« 赤い実食べた? (1) | トップページ | 江の島詣 »

2016/01/25

赤い実食べた? (2)

この冬いちばんの強烈寒波のせいで、西日本と日本海側中心に大雪と低温。
皆さま、くれぐれもお気をつけくださいませ。 南関東でも今朝は冷え込みました。
朝6時のエアコンのリモコンが表示した気温は、-6℃。 へっ!?ほんとに??
たしかに、屋外の常緑の植物の草木の葉は、、軒並み凍っていましたが…
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて、
この秋から冬にかけて、ご近所やわが家の庭という、身近で見かけた赤い実たちを
アップさせていただいてきましたが、ラストは鳥さんの落し物から庭に生えてきた
植物の赤い実です。 「センリョウ」 「マンリョウ」 「サネカズラ」 の3種があります。
「センリョウ」 は先日アップ済ということで、今回は 「マンリョウ」 と 「サネカズラ」 を
ご覧ください。
 
両方とも、生えてきたのは3~4シーズンくらい前だったと思います。
どちらも今年は実付きがよくなりました。 でも 「サネカズラ」 の花がそんなに咲いて
いたとは気づいていませんでした。 葉に隠れるようにひっそりと咲いていたようで、
蚊に刺されるのが嫌な私は、ほとんど見ることもせずじまいでしたが、受粉に一役
買った虫たちはちゃーんと気づいていたのですね。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
 
          151124manryou3
 
                     ( 11/24 撮影 )
 
                          ↓
 
                         これが
 
                          ↓
 
          151205manryou2
 
                      ( 12/5 撮影 )
 
                約10日で これだけ色濃くなりました
 
                今年 この実を食べるのは だぁれ?
 
 
       「マンリョウ(万両)」 : ヤブコウジ(サクラソウ)科 ・ ヤブコウジ属
 
 
 
  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜
 
 
 
    151130sanekazura_mi1
 
                     ( 11/30 撮影 )
 
            一粒の直径は6mmほど 全体の直径は3cmほど
            (一般にはどちらももう少し大き目かもしれません)
 
 
 
 
 
    151205sanekazura1
 
                      ( 12/5 撮影 )
 
              こちらは 5日でこれだけ赤味が増しました
 
 
 
    151205sanekazura2
 
                      ( 12/5 撮影 )
 
             葉の陰をよく覗くと こんな風に実っています
        日陰でちゃんと赤く熟すのが 不思議な気がしてしまいます
           ( 一般には果柄がもう少し長く伸びてぶら下がり
                もっと目立つようになるようです )
 
    最終的には もっと赤味が濃く 少し透明感が感じられるようになりました
 
 
 
          「サネカズラ(実葛)」 : マツブサ科 ・ サネカズラ属
                         別名「ビナンカズラ(美男葛)」
 
         どろどろにした樹液を用いて、整髪用に、薄めて洗髪用に
        利用されていたそうです。 試してみる気にはなれないなぁ…
 
 
 
 
「サネカズラ」の実は今年に入ってじきに食べられましたが、「マンリョウ」はまだ…と
書けるつもりでいたのが、先週木曜のどこかの時間帯で、全部消滅しました。
またまた見ていない間に全部食べられちゃった。 多分ヒヨちゃんのお腹に入った
んだろうな~ 食べてるとこ見たかったのに残念 happy02 
 
 

|

« 赤い実食べた? (1) | トップページ | 江の島詣 »

コメント

ポージィさん
おはようございます
どちらも赤く綺麗に熟しましたね
今年、このサネカズラの実を味見しました
身体に良いとのことだったので、期待していましたが
とても苦かったです
>日陰でちゃんと赤く熟すのが 不思議な気がしてしまいます
仰るとおりですね
私が見たのも、殆んどが葉っぱの陰で生っていましたが
どれも、綺麗な真っ赤に熟していました
逆に、陽に当たっている実は、くすんだ色になっていましたね

投稿: フクジイ | 2016/01/25 09:14

おはようございます。
冷え込みましたね。
我が家でも水道が凍り付いて、外の蛇口が回りませんし、給湯器へ水が補給されないので、湯が出ません。
沖縄でも雪だというから、びっくりポンです。
地球の悲鳴ですね。

赤い実は、温もりを感じますね。
マンリョウハわ我が家にもありますが、サネカズラは初めてです。
名前は、「名にし負はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな」の和歌で知っているのですがね。
見せていただいてよかったです。

投稿: 鎌ちゃん | 2016/01/25 09:14

cherry フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
艶々の赤い実は観賞用としてもほんと綺麗ですね!
そうそう、フクジイさんはサネカズラの実を味見されたのでした。
結果はがっかりされたようですが、多分完熟していない実だったのですね。
サネカズラの実の味を検索してあれこれ見たところ、濃い色になったもの
(赤黒いくらいかな)を食べた方はイチオシ!と書いてました。
でも、そういう実はいち早く鳥さんが見つけて食べてしまうでしょうね。
 
日陰で熟すのが不思議と、フクジイさんもお感じでしたか。
でも、日向のは色がくすんでしまう… 日焼けに弱いのですね。
 
 
cherry 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
冷え込み厳しかったですね。 あらら 水道管凍結ですか。
破裂は免れましたか?寒い朝にお湯が使えないのは辛いですね。
私も過去に経験がありますが、今朝はギリギリ(少々怪しかった)大丈夫でした。
暖冬だと油断していたらこんなに強い寒気が入ってくるとは
ほんとびっくりポンでしたね。
 
お言葉通りで、赤い実は温もり感じさせてくれますね。
サネカズラは初めてでいらっしゃいますか。
そうそう、その和歌は有名ですね。(私はどうも覚え切れませんが)
うちに勝手に生えてきたサネカズラも蔓をよく伸ばします。
手繰り寄せたら逢いたい相手を手繰り寄せられるかしら。笑
 

投稿: ポージィ | 2016/01/25 10:02

こんにちは

今朝の外気温?は-6℃だったのですか!こちらは室温が1℃でした。今年初めて。霜柱が立っていましたものね。
今歯医者から帰ったところです。歯周病と虫歯で今月は4回も通いました。このところあちこち医者通いで昨年とえらい違いです。
と自分のことを先に述べる我儘者ですみません。

サネカズラがあるのですか。いいですね。
最初白くて赤くなる様子がわかりました。樹液がどろどろなのですか。知らなかったです。昔の人は何でも利用したのですね。その知識にいつも感心します。
我が家の万両はまだ残っています。ヒヨちゃんの宙吊りの姿はかわいそうになります。


投稿: tona | 2016/01/25 11:19

cherry tonaさん、ありがうございます ♪
 
こんにちは
 
6時の外気温-6℃ エアコンのリモコンの示した数字なので、どのくらい
正しいかは不明です。室温は6℃でした。(夜間暖房消していた時間6時間半)
tonaさんのお宅はなんと室温1℃でしたか!外気温はかなり低かったでしょうね。
その寒い中、歯医者さんに行っていらしたのですね。
1月の間に4回目ですか。これで完治としたら、今後は定期的に
メンテナンスに通われるのがいいかもしれませんね。
私は昨年知覚過敏でかかったのを機に、定期メンテナンスに通うことにしました。
 
サネカズラは正確にはフェンスのすぐ向こう側に生えてきたのですが、
うちのフェンスに絡ませて楽しむことにしました。
ご近所のお庭にあるので、その実を食べた鳥さんがこの場所でプッとした
結果だろうと思っています(^^)
樹液は自分で確かめたことはありませんが、粘液質で、塗って乾いたら
髪を止められるような性質なのでしょうね。
ほんと、昔の方は、自然と生活が一体となってもいたし、
研究熱心だったのだと感心させられることがいっぱいですね。
 
tonaさんのお庭のマンリョウの実はまだ残っていますか。
うふふ ヒヨちゃんが宙吊りで啄ばむのですね。ヒヨちゃんは体の大きさの割に
アクロバットが得意なようですから大丈夫ですよ、きっと。
うちのはわずかな間に全部消滅にはびっくりしました。
 

投稿: ポージィ | 2016/01/25 12:12

ポージィさんのお庭、
赤い実がたくさんなったのですね。
いいなぁ、それだけで気持ちウキウキですね。

サネカズラの実って、こんななんですね。
本体から小さな赤い子達が出てきてる感じ。(笑)
センリョウやマンリョウとは違いますね。

今日はさすがにこちらも寒いです。
自転車にのって電車にのって
出勤した自分がエライ!と思いました。smile

投稿: くらふぇ | 2016/01/25 12:30

cherry くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
庭に生えてきたものは、まだ小苗で量は少ないけれど、
3種の赤い実を楽しませてもらいました。
うん、たしかにウキウキ(^^) 毎日窓から覗いて、あるかなぁ?って。
先週の金曜日も、何時ころだったかな、覗いてみたら…
あれっ? ない~ 全部ない~~っ!! でしたよ。
またまた見ていない間に食べられちゃいました coldsweats01
 
サネカズラの実の形、面白いですよね。くらふぇさん仰るように
千両や万両の実の付き方とはぜんぜん違います。なるほど本体と子達ですね♪
色が違うけど、和菓子の「鹿の子」にもちょっと似てるかな?
 
うんうん、大阪も冷え込んだでしょう。
朝早く起きて家族のお世話や家事をして、寒風の中出勤。
エライですよ! 今日もよく頑張りました wink scissors
 

投稿: ポージィ | 2016/01/25 15:01

こんばんは!

サネカズラまで 鳥さんからのプレゼントでしたか^
いいですね。
サネカズラ 以前我が家にもあったのですが・・・
あまり花も咲きませんでした。

マンリョウは まだ残っているところがおおいようですが ポージィ さんのお庭では なくなっているのですね。

サネカズラの果実 とってもきれいです。

投稿: pole pole | 2016/01/25 18:19

cherry pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
サネカズラはご近所で植えていらっしゃるお宅があって、
そこから運ばれてきたんじゃないかなと思っています。
運ばれてくるのに15年以上はかかっていると思いますが(^^;)
pole poleさんのお宅にもおありだったのですね。
あまり咲きも実りもしませんでしたか。うちにやってきたものも、
実が生ったのは今シーズンが初めてなんですよ。来シーズンはどうなるやら。
綺麗な実ですよね。花も結構ステキです。
来年も咲いたら、蚊対策をして撮影を試みようかなと思います。
 
マンリョウの実は、先週木曜の時点ではまだしっかりあったのですが、
翌日の午前中に見たらすっからかん。また知らない間に食べられました~
目をつけて毎日チェックしている鳥さんがいるのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2016/01/25 19:59

ポージィさん、こんばんは~寒い日が続きましたね。
昨日は地吹雪がすごくて、道路もツルッツル!でしたが
今日は薄日が差した時間帯もありましたよ。
明日からは少し暖かくなりそうで、嬉しいです。

サネカズラ、う~ん・・・見た記憶がないな~
と、思ったら関東以西に分布する植物なんですね。
整髪用に、薄めて洗髪用に・・・チョット微妙ですねcoldsweats01

投稿: 雪ん子 | 2016/01/25 20:32

こんばんは。
赤い実シリーズ、鳥さん達がよだれを垂らしながら見てるかもしれませんよ。(笑)
センリョウやサネカズラも、ヒヨドリやムクドリが良く集まるようですが、私は、あまり見たことがありません。
どうも、ピラカンサ以外の赤い実は、鳥たちも他の実を食べつくして、最後に食べるのかも知れませんね。
ということは、あまり美味しくない??
鳥によっても好みがあるんでしょうね。

投稿: ソングバード | 2016/01/25 21:12

cherry 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
雪ん子さん地方は雪も風も寒さもすごかったでしょうね!
うわ 地吹雪ですか。 超超寒そう~~ weep
こちらは今回は雪が降らず、助かりました。
明後日くらいから暖かさが戻るようで、来月はまた平年より暖かいとか。
春が来るのはやっぱり早まりそうですね。
 
サネカズラは、そうそう関東以西と書かれていますね。
寒さにはやや弱いとか。
私は愛知時代は知らずにいて、今のところに住んでから初めて知りました。
この植物の粘液を整髪剤に… 今の世に想像すると微妙ですよね~~
でも、かっては粘りでほつれを留められ、乾くと硬さと艶が出たのかも
しれませんね。ちょんまげ頭や日本髪には糊みたいで重宝したのかな。
 
 
cherry ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
あはっ そうかもしれません~ 赤い実シリーズ見た鳥さんたち、
食欲増進したかも。(1)をアップした時点でまだしっかり残っていた
マンリョウの実が、アップの翌日綺麗さっぱり食べつくされましたもの。
どれもこれも、見ていないときに食べられてしまいました。
見たかったのに~
ヒヨドリの可能性が大と思いますが、他の鳥かもしれませんね。
 
赤い実たちを食べる順番は、それぞれの熟し度合いもよるかもしれません。
うちとご近所では、センリョウ→ピラカンサ→ナンテン→マンリョウの順。
でも、鳥によって好みもありそうですね♪
 

投稿: ポージィ | 2016/01/25 22:04

本当に冷えますねsign04厚着で過ごしていますー
赤い実を付ける木、いろいろあるのですね。
鳥さんにとってはどれも冬の貴重なお食事になりますね。
ところで、我が家のベランダのヒヨドリジョウゴさんはまだ赤いまま残っています。
だいぶ熟した感じではありますが。。
先日、窓の外にヒヨドリがフッと飛んで横切って
その時に何だか赤い物が見えたような気がして
もしかして赤い実食べた?と思いましたけど
見たらぜんぜん減っていませんでしたcoldsweats01
本当に気のせいだったようですcatface
ベランダだと人に近いせいなのか、だれも食べに来てくれませーん。残念。

投稿: sam | 2016/01/25 23:37

cherry samさん、ありがとうございます ♪
 
今朝も冷え込みました~ でも、昨日の朝よりはちょっと上がったかな。
私も厚着してます。裏総ボアのパンツとフリース、極暖○ートテックに… smile
外出するときはちょっとカッコつけてもう少しスマートな格好になります(笑)
 
赤い実を付ける植物って、ほんとたくさんありますね。
昨年からピックアップしてきたのはまだ一部分。
見たこともない、知らないものもたくさんあるんだろうなと思います。
おやおや ヒヨドリジョウゴの実はまだ残っていたんですね!
ヒヨちゃん、そばまでは来ても素通りでしたか。
ほかにもっと美味しいものがある内は、やっぱりや~めたってなるのかな。
仰るようにベランダは恐怖心が勝つのかもしれませんねー。
私の経験だと、ジューンベリーにしてもマンリョウにしても、
見事に見ていないタイミングで食べていきます。く~happy02
カーテン越しでもちゃんと気配を感じるみたいですよ。
 

投稿: ポージィ | 2016/01/26 09:31

ポージィさん、こんばんは
赤い実が美味しそうですね。鳥は人間の100倍、目がいいから、見逃すことはありません。8mmといえば、随分大きいから、お客様はヒヨどんでしょう。メジロやヤマガラの口には入れません。ヒヨどんを撮っても絵にならないのだよな。せめてトラツグミでも来てくれれば。話はがらりと変わりますが。

日本の実体経済は悪くないのだけれど、中国が蟻地獄におちてもがいているとばっちりを食らって、世界同時不況が起きようとしています。鄧小平の「中国人は最初に井戸を掘った人のことは忘れない」の言葉に感じ入った松下幸之助が一肌脱いで、莫大な投資をして、技術移転さえもした。それが、一転して反日教育に豹変して、いまその罰があたっている。モガキもがいても出口のない不況に陥った。再び日本に助けを求めてきても、相手にする人はいないだろう。こんなことを、書く気になったのは万両!の言葉から繋がっている。

投稿: polo181 | 2016/01/26 20:45

サネカズラを経過観察できてうらやましいですね。
サネカズラの実は構造的にイチゴに似ているので中の白いところを味わってみようとも思いましたが、
美男蔓の名前通り男性用整髪料として使われたということから止めておきました。
我が家でもマンリョウ、センリョウの実はすっかりなくなりました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/01/26 22:00

めちゃ寒いですよね。。こちらは雪はなかったものの、寒い寒い!
ちょっと東京に行く用事があるのですがふらなけれゃいいなぁ、、と戦々恐々です。

投稿: ふくやぎ | 2016/01/26 22:59

cherry polo181さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
自分の身近で見られる赤い実だけ取り上げてみましたが、それだけでも
結構あるものですね。品種ごとに熟していく速度に差があって、
植物自身にとっても鳥さんたちにとっても、うまい具合にできているのだなと
改めて感じました。鳥さんたちは総じて目が良いですね!
それにいつも自分のテリトリー内のチェックを怠りませんね。
そろそろ熟してきたかな?と思っているとちゃんと食べられてなくなります。
ピラカンサが一気に無くなったのはもしかしたらムクドリの群れ、
わが家のマンリョウはヒヨドリなのでしょうね。
 
なぜ中国経済のお話に??と思いましたら、マンリョウからでしたか。
今回の株価下落は、原油安も一因といわれていますね。
世界不況になどなったらますます世界中で紛争が増えそうですから、
どうか早く安定してくれますようにと願っています。
  
 
cherry 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
サネカズラが生えてきたのは3年ほど前でしたが、やっと実が生りました。
だんだん色づいていく様子を身近で見られるのは楽しいものですね。
イチゴと似た実の構造、見た目も美味しそうですね。
食べてみられた方の記述をいくつか読みましたが、若い実を食べた方は
苦味があったりと美味しくなく、黒ずむほど完熟してから食べた方は
捨てたもんじゃない(ほんのり甘い)と書いてみえました。
来年また実が生ったら味見してみようかなとも思いますが、
完熟を待っているとたいてい鳥に先を越されます。
マンリョウも一気になくなりました。
おーちゃんのお宅のセンリョウ・マンリョウも食べつくされたのですね。
 
 
cherry ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
今回の寒波は強烈でしたね。
うちの辺りでこれでしたから、水戸辺りではもっと冷え込んだことでしょう。
でも、一昨日から昨日・今日とだんだん上がってきました。
今日昼間はポカポカになるとか。
東京へいらっしゃるのは週末? 金~土にかけては雨の予報が出てますね…
お気をつけていらしてください。
 

投稿: ポージィ | 2016/01/27 09:18

 今晩は~!!

 私もそう思いました~♪
何とこの赤実滝は・スゴ~イ・と。
・そっか~・難転!
・まあまあサンシュユ、見るからにおいしそう。
・へ~・ソヨゴも…!

 そういえば数年前、千両?万両?かな、ヒノキ調達時に山林内で収穫?
 しかし、どうやら違ったようで・・(残念!)
・サネカズラ(実葛)、赤い実の内側に大きなフワフワ・・が♪
※どろどろにした樹液を用いて整髪用・・・!
私の髪に少し刺激を与えてみたくなって…?

 ただいま~、今日・午前中に帰国しました。
チョッと疲れ気味ですが、どうにか生きておりま~す(笑)。
  それでは。 

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2016/01/30 23:04

こんばんは☆
 
ポージィさんの お庭や お近くには
赤い実を付ける植物が たくさん おありなのですね~。
赤い実を付ける、と言うだけで その植物を見る目に熱がこもります ヽ(´▽`)/
 
サネカズラ、初めて知りました。
5日で こんなに赤味が増すものなのですね。
成る形も可愛らしい♪
樹液を 整髪や洗髪に使っていたとは
髪に良い成分が入っているのでしょうかね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2016/02/03 17:48

cherry  ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
申し訳ありません!!コメントに気づかずお返事もできていませんでした。
ご帰国後すぐに、お疲れのところいただいていましたのに…
ほんとにごめんなさい。
(気づかせて下さった花mameさんに感謝です)
 
ピラカンサの赤い瀑布 共感していただけて嬉しいです。
そのたっぷりの実も、難を転じてくれるナンテンの実も、
センリョウ・マンリョウの実も いまではすっかり無くなってしまいました。
みんな鳥さんのお腹に納まったものと思われます。
赤い実たちは、私たち人間の目にも魅力たっぷりですね。
ヒロさんがお庭につれて帰った植物は、センリョウ・マンリョウでは
なかったのですか?残念。でも、ではどなただったのでしょうね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 18:06

cherry 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
確かに赤い実が生るものが、近くにたくさんあるといえそうですね。
山や森へ行ったら、まだまだ知らない赤い実の植物もたくさんありそうです。
鳥さんたちにあちこちに種を散布してもらうには、赤い実がいちばん!と
思った植物が多かったということでしょうか。
でも赤くても紫でも黒でも、鳥さんたちはよーく知っていますね。
そして私たちも、実が生る(特に赤い実♪)植物には思い入れが違いますね!
 
わが家のサネカズラは初結実。可愛い実を楽しませてもらいました。
整髪料にしたのには、どろりとした粘液を塗ることで、ちょんまげ髪や
日本髪のほつれ毛も良くまとまり、乾くとパキッと固まったのかな、
と想像していましたが、なるほど髪の栄養になるものも入っている
のかもしれませんね happy01
別名を美男葛(びなんかずら)と言うのですよ~
男性も女性も使ったそうですが smile
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/62870331

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い実食べた? (2):

« 赤い実食べた? (1) | トップページ | 江の島詣 »