« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/28

苔の世界  (春休みお知らせ)

身近な道端の草花以上に、奥が深くて難しそ~な苔の世界。 意識して追うことは
できそうにありませんが、いつの間にか鉢植えの根元をビッシリ覆った苔が、
綺麗な世界を垣間見せてくれたので、皆さまにも見ていただきたくなりました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
    160308koke1
 
 
 
 
 
 
    160315koke1
 
 
 
 
 
 
          160315koke2
 
 
 
 
 
 
    160308koke3
 
 
                   高さ 約2cm の 小さな森
 
                       いかがでしょう
 
 
                 ハネヒツジゴケ というのかしら?
 
 
 
 
 heartspadediamondclubheartspadediamondclubheartspadediamondclub
 
 このところずっとコメント欄を閉じさせていただいたまま、半ばお休みしている
 ようなものでしたが、本日より本当にお休みに入らせていただきます。
 世の中の大型連休と夫の休みに合わせての、毎年恒例のブログ春休みです。
 その間、皆さまへのご訪問コメントもお休みさせていただきます m(_ _)m
 
 姪っ子の出産のお祝いに行く以外は遊びに行く予定もなし。
 春休み中も、行けるときには整形外科通いをし、庭整理をし、溜まった録画を観…
 して過ごすことになりそうです。
 
 記事は、予約投稿を数回させていただきますので、お時間がありましたら
 覗いてみてやってくださいませ。   それでは、また。
 お休みの方もそうでない方も、皆さまお元気でお過ごし下さいね (^^)/~
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/04/25

2mm の世界

前記事で、足元の草花にはまだまだ好きな小さな花があると例を挙げましたが、
その中のいくつかを撮る機会に恵まれました!
少しお辞儀した程度の顔の高さに咲いているものを発見、しかもそのときは
珍しいことに風がなかったのです。 久し振りに撮ることが出来ました。
ラッキー 嬉しぃ!happy01  タイトルの「2mm」は、花の直径のサイズです。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    160408kyuurigusa2
 
          まずは ワスレナグサのミニ版のような 「キュウリグサ
 
 
 
 
 
 
    160408kyuurigusa1cut
 
                  色も形も可愛い花ですよね
 
 
 
 
 
 
    160408kyuurigusa3
 
              生長するにつれ 花茎を長く伸ばしながら
                先端に向かって花が咲いていきます
             花序の先がくるっと丸まっているのが特徴です
       サソリの尾の先みたい ということで 「サソリ形花序」 と言います
 
 
 
 
 
 
 
          160408musikusa2
 
                    こちらは 「ムシクサ
 
       草丈は10cmあるかないか  丈も花も小さいけれど美しいです
 
 
 
 
 
 
          160408musikusa2cut
 
                ↑ の写真をトリミングしてみました
 
 
 
 
 
 
    160408musikusa3cut
 
                キュウリグサ と ムシクサ  の花
 
 
 
 
 
 
 
          160408tatiinunofuguri3
 
                   そして 「タチイヌノフグリ」
 
     これも草丈10cm程度  小さいけれど鮮やかなブルーが目を引きます
 
 
 
 
 
 
160408tatiinunofuguri3cut 160408tatiinunofuguri4cut
 
                    トリミングしてみましたよ
              美しい色 ほっそりとした草姿に見とれます
 
 
 
 
 
 
          160408tatiinunofuguri4
 
 
 
 
 
 ほかに 「ツメクサ」 「ノミノツヅリ」 も咲いているのを見ることが出来ましたが、
 これらは足元の低い位置に咲いていたので、見て楽しむだけにしました。
 「ノミノツヅリ」の花は2mmより大きく3mmくらい。直径20cmくらいのドーム型に
 広がってたくさん花をつけていると、とても可愛らしいです(カスミソウの雰囲気)。
 
 もう少し大きな「ハコベ」たちや「オランダミミナグサ」も可愛い花ですね。
 
 
 
 tulip clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip

 連日の整形外科通い、足をかばいながらの庭整理、冬物衣類の手洗い洗濯、
 習い事通い、その他あれこれなどで、意外と時間のゆとりなく毎日暮らしています。
 ということで、やっぱりこのままコメント欄は閉じたまま、次回更新で恒例の春休みに
 突入させていただくことにしました。 失礼ばかりですみません m(_ _)m
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/04/21

春の野で - その3 -

春の始まりのころ、野や道端に咲く小さな野草たち clover - その3 - です。
今回はおなじみ 「ヒメオドリコソウ」 「ホトケノザ」 と 「オオイヌノフグリ」
今年も可愛い花を楽しませてもらっています。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます spade
 
 
 
    160322himeodorikosou1
 
 
           ヒメオドリコソウ は 群生しているのをよく見ますね
               ビッシリ並んでいるのを見ていると
              だんだんと 森のように見えてきます
 
 
  
    160322himeodorikosou2
 
 
 
 
    160322himeodorikosou3
 
 
 
 
 
 
 
    160322hotokenoza1
 
                        ホトケノザ
 
        芽を出して間がない小苗のころは ヒメオドリコソウ と似ていて
           あれれ? どっちだろう?? と 迷うこともありますが
             花が咲くほど育つと もう迷うことはありません
 
 
 
    160322hotokenoza4
 
 
 
 
 
 
 
    160322ooinunofuguri4
 
                   大好きな オオイヌノフグリ
 
            この株は 花色が薄めで 水色という感じでした
    しっかり濃いブルーのと 何の違いが花色の濃淡に現れているのでしょ?
 
 
 
    160322ooinunofuguri9
 
                        光を透かして
 
                  背景は ヒメオドリコソウ です
 
 
 
    160322ooinunofuguri6
 
                    田の畦を彩っていました
 
 
 
 
  これで今回のシリーズはお終いです。
  ハコベ ・ ノミノツヅリ ・ ツメクサ ・ ムシクサ といった白い小さな花たちや、
  淡いブルーの キュウリグサ、オオイヌノフグリの仲間の タチイヌノフグリ も
  大好きですが、諸事情によりなかなか撮れなくて…
  そのうち、もし撮れたらアップさせていただくことといたしましょう clover clover clover
 
 
  - 後日談 -
 
  この ↑ 記事を書き起こしたのは3月末のこと。
  その後4月上旬にもっと小さな子達も少し撮らせてもらえました。
  そちらも記事にさせていただきますね。乞うご期待??
 
  コメント欄を閉じたままで失礼します。このまま春休みに突入しそう (^^;) 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/04/18

春の野で - その2 -

熊本の14日夜の大地震が前震だったとは、誰が思ったでしょう。
16日未明の大地震が本震で、今なお続く余震に、震源地の拡大。
どんなにか辛く恐ろしく不安なときを過ごされているかと思うと、おかけする言葉も
見つかりません。 一刻も早く地震活動が収束することをお祈りいたします。
 
こういうときに、のん気な記事をアップすることに躊躇いもありますが
もしかしたら、どこかのどなたかにほんの少しでもホッとできるひと時を
お届けできるかもしれないことに希望を託してアップさせていただきますね。
 
コメント欄は閉じさせていただいています。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
春の始まりのころ、野や道端に咲く、草丈も花も小さな野草たちシリーズ clover
- その2 - です。 今回のテーマは『黄色』。 背丈が小さくない子もいますがご愛敬。
       (diamond写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    160322himeakatateha
 
         枯れ草が重なった場所に 黄色(オレンジ色)の蝶を発見
       成虫で越冬していた キタテハ 日向ぼっこに出てきたのでしょう 
 
       野草じゃないし~ って? まぁまぁ それも愛敬ということで smile
 
 
 
 
 
 
    160322nanohana2
 
                   菜の花 と ナズナ たち
 
             畑を パッチワークのように 彩っていました
 
 
 
 
 
    160322nanohana5
 
             でも これも 野の花じゃないし~ って?
            ですねー   でもま 硬いこと言いっこなしで
 
 
 
 
 
 
    160322tanpopo1
 
             やっと登場 草丈低い野の花  タンポポ
 
 
 
 
 
    160322tanpopo2
 
 
 
 
 
    160322tanpopo3
 
                こんな雰囲気で 咲いていました
 
 
 
 
                                     - その3 - に続きます。
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/04/14

春の野で - その1 -

春の始まりのころ、野や道端に咲く、草丈も花も小さな野草たちが好きです。
何しろ地際に咲きますから、膝を傷めて以来、思うようにカメラを向けることが
できなくなっていますが、やっぱり撮りたくて。 カメラのバックモニターの角度が
変わる機能に大いに助けられてます。
「春の野で」として3回シリーズで可愛い野の花をアップさせていただきますね。
 
今日はどれを見ていただきましょうか。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    160322tukusi4
 
               地面から顔を出したばかりの ツクシ
               周囲には スギナ も顔を出しています
 
    まだツクシも見られますが 近頃ではスギナのほうが断然目立ってきました
 
 
 
 
 
    
    160322tukusi3
 
              もうすっかり胞子を飛ばし終わったものも
           早かったり遅かったり 色々だから良いんですよね
 
 
 
 
 
 
    160322cat1
 
         私が行こうとしている 同じ方向へ行こうとしていた猫さん
           後ろから追いかけられて 気になるよね ごめんよ~
          しばらく様子を見ていて そのうち走って姿を消しました
 
 
 
 
 
 
    160322nazuna4
 
            この野草は このごろフラワー・アレンジメントで
               使われる頻度が増えているそうですヨ
                    何かわかりますか?
 
 
 
 
 
    160322nazuna2
 
                     そう ナズナ です
 
                  毎年撮りたくなる こんな姿
 
         耕される前の 田んぼがナズナのお花畑になっていました
 
 
 
 
 
 - その1 - プロローグはこれにてお終い。 ちょっと物足りなかったでしょうか。
                                   - その2 - に続きます。
 
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2016/04/11

さくら さいた さくら

この週末、当地の「ソメイヨシノ」はあらかた散っていましたが、地面を花びらが彩り
枝では若葉たちがぐんぐん生長中でしたよ。
八重桜たちは、『次はそろそろ私の出番ね』と蕾をふっくらと膨らませていました。
一方わが家では、「ハナモモ」が満開の時期を迎えました。
 
  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜
 
さて、私の今年のお花見は、毎年の恒例の、徒歩20分ほどの川沿いの桜たち。
3/30 にどのくらい咲いたか様子を見に。 そして 4/2 にもう一度。
どちらも曇り空のうえ、2日の方は寒くて震えながらという、いまひとつの状況ながら
cherryblossom 桜トンネル cherryblossom をくぐり、優しい cherryblossom 桜色 cherryblossom に包まれて楽しんできました。
 
曇天で色が綺麗に出ませんでしたが、そのお花見散歩の様子をアップさせて
いただきますね。 たくさんなので流してご覧ください。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
 まずは ほぼ同じ位置からの2枚
 3/30 → 4/2 の咲き進み具合を見比べてみてね
 
    160330_sakura1
 
                        3/30
 
 
 
    160402sakura1
 
                         4/2
 
 
 
 
 
 
 
          160330_sakura5
 
                  3/30  川面を見下ろして
 
 
 
 
 
 
    160330_sakura7
 
                      3/30  これから
 
 
 
 
 
 
          160330_sakura12
 
                   3/30  鉄塔と背比べ
 
 
 
 
 
 
          160330_sakura10
 
             3/30  重厚感と初々しさのコラボもすてき
 
 
 
 
 
 
 
    160402sakura6_kao
 
                   4/2  桜トンネルを抜けて
 
 
 
 
 
 
    160402sakura8
 
                      4/2  見上げて
 
 
 
 
 
 
    160402sakura22
 
                   4/2  1本混じる 白い桜
 
 
 
 
 
 
    160402sakura25
 
          4/2  寒さに負けず 川岸で花見の宴を楽しむ人々も
 
 
 
 
 
 
    160402sakura26
 
                      4/2  対岸から
             下から見上げた印象より はるかに高い樹高
 
 
 
 
 
 
    160402sakura27
 
                    4/2  今年もありがとう
 
 
 
 
 
 
 160402sakura28 
 
 
 
   知らない間に
 
   ひとひら お持ち帰りしてました
 
 
 
 
 
 
 
                       たくさんご覧いただきありがとうございました
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2016/04/07

春 紫色に咲く

「春」 は黄色の花色が多い季節ですが、そんな中にあって青や紫系の花色は
その清涼感で、 「箸休め」 的な効果をもたらしてくれるような気がします。
野の花では大好きな 「オオイヌノフグリ」 もそういう一つと言えそう。
 
わが家でも、プランターで 「ビオラ」 や 「ニオイスミレ」 「ローズマリー」 が、庭では
「ツルニチニチソウ」 が紫系の花色で楽しませてくれます。
尤も、わが家には同時期に咲く黄色の花は 「カロライナジャスミン」 だけで、
しかもまだ咲き始めていないのですけれども… (゚▽゚*)
 
今日は 「ツルニチニチソウ」 と 「ニオイスミレ」 をアップさせていただきますね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますspade
 
 
 
    160308turunitinitisou2
 
 
 
 
 
    160308turunitinitisou3
 
 
 
 
 
    160311turunitinitisou2
 
                「 ツルニチニチソウ(蔓日々草) 」
 
 
           1月末の 今冬いちばんの冷え込みのとき 連日凍り
         だいぶ葉が落ちましたが 元気に芽を出し咲き始めました
 
                 今春 最初に咲いた花たちです
                    今も咲き続けていますよ
 
 
          ビオラとローズマリーも今しばらく楽しませてくれそうです
 
 
 
 
  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜
 
 
 
    160308nioisumire2
 
 
 
 
 
    160308nioisumire4
 
 
 
 
 
    160308nioisumire5
 
                   「 ニオイスミレ(匂い菫) 」
 
 
                苗を買ってから丸3年が経ちました
     こちらも厳しい冷え込みのとき 葉がくたんくたんになってしまいましたが
               ちゃんと新しい芽と蕾が伸びてきました
           庭に下ろした株は どうやら消えてしまったみたい
 
                   この春最初に咲いた花たち
            その後次々咲き続け そろそろ終わりのようです
 
 
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2016/04/04

お隣空き地の春

週末、歩いて20分ほどの川沿いで、ささやかなお花見散歩をしてきました。
花曇りのもと、花冷えに手をかじかませながら頭上の桜色を愛で、少しばかり
カメラにも納めてきました。 今日は桜流し桜雨。 花の命は短くて…
でも、桜の季節はまだ続いていきます。ソメイヨシノの次は誰の出番? cherryblossom
(2016年の私のお花見の様子のアップは、もう少し後になりそうですが、
 アップできましたらまた眺めてやってください)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
しばらく前から、お隣空き地でも芽吹きの春が始まっています。
今地面を覆っているのは、柔らかな「オヤブジラミ(雄藪虱)」(すごい名前ですね)の
若菜たち。一昨年辺りから爆発的に増えました。 そして「ノビル(野蒜)」の細い葉。
同じく細い葉のイグサみたいな植物(名前不明)、こちらも勢力拡大中。
そして、わが家から逃げ出した「ツルニチニチソウ(蔓日々草)」が主なところです。
 
それ以外では、木の芽吹きも始まり、「スノーフレーク」も咲きました。
そのうちに、「クズ(葛)」が芽吹き始めると覆いつくされ景色が一変しますが、
それまでの間の春ならではの光景を切り取ってみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    160319sinme3
 
        春雨の中の木芽  引っかかっているのは昨年の葛の枯れ蔓
                 この木は 多分 「ミズキ(水木)」
 
 
 
 
 
 
          160321sinme2
 
 
                数年前 突如生えてきた木の芽吹き
      正体不明ですが 「クマノミズキ(熊野水木)」 かも?と思っています
  わが家の窓のすぐ向こう 非常に生長が早いので 冬の間に少し切り詰めました
                 でも またすぐに伸びてしまいそう
 
  
    160321sinme1
 
 
 
 
 
 
    160321suzuransuisen
 
          「スオーフレーク」 こと 「スズランスイセン(鈴蘭水仙)」
 
         これまたいつの間にか生えてきて 毎年株が生長しています
       初夏から晩秋まで 完全に葛に覆われてしまうのに 強いものです
 
             わが家の庭での開花は まだ当分先になりそう
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »