« 初秋の林縁(りんえん)で | トップページ | 可愛くてちっちゃい »

2015/10/22

稔りゆくとき

秋はみのりの季節。 春や夏にも稔りはありますが、やはり秋がいちばん多いですね。
ところで、「稔り」 と 「実り」 は、どう違うのだろうと、ふと気になりました。
国語辞典では同等の扱いのようです。 漢和辞典ではどうでしょう。
手元の電子辞書から、「食・果実」といったことに関係する意味を抜粋してみました。
 
 ◇ 「稔」 の意味は ・・・ みのる。穀物の実が入る。穀物の中身がよく熟する。
                 稲が一回成熟する期間。      etc.

 ◇ 「実」 の意味は ・・・ 中身のつまった草木のみ。果実。
                  草木のみの中身がつまる。
                  内容がいっぱいつまる。       etc.

なるほど… 「稔る」は稲「実る」はより広義の みのり に使うようですね。
ということで、本日は 「稔りゆくとき」 をご覧くださいませ。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますriceball
 
 
 
    150905inaho3
 
 
          わが家の最寄の田んぼの 9月初旬の稲穂の様子です
 
                    頭を垂れ始めていました
 
                      ( 9/5 撮影 )
 
 
    150905inaho1
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
    150905kizi2
 
 
        田と田の間の農道には…  キジ♀ (雌は初めて見ました~)
 
 
                 そして たくさんの スズメ たち
           スズメたちは 稲穂にもたくさん群がっていましたよ
 
 
    150905suzume2
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
    150930inaho1
 
 
             9月末 稲穂たちはすっかり稔りの時を迎え
          一部ではすでに刈り取りも行われ はさ掛けの光景も
 
            10月半ばにはほとんどが刈田となっていました
 
                     ( 9/30 撮影 )
 
 
    150930inaho2
 
 
 
 
 
この秋は、TPP交渉がついに大筋合意となりました。この先、色々なことが少しずつ
変わっていくのですね。 農業に従事される方たちからは、不安の声の方が多く
聞かれます。 先細りを続けてきた日本の農業が、さらに細っていくようなことなく、
盛り上がっていけるような転機となりますようにと、切に祈っています。
 
 

|

« 初秋の林縁(りんえん)で | トップページ | 可愛くてちっちゃい »

コメント

おはようございます!

稔りの秋ですね~
ご近所に田んぼがあるなんて いいですね。
この季節黄金色に包まれた景色をごらんになれるのですものね~

キジもいましたか~ 
はさ掛けといい なんと長閑な光景なのでしょう!

大きな気持ちになれました。


投稿: pole pole | 2015/10/22 11:28

「実り」と「稔り」って
そんな違いがあるんですね。
漢字って、ほんと沢山あって
いろんな意味が込められてますよね。

「死ぬとき、どんだけの漢字しってるんやろ?」と
思いながら、ただ今勉強中です。coldsweats01

1枚目のお写真みて、
「おいしそ~」と思ってしまったアタシです。pig
田んぼの風景は、1枚目くらいの頃が
一番好きです。heart04
気持ちイイですよね。
キジがいるなんてビックリです。coldsweats02
ポージィさんは桃太郎sign02

投稿: くらふぇ | 2015/10/22 12:32

riceball pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
いろんなものが実り稔る秋ですねぇ。
 
家から歩いて10分くらいでここへ行くことが出来ます。
このごろ、あまり行かなくなってしまいましたけれど、
田んぼがいくつも続いている場所というのは、空間が広くて
気持ちがいいものですね。
大きな気持ちになれるというの、とてもよく分かります。
ときおり小動物がいるのも楽しいです(^^)
 
でも、少しずつお米を作るのをやめて植木を植えたり畑になったり
という場所が1枚…また1枚と増えているのが寂しいです。
 
 
riceball くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
稔りと実り、前からちょっと気になっていたんです。
稔りの方、「のぎへん」が使われているのがポイントかもですね。
うふふ 猛勉強継続中ですよね bookpencil happy01
実は私、中学の頃、漢字が好きになったんですよ。
一文字ずつに意味があって、その漢字同士が組み合わさって熟語ができ…
っていうのが面白くて。 もちろんそれでも知らない漢字だらけだったし、
このごろじゃ簡単なのも出てこなかったりになっちゃったけれど、
あの頃感じた楽しさは今でもよく覚えています。だから応援してますよ♪
 
稲穂の写真においしそ~って思うのはお米を食べているからこそでしょうね。
1枚目の、まだグリーンも残っているころの田んぼ風景ね、分かります。
その頃の方が瑞々しく息づいている感じがあるからかもしれません。
私はいつの田んぼがいちばん好きかなぁ… 穂の出ない青田の頃かもです。
田んぼは上も下も広々とした空間が気持ちいいですね(^^)
キジね~ この辺りで見たのは初めてだったのでびっくりでした。
あはは 桃太郎? だとしたらよわっちい桃太郎だゎー
 

投稿: ポージィ | 2015/10/22 14:55

こんにちは。
「実る」と「稔る」・・・・これは、詠んでいても迷うところです。
調べたことがなかったので、区分が解りました。
ありがとうございます。
もう、各地で、稲刈りはほとんど終わったようですね。
自然災害の多かった今年ですが、稔りの程はどうだったでしょう。
いよいよ、TPPがスタートするようですが、くれぐれも、将来の食料自給に障りのないように願いたいですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2015/10/22 16:35

riceball 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
実る と 稔る 鎌ちゃんも使い分けに迷っておられましたか。
私も同じでしたから、今回漢和辞典を引いてみてスッキリしました。
 
稲刈りはどの地域でもあらかた終わったでしょうか。
新米が美味しい季節ですね。
今年のお米の作況指数は全国平均で平年並みの100、と発表されて
いたように思います。
主に西日本と茨城が気象や災害の影響が大きかったようですね。
 
TPPについてはいいのか悪いのか自分なりの判断ができずにいますが、
仰るとおりで、農業の衰退ひいては食料自給率のますますの低下
などに繋がらないことを祈るばかりです。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/22 17:21

こんばんは。
ご近所の田んぼあたりもよい風景のところですね。
もうすっかり稲刈りが終わりましたか。TVでは機械で稲刈り脱穀までする様子が何回か伝えられていました。
鎌で刈る風景は昔のことになりつつあるようです。
近いところでキジの姿を撮られましたね。
TPPを乗り越えて日本の農業が力をつけるものと期待しています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2015/10/22 18:24

ポージィさん、こんばんは~。

今日午前中、妙高でも久々に雨がチョッピリ降りました
そのせいか寒い一日でした、そちらはいかがでした?

妙高でも稲刈りもほぼ終わった田んぼには、小鳥や白鳥などが
おこぼれのお米をついばんでいる風景が見られます。
今はすっかり普通になった、田んぼの中のハサですが
昔はハサ木(立木)を使ったハサが普通で、8段くらいの高さでした。
ここに一束一束投げ上げて干す作業も大変でした~。
時代を超えて、日本の農業も劇的に変わりましたが
TPPで日本の農業のいく末や食糧自給率が・・・心配です。

投稿: 雪ん子 | 2015/10/22 20:36

riceball 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
この辺りもおーちゃんはご覧になったことがおありでしたね。
うちの近くでは、いちばん広々とした空間と田園風景が楽しめる場所で、
たまに行くとホッとします。
10月半ばであらかた終わっていましたので、もうすっかりかなと思います。
そうですね、機械で一気に脱穀まで、ということが多いですね。
鎌で刈るのは棚田など小さかったり形が四角でないところでしょうか。
 
この辺りでキジを見るのは初めてでしたし、メスを見るのは
生まれて初めてでした。目いっぱいズームで撮ったのですが、
用心深そうでしたよ。何十メートルも離れているのに逃げの体勢でした。
 
そうですね、TPPを乗り越えたときには、日本の農業が逞しく
生まれ変わっているかもしれません。そう期待いたしましょう。 
 
 
riceball 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
 
今日の妙高地方は少しお湿りの雨が降りましたか。
陽射しがないととたんに寒いですね。
こちらは曇りのち晴れのち曇りといった感じ。明日は曇りのようです。
 
妙高地方では、稲刈り後の田んぼは鳥さんたちの良い餌場になるのですね。
白鳥が来るというのが素適ですよね。渡りをする野生の白鳥は
見たことがないのでちょっと羨ましいです。
 
何段もあるハサの様子、見たことがありますよ。TVでだったかしら?
でも、8段もあるのは見たことないです。そんな高くまで上げて干すのは
大変な作業だったでしょうね。お日様も風もよく当たって、良いのかな。
このごろでは、刈り取りから脱穀まで機械で一気に行うことも多いでしょうね。
 
日本の農業にとって、また大きな変換期が訪れそうですね。
行く末も食料自給も心配です。ピンチはチャンスと乗り越え
逞しい変身が出来るとよいのですが。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/22 21:06

こんばんは。

「実り」と「稔り」の区別を考えたこともありませんでしたが、確かにお米が実るとは書きませんね。
とても勉強になりました。
重そうに垂れ下がった稲に台風が直撃しなくて良かったです。
雀さんもいっぱい群がっているのをどっかで見まして、案山子がなかったのですが、雀が食べる量は大したことないのでしょうか。昔話では舌を切られる話にもなってしまうほどなのに。
雉のメスも随分地味ですね。

投稿: tona | 2015/10/22 21:13

riceball tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
tonaさんは、お米がみのるときには稔ると書くとちゃんとご承知だったのですね。
私はそこもよくわかっていなくて、今回漢和辞典を調べてやっとはっきりしました。
これからはあまり迷わず使い分けられそうです(^^;)
「禾(のぎへん)」がポイントでしょうね、きっと。
 
そうですね。南関東ではまずまずの収穫だったのではないかと思います。
今年は西日本と茨城でやや不良などだったようです。
 
そうそう、時おり稲穂に雀が群がっていることもありますね。
「舌切り雀」のお話は、糊を舐めてしまった雀が舌を切られ、
舌を切ったおばあさんが、自分の欲のせいでひどい目にあうお話でした。
以前何かで読んだのですが、『畑の野菜を鳥や虫が食べる』といって嘆いたら
母親が『鳥や虫にこれこれの分を分け残りを人間がいただけばよい』
という意味のことを言ったそうです。感動して覚えているのですが
正しい言い回しは忘れてしまいました。残念!
 
雉のメスは生まれて初めて実物を見ました。雄と比べるとやはり地味ですね。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/22 21:35

ポージィさん
おはようございます
私の苦手な国語のお話ですね
しかし、このような謂れを追及するのは好きですね
でも、すぐ忘れてしまうのが問題です
「実り」と「稔り」の意味、よく分りました
漢字の使い方には、充分注意しているつもりですが
勿論、PCの漢字変換機能を最大限利用して
でも多分、間違った使い方をしていると思います
何年振りかで、稔り豊かな田園風景を見せていただきました

投稿: フクジイ | 2015/10/23 07:50

 稔り・そうでしたか!
おはようございま~す。

 今回がなければ一生知らないまま・稔り。
・・・頭を垂れる…!
その昔を・・懐かし~い。
 我が家方面はこのはさ掛け、通常は6段位でしたが、最高は8段ありました!
稲束の放り投げ、ここまで高いと見た目は楽そうですがナカナカ大変なんですよ~!
 受け手の手元に、それも10・20束ではなく、100・200束の放り投げですのでね~♪
 ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2015/10/23 09:44

こんにちは^^
実は亡くなった私の父が稔という名前でして。。。
優しくて包容力があり、みんなに慕われていた父に
相応しい名前だとここで再認識させていただきましたconfident

投稿: ターコイズ | 2015/10/23 10:42

こんにちは。

春も夏も秋も田んぼの景色は大好きです。
とてもきれいだから。
この時期スズメは害鳥になってしまいますが、
キジさんもお米を食べるのでしょうか?
キジは何を食べているのかそういえば知らない~汗

みのりの秋。
漢字にもたしかにいろいろありますね。

投稿: koko | 2015/10/23 12:30

riceball フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
国語のお話というよりも、楽しい謂れのお話に近いですよ(^^)
私も漢字にこんな意味があるとか、だから○と○を組み合わせてこの熟語、
なんてことを知るのが楽しいです。覚えていられるかは…気にしなーい 笑
PCの漢字変換機能は頼りになりますね!
 
稔り豊かな田園風景、お近くでは珍しいですか?
田畑が並んでいる場所は、空間が広くて気持ち良いですね。
 
 
riceball ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
稔りと実り いつもどちらを使うのかなと、迷いながらでしたので
思い立って漢和辞典を引いてみましたよ。結果、納得~
私も辞書に向かって頭を垂れました(^^)
 
わ~ 8段にもなるハサ掛け、昨日雪ん子さんのコメントに驚いたばかりでしたが
ヒロさんのふるさと地域でもやはりあったのですね!
6段でもすごいと思いますが8段といったら聳え立つようですよね。
投げ上げる力と技も超人的スゴサですが、上で受け取るのも勇気が要りますね。
ほとほと感心します。
 
 
riceball ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは (^^)
 
まぁ そうでしたか。
素適なお父様でいらしたのですね。
名は体を表す がぴたり当てはまる方。
思いがけない繋がりでお父様に思いをはせていただいて
なんだか嬉しかったです。
 
ちなみに、私の亡くなった父は実の旧字の實と書いて
「みのる」という名前です~ happy01
實さんは、名を体を表して…いたか…な? smile
  
 
riceball kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
田んぼの景色は気持ちが良いですものね。心安らぎます。
田んぼへ行くといつも知らず知らずのうちに深呼吸をしていますよ。
 
キジさんの食べ物は、草や木の実から、昆虫・蛙や蛇・鼠といった
小動物までいろいろのようですよ。雑食なんですね。
お米はどうでしょ。雑食なら食べることもあるかもですね。
 
同音異義語やら同音同義語やら色々あってややこしくもありますが
面白さでもありますね。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/23 17:50

おはようございます。
漢字や言葉の意味、最近のSNSなどが普及していく中で、薄らいでるように感じるのは、私だけではなさそうですね。
自身、PCなどの普及に伴って、字を書くことが極端に減って、書けない漢字が増えてきました。(歳のせいでもありますが・・・・(笑))

稲の天日干しは珍しいですね。
以前はどこの田圃でも見れた光景ですが、最近はほとんど見る事が出来ません。

投稿: ソングバード | 2015/10/24 07:27

riceball ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
漢字や言葉の意味…仰るような傾向感じます。
趣きや深みの感じられる美しい言い回しもどんどん使われなくなって
きてしまっていますね。「死語」で片付けてしまうにはあまりに
惜しい言葉もたくさんあると思うのですが。
漢字を書く力は、私もずいぶん衰えましたよ~
そもそも、ペンを持って字を書くと、以前より下手になったと感じます。
使わない能力はどんどん失われていってしまうと危機感を覚えます。
 
稲の天日干しは、機械化の台頭で減ってきたのでしょうね。
高いハサに稲を投げ上げて掛けるという技も、もう出来る人は
少ないのでしょうね。
ここの田んぼでもハサ掛けはあっても1段です。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/24 13:46

なるほど、「実る」と「稔る」はそんな意味の違いがあったのですね。
勉強になりました。
男性のお名前で「稔」さんっていらっしゃいますものね。
もし「稲田稔」さんてお名前の方・・いらっしゃったら(実際いそうですcoldsweats01)実り豊かな人生を送ってらっしゃるのではないかと・・勝手に想像してニンマリしてしまいますsmile
TPPは農業にどんな影響があるのでしょうね?
親戚に農家がいますが、そうでなくても農業を続けるのは大変な状況みたいですよ。
食料自給率が下がっていくのは将来心配ですね。

投稿: sam | 2015/10/24 22:04

秋らしさが満載ですね、私も昨日まっ黄色の畑の脇を走行していまして
下車して撮りたかったほど綺麗だったのです、
アレは稲穂?もう新米も頂いているけれどまだの所もあるのでしょうか
雉はオスもメスも身近に見たこともなく羨ましいですね。
いまわが庭にジョウビタキの雌が舞い下りました急いでカメラ~
咄嗟の事で間に合いませんでした、これからこんな悔しいこと
何回も続くことでしょう、一応頑張りますが(笑)

投稿: | 2015/10/25 15:32

riceball samさん、ありがとうございます ♪
 
稔る と 実る 使い分けがはっきりして、私もスッキリしました。
うふふ 稲田稔さん という名前の方、きっといらっしゃいますよ~
ほんと、実り豊かな人生を送っていらっしゃりそう。
また、親御さんがこめられた願いもそれでしょうね。
ちなみに、わが父は「實(ふだんは実を使ってました)」なんですよ。
名前どおりの人生を送れたのかなぁ、どうだったのかしら??
TPPの影響、良いほうも悪い方も私には予測が出来ません。
そうですよね、日本の農家の方は大変な状況の中何とか頑張っている
という方たちのほうが多いのが現状でしょうね。
さらに大変な状況になって自給率低下の一途…なんてならないことを
祈っています。
 
 
riceball 玲さん、ありがとうございます ♪
 
黄金色に色づいた稲田というのは秋を強く感じますね。
玲さんも運転中に黄金地帯を通られましたか。
今の時期だとやはり稲穂でしょうね。茨城の田園地帯だと
うちの辺りよりもはるかに広大見事な田畑が広がっていそうです。
早稲米というのもありますし、もう新米をいただいている方も
いらっしゃるでしょうね。うちはまだですが~
 
お庭にジョウビタキ嬢がやってきましたか♪
北の方からの旅を無事に終えましたね。ようこそ!
初回は悔しい思いをされましたか。まだ警戒心も強いでしょうし。
これからチャンスがたくさん訪れますように(^^)
 

投稿: ポージィ | 2015/10/25 16:37

こんにちは~

実りと稔り・・・・
今まで気づかなかったけれど、稔りの意味がやっと今わかった気がします。そっか。。。。
いま。。。稔りの季節なんだね。

この風景は、私にとってどきっとする心にヒットする風景ばかり。
身近であったのに、今は遠い存在でこうして見せていただくと、うれしくて仕方はないです。
今にもすぐ、、、この場面にワープしていきたい気分です。
稲穂が垂れる風景ってきれいですよね~
それが風にゆれたり、お日様が金色に照らしてくれたり、、、そしてそれに集まるすずめちゃん達。
日本の風景だなあ~

実家に帰りたくなっちゃったわあ~
ポージィさん。。。。素敵に写真に撮って見せてくださってありがとうで~す。

投稿: 野花 | 2015/10/25 16:56

riceball 野花さん、ありがとうございます ♪ 
 
こんにちは~
あれ、地震があったよ~ 大丈夫でしたか? うちは震度2くらいかな。

秋は、稔りの季節でもあり実りの季節でもあるんですね。
稲は稔りの方。使い分けがわかってスッキリしました(^▽^)
 
田んぼの風景、黄金色の稲穂の風景は、野花さんのノスタルジアを
思い切り刺激しちゃいますね。
故郷を出られるまで、こうした風景を身近に見ながら育たれた野花さん。
20代の頃より今現在の方が心惹かれ懐かしい感情が膨らんでくるかも…
私は野花さんほど身近ではなかったけれど、それでも田畑は常に
目にして暮らしていたから、やっぱり懐かしくホッとできる風景です。
稲穂に雀が群れていたり…そんなのも良いよね~
 
楽しんでくださって、こちらこそありがとうです(^^)♪
 

投稿: ポージィ | 2015/10/25 17:27

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

正に日本の秋な写真ですよね( ≧∀≦)ノ
稲穂がワサワサ。今年も豊作だ!
…別に農家でもないのに、こういった風景にはテンション上がります。
宮城も稲刈りが終わり、既に冬の気配が色濃いです。
気温も10℃超えがやっとの日も増えてきました。
食欲の秋も、終わりの時期なのかしら…。

投稿: コヨコヨ | 2015/10/25 21:25

riceball コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おはようさんです~(^^)/
 
稲穂垂れる田園風景は、日本の秋の象徴のようなものですね。
そうそう、農家ではなくてもテンションあがる風景。
なんか、内側から喜びと充実感がわいてくるような、ね。
 
コヨコヨさん地方でももうすっかり刈田ですか。
これから風景の中で枯れ草色が増えていきますね。
最高気温が10℃やっと、ですか? 寒い~~~!
こちらは、この秋一番の冷え込みの今朝の外気が9℃でした。
でも日中は20℃くらいになるようです。
でも、いえいえ、食欲の秋はまだ続きますよ。
美味しい新米モリモリいただいて、寒さに備えてくださいな。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/26 09:17

こんにちは♪
 
あぁ、そうなのですね。
「実り」と「稔り」の違い。
みのるほど 頭をたれる 稲穂かな
の場合は「稔る」の方を使うのですね。
 
「稔」と言う文字を見ると 高校の時の生物の先生を思い出します (o^-^o)
名前が 稔だったのです。
 
わわ、田んぼの側の農道で キジをご覧になったのですね!
感動しちゃいますね♪
スズメも わらわらと たくさん (゚▽゚*)
しっかり稔った稲穂とともに 豊かな感じがします。
はさかけされた稲がいいですね shine
 
TPP、農家さんたちは不安な方が多いでしょうし
もちろん、消費者としての私たちも。
豊かな日本が この後も続きますように と祈らずにはいられません。

投稿: 花mame | 2015/10/26 16:15

riceball 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
稔る と 実る ちょっと気になっていたので調べてみました。
そうそう 頭を垂れる稲穂には稔るを使うようです(^^)
黄金色に波打つ稲田、刈り田のはさ掛け、集まる雀たち…
どれもが豊かな稔りを表していて満ち足りた気持ちになりますね。
うふ 花mameさんは生物の先生が稔というお名前なのですね♪
日本と稲作は切り離せない関係。豊かな人生を祈って稔という
お名前の方も多いのでしょうね。
 
TPP… きっと皆さん知恵を絞っていらっしゃるでしょうけれど、
不安にもう止めたという方も出てきてしまうかもしれません。
皺寄せがいかないように、豊かな日本が続きますように、祈るばかりです。
 

投稿: ポージィ | 2015/10/26 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/62427007

この記事へのトラックバック一覧です: 稔りゆくとき:

« 初秋の林縁(りんえん)で | トップページ | 可愛くてちっちゃい »