« 今年の ネジバナ | トップページ | オニユリ »

2016/08/04

ハスの花に会いに

今夏、ニュースやブログ記事で「ハス」を目にし始めたのはいつ頃からだったかしら‥
『今年は見に行けなさそう』と諦めていましたが、思いがけなく見ることができました。
し・あ・わ・せ confident heart 神奈川県立花菜ガーデンの小さな蓮田でのことでした。
アグリゾーンの中の田んぼの一部にハスが植えられているもので、今年は7月頭には
見ごろを迎えていたようです。
 
その日、園内に入ったのは9:30過ぎ。 天気は cloudsun
最盛期ではなかったかもしれませんが、十分雰囲気を楽しめました。
花期は7~9月頃ですが、今年はすでに咲き終わった所も多いかもしれませんね。
ご覧になった方もなれなかった方も、見てやってくださいね。 こんな感じでした♪
       cute(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    160717_3
 
 
 
 
 
 
    160717_7
 
 
 
 
 
 
          160717_16
 
           開く前の丸まった葉っぱと  まだちっちゃな蕾 です
 
 
 
 
 
 
          160717_11
 
                     大きく膨らんだ蕾
 
 
 
 
 
 
    160717_14
 
           ぷるるん ハスの葉は水を弾きます (ロータス効果)
 
 
 
 
 
 
    160717_12
 
 
 
 
 
 
          160717_10
 
 
 
 
 
 
          160717_9
 
            シャワーヘッドのような 花托(かたく)=ハチス
               この点々ひとつひとつに実ができます
 
 
 
 
 
 
    160717_5
 
            蕾からハチスまで いろいろな姿が楽しめますね
 
 
 
 
 
 
    160717_8
 
 
            なぜか分かりませんが ハスの花に向き合うと
    綺麗~ 可愛い~ と思うと同時に 心が落ち着いていくような気がします
 
 
 
 
 
    「ハス(蓮)」 : ハス科 ・ ハス属  温帯アジア原産の多年生水生植物
 
 
    Wikipedia のハスのページに書かれていた 「花言葉」 は 「雄弁」 でした。
    なるほどねー と納得です happy01
 
 
 

|

« 今年の ネジバナ | トップページ | オニユリ »

コメント

おはようございます、暑い日が続きますね~、グッタリですよcoldsweats01

蓮の花、心が落ち着きますか・・・うん!確かに
以前も書いた気がするけど・・・この時期
こちらではアスターと同様、盆花として出回ります。
「心が落ち着く」にも通じるかもしれませんね。

投稿: 雪ん子 | 2016/08/04 10:41

おはようございます!

ま~ ハスのお花に出会うことができたのですね。
しかも 私よりもずっと近くで!
上からの姿を撮りたくっても撮れなかったので こちらで拝見できてうれしいです。

いろんなステージをご覧になられましたね。
ハスは なんとなく仏様を連想するので 心が落ち着くのでしょうね。

投稿: pole pole | 2016/08/04 11:00

こんにちは。

猛暑日にはなりませんが、今日から本番の夏到来。32℃でまだクーラーは入れていませんが超えたらクーラーのなかです。
今年はハスはあちこちできれいな開花を迎えているそうですが、ただ琵琶湖近所がが全滅らしいですね。水の問題でしょうか。
どのお写真もきれいにハスが写されていますね。
蓮の実できているのもありますね。蓮の実が食べたいですが、結構高価でなかなか食べられません。栗の実とは違いますが美味しいですね。

投稿: tona | 2016/08/04 14:12

cute 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こちらも今日は暑くなりました。久し振りに朝からずっと青空で、
室温も30℃を超えました。やっと夏が来たかなぁという気分です。
 
ハスの花に、雪ん子さんも心落ち着かれます?
盆花としてアスターと共にハスの花が出回る…お聞きしたかもですが
忘れていました。ハチスではなく花なのですね。ご仏壇に飾られている様子を
見てみたい気がします。やはりそうした供花やお寺と縁深いことが
心の落ち着きに繋がっているのでしょうかね。
 
 
cute pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなんです~ すっかり諦めていたのですが思いがけなく!
近くで上から覗き込んで見られた花は1輪だけ(アップ撮影のもの)で、
ほかは離れていましたがそれでもラッキーなことでした。
小さな蕾から花が散ったばかり、ハチスまで色々な段階を見られたのも
楽しかったです。咲き始めたばかりより少し経ってからの楽しみですね。
 
仰るように仏様やお寺との縁が深いことが、落ち着き感に
繋がるのかもしれませんね。
 
 
cute tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
こちらでも久し振りに暑くなったなぁと感じています。
ほんと、やっと夏本番の感ですね。tonaさんのコメントに温度計を
確認しましたら、今私がいるこの部屋は31℃でした。2階はもう少し高いかな。
私も32℃くらいまではクーラー無しで、今年はまだ稼動していません。
 
私は幸い蓮花を楽しむことができましたが、琵琶湖など複数のところでは
壊滅状態だそうですね。ミシシッピアカミミガメや、その他の魚などの食害か、
さらに別の要因か、それらが複合的に絡まりあってのことか…、
まだ特定できていないようです。原因がわかって復活できるといいのですが。
 
はい、もうハチスが大きくなってきて、実が育ちつつあるのもありました。
私は蓮の実を単独で食べたことがないんです。昨年蓮の実入りの「月餅」を
初めて食べましたがはっきり味が分かりませんでした。コクがありそう。
いろいろな栄養素や食物繊維も豊富なようですね。
 

投稿: ポージィ | 2016/08/04 15:24

ポージィさん♪
こちらではご無沙汰のコメントです。

ポージィさんのフォトで
優しさと心地よさを感じながら
癒しの時間にさせてもらってますclover
コメントも残さず。。。すみませんヾ(_ _*)ハンセイ

蓮の花。。。綺麗ですね~^^
緑の背景に優しいピンクが映えますねheart04

投稿: adamas | 2016/08/04 17:32

ポージィさん こんにちは

はじめてスマホからのコメントです。
蓮の花をみると、なにやら敬虔なこころもちになります。
ことしはまだみていないけど、みる機会があるかしら?
ポージィさんのお写真で良しとしましょうか(^-^)

投稿: グレン | 2016/08/04 18:03

こんばんは。
今日、近くの蓮園を見たら、もう全部終わって、ハチスももうほとんどがブラウンに色づいていましたよ。
田舎の景と比べると、季節の進みが速いのが際立っています。
とにかく、そちらに比べたら暑いんですよ。
そんな中で、花蓮のお写真はちょっとした清涼剤の感があします。
間もなく立秋ですが、残りの夏、穏やかにと願うばかりです。

投稿: 鎌ちゃん | 2016/08/04 18:56

cute adamasさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは (*^^*)
 
いえいえ コメントのことは気になさらないでくださいね。
それよりも、心地よさを感じ癒しのひと時となっているとのお言葉に
私が心和みました。代わり映えもしないブログですが、これからも
気が向かれたときに眺めていってくださいね。
 
蓮の花 近年惹かれる気持ちが強まってきました。
緑の背景に映えますよね。ラストの背景は田んぼの稲の明るい緑と
何の木か垣根の濃い緑です。
 
 
cute グレンさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは♪
わー スマホからでいらっしゃいますか。
私、スマホで眺めたことはあるものの投稿は未経験です。大変そう…
 
グレンさんは蓮の花に敬虔なお気持ちになられますか。
うんうん、私の中にもそういう気持ちも生まれていると思います。
今年の開花は早目という声もよく聞きましたが、場所によっては
9月まで見られるところもあるみたいです。
もしかしたら、ひょんなことから実際の蓮花もご覧になる機会が
訪れるかもしれませんね。
 
 
cute 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
お近くの公園の蓮花は、もうそんなに段階が進んでいましたか。
咲き始めも咲き進みも早かったのですねぇ。
同じ大阪でも、万博記念公園では、見ごろは過ぎたものの、
まだ咲いているようですね。(HPを拝見)
先ほど天気予報を見ていましたら、猛暑日だったところの一つに
大阪も名前が挙がっていました。
つかの間でも、写真から清涼感をお感じいただけて幸いです。
間もなく立秋ですが、実際の暑さは10月までかも?とも言われているようですね。
来週は関東・東北に台風5号が近づくかも??
局地的豪雨も猛暑も台風も遠慮したいですね。穏やかにとの願い、同じくです。
 

投稿: ポージィ | 2016/08/04 20:51

ポージィさん
おはようございます
ハスの花を見ることができ良かったですね
>・・・ハスの花に向き合うと・・・心が落ち着いていくような気がします
仰るとおりですね
この花の前に立つと、思わず一礼して近づいて
見せていただく、という気持ちになります
しかし、レンズを向けると、一変して
上から見下ろしたり、下から見上げたり
挙句の果ては、花芯を覗き込んで
撮り終わると、我に返り、有難うございました、と一礼
こんな気持ちにさせられます

投稿: フクジイ | 2016/08/05 07:55

cute フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
はい、おかげさまで見ることができました。
長年、生のハスの花を見ることなく過ぎてきましたのに
(作られた物は子供のころからお寺で見てましたが)、
一度生で見てしまったら毎年見たいと思うようになりました。
ハスの花の魅力なのでしょうね。
 
うふふふ 敬虔な気持ちで向き合ったのが、撮影を始めると無我夢中に…
ハッと我に返り、というご様子が目に見えるようです。
わかりますよぅ。こんな風に人を惹きつける力を持つものってすごいですね。
 

投稿: ポージィ | 2016/08/05 09:57

 言い得て妙♪
こんにちは~。

 お暑うございます、このような時期にこの花!!
サラッとした美しさ、ファ~・いいですね~。
 ホント・シャワ~ヘッド、私にもかけてくださいな・汗だくで帰宅!
 無・む・ム・・・、心頭滅却すれば・・・!
はい・落ち着きました・無。
  ヒロ・・でした。

投稿: キーワードを入力 | 2016/08/05 13:27

 蓮のあの淡紅色の花を見ると何故か心が和みます。
蓮と言えば仏さまを連想する。
蓮の花の座布団(蓮華座)に座る仏様の絵、像はよく目にします。
以前から、蓮と、仏さまの関係については興味がありました。

ネットで調べたら、仏教以前のインドの宗教上の由来があるのですね。
 泥の中から葉を出し、長く伸びた家系から花を咲かせる。
 花と実が一緒に出来る。
ということも、それぞれ宗教敵に意味があるそうです。
なるほどと思いました。

参考のために
 仏教以前の古代のインドに、ヴイシュヌ神のへそから生じた
蓮華の上に梵天(ぼんてん)が座して宇宙のもととなったという神話があり、
蓮はそれ以来「蓮華座(れんけざ)」という仏像の座布団になったそうです。

 蓮の花は泥の中から出てきて、しかも泥に染まらず清浄無垢の美しい大きな花をつけます。
泥水を煩悩、苦しみの世界を表し花を悟りの世界を象徴しています。
また、一つの茎に一つの花、煩悩の世界と悟りの世界は直通していて煩悩即菩提を表します。
ほとんどの花は、花が咲き終わってから実をつけますが、蓮はつぼみの時から、
すでにその花弁の下の台に実をつけています。
これは、皆が生まれながらにして、仏に成る性分を具えていることを象徴していて、
華果同時(けかどうじ)として仏教では尊ばれます。
大きいということも大事な要素です。人が坐るほどの大きさはありませんが、
足が収まるほどの大きさはあります。
そのような意味付けから仏さまの立ったり坐ったり台を蓮の台にしているわけです。

投稿: 夢閑人 | 2016/08/05 14:15

こんにちは。
ハス、ご覧になられて良かったです。
心おちつきますよね。
アタシもそうです。なんでしょうかねぇ。

今さらですが、
ポージィさん、お写真上手に撮られますよね。
構図というんでしょうか。
見る角度が「なるほど~」と。
大好きなハス、肉眼とはちがう素敵な視点で見れました。
小さな蕾、アタシ初めてみましたよ。
ありがとうございます。happy01

投稿: くらふぇ | 2016/08/05 14:28

cute ヒロさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
おあつうございます~~
汗だくになってのお仕事から戻られて、ご覧いただきましたか。
蓮の花と向き合うと、心が静まり落ち着きますよね。
ついでに汗も引いてすっと涼風も吹くとなおいいのですが…(^^)
 
>サラッとした美しさ
なるほど、仰るとおりですね。
 
 
cute 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ハスの花を見るとき、夢閑人さんも心和まれますか。
仏様と縁深い花だから… というのもありそうですが、
私のような無信心な者でも、子供のころからお寺などで仏様の台座として
作られたり描かれたりしたハスを見てきた積み重ねで、結びついている
のでしょうか。最近の方が惹かれる気持ちが強くなってきています。
 
ネットでハスと宗教の関わりをお調べくださってありがとうございます。
以前仏教徒のことは見ましたが、仏教以前にまで遡ってのことは
ほとんど知りませんでした。人生哲学?のようなものとも、蓮の花は
重なることが多かったのですね。それで宗教とも結びついていき、
連綿と受け継がれてきたと分かりました。
 
 
cute くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなの~ くらふぇさんにも、今年は見られないかも…と
コメントしてましたものね。それが見られて。嬉しかったです。
 
心落ち着く くらふぇさんもなのですね。だからこそ毎年の恒例にも。
私は、かってはハスの花に思い入れがあるわけでもなかったのですが、
近年は惹かれる気持ちが強くなってきています。
ちっちゃな蕾、くらふぇさんも初めて?私も初めてでした。
可愛いですね。
写真を褒めていただいて、うれしはずかし、ですョ(*^^*) 
構図といった難しいことは分からないので、撮りたいと感じた心に
素直に従うことにしています。即ゴミ箱行きの失敗もいっぱいあります~
 

投稿: ポージィ | 2016/08/05 17:14

ねじばなもよく撮られていますね、わが庭の片隅に何輪か残りましたが、
来年はまた出るでしょうから、どこからともなく芝の中に住み着いたくらいですので、
強いのでしょうね。
ハスの花は清々しいし神々しいし素敵ですね。
カメラも撮り甲斐があるというものですね。
枯れても絵になる素敵な蓮池なのですね。
私は撮り損ねました!

投稿: 玲 | 2016/08/05 20:18

cute 玲さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ネジバナもご覧いただきありがとうございます。
お庭のもの、何輪かは咲いて良かったです。来年からはまた増えていきますように。
 
ハスの花はやはり特別な感情を持つ方が多いですね。
花の雰囲気もですが、大きさもよるのかもしれません。
清々しく神々しい  心が和む 落ち着く
私が見に行った所は、小さな蓮田なのですが、10人くらいの
カメラマンさんたちがあっちからこっちから撮っていらっしゃいました。
その中でそそくさと撮ってきましたよ。見られたことの喜びを感じつつ。

そうそう、枯れた後も絵になりますね。花はお撮りになれなかった玲さんも、
枯れた後の味わいあるハチスの池はご覧になれるといいですね。
   

投稿: ポージィ | 2016/08/05 20:51

こんばんは。
花菜ガーデンにはハス田もありましたか。
いろんな状態のを見られてよかったですね。
ハスの葉が水をはじくさまは見事。原理はいろんな工業製品に応用されているそうですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/08/05 21:20

こんばんは。
淡いハスの花の色、少しハイキー調で素敵です。
天気もまさに花日和だったようで、光の具合も良かったようですね。
ハスの花も易しそうで難しい花ですが、ハスの花の一生を、季節ごとに撮り分けてる写真家の方の展示会に行ったことがあって、どの季節も面白い表情を見せてくれるハス、特に冬の雪のハスの枯れた姿がなんとも言えない写真だったことを思い出します。
一度、枯れたハスの花も撮ってみたいですね。

投稿: ソングバード | 2016/08/05 21:36

cute 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
花菜ガーデンのHP内に蓮池とか蓮田の記載はなかったように思いますが、
田んぼの一区画が蓮田になっています。小さいですが雰囲気は楽しめます。
 
ハスの葉の水を弾く効果は撥水加工のあれこれに使われているでしょうか。
こういう、動植物のもつ機能を真似ることで、高機能の新しい製品が
いろいろ開発されていますね。何と言うんだったかな…と検索して
答えを見つけました。生体模倣(バイオミメティクス)flair
 
 
cute ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
ハイキー調は、撮るときはあまり意識していなかったのですが、
ハスの花の透明感を出したくて自然と露出+補正に傾いたかもしれません。
光の具合はまずまずでしたが、このときなぜか近くで草か何かを燃やしていて、
煙がどんどんこちらに流れつつありまして…そのうち霞んできたので
撮影終了としました(^^;)
 
ハスの花の一生を季節ごとに撮影、ハスへの想いが感じられるようです。
まだ見たことのない段階がありそうですが、どの表情も味わい深いですね。
雪の中の枯れハス、見てみたいです。
昨秋は、この↑蓮田でかろうじて残っていた枯れたハチスが横たわった
様子を見て撮ってみましたが、もう少し残っている時期の方が
いいなと感じました。
 

投稿: ポージィ | 2016/08/05 21:55

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

今週は多忙にしていた為、朝からスイッチが切れていました(笑)。
ハスって不思議な花です。
何と言うか、頭空ッポで見ていられる数少ない花なんですよね。
桜と並び、理屈抜きで見られるから、無条件で安心出来る様な何かを感じているのかも知れません。

こんな時間なのに、まだ頭がボーッとします。
暫くの間、写真を眺めて寛がせて頂きますね。

投稿: コヨコヨ | 2016/08/06 23:29

cute コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~(*^^*)
お返事遅くなってすみません。お忙しい1週間、お疲れ様です~
今日の回復具合はどうかしら?
 
なるほどね~ 頭空っぽで見ていられる花の一つ。
分かる気がしますよ、その安心して見ていられるっていう感覚。
無になってその空間に同化してしまえるような一体感もあって。
桜もそうですね。
 
私の拙い写真でも、せめてしばしの憩いのひと時になれれば幸いです~ 
 

投稿: ポージィ | 2016/08/07 15:58

こんにちは♪
 
またしても過去記事に失礼します。
 
ハスの花を見ると、「心落ち着く」。
昔の人もそう思ったんでしょうかね。
「仏」関係のものにハスの花が多く使われているのも
そんな理由がひとつにあるのかもしれないなぁ、
なんて思ったものですから。
 
それにしても、様々なハスの様子をとても綺麗に撮っていらっしゃいますね♪
小さなつぼみや閉じた葉からシャワーヘッドまで。
繊細に薄い花弁はいつ見ても美しいなぁと思います。
 
ハスの花を見ると思い出すお話があります。
あるお姫様が夢枕現れた仏さまの啓示を受けて、
ハスの糸で布を織る、と言うものなのですが
お話の中だけかと思ったら、
実際にハスの糸で織った布(曼荼羅か何かだったような)があるのだそうで。
そんなこともあって、常に仏さまの傍にあるお花と言うイメージがあったりします。

投稿: 花mame | 2016/09/04 14:52

cute 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
蓮の花には何かがある そんな感じですね。
蓮にも睡蓮にも古代宗教との繋がりが生まれたのが不思議なような
さもありなんと思えるような。人と花の間に大昔から存在した繋がりの証
のようなものですね。
 
若いときはそうでもなかったのが、歳を重ねるに連れて惹かれる気持ちが
大きくなってきたのも不思議な気がしていますが、滅多に見られないので
ここぞとばかり鵜の目鷹の目(?)で色んな様子を楽しませてもらいました(笑)
美しさと魅力がたくさんの植物ですね。
 
まぁ 素適なお話… 説話というのでしょうか。
そのお話もですし、お寺に行くと必ず蓮の花の飾り物がありますし、
やはり仏さまとともにある花のイメージが強いですね。
ハスの糸で布を織ること、藕絲織(ぐうしおり)というのだそうです。
私もたまたま今年初めて知ったのです。繊細で根気の要りそうな織物ですね。
 

投稿: ポージィ | 2016/09/04 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/64003567

この記事へのトラックバック一覧です: ハスの花に会いに:

« 今年の ネジバナ | トップページ | オニユリ »