« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/29

型から陶板画

今日は秋の植物たちをちょっとお休みしまして…
久し振りのカテゴリ「土あそび」の陶芸記事でまいりましょう。
 
前回アップしたのは何でしたっけ、そうそう、フリーカップ。
あれからアップはパタリ途絶えていましたが、小鉢・鯉のぼり・陶板画などを
ぼっちらぼっちら作っていました。
 
今日はその中から、型から同じベースを作り、それぞれ少しずつ変化をつけて…
というものです。 初めての試みの作品。 拙作ですがご披露しちゃいます。
あ、お気遣いから何か褒める言葉を…とご案じいただく必要はないですョ 
しがない作品なことは承知しておりますので 
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
   20150109plateplate1_mozi
 
    1. まず 素焼きの型 を作りました(左) (割れてしまい補修して使用)
    2. その型に粘土を押し当て 共通の鳥の形と背景の葉を写し取ります
    3. 羽の模様など他と違いを出すものを粘土で付けたし…
    4. 素焼きしたものに 釉薬で彩色し 本焼きしてできあがり
 
 
 
 
 
       20150313tori2
 
          こちらは赤い土を使い ひとつの釉薬にとっぷり漬けて
 
 
 
 
 
       20150415_
 
                         3つめ
 
        それぞれ < 縦 12cm × 横 17cm > くらいの大きさです
 
 
 
 
 
          20150820plate2
 
               3つ出来たところで 板に貼ってみました
 
 
 
 
 釉薬の乗せ具合でどのくらいの色味になるかなど、まだわかっていないことが
 色々あります。 こうするとこんな感じ というのは経験が積まれて身について
 いくものでしょうね。
 
 毎度、『こんなものを作ってみたい』と勝手を言って、作り方の手順を考え教えて
 くださる先生に感謝です。 何でこんなものを作りたがるの? と思ってみえるかも
 しれませんけれど~ 
 
 最初はオンリー・ワンの鳥の陶板を作るつもりでいたのですが、型を作って
 たくさん作る手法もあるとお聞きし、それを試してみたのがこの作品です。
 
 
 この後に、もう1作品、型からの陶板画を作りましたよ。それはまたの機会に
 ご披露させていただくことにします 
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2015/10/26

可愛くてちっちゃい

秋になると、道端などに咲く 「イヌタデ」「ママコノシリヌグイ」 といったタデ科の花を
見かけることが増えますね。 今年はよそ様のお庭のプランターで咲いていた
「オオケタデ」があまりに綺麗で、無断で パチリ!  撮ってしまいました。
背景に木を持ってこられたので、野に咲いているみたいに見えるかな
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
          150905ooketade1
 
              草丈2mにもなる 大型の一年草ですが
      タデ科らしい 小さくて可愛い花が たくさん集まって咲いています
 
 
 
 
 
 
    150905ooketade2
 
                   目いっぱいズームで・・・・・
           風にゆったり大きく揺れて フレームからはみ出しそう
 
 
 
 
 
 
    150905ooketade3
 
                  花弁に見えるのは 萼片
                そこから覗く シベたちが可愛い
 
        大型だけあって 花もちょっぴり大きめの 直径5~6mm?
 
           いつか もっと間近で可愛い顔を覗き込みたい♪
 
 
 
                     ( 9/5 撮影 )
 
 
           「オオケタデ(大毛蓼)」 : タデ科 ・ イヌタデ属
 
 
 
 
 
 
わが家では、レッスン花材が発根したのを植えた 「ペルシカリア・レッドドラゴン」 に
夏のうちからポチポチ花が咲いています。 晩秋までポチポチ咲き続けます。
 
 
    150901persicaria_microcephala_reddr
 
          夏場は葉が緑ですが 春は赤いので レッド・ドラゴン
 
                白い花が咲きます 直径3mmくらい
 
 
 
 
 
 
    150901persicaria_microcephala_red_2
 
         レッドドラゴンは2cm×10cm ほどの大きな尖った葉に
                    黒っぽい斑が入ります 
 
 
 
 
 
    150901persicaria_microcephala_red_3
 
               葯が 淡い淡い紫色 とても綺麗です
 
  
 
         「ペルシカリア・レッドドラゴン」 : タデ科 ・ イヌタデ属
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2015/10/22

稔りゆくとき

秋はみのりの季節。 春や夏にも稔りはありますが、やはり秋がいちばん多いですね。
ところで、「稔り」 と 「実り」 は、どう違うのだろうと、ふと気になりました。
国語辞典では同等の扱いのようです。 漢和辞典ではどうでしょう。
手元の電子辞書から、「食・果実」といったことに関係する意味を抜粋してみました。
 
 ◇ 「稔」 の意味は ・・・ みのる。穀物の実が入る。穀物の中身がよく熟する。
                 稲が一回成熟する期間。      etc.

 ◇ 「実」 の意味は ・・・ 中身のつまった草木のみ。果実。
                  草木のみの中身がつまる。
                  内容がいっぱいつまる。       etc.

なるほど… 「稔る」は稲「実る」はより広義の みのり に使うようですね。
ということで、本日は 「稔りゆくとき」 をご覧くださいませ。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    150905inaho3
 
 
          わが家の最寄の田んぼの 9月初旬の稲穂の様子です
 
                    頭を垂れ始めていました
 
                      ( 9/5 撮影 )
 
 
    150905inaho1
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
    150905kizi2
 
 
        田と田の間の農道には…  キジ♀ (雌は初めて見ました~)
 
 
                 そして たくさんの スズメ たち
           スズメたちは 稲穂にもたくさん群がっていましたよ
 
 
    150905suzume2
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
    150930inaho1
 
 
             9月末 稲穂たちはすっかり稔りの時を迎え
          一部ではすでに刈り取りも行われ はさ掛けの光景も
 
            10月半ばにはほとんどが刈田となっていました
 
                     ( 9/30 撮影 )
 
 
    150930inaho2
 
 
 
 
 
この秋は、TPP交渉がついに大筋合意となりました。この先、色々なことが少しずつ
変わっていくのですね。 農業に従事される方たちからは、不安の声の方が多く
聞かれます。 先細りを続けてきた日本の農業が、さらに細っていくようなことなく、
盛り上がっていけるような転機となりますようにと、切に祈っています。
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2015/10/19

初秋の林縁(りんえん)で

家の近くを散歩のとき、よく通る道沿いにある小さな林。
近年道に面した部分の木々が伐採され(新しく建った家々の日照のため?)、
林縁の下草もしっかり刈られています。だからでしょうか、今年はこれまで見なかった
野草が見られましたよ。 この林縁での初めての出会いたちです。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
          150916akinonogesi2
 
 
                  優しい花色の アキノノゲシ
 
          年々見かける数が増えつつありますが ついにここにも
 
 
    150916akinonogesi3
 
                      背高のっぽです
 
 
 
 
 
 
          150916otokoesi
 
                 んんん  これは オトコエシ ?
 
        オトコエシだとしたら この場所に限らず 初めての出会いです
           近寄れなくて 下から背伸びしての精一杯ズーム撮影
 
 
 
 
 
 
          150905aotudurafuzi_mi2
 
 
                    アオツヅラフジ の果実
 
              いったい何年ぶり?  嬉しい再会でした
         これから毎年ここで会えたらいいなぁ  期待してしまいます
 
 
          150905aotudurafuzi_mi3
 
 
 
 
 
 
    150916hiyodorizyougo3
 
 
                  これは  ヒヨドリバナ ?
        (うっかり ヒヨドリジョウゴ と書いていました 訂正します)
 
    何年も前 隣市の公園の森の中で見て以来の再会  この場所では初です
             これも 傍へ寄れずに背伸びズーム撮影
             でも 吸蜜中の セセリちゃん 撮れた♪
           チャバネセセリかな? イチモンジセセリかな?
 
 
    150916hiyodorizyougo1_cut
 
 
                  ( 9/5  9/16  撮影)
 
 
 
 長年見慣れた場所でも、ちょっとした環境の変化や新たに運ばれてきた種から、
 それまで見かけなかった草木が芽を出したり花咲かせたりと、嬉しい驚きがある
 のは楽しいものですね。 でも、家の近くでも大木が何十本も伐られたり畑が消え、
 宅地に生まれ変わったところもたくさんあります。
 いつか、こうした自然の楽しみも失われる日が来るのかもしれないと、
 複雑な思いで変化を見ています。
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2015/10/15

装いは センニンソウ で

9月の上旬、藪で 「 センニンソウ 」 が白く輝いて咲いているのを見かけました。
咲いていなかった時の同じ場所と比べたら、格段に華やぎが増したなぁ、と思える
光景でした。 秋の装い、素適でしたよ。 すっかり咲き終わっていますけれど。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    150905senninsou9
 
                 これはちょっと分かりづらいかも
       川を挟んだ 向こう岸側の土手に咲いていた センニンソウです
 
 
 
 
 
 
          150905senninsou3
 
      奥には背の高い ススキ  手前足元に センニンソウ をあしらって
 
 
 
 
 
 
    150905senninsou4
 
                 ↑ 上の センニンソウ に ズーム
 
                 4枚の花弁に見えるのは萼片です
 
 
 
 
 
 
          150905senninsou7
 
             林の中で そっと木に寄り添い咲く センニンソウ
 
             この光景 見えたとたん ステキ!と感じました      
         チビの私では 背伸びしなくちゃ撮れなかったのが惜しい
  
 
                      ( 9/5 撮影 )
 
 
       名前の由来になった、白い毛をつけた果実も見られるかしら…? と、
                    ちょっと期待しています
 
 
 
 
        「センニンソウ(仙人草)」 : キンポウゲ科 ・ センニンソウ属
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2015/10/13

こんにちは 秋 - ツルボ -

10月も早中旬、秋もすっかり半ばとなりました。いつも季節に置いてけぼりですが
先頭きってで楽しむのもよし、後からゆっくり楽しむのもよし、ですよね。
 
さて、毎年書いている気もしますが、私が 『秋が来たんだなぁ…』 と実感する
花のひとつは 「 ツルボ 」 です。 ふと気づくと、まだ旺盛に茂っている夏草の
間からにょこにょこ蕾を覗かせているのです。 うちの辺りでは彼岸花より少ぉし
早く咲き始めますが、あちこち順番に咲いて咲き終わりは彼岸花より少し後と
感じています。
 
長雨が続いていた頃、出かけた先で見かけたので『ご近所でも咲いたかな?』と、
久し振りの晴れ間にツルボ探しのご近所散歩に出かけました。
草刈りされて姿もかけらも消えていたポイントもありましたが、草刈りされていない
ところでは、埋もれるようにしながらもたくさん顔を出していました。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    150905turubo3
 
              やぁ いましたね  1年ぶりのこんにちは
 
 
 
 
 
          150905turubo8
 
           小さな花の一つ一つは 直径1cm に満たないくらい
             パチパチ 弾けているような印象の花ですね
 
 
 
 
 
 
    150905turubo9
 
            早々に咲き進んだものも 出てきたばかりの蕾も
 
 
 
 
 
 
          150905turubo10
 
              グラデーションになっている蕾の色が好き
 
 
 
 
 
 
          150905turubo11
 
               おっ シジミチョウさんがやってきました
                    「 ヤマトシジミ 」 かな
                 そーっと おどかさないように…
 
 
 
 
 
 
          150905turubo13
 
              翅を開いて 自己紹介してくれたみたい
            ヤマトシジミのお嬢さん こんにちは ありがとう
 
          蝶と一緒に見られたことに満足し この場所を去りました
 
                     ( 9/5 撮影 )
 
 
 
 秋は日没がどんどん早くなって寒くなっていくのが寂しくて、ついついセンチに
 なってしまうのですが、この花を見るころから、心の中で少しずつ夏にさよならして
 秋を受け入れる準備が出来ていきます。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2015/10/08

バルーンはじけた

今年も気まぐれにあちらにこちらにひょっこり芽を出した「ボタンクサギ」。
ここはOKよ~ というところ以外は小さいうちにシュポンと抜かせてもらい…
抜かれず育った子には大きな葉が茂り、やがて蕾が出てきて花が咲きました。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    150714botankusagi4
 
                 いっぱい並んだ小さなバルーン
                   今にも空へと飛び立ちそう
              と見せかけておいて  その場で弾けます
 
 
 
 
 
 
    150714botankusagi1
 
                   ぷっ ぽっ ぱっ ぽぽ
              ひとつ咲くたびに 小さな音がしていそう
 
 
 
 
 
 
    150714botankusagi3
 
             ひとつひとつは 直径1cmくらいの小さなお花
                  シベが長く 集まって華やかに
                  優しい甘さの 良い香りもします
 
 
 
 
 
 
          150714botankusagi6
 
 
 
 
 
 
    150715botankusagi1
 
                  咲き進むと 表情が変わります
 
 
 
 
 
 
    150715botankusagi6
 
                    楽しませてもらいました
 
       切り戻しして新たに出てきた蕾から ちょうど今また咲いています
 
 
 
 
      「ボタンクサギ(牡丹臭木)」 : クマツヅラ科(シソ科) ・ クサギ属
                          中国南部原産 落葉低木
 
 
 
    毬型のこんもり丸い集合体で咲くことが多いのですが、今年のわが家のは
    ちょっと乱れ咲き風でした。
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2015/10/05

やっと! 開花のクレオメ

ブログお友達のtonaさんにいただいた種を蒔いた、初めましての 「クレオメ」。
蒔き時は気温20~25℃くらいに安定してきた5月。 発芽も順調に♪
間引きしながら、草丈は60cm~1mほどに育ちました。
 
ところが、お隣空き地の勝手に生えてきた木の生長著しく、思った以上の日照不足。
さらには8月後半からは天候不順によるますますの日照不足が追い討ちをかけます。
一向に蕾が出ないまま、夜毎ナメクジに這い回られるばかり。 小さめの株はとうとう
枯れてしまいました。 もうこのまま花は咲かずに終わるのかと諦めていたところ、
いちばん大きな株についに蕾が出たのです。 そして…咲きました!! 
 
わずかに1~2輪ずつ咲く姿は、いわゆる「クレオメ」の花とはだいぶ遠い姿。
でもでも、日光と暑さが大好きな植物が、よくぞこんな環境で頑張って花咲かせたと
褒めてあげたいです。 見てやってください。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
150514cleome 150624cleome
 
        5/14 発芽のころ                   6/24
 
 
 
 
 
    150905cleome_tubomi
 
                    9/5  ついに 蕾登場
 
 
 
 
 
 
    150909cleome_kaika2_1600
 
             9/9  16:00 過ぎころ 蕾が解け始めました
 
 
 
 
 
 
    150909cleome_kaika5_1800
 
              9/9  18:00 ころ だいぶ開いてきました
          この花の特徴の 長ーーーい シベも ちゃんとあります
 
 
 
 
 
 
    150909cleome_kaika7_1920
 
            9/9  19:20 ころ 完全に開ききったようです
                しっかりしたピンク色をしています
 
 
 
 
 
 
    150910cleome_kaika1_0750
 
                    9/10  朝 7:50 ころ
              一晩たって花色が淡くなってきていました
 
       スイフヨウは白く咲いて色が濃くなりますが クレオメは逆ですね
 
               やがて花はしおれくったり 短い命です
 
 
 
 
 
 
    150926cleome_abu3
 
                   初開花から2週間あまり
             花数も増え だいぶクレオメらしくなりました
               小さなアブの仲間が 来ていましたよ
 
                       9/26 早朝
 
 
          10月に入りそろそろ咲き終わりが近づいてきたようです
          ご報告が遅れましたが tonaさん ありがとうございました
 
 
 
 
 
 
正しい? 「クレオメ」 の花姿は、こちらのページ で見せていただいてくださいね。
クレオメについて色々な情報が載っていましたのでリンクさせていただきました。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 
やっと! といえば、「ハゴロモルコウソウ」 も、今年は遅くなりすぎずに種を
蒔いたのに、やはり生長が遅れに遅れこちらも咲かずに終わるのではないかと
半ば諦めていたところ、9/10に やっと咲き始めました!! 最遅記録です。
 
 
    150911hagoromorukousou
 
                         9/11
 
 
こちらの生長の悪さもやはり日照不足のせいだと思われます。 頑張ったね!
わが家ではもう、シェードガーデン向きの植物しか望めないのかもしれません。
 
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015/10/01

ムクゲ 今夏の出会い

今日は先日の 「フヨウ」=アオイ科 つながりで、同じくアオイ科の 「ムクゲ」 を
アップさせていただきますね。 とても惹かれる新しい出会いがあったのです。
 
初夏の頃から秋半ばまで、長期間次々と咲き続ける「ムクゲ」は、花の少なくなる
夏場を彩ってくれる嬉しい花のひとつですね。
ご近所でも、公園・畑・お庭に植えられている様々な種類の「ムクゲ」の花を
楽しませてもらいますが、今年は多種植えられている公園で、初めての出会いも
楽しみました。 その出会いを含め、ほんの数種ですが見てやってください。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
● まずは わりとよく見かける花色の 一重の花たち
  
          150712mukuge3
 
 
 
 
 
  
          150712mukuge4
 
 
 
 
 
 
          150712mukuge5
 
 
 
 
 
 
    150712mukuge6
 
                光透かして見上げて  きれいだぁ
 
 
 
 
 
 
● そして 今年初の出会いの花
 
          150712mukuge7
 
 
                 ‘ 紫玉(しぎょく) ’ という品種
 
              小輪(直径5cm前後)の八重で 淡い紫色
 
 
          150712mukuge10
 
 
                基本的に一重咲きが好きな私ですが
            ときおり琴線に触れる 八重咲きの花があります
              この‘ 紫玉 ’は そんな花のひとつでした
        今回は 多分「花色と大きさ」がポイントになったのだと思います
 
 
 
 
              「ムクゲ(木槿)」 : アオイ科 ・ フヨウ属
 
 
 
   今日から10月に入りましたが、まだ咲いています。
   「ムクゲ」 も 「フヨウ」 と共に、 いましばらく花を楽しませてもらえますね。
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »