« 紫陽花 を楽しむ 2016 | トップページ | ナツツバキ 2016年 »

2016/07/07

贈る花

今日は七夕ですね。 当地の今のお天気は晴れ sun このままいけば、織姫と牽牛の
night 逢瀬を見届けられるかもしれませんが、午後からは大気の状態が不安定になって
thunderrain のところも…という予報。 はて、どうなりますか。
 
さて、今日は久し振りにフラワーアレンジメントの習作をアップさせていただきます。
贈る花 ということで、織姫と牽牛に捧げることといたしましょ present
 
近年の私のフラワーアレンジメントの勉強は、様々な造形や異素材との組み合わせ、
吸水スポンジなしでの花の留め方などを教わることが多いのですが、
ときにはシーズナブルなものやギフトも教えていただきます。
そうした作品のときは、気持ちもいつもよりちょっぴり華やぎウキウキします♪
       (night写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
その1. 花束
 
          201604074
 
 
         作ったのは春 ということで春の小花いっぱいの花束です
             若草色のラッピング紙も 一役買っていますね
       そのラッピング紙の外側を 今回ドラセナの葉で包んでいますが
           もっと大きな ウチワヤシの葉などでくるりと包むのも
                  より 雰囲気あり だそうです
 
      小花たちのほとんどは 先生がお庭のものを摘んできてくださいました
 
 
    201604077
 
                   クールでカッコイイ雰囲気も
 
 
 
 
 
 
 
その2. キャリー ギフト
 
    201605122
 
 
                   持ち手つきのアレンジメント
 
           バスケットなど 持ち手つきの器にアレンジすることは
          珍しくありませんが これはオリジナルの持ち手付きです
 
                  器にしているのは なんと 紙筒
                   サ○○ラップの芯のような形
        切込みを入れた中に セロハンを敷いて給水スポンジをセット
 
              切込みを複数ヶ所にいれたり 縦に使ったり
                    使い方はアイデア次第
            ちなみに紙筒の両端は折り込んで塞がれており
              刷毛で白い塗料を塗って 変化をつけました
 
      ひとつ難点かなと思ったのは 筒状のため置くとコロリンと倒れること
              そこで 石を転がり留めにして置いています
           まぁ この石も 雰囲気に一役買っているのですけれど
 
 
 
 
アレンジ自体が手作りなのですが、メインのお花の部分以外にも手の跡が見えると、
さらに手作りの温もり感が増すかもしれませんね。
 
 
 
  present clover present bud present
 
     今回は都合によりコメント欄を閉じさせていただいています。
 

|

« 紫陽花 を楽しむ 2016 | トップページ | ナツツバキ 2016年 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/63744644

この記事へのトラックバック一覧です: 贈る花:

« 紫陽花 を楽しむ 2016 | トップページ | ナツツバキ 2016年 »