« ウィンター・チューリップ | トップページ | 鴨と猫 »

2016/02/04

地味でも華 - ナツツバキの実 -

6月、梅雨の季節に咲く清楚な 「夏椿」 の花を覚えていらっしゃいますかしら。
その 「夏椿」は、秋も深まる頃、すっかり葉を落とし熟しきった果実が弾けます。
特徴あるその形は冬枯れの枝を飾っています。 昨年あるいは一昨年のものも
枝に付いたままのがあって、なかなかに賑やかです。
 
先が尖ってぱっくり口を開けた果実は、受けているガクも開いて、これもまた花の
ような姿にも見えます。  「☆ 星の花 ☆」 といっては言いすぎかしら?
でもね、色は茶系の地味色ながら、形は華やかなのです。 ご覧くださいね。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
          151207natutubaki_mi4
 
          ちょっと寂しげ? 木全体を見ると賑やかなのですけれど
 
 
 
 
 
 
 
    151207natutubaki_mi1
 
                    アップで見るとこんな風
 
           突き出た花柱がそのまま残っているものもあるんですよ
 
  
 
 
 
 
 
          151207natutubaki_mi2
 
 
 
 
 
 
 
          151207natutubaki_mi3cut
 
                        光の中で
 
 
 
 
 
 
 
    151222natutubaki_tane
 
         果実の中には こんな形と大きさの平たい種が入っています
         秋には ときおり シジュウカラ が食べにきていたみたいでした
 
 
 

|

« ウィンター・チューリップ | トップページ | 鴨と猫 »

コメント

おはようございます。
冬枯れの実に、優しい目線をむけられましたね。
さすがポージィさんです。
私には、枯れている年か見えず、見過ごすだろう姿に、見事に生命感を吹き込まれました。
今日は立春、こうして、静かに冬を越した植物たちも、いよいよ彩を放つ時期に入ってくるんですね。
一方で、花粉を感じる季節になってきました。
お手柔らかにと願うばかりです( *´艸`)

投稿: 鎌ちゃん | 2016/02/04 08:24

 おはようございま~す。

 冬のこの時期に拝見できるとは、更に懐かし~い。
一日(半日?)の短い命。
 しかしこうして花後の命、長いこと鳥さんにも楽しませてあげて…!

 黄色のメジャー・いいですね~。
種・もう少し大きいと思っていましたヨ。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2016/02/04 08:37

目立たない実は私には見てもらえない存在です。
椿の実は見ましたが、夏椿は初めてです。
昨年の1昨年のもついているのですか。鳥にに食べられていなくてですね。
実の中の種は意外に小さいのですね。
そういえば種って小さいものなのですね。
夏椿の実生というのもどこかにあるのでしょうか。

投稿: tona | 2016/02/04 09:56

おはようございます!

ナツツバキの果実 私も大好きです。
残念ながら 去年 せっかく何年も育てていたナツツバキが突然枯れてしまいました~
理由はわからないのですが 去年外回りを塗りなおしたことがいけなかったのか・・・はたまた 文ちゃんを埋めた場所に ヒマラヤザクラと並べて地植えにしたので ぶんちゃんが連れて行ってしまったのか・・・謎です。

植物の枯れた姿もまた美しいですよね。
そのうちにまとめてアップしようと思っています。

投稿: pole pole | 2016/02/04 10:46

ポージィさん
こんにちは
以前、私がキンシバイの実をUPした時に
ポージィさんより、ナツツバキに似てますねと言われ
その後、何とかナツツバキの実の実物を見ることができました
木の実は、面白いですね
自然が創り出す芸術品ですね
あのフリルのついた花から、こんな実が生るとは想像つきませんね
種は、比較的小さいですね

投稿: フクジイ | 2016/02/04 14:04

ポージィさん、こんにちは
ポージイさんらしい、実のある記事ですね。たいてい、これほど枯れてしまったものには目を向けないでしょう。それを綺麗だと感じるのだから、貴女は生粋の日本人です。この美しさは、大陸の人たちには通じません。断言します。からりと変わりますが、この種は、あの椿油の元ですか。昔、母が化粧箱に大事そうにしまってあるのを覚えています。食用にもなるのでしょう?

投稿: polo181 | 2016/02/04 15:52

bud 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
庭にあって毎日眺めているからでしょうね。
花の時季だけでなく冬枯れの姿にも愛着が増してきます。
良い具合に光が射した瞬間に出会えてカメラを向けました。
 
じっと何も変化なくたたずんでいるように見える冬の木ですが、
ただ待つだけでなく内側では準備が進められ、もうしばらくすると
仰るように彩の季節へと入っていきますね。
 
わゎ そうでしたね。天気予報でも花粉の予想のコーナーが始まりました。
花粉症を発症している方にとっては、春への思いと花粉の板ばさみにもなる
辛い季節ですね。さて私は今年も発症を免れるかしら? ドキドキ…
 
 
bud  ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヒロさん、ご帰国後最初にいただいたコメントに気づかずにいて、
昨夜やっと返信させていただきました。申し訳ありませんでしたsweat01
 
花の時季には毎年ご覧いただいている夏椿ですが、今冬は実の姿も
見ていただきたくなりました。そうなんです、花は一日花。
それでもちゃんと結実して、熟成が進んでいくところから長く楽しませてくれます。
花の時季は虫、実ってからは鳥の楽しみでもありますね。
 
種は椿のそれと比べるとずいぶん小さいですよね。
乾いてぱっかり割れた実を逆さにして振ると、ぽろぽろと出てきます。
 
 
bud tonaさん、ありがとうございます ♪
 
私も、庭になかったらあまり注意を払わずに通り過ぎると思います。
何度も見上げて眺めるのは身近にあればこそ。
椿と夏椿 同じツバキ科でも種は大分違って小さいですよね。
夏椿の実からはとても油は取れそうにないです~
 
庭では、自然に落ちた種から自然に生えてきた夏椿の小苗が
一昨年ころから1本育っています。これって、勝手に生えてきた
実生ということですよね。はて、この先どうしたものか…と思案中です。
 
 
bud pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
夏椿の実も芸術的。pole poleさんもお好きでいらっしゃるのですね(^^)
えっ… お庭の夏椿は突然枯れてしまいましたか。お花も楽しませて
いただきましたのに…残念です。原因は何だったのでしょうね。
ぶんちゃんのヒマラヤ桜と隣り合った場所とのこと、ぶんちゃんに愛され
過ぎたのでしょうか。あるいはカミキリムシの幼虫などが原因という
可能性もあるかもですね…
 
植物の枯れ姿の美しさ。私は子供のころは目もくれなかったものでしたが、
自分の歳が中年と言われる域に足を踏み入れるころからしみじみと
味わえるようになりました。
まとめて見せていただけるの楽しみにしています。
 
 
bud フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
キンシバイの実と似ているとコメントさせていただいたナツツバキの実、
ご覧になれたのですね。実際にご覧になっていかがでしたか?
私は、今改めて検索して見比べても、やっぱり似ているなと思うのですが。
木の実たちもほんと、仰るように自然の芸術作品ですね。
花だけでなく実にもそれぞれに実に色々な工夫がされていることに
感嘆もし感動もしますね。
そうそう。ツバキと比べてナツツバキの種は意外なほど小さいですよね。
この種からは椿油は絞れそうにありません(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2016/02/04 16:17

bud polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
冬枯れの木のすっかり乾いて弾けた果実… こういうものにも
自然の造形の美しさを感じるようになったのは、中年の域に入ってからです。
20代のころはせいぜい松ぼっくりくらいで他には目も向けませんでした。
今では美しいと感じるものが増えたことを嬉しく思っています。
こういうのは日本的な感性でしょうか。
 
このナツツバキの種は↑写真でご覧いただけるようにとても小さいもので、
この種から椿油を採ることはしないと思います。
お母様はツバキの実か種を大事にしまって愛でていらしたのですね。
「椿油」を採るのは「ヤブツバキ」などの種で、こちらはふっくらとしています。
絞った椿油は食用にも、髪や肌につけるのにも用いることができますが、
実(種)自体を食べることはしないと思います。
サポニンが含まれているとか非常にえぐみが強いという記述がありました。
椿油の絞り方は、ご関心ありましたらご検索いただくと、色々ヒットします。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/04 16:39

こんばんは~

わが家で上手く育たなかったナツツバキ・・・
そうそう、こんな実がなりましたね~。
木の実が落ちて、一度だけ小苗が育ったことがありました
鉢にとって育てたんですが、水やりを怠って枯からしてしまいましたweep
今同じ場所にはムクゲが植わっています、今度は上手く育つかな?

投稿: 雪ん子 | 2016/02/04 20:15

bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
 
うん… そうでしたね。今では思い出の中に。
個性ある実の様子も思い出していただけましたか。
おぉ 実生が育ちかけたこともおありだったのですね。
うちでも、長年の中で1本だけ実生の小苗が育ってきています。
このままその場で生長させてあげるわけにもいかず、
どうしたものかと思案中です。
ナツツバキさんのあとはムクゲが継いだのですね。
きっとうまく育ちますよ。ムクゲは耐寒性もあり夏の暑さにも強い
生命力の強ーい木ですもの。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/04 20:37

こんばんは☆
 
うわぁ、このシックな色合い、華やかな形、
花mameのド・ストライクです~ ヽ(´▽`)/
 
2枚目の花柱の残っている お写真、
まるで 炭で出来ているみたい。
そのまま額に入れて飾りたいような素敵さです (o^-^o)
 
あの可憐なナツツバキの後が こんなにシックで個性のあるものになるのですね。
 
うふ、種も しっかり鳥さんの お役に立って♪
 
ひとつで何回も楽しめるナツツバキ、本当に素敵なお花ですね shine

投稿: 花mame | 2016/02/04 20:39

こんばんは。
白いのに風情のある花で愉しませてくれる夏椿は実の姿もいいですねえ。
星の花と見立てられましたか。なるほどです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/02/04 21:10

おはようございます。
そちらでは先ほど地震coldsweats02がありましたが・・・
大丈夫でしたか?
震度4だとかなり怖いですよね。

投稿: 雪ん子 | 2016/02/05 08:11

bud 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます(^^)
 
うふっ ズキュンと直球ストライクでいらっしゃいましたか happy01
こんなに気に入っていただけてとても嬉しいです heart01
可憐で儚い、たった一日でポロリと落ちてしまうナツツバキの花ですが、
花後にだんだん実が充実していき、やがてこういう姿になるまでは
長い時間をかけて楽しませてもらえます。
うちの環境ではイマイチながら、本当は紅葉も味わいがあって素適なのです。
まったく愛らしいお方♪ いつまでも元気でいてくれるといいなぁ…
愛着が強くて、別れるときが来たらどんなに悲しいか、なんてことまで
つい思ってしまいます。私の悪い癖 (^^;)
 
 
bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ナツツバキは、花びらの繊細なフリルなど、風情のある花ですね。
青々葉が茂る季節も紅葉も楽しめ、そして実の姿も味わい深く…
楽しみの多い木だとしみじみ思います。
おーちゃんにも気に入っていただけ、星の花にご共感もいただけて嬉しいです。
 
 
bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ご心配ありがとうございます。大丈夫ですよ(^^)/
ちょうど玄関ドアの外に立っているときでした。
下から突き上げるような縦揺れにちょっとやばい?と
身構えましたが、短く収まってほっとしました。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/05 09:57

まるで芸術作品のようですね。
自然のものは全てに意味がある。
ということで、この形にもなんらかの意味が。
何年も残っているというのがすごいと思いました。

投稿: koko | 2016/02/05 12:33

夏椿ですか
花も咲いていますね、これからです沢山見せてくださいね

投稿: フクちゃん | 2016/02/05 16:05

bud kokoさん、ありがとうございます ♪
 
そう、仰るようにまさしく自然の作る芸術作品ですね。
ナツツバキの実がこの形になったのにはどんな理由があったのでしょう。
同じ、熟したらぱっくり割れる、でも様々な形があります。
花が咲き実が生るようになった最初のころは何年も残ると
いうことはありませんでしたが、いつごろからか1年2年と
枝に残ったままになりました。これも意味があるのかもしれませんね。
 
 
bud フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ナツツバキの実です。
フクちゃんにも、花が咲いているようにお見えになりましたか?
なかなか可愛いですよね。
本物の花が咲くのは4ヵ月後… 6月に入ってからになります。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/05 16:54

ポージィさんお晩です(・ω・)ノ

ドライフラワーが咲いているというか、何か不思議な感じ。
弾けた部分が口に見えます。
『お腹すいたー。何か食べるー。』
と言っているみたい。

投稿: コヨコヨ | 2016/02/07 22:17

bud コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おはようさんです(^^)/
 
ここまでくると、まさしくドライフラワーそのものですね。
冬枯れの木に咲いたドライフラワー。
うふふ 口(くちばし)に見えますね~ chick chick chick chick chick
『お腹すいたー』
親鳥は冬空の下苦労しそうです coldsweats01
 

投稿: ポージィ | 2016/02/08 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/62918316

この記事へのトラックバック一覧です: 地味でも華 - ナツツバキの実 -:

« ウィンター・チューリップ | トップページ | 鴨と猫 »