« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/28

かいま見る フヨウ

昨夜の「中秋の名月fullmoon」、皆さんはご覧になれましたか? こちらではなかなか雲が
とれず半ば諦めていましたが、夕方から少しずつ晴れ間が覗き始め、夜には雲が
多い空ながら美しい月を仰ぎ見ることが出来ました。
 
中国では「中秋節」として盛大にお祝いするのですね。「月餅」は日本のクリスマス
ケーキのように予約販売され、受け渡しや販売のお店がずらりと並ぶようです。
ちょうど中国出張に行っていた夫が、先方の会社から「月餅詰め合わせ」をお土産に
いただいてきて、昨日のおやつにいただきました。
箱の中には 「蛋黄白蓮蓉」・「牡丹花味」・「紫薯枸杞蓉」・「清香杏仁」 という4種が
入っていました。 昨日いただいたのは 「蛋黄白蓮蓉」。 芯に塩漬けしたアヒルの
卵黄を入れ周囲はねっとり感とこくのある蓮の実の餡でくるんだもののようでした。
美味しかったですよ。 他のもおいおい楽しみにいただこうと思います japanesetea
 
 
さて、今日は「フヨウ(芙蓉)」の花を。 「芙蓉」は「ハス(蓮)」の美称である、との
記述を見かけましたので、 「蛋黄白蓮蓉」の蓮餡からの無理やりつながりです~ bleah
 
 
お隣空き地では、今年の夏もまた、「 フヨウcute 」 対 「 クズclover 」 のせめぎ合いが
行われています。 どちらも勝手に生えてきて自生している野生です。
 
クズ が蔓を伸ばして フヨウ に這い登る。 フヨウ は クズ の葉の間から枝を伸ばし
蕾をつけて花咲かせる。 けれど今年は クズ の勢いが半端なく、8月後半は
すっかり覆いつくされていました。 9月後半になって フヨウ がまた顔を覗かせ
花を咲かせています。
 
クズ から顔を出して咲いた フヨウ を、2階の窓からズームで撮りました。
家に近い側には、これまた勝手に生えてきたミズキ科と思しき木が育ち、
クズ の間にかいま見える フヨウ を、手前の木越しにかいま見る形になりました。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
          150803fuyou1
 
 
 
 
 
 
    150803fuyou3
 
 
 
 
 
 
          150731fuyou2
 
 
 
 
 
 
          150731fuyou1
 
 
 
 
 
 
    150724fuyou
 
 
 
 
 
 
    150731fuyou3
 
 
 
 
 
 
          150802fuyou4
 
 
 
 
 
うちのご近所で 「 フヨウ 」 が咲き始めたのが 7月下旬ころ。
それから半月ほどして 「 スイフヨウ 」 も咲き始め、出かけたときの行き帰りに
目を楽しませてもらっています。 どちらももうしばらく楽しめますね。
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2015/09/23

今年も彼岸花 - 2015秋 -

今日はお彼岸の中日であり、秋分の日ですね。
たまには振り返りでなく、旬のお花もアップしましょということで 「彼岸花」 です smile
 
今秋の 「彼岸花」 は8月の後半から雨が多く日照が不足したり、気温の低い日が
あったりした影響か、少し咲き始めが早かったように思います。 それでもピークは
ちょうどお彼岸と重なったでしょうか。
気候の変動が実感され、極端な気象が頻発するようになっている昨今、変わらずに
季節を刻んでくれた花にホッとしています。
 
私の 「彼岸花」 お花見 は、今年もご近所歩きの中からです。
咲き始めのころに撮ってきた様子を見てやってください。
       (sandclock写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    150916higanbana15
 
 
             秋分の日 の1週間前 まだまだ蕾もたくさん
 
 
          150916higanbana8
 
 
 
 
 
 
    150912higanbana4
 
 
     ほころび始めた蕾から 真っ先に顔を覗かせていたのは メシベでした
 
 
        ↓  やがてすっかり花開いて シベたちも伸びきりました
 
 
    150916higanbana7
 
 
 
 
 
 
          150916higanbana2
 
                  お先に   私も近いうちに
 
 
 
 
 
 
    150916higanbana4
 
              しっかり寄り添って  ふたつでひとつ
 
 
 
 
 
 
    150916higanbana13
 
        この たくさんの蕾たちも 今週はすっかり花開いたことでしょう
 
 
 
 
 
 
    150916higanbana11
 
                        秋ですね
 
 
 
                  ( 9/12 ~ 9/16 撮影 )
 
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2015/09/17

サバンナの夢 (ズーラシア)

「よこはま動物園ズーラシア」 に、今年4月下旬 「サバンナエリア」 がオープン
しました。 開園したばかりはきっと混雑するだろうねと、しばらく我慢して、
8月の末に行ってきました。 午後から夕方にかけて、今回は欲張らずに
「サバンナエリア」プラスα だけを目的のお出かけでした。
 
予備知識なしで行ったのですが、開放的な草原エリアに、キリン、シマウマ、エランド
チーターが4種混合展示されていて驚きました。 こんなのは初めて!
チーターは肉食獣ですが、体が小さいので大型の草食獣は襲わないのだそう。
自分で狩らなくても食糧はもらえますしね。
広々とした草地の展示場は、サファリパークのような印象でした。
また、エリアが分かれているライオンやサイの展示場からも、あたかも草原が
繋がっているかのように見えるのです。人にとっても気持ちの良い空間。
動物たちものびのびしているように見えました。
 
そんな雰囲気を写し取るのは失敗しましたが、皆さまの想像力で補ってご覧ください。
サバンナエリアには上記6種の他に、リカオン、ケープハイラックス、ミーアキャットが
飼育されていますが、一部の動物だけご紹介させていただきますね。
       (cat真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
 
    150823zoo53
 
       サバンナの草原の雰囲気が なんとなくお分かりいただける?
            中央の木には高い場所に台がしつらえてあり
                チーターが1頭 休んでいました
 
 
 
 
 
 
    150823zoo8
 
 
 
 
 
 
    150823zoo26
 
 
 
 
 
 
    150823zoo32
 
 
 
 
 
 
    150823zoo25
 
 
 
 
 
 
    150823zoo18
 
       ♂ライオン の お尻  この方向からしか見られなかったんです
 
 
 
 
 
 
    150823zoo20
 
         ♀ライオン は ガラス越しに  ガラスは手の跡でベタベタ…
 
 
 
 
 
 
    150823zoo30
 
          30倍ズームで チーター狙い  あっ こっち見てる!?
 
 
 
 
 
 
    150823zoo48
 
 
 
 
 
 
          150823zoo50
 
 
 
 
 
 
    150823zoo43
 
                    ガラス越しに もう1頭
        毛がもしゃもしゃしていて ブラッシングしてあげたくなったヮ ^^
 
               野生動物たちの中で ネコ科が好きな私
                中でもチーターは 特に好きなのです
              ここで会うことが出来て とても嬉しかったです
 
 
 
 
 絶滅危惧の動物もいます。そうした種を繋いでいくのも動物園の役目ですね。
 ここで、あるいは他の動物園と協力し合って、赤ちゃんが生まれ育っていくと
 いいなと思います。
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2015/09/14

涼しげ フラワーデザイン

水害による被害の大きさがどんどん明らかになってきましたね。行方不明の方も
まだいらっしゃいますし… 一日も早く平安な日を取り戻せますようにと祈ります。
 
 
今日は、久し振りのフラワーデザインの紹介をさせていただきます。
涼しげな作品なので夏にご紹介しようと思いつつ… 今になってしまいました。
でも実は、レッスンの主旨は涼しさ演出ではなく、花の留め方や楽しい造形。
習ったのは2月~6月でした smile
       (aquarius写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
● その1.
 
          20150205
 
          「ソテツ」 の葉をばらしたもので 花どめを作っています
 
               水の中に見えるのは「ソテツ」の葉だけ
            器の中のたっぷりの水もデザインの一部になります
 
 
 
 
 
 
● その2.
 
201505071 20150507
 
                     季節の 花ハンガー
                       ( 春の花 )
 
      ハンガーが花色というより タオルが花色 といった方がいいかしら
          それぞれの季節の花や 数種の葉だけでも楽しめます
 
 
 
 
 
 
● その3.
 
    20150604
 
             花懐石 というタイトルで教えていただきました
 
       同じ器に それぞれ自由に花どめを作って 好きなお花を生けます
            上品で美味しそうな懐石料理に見えますでしょうか
 
 
 
 
 
     自分ではなかなか思いつけないデザインあれこれ。 楽しんで作れました♪
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2015/09/10

鮮やかに ヒャクニチソウ

いやはやよく降りますね。 広い範囲各地での被害…お見舞い申し上げます。
まだこの後も降り続く地域もあります。 くれぐれもお気をつけください。
これ以上の被害が広がらないことを祈っています。 早くやみますように。
 
※ 午前中外出していて、戻ってTVをつけたら、堤防決壊による大被害が
  目に飛び込んできました。 どうかどうか全員無事に救助されますように!!
 
 
空は暗いけれど、せめて明るい写真を見ていただきましょう。
今年はビビットカラーで明るく楽しくなるような 「 ヒャクニチソウ 」 に会えました。
私が子供のころ身近に咲いていた ヒャクニチソウ は、ちょっとくすみ感のある
色合いだったと記憶していますが、夏の陽射しに色褪せていたのかしら?
品種改良で鮮やかな色が増えたのかもしれませんね。
 
明るい陽射しの下のビビットカラー。 楽しんできました。 写真も明るめで shine
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 
 
150712hyakunitisou10 150712hyakunitisou9
 
    150712hyakunitisou8
 
             かたい蕾には 面白い模様が見えるんですね
               中央の筒状花が 可愛い5弁の花の形
 
 
 
 
 
 
    150712hyakunitisou1
 
 
 
 
 
 
          150712hyakunitisou6
 
 
 
 
 
 
          150712hyakunitisou5
 
                  茎で休憩していた アオメアブ
 
 
 
 
 
 
          150712hyakunitisou7
 
 
 
 
 
 
          150712hyakunitisou4
 
 
 
 
                  ( いずれも 7/12 撮影 )
 
 
 
         「ヒャクニチソウ(百日草)」 : キク科 ・ ヒャクニチソウ属
                             メキシコ原産
 
 
 
 
     ビビットカラー 楽しんでいただけたでしょうか。
     明るい色彩を見ていると、知らない間に元気が出てくる気がします。
     撮影は夏でしたが、 「 百日草 」 の名のごとく、夏の間も今も咲き続けて
     もうしばらく楽しめますね。
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2015/09/07

真昼の蓮花

今日も真夏を振り返らせていただきますね。 

今年の夏も「ハス」の花を見ることはかなわないかな… と思っていましたが、
7月半ばに思いがけず見ることが出来ました。 時刻はお昼時。
ハスの花の観賞や撮影にはかなり遅め~な時間ですよね。
この時間にまだ開いているのは、そろそろ咲き終わりの近い子たちだったのかも。
暑い日差しにちょっぴりダレ気味のハス花たちでしたが、それでも気品が
感じられましたよ。
今年はハスの開花が早いという言葉をあちこちで見かけましたが、それでも8月末に
まだ咲いているものもあったようです。ひょっとしたら、今もおくての子が咲いている
かもしれません。
 
後で見ても、どういう場面を撮ろうとしたのやら、自分でも首を傾げるアングル
ばかりですが、今夏ポージィが見ましたハス花、ごらんください。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    150712hasu2
 
 
 
 
 
 
    150712hasu6
 
 
 
 
 
 
    150712hasu3
 
 
 
 
 
 
    150712hasu4
 
 
 
 
 
 
    150712hasu5
 
 
 
 
 
 
    150712hasu7
 
 
 
                「ハス(蓮)」 : ハス科 ・ ハス属
 
 
 
 
花も葉もみな背高く伸びていました。近寄れる場所には咲いていなかったので、
離れた場所からのズーム撮りです。 花色は白っぽいピンク、 品種名は不明です。
大型でふくよかなハスの花はどこか神秘的ですね。
この花がヒンドゥー経や仏教といった宗教と深く結びついたのも分かる気がします。
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2015/09/03

ヘメロカリス

昨日はザーザー降りの雨の後、午後から久し振りの晴れ間が出ました。
お日様の光って、こんなに綺麗だったのね! 今日はまたcloudrainだそうですが
しばしキラキラを楽しめて嬉しかったです♪
 
さて、真夏の訪れを意識する、鮮やかなオレンジ色の花たちとして始めたシリーズ
でしたが、8月後半からぐずぐずお天気に低温が続き、「真夏の扉」どころか、
すっかり「夏の思い出」になってしまいました。
「ヒメヒオウギズイセン」「ヤブカンゾウ」「オニユリ」に続く「真夏の扉=夏の思い出」
最終回は、園芸種の 「ヘメロカリス」 です。
今年は出かけ先のガーデンで、ちょうど綺麗に咲いていた数種類を見ることが
できました。 私はあまり会えない花なので記念にここに記録しておきます。
       diamond(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
          150712hemerocallis2
 
                       赤に近い色
 
 
 
 
 
 
          150712hemerocallis1
 
                    黄色 と ピンク(右端)
 
 
 
 
 
 
    150712hemerocallis4
 
                      淡いオレンジ色
 
 
      「ヘメロカリス」というと 私の中では鮮やかなオレンジ色のイメージが
           強いのですが 実際は多彩な品種と色があるのですね
 
 
 
 
 
 
          150712hemerocallis3
 
                     鮮やかなオレンジ色
 
 
 
 
 
 
          150712hemerocallis7
 
 
                      ( 7/12 撮影 )
 
 
 
 
  「ヘメロカリス」 : ユリ科(ススキノキ科・ワスレグサ科)
              ・ ワスレグサ属(ヘメロカリス属)
 
              ノカンゾウやヤブカンゾウ、ユウスゲ類をもとに品種改良で
              生まれたものを「ヘメロカリス」と呼ぶことが多いようです。
 
              一つ一つの花が一日花であることから、ギリシア語の
              「一日=ヘメロ」と「美=カロス」から「ヘメロカリス」の名に。
              別名の「デイリリー」も同じ理由からの名。
              一つ一つの花は短命でも、次々に新たに咲き続けます。
 
              花期は6(5月中旬)~8月ころ
 
 
 

  3回シリーズでご覧いただきました「真夏の扉」シリーズは、これにてお終い。
 
  8月の内から早々に秋の扉が開いてしまった今年。 さすがに内心は焦りが
  ありますが(笑)、やはりマイペースでまいりますよ~
  いつもお付き合いいただきありがとうございます。
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »