« 江の島詣 | トップページ | 地味でも華 - ナツツバキの実 - »

2016/02/01

ウィンター・チューリップ

前記事 『江の島詣』 の続きです。
 
1/10 「江島神社」(江の島) にお参りした後、 「サムエル・コッキング苑」
入りました。
折りしも、「2万本のウィンター・チューリップ」 展示のイベント開催中。
穏やかな晴れ sun の日で、チューリップたちにはお日様の光が降り注ぎポカポカ。
大勢の観光の人が思い思いにカメラを向けていました。 私も camera wink

他の人を写さないようにすると、アップばかり。 そそくさと撮った写真ばかりに
なりましたが、一足早い春気分をお届けです。
 
※ ウィンター・チューリップとは、夏越しした球根に冷蔵処理(冬の気温)を施して、
   季節が進んだと勘違いさせて冬に咲かせたチューリップのことです。
       (tulip写真クリックでもう少し大きめ写真のご覧いただけますshine
 
 

    20160110_23
 
 
 
 
 
 
20160110_1620160110_14
20160110_2120160110_18
 
 
 
 
 
 
    20160110_24
 
 
 
 
 
 
    20160110_25
 
 
 
 
 
 
    20160110_17
 
 
 
 
 
 明るくて ぽっかぽかで 居合わせた人みんなが幸せそうな表情で・・・
 そんな様子を思い浮かべながら見ていただけると幸いです confident shine
 
 
 
 
 
 
 【 おまけ 】 きらきらの海 mist
 
    20160110_10
 
 
 

|

« 江の島詣 | トップページ | 地味でも華 - ナツツバキの実 - »

コメント

「うわぁ~happy02」って、
ブログ開けた瞬間に声がでましたよ。
チューリップ、大好き。heart04
たくさん植えられてたんですね。
冷蔵処理して、冬に咲かせるなんて粋なことしますね。good
この季節にこれだけ見事なチューリップみれたら
ワクワクしますよね。heart02
いいな、いいな~。
チューリップは元気をくれます。
花も大きいし、色もハッキリしたものが多くて。
でも、出しゃばってないんですよねぇ。
大きいのに嫌味がなくて、本当に大好きです。
海もいいですねぇ。
アタシ、海ながーいこと見てないなぁ。confident

投稿: くらふぇ | 2016/02/01 12:13

ポージィさん
こんにちは
ウィンター・チューリップとは、こういうことでしたか
この寒い時期に咲く品種かと思っていました
勉強不足でした
前ボケを入れて綺麗ですね
お客さんがいますが、これは何?
春のような陽気で、虫も勘違いして出てきたのでしょうかね

投稿: フクジイ | 2016/02/01 13:32

つい先日の寒波も吹っ飛びそうな、春爛漫という
イメージですね。気分も華やぎますlovely
このまま暖かくなるとは限りませんが、ほんとに
春が待ち遠しいものですhappy01

投稿: ターコイズ | 2016/02/01 13:36

こんにちは。今日の妙高は雪が舞い・・・寒~い!最高が1℃しかありません。
そんな中、学校のスキ授業ーボランティアで参加してきました。

帰ってきて、このチューリップを見たら・・・気持ちが温かくなりました。
ウィンター・チューリップって、品種かと思ったら、咲かせ方なんですね。
真冬にこんなステキな風景が見られるなんて・・・うらやましいです。

投稿: 雪ん子 | 2016/02/01 15:45

tulip くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
この季節にこれだけのチューリップ。わぁ~っ!てなりますよね happy01
お日様の光をいっぱいに浴びて、もうほんとそこだけ春そのものでした。
2万株って書かれてましたよ。すごっ!
寒いよぉ 目に映るお花も数少ない限られたもので寂しいよぅ
っていう時にこういうのを見ると、やっぱり気持ちが上がりますね。
くらふぇさんのチューリップ賛歌を拝見しながら、チューリップの良さを
再認識できましたよ。くらふぇさんちやうちのプランターで
春を待ってるチューリップのことが、ますます愛おしくなりますね。
昔から愛され続けてきている花。魅力感じている人が国境関係なく
たくさんいるってことですね♪
 
空も良いけど海も良いですね。たまに見ると心が深呼吸できる気がします。
くらふぇさんは昨年の夏休みのとき見たきり?私もずいぶん久し振りでした。
 
 
tulip フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ウィンター・チューリップって、そうなんです。こうやって咲かせた
ものなのです。園芸植物や切花には、こういうこと色々されて
季節先取りのものが結構ありますね。
一昨日・昨日と、こちらは陽射しなく暗くて寒い日に。
自分でアップした記事で華やかな明るい色を見て慰められています。
うふ お客さんはたぶんハエの仲間だと思います。
ぽかぽかの花の上にいて、うっとりしているみたいでしたよ(笑)
 
 
tulip ターコイズさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
この日はそれなりに空気が冷たかったのですが、このチューリップの
置かれた場所は、まさしく春爛漫で冷たさも忘れました。
仰るとおりで、気分もupでしたよ happy01
 
先週はじめの寒波は雪やら水道管破裂やら大きな影響でましたものね。
香港やタイ、ベトナム辺りにも強烈な寒波が押し寄せたようです。
あれほどの寒波はもう来ないかもしれませんが、こちらは今週は平年並みの
真冬の気温が続くようで、春が待ちどおしい気持ちが募っています。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 15:54

tulip 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
雪がちらつき気温1℃ですか。う~~ブルブル 寒いですね。
そんななか、スキー授業のボランティア、お疲れ様でした。
すごいなー、ボランティアがおできになるなんて。
雪ん子さんのスキーのお話は伺ったことがないような気がしますが、
きっととてもお上手に滑っていらしたんだろうなと思います。
 
うちの辺りも陽射しなく平年並みの真冬気温です。
暗い空と寒さが続くと気分が下がる一方。自分でアップした写真の
華やかな色に慰められています~
ウィンター・チューリップは早く咲かせられてちょっと気の毒な気が
しないでもありませんが、春に咲くのと違ってとても長い期間
楽しめるそうです。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 16:00

 冬の陽光に、チューリップの色が一段と色鮮やかに映える。
温かみを感じます。花の少ない時期にはもってこいの情景ですね。
ウインターチュリップの作り方わかりました。
植物に季節を錯覚させるのですね。
 
 冬の澄み切った空気の中に広がる海原。
澄んだ空と、灰色の海との境の水平線。
光に反射する水平線へと変わっていく。いかにも冬の海といった感じが出ていますね。
 真ん中の黒い船のシルエットが生きている。
ほかの黒いものはちょっと邪魔かな?冬の海には。
水平線が真ん中なのも両方の広がりを感じさせられます。
生意気に批評めいたことを言って…お許しを。

投稿: 夢閑人 | 2016/02/01 16:11

ウィンターチューリップってそのように咲かせるのですね。
冬牡丹と同じような感じでしょうか。
春爛漫という雰囲気です。
寂しい冬に、暖かな色いっぱいに、なんだか縮こまっている気持ちが広がるような気持ちになります。
撮影が素敵!
輝いて、手前のぼかしがあって。どのようにして撮られたのですか?企業秘密でしたらいいですよ。

投稿: tona | 2016/02/01 16:41

こんにちは!

これはまたぽかぽか陽気が伝わってくるようなお写真ですね~
一足早くの春を楽しませていただきました。
チューリップの種類はほんとうにたくさんあるのですね~
どれも光を受けて輝いていますね。
ほとんど撮ったことのないお花ですが・・・

海もきらきらですね。

投稿: pole pole | 2016/02/01 17:28

tulip 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
苑内に入ってすぐの、一際日当たりの良い場所に2万株が高低つけつつまとめて展示されていました。
暖かな陽射しと華やかな花色に囲まれ、春爛漫気分を楽しませて貰いました。
仰るとおりです、ウィンター・チューリップはまさしく季節を錯覚させて
咲かせる方法です。ちょっと気の毒な気もしますが、このごろはよく見ますね。
春のチューリップよりも長い期間咲き続けるようです。
 
江の島の南側に広がる海の様子。
うふふ いえいえ、丁寧に見ていただいてのご感想をありがとうございます。
確かに冬の海には船はポツリと一隻がいいかもしれませんね。
現実には、陽射しに煌く穏やかな海面に、漁船や白い帆のヨット、
作業船?などが浮かんでいました。
 
 
tulip tonaさん、ありがとうございます ♪
 
ウィンター・チューリップは、実際の季節よりはやく寒さを経験させて、
春が来た!と錯覚させ咲かせる方法で、仰るように冬牡丹もそうですね。
入り口を入ってすぐの、陽射しがいっぱいの場所に集めて置かれていて、
まさしく春爛漫の気分を味わってきました。
昨日も今日も陽射しがなく寒いですものね。
私も、アップしておいて、このチューリップの花色に慰められています。
手前に暈けを入れる撮り方は、私の撮ったこの程度なら簡単ですよ。
レンズの視野内に手前のものをかからせるアングルでズームして、
向こうにあるものにピントを合わせているだけなんです。
F値というのを変えられる機能がありましたら、小さい数字に設定すると、
より狭い距離範囲にだけピントが合って、その前後のものは暈けるようです。
試してみて下さいね。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 17:41

tulip pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
昨日今日、こちらは陽射しのない暗い空に冷たい空気ですが、
この日の子のチューリップの並んだコーナーは、まさにぽかぽかの春爛漫でした。
 
チューリップの種類は、仰るようにほんとたくさんあるようですね。
サムエル・コッキング苑に並んでいたのは、その内のごく一部でしか
ありませんでしたが、同じ色をギュッとまとめてグルーピングしてあって、
それがまた綺麗でした。
 
はい、陽射しいっぱいの日でしたから、海もきらきらでした。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 17:46

こんばんは。
サミュエルコッキング苑のウインターチューリップはいいですよね。
人が多いので画面に入れないようにしたいとか、逆に自分が邪魔にならないかと気を使ったりします。
丘の上からの海の風景は坂道を上がってきた疲れを吹き飛ばしてくれますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/02/01 17:46

tulip 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
今シーズンのウィンター・チューリップは、おーちゃんももっと早い時期に
見ていらっしゃいましたね。
そうそう、仰るように他の人はなるべく入れないようにとか、
自分もひとところに居続けないように、などちょっと気を遣いました。
鬱蒼感もある坂道の後に、ぱぁっと開ける、広々とした海と空の風景は
ほんとうに気持ちが良いですね♪
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 18:00

ポージィさん、お答えくださってありがとうございます。
調べましたら私のカメラではその機能がないようです。
見せて戴けてでもありがたかったです。
お手数掛けました。

投稿: tona | 2016/02/01 20:58

tulip tonaさん、再コメントありがとうございます ♪
 
早速カメラをご確認下さったのですね。
F値の設定を変えられる機能はありませんでしたか。
でも、そこのところは無しでも、先程書きました方法を
お試しになってみてくださいね。
すごくは暈けないかもしれませんが、ある程度はいけるのでは
と思います。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/01 21:37

 こんにちは~。

 何とこれは…!
そうでしたか:ウィンター・チューリップ、イチゴのように温室でしたら・・・♪
・寒くなったり・雪が降ったらチョッと可哀そうな~↓
しかし綺麗なものですね!
・近所にいる虫さんたち、突然の開花に大忙し?でしょうか・な。

・うわ~すご~い・キラキラ海~♪
心も広くなる~~。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロの日々(・・もんたの一年): | 2016/02/02 14:07

tulip ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ウィンター・チューリップは、そうなんです、季節を錯覚させて
早く咲いてもらったチューリップなのです。
咲いてみたら寒くてびっくり、かもしれませんね。春に咲くよりも
散るまでの時間は格段に長くなりますが。
ほかにも、そうやって植物に錯覚させているもの、たくさんありますね。
古くは、電照菊っていうのを学校で習ったりもしました。
 
この日は良く晴れて明るい陽射しが降り注ぎ、チューリップも海も
キラキラでした。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/02 17:08

すごい!これだけたくさんまとまって咲いていると
本当に華やかで春の雰囲気に溢れていますねshine
ウィンターチューリップ、、冷蔵して春が来たと錯覚させるという方法があるとは知りませんでした。
お写真は1/10とのことですが、その後の雪(18日)は大丈夫だったかな?

投稿: sam | 2016/02/02 23:34

tulip samさん、ありがとうございます ♪
 
ね~shine 2万株と謳われていましたよ。
これだけたくさんのチューリップが、みんなぽっかり咲いた
花の中にお日様の光をたっぷり宿しているのですから、
春爛漫感もたんまり。
見に来ている人たちの顔がみなほころんでいるのも印象的でしたよ。
植物に錯覚させて開花時期を調整する方法は、実は結構多いんです。
一例では、そろそろ出回り始める桃の花は、切り取った枝を、
温度湿度を調整した室(むろ)に入れて一足早く蕾をほころばせて
出荷するのだそうですよ。
 
18日の雪の影響はやっぱりあったようです。今シーズンは開花が早かった
こともあって、この雪でほぼ終了~という感じになったみたい…
苑の写真を見ると、雪に倒されながらも咲き続けていた健気な子たちも
いたようですけれど。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 09:51

球根に寒い思いをさせて季節外れに咲かせる・・・。
球根は一旦勘違いすると芽をだして蕾をつけても勘違いしたままになるんですね。
地上に顔出して「寒ぶっ!」と感じてもそのまま成長しつづけるのか~。
勘違いして冬に咲き誇っているチューリップ。健気です。(>_<)
ポージィさんの魔法をかけて
ポージィさんのblogだけが春だっ!
って私も勘違いしました。(o^^o)

チューリップが終わってもまだ勘違いが続く・・・
きらきら光る海、
春の海 ひねもすのたり のたりかな
なんて蕪村がでてきました~。

投稿: あまもり | 2016/02/03 16:07

「こんにちは」
季節感を忘れて贅沢に咲くチューリップ。
陽光を透かして眩いばかりに咲き誇っていますね。
 私の心も楽しく踊りだしました、「ありがとう」。

投稿: アットマン | 2016/02/03 16:26

tulip あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ほんとうの季節よりも早くに一定期間の寒さを味わったチューリップさん。
そろそろ芽を出して花を咲かせようかな、と思ったら、あらまだ寒いのね。
と思うかどうかは分かりませんが、耐寒性はそれなりにあるようなので、
この方法を初めて知ったときほど心配しなくなりました(^^;)
でも健気ですよね。ありがとう、と感謝しながら楽しませてもらいました。
 
おっと、あまもりさんにも魔法がかかりましたか。
私も見に行ったときは、知っていても魔法にかかった気分でしたよ。
穏やかな日和に陽射したっぷりは、空気は冷たくとも、
春の花園にのたりのたりの春の海でした confident
 
 
tulip さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
2万株の咲き誇るチューリップ♪
降り注ぐお日様の温もりと相まって、しばし季節を忘れさせてくれました。
このお日様の恵みも写し取りたくて、逆光でのきらきらにカメラを
向けましたよ。
その場にいた皆さんが明るい表情をして楽しそうでした。
アットマンさんのお心も楽しくダンスを踊ってくださって嬉しいです。
こちらこそありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 17:32

わぁ~ (n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
キラキラの春の日差しに透ける 色とりどりの花たちの美しいこと shinetulipshine
 
人を写さないようにしたら アップになったとのこと、
う~ん、そうして頂いたおかげで
チューリップの息遣いまで感じられそうな お写真になっています。
オレンジ色?のチューリップが輝くようですね。
前ボケのお写真も趣がありますね~。
 
春の日差しと暖かさ、そして たくさんの色が とても嬉しかったです。
いつも温かさを感じさせて頂き ありがとうございます ヽ(´▽`)/heart04

投稿: 花mame | 2016/02/03 18:02

こんばんは。
江の島の近くにこんなところがあるんですね。
ウィンターチューリップ、なるほどね。
球根の状態から処理してるんですね。
電照菊も同じようなものでしょうか?

可愛そうに(?)、花を咲かせてから、寒さに震えてるのかも知れませんよね。(笑)
今の気温だと、花持ちも良さそう~!!
キラキラの海もいいですねぇ~!!
気分爽快になれそうです。

投稿: ソングバード | 2016/02/03 18:05

tulip 花mameさん、たくさんコメントいただきありがとうございます ♪
 
歓声とともにご覧いただけて嬉しいです~ (*^^*)
ほんに ほんに。 この日は冬の陽射しがいっぱい注いでいて、
苑を入ってすぐのところにまとめ置かれていたチューリップたち
皆が輝いていました。
できるだけ人を写さないようにに加えて、大好きな逆光・透ける光を
楽しませてもらいました。そうそう、オレンジ色です~shine
 
私も、こんなに、光と様々な色を同時に楽しむのは久し振りでした。
雪の白い世界に囲まれていらっしゃる花mameさんにとっては
さらにこの華やかな色たちが特別なものでいらっしゃいますね。
温もり感じていただけて幸いです。こちらこそありがとうございます。
 
 
tulip ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
江の島の上にサムエル・コッキング苑があるのはご存知でしょうか?
そこでは、この何年か、色々イベントが行われていて、
そのひとつがウィンター・チューリップなのです。
今年は2万株が咲き揃ったようですよ。春に咲くと1週間ですが、
冬場に咲くと花もちは1ヶ月以上ですね♪
今シーズンは終了しましたが、1/18の積雪でダメージを受けたのが
ちょっと可哀想でした。

球根の処理のほかにも、色々錯覚を起こさせて開花を操作する方法は
色々取られているようです。電照菊もそういう手法の一つと思いますよ。
 
富士山を見て、キラキラの海を見て、いっぱいのチューリップに囲まれ
仰るように気分爽快な数時間を過ごせました(^^)
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 18:39

ポージィさん、こんばんは。
球根を冷凍(?)させて、錯覚させるのですか。冷蔵と書いてあったのかもしれません。いずれにしても、人間は色々なことを考えるものですね。江ノ島は比較的暖かいから、今頃顔をだしても枯れることはないのですね。写真の色がとても綺麗でした。機材が良いのか腕がいいのか、さてさてどちらでしょう。ポージィさんなら、両方だと答えることでしょう。サミエル・コッキングとは何をした人ですか。江ノ島を開発したひとでしょうか。

投稿: polo181 | 2016/02/03 21:24

tulip polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
球根を「冷蔵」処理で早く咲かせる方法です。こうした開花調整は
いまや花屋さんに並ぶ花の多くで行われていることだと思います。
今シーズンの江の島のウィンター・チューリップは暖冬の関係で
例年より早く咲き始めたようですが、1/18の積雪でダメージを受けて
しまったようです。苑の写真を見ると、倒れながらも健気に咲いていましたが。
写真の色が綺麗とお感じいただけて嬉しいです。機材と腕がいいのではなく、
いっぱいに降り注いでいた冬の陽射しと、その花たちへの射す角度が
いい塩梅だったのだと思いますよ。
サムエル・コッキングさんとは、英国出身の横浜外国人居留地に在住した
貿易商で、江の島に別荘をもち、近代的温室をもつ庭園を造営した方です。
(Wikipediaより抜粋)
現在の苑内には、彼が造営していた近代的温室の遺構が残っています。
 

投稿: ポージィ | 2016/02/03 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/63072259

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンター・チューリップ:

« 江の島詣 | トップページ | 地味でも華 - ナツツバキの実 - »