関係だそうですし、
ソングバードさんの仰るように、この雰囲気はユリの基本形と
いえるのかもしれませんね。
 
 
clover コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)/
 
タカサゴユリにクックがくっついてしまうようになって、
毎年同じことを書いているかもしれませんね、私(^^;)
今年はちょうど命日と記事更新が重なったので、タカサゴユリも重ねました。
1年1年早くて、えっもう?という間に6年です。
クックの冥福を祈ってくださってありがとうございます。
 
ユリが咲く庭 と言葉だけだと素適な庭が目に浮かびますね…
でも! うちの場合は、狭小日当たり悪しの半野草園を思い描いてください。
タカサゴユリも野草ですし。して、これが勝手気ままに色々な場所に
生えて好きな方向いて咲いているのです。
と書いていて、コヨコヨさんのお祖母様のお庭と定義が同じと気づきました!
絶句どころか、親近感マックスです♪♪
 

投稿: ポージィ | 2015/08/30 15:02

久しぶりにクックたんの可愛いお顔を見せてもらいました
もう6年も経ったなんて。。
思えばクックたんとラムっちが居たから
こうやってポージィさんとも縁ができたんですよねぇ。。

クックたん、、ラムっちに会えたかなぁ
なんかジルに似てるな、、とラムっちから傍に行ったかもしれませんね(^-^)

投稿: miki | 2015/08/31 15:53

clover mikiさん、ありがとうございます ♪
 
今年は、記事更新の日と命日が重なったので、久し振りに
皆さんに思い出していただくのもいいかなぁー と登場してもらいました。
まる6年 歳月が過ぎ去るのは本当に早いですね。
その6年の間に私もずいぶん変わったなぁなんてしみじみ思ってしまいました。
今じゃ、眼鏡をかけなきゃクックの顔もぼやけて見えません coldsweats01
 
そうそう、mikiさんとのご縁もラムっちとクックがいたからですよね。
そのことひとつとっても感謝でいっぱいです。
 
友好的なラムっちのこと、クックを見たら寄っていってくれたかも。
あちらの世界に行ってからのクックが、あんまり怖がりさんじゃ
なくなっていると良いんですけど…それが心配。
 

投稿: ポージィ | 2015/08/31 16:53

こんにちは♪
 
すっかりの ご無沙汰でした。
 
ここのところ、このユリが あちこちで咲いていますね。
昨年までは気付かなかったんですが
今年は どこででも遭遇しています。
突然降って湧いたわけでもあるまいに 不思議なものです。
 
愛するクックちゃんの命日あたりに 咲くお花。
それは とても縁の深いお花ですね。
クックちゃんを思い出して供えるのにピッタリな
とても清楚で美しいお花です。

投稿: 花mame | 2015/09/03 15:57

clover 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)
ご快復、良かったです~ 大変でいらっしゃいましたね。
早速お越しいただきありがとうございます。
 
昨年まではお見かけにならなかったのが、今年はたくさん目にされますか。
このタカサゴユリ。一昨年くらいにどこかから風に乗って舞い降りた種が
年月を経て咲き始めたのかもしれませんね。
わが家で咲き始めた時も、ある年突然に、という感じでしたよ。
 
6年前よりもっと前から咲くようになっていましたが、
あの年からこちらはクックとすっかり結びついてしまいました。
タカサゴユリは花被の外側に暗赤色の筋が入るものもあるのですが、
うちにやってきたのはそれがなく真っ白で、この清楚さがまた嬉しい。
好き勝手な場所から芽を出すのがちょっとなんですが、
これからも咲き続けてほしいと願っています confident
 

投稿: ポージィ | 2015/09/03 17:44

今頃のコメント失礼します。

ポージィさんの中にクックちゃんとタカサゴユリが結びついているなんて。
毎年この季節がくると思い出されてしまうのですね。
それも楽しい思いでではなく苦しくつらい思い出と。
家の近所の年金事務所の花壇にタカサゴユリが咲いていました。
白く輝いて美しくて、
写真に撮ろうと思っているうちに
もう散ってしまっていました。
花も含めて命には必ず終わりがあります。
その日を後悔なく迎えられるように日々を生きていきたいものです。

投稿: koko | 2015/09/04 12:47

clover kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
ごめんなさ~い、気づかずにいました sweat01
テツ君が教えてくれなかったらそのままになってしまうところ…
テツ君、ありがとう~~
 
そうなんです。最期の日々精一杯頑張っているクックを正視出来ずに
窓の外へ目をやると、そこに清楚なタカサゴユリの花たちが
そっとこちらを見てました。
結びついているから、普段は封印している思い出もよみがえりかけるけれど、
心の焦点ぼやかしておいて、また封印します。笑
でも、だからといってタカサゴユリを嫌いになったり敬遠したりという
気持ちは全然ないんですよ。愛おしく思っています。
 
kokoさんのご近所にも咲いていましたか。ユリの花は開花から散るまで
数日~1週間。人の一生と比べてなんと短いこと。他の生き物たちも大抵は。
でも、それぞれ、おかれた環境で真摯に生きている姿に心打たれます。
自分もそうあれたらと思いますよ。思うばかりで実行がなかなか…ですけれども。
 

投稿: ポージィ | 2015/09/08 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/62120563

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリ - クックに捧ぐ -:

« オニユリ (真夏の扉 続編) | トップページ | ヤマユリ »