« コスモスと秋風 | トップページ | ハプニング »

2016/11/10

カタツムリ baby

寒くなりましたね~~ 今日は12月後半の気温だそうで (;_;)
北日本はこんなもんじゃないのですから、泣きごと言っていられませんが、
でもでも、こんなに一気に冬にならなくてもいいのに。
今日・明日は 『寒い+暗い(曇りや雨)』 の、いちばん苦手なお天気だそうで down
 
さて、またまただいぶ前のことになってしまった話題をひとつ。
 
9月の下旬、プランターの縁をちびっこいカタツムリが何匹か歩いているのを
たまたま外へ出たときに見つけました。 大きさ 2~3mm のカタツムリ baby 達。
どこか近くで孵化して散っていくところだったのかもしれません。
 
そもそも、すっかり成長したカタツムリを見かける機会も以前より減ったように感じて
いた私。こんなちっこいカタツムリたちを何匹もまとめて見るのは初めてでした。
 
もちろん、急いでカメラを取ってきましたよ。 でも、危険を察したのでしょうね。
こんなにちびっこいのに意外と動きが速い! 何とか撮れたものはほんの数枚。
みるみるばらけて、皆どこかへ行ってしまいました。
 
カタツムリも無事大人まで成長できるものは、ほんの僅かだそうです。
あの子達は今ごろどうしているでしょう。
無事生きのびている子は、そろそろ冬眠に入るのでしょうね。
       (snail写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnail
 
 
 
    160922maimai3
 
                 ちっちゃーい  2~3mm です
 
 
 
 
            ↓ これ以降の写真は トリミングしてあります
 
 
    160922maimai3_cut
 
 
 
 
 
 
    160922maimai2_cut
 
 
 
 
 
 
    160922maimai4_cut
 
                とても初々しい姿  可愛かった~ ♪
 
 
 
 
 
 「カタツムリ」 について色々興味深い情報が載っているサイトを見つけました。
 
 カタツムリは寒さにも暑さにも弱く冬眠・夏眠をする とか 雌雄同体で単体でも
 卵を産み生殖可能だが、交尾しての産卵もOK、 産卵は5~8月、
 卵は直径2~3mmの真珠様で40~50個産卵、 半月~ひと月で孵化、 など
 『へぇ~ 知らなかったな~』 なことが色々書かれています。
 
 ご興味・ご関心おありでしたら こちら→  をご覧くださいね。
 
 
 

|

« コスモスと秋風 | トップページ | ハプニング »

コメント

おはようございます!

こんなに小さなカタツムリは 見たことないです。
可愛らしいですね~
我が家のバルコニーには 毎年 どこからやってきたのかカタツムリを何匹か見かけます。抜け殻になっているものも!
きっとどこかで繁殖しているのでしょうね。
子供の頃は とても大きなカタツムリで遊びましたが・・・
また 幼かったころは殻がないのが ナメクジだと簡単に思っていました~ 笑

投稿: pole pole | 2016/11/10 08:59

snail pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
baby カタツムリ 初めてでいらっしゃいましたか。
私もここまで小さいのは初めてでした。 可愛いですよね~(^^)
ple pole さんのお宅ではカタツムリをお見かけになる機会が多いのですね。
暮らしやすい場所で、代々住んでいる子もいるのかも。
子供のころは大きなカタツムリで遊ばれたんですね。
私はよく見かけたものの遊ぶことはしませんでした。
うふふ 殻のないのがナメクジ、小さなお子さんはそう思うようですね wink
 

投稿: ポージィ | 2016/11/10 15:32

こんばんは。

気温が低下してとても寒くなりました雪が近いので
しょうか snow

カタツムリさんの画像を見てると即に頭の中でデンデンムシムシの音楽が流れました snail
子供の頃に聞いた曲が自然に聞こえるので自分でも
驚きました happy01
カタツムリの画像をありがとう heart04

ポージイ様寒い季節になります膝を冷やさずにお大事
にして下さいね。

投稿: プー子ワン | 2016/11/10 19:11

うわー。カタツムリの赤ちゃんがたくさんいたのですか。
近くで孵化したのでしょうね。
成長するにつれて殻が大きくなっていくのも不思議です。
うまい具合にカルシュウムを摂っているのでしょう

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/11/10 19:59

snail プー子ワンさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
一気に寒くなりましたね! 明日も一日冷たい日になりそうです。
北海道や東北以外でも雪が降る所もあるかもしれませんね。
 
うふふ でーんでんむーしむし かーたつむりー notes
の歌が頭の中に流れましたか? 私もです。
撮っているときも記事を書いている間も今も。小さいときに歌った童謡は
しっかりと刻み込まれているものなのですね happy01
 
お心遣いをありがとうございます。せっかく大分よくなりましたから、
これからの季節冷やして後戻りとならないよう気をつけます。 
 
 
snail 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
そうなんです。5~6匹はいましたよ。
あまりに小さくて、てんでばらばらの方向へ向かって歩くので
一緒の画面に納めることができなかったのが残念です。
意外なほど歩みが速かったですし。
でも、あんな場面を見るのは初めてで、楽しかったです。
 
ほんとに、どういう仕組みで成長とともに殻も大きくなっていくのでしょう。
コンクリートにうねうねと筋が残っているのを見つけたら、
カタツムリの成長を応援することにしましょうか(笑)
 

投稿: ポージィ | 2016/11/10 20:37

まあ、可愛い赤ちゃんカタツムリ!
よく撮れましたね。
私はここ数年カタツムリを見ていません。ましてや赤ちゃんなんか見たことがありません。
カタツムリの生態も面白かったです。
塀を食べるというのだけ知っていましたが、あとは初めてのことばかりです。
昔はなんであんなにたくさん見られたのでしょう。いえ、今なんで見られないのでしょう。
虫の話にも驚きました。フランスでエスカルゴを食べたのですが、勿論加熱してありましたが、何だか気味悪くなりました。もう食べることはないと思いますが。

投稿: tona | 2016/11/10 20:43

snail tonaさん、ありがとうございます ♪
 
可愛いですよね~ ほんとちっちゃくて、なのに歩くのが速い!
ほんとうは数匹同じ画面に入れたかったのですが、みな違う方に向かって
みるみる歩き去ってしまって、単独で撮るのがやっとでした coldsweats01
tonaさんもカタツムリをご覧になる機会が激減なのですね。
私は今年の夏に久々に見ましたが、赤ちゃんカタツムリは初めてでした。
どうして見る機会が減ってしまったのでしょうね。
リンク先もご覧いただきありがとうございます。
生態も知らないことだらけですよね。虫のことはゾッとしますね。
カマキリに寄生するハリガネムシというのもカマキリを操ってしまうそうですよ。
 

投稿: ポージィ | 2016/11/10 21:06

こんばんは☆
 
お寒い様子、どうぞ お風邪など召しませんよう heart
 
まぁ、なんて可愛らしいこと!!
実際に見たら それはそれはキュートだったことでしょうね♪
殻の模様などは個性があるのかしら。
この子は帽子をかぶっているような様子が可愛いですね。
 
リンク先を拝見して来ましたが、知らないことが多かったですよ~。
しかし、カタツムリをエスカルゴで食べることは知っていました(食べたことあり、美味しいです)が
卵までホワイトキャビアとして食べるとは・・・。
 
ポージィさんの可愛いベイビーを拝見した後なので
何だかちょっと残酷な気もしました。
 
無事 育っていることを祈りたいですね。

投稿: 花mame | 2016/11/10 22:19

ホントね~、おはようございます。(ヒロさん風coldsweats01

カタツムリ、最近庭でもめっきり見ることが少なくなりました。
私、今年は生きているのを見ませんでした、見つかっても抜け殻が数回・・・。

ポージィさん、こんな場面に遭遇とは・・・まるで奇跡のような・・・ですね。
リンク先も見てきましたが、詳しく研究されていて・・・
驚きの新事実(私にとっての)に驚愕しました。
ポージィさん、いい記事をありがとうございました。

投稿: 雪ん子 | 2016/11/11 09:24

いいものですね、こちらはさむいですよ
今年も乗り切りましょう

投稿: フクちゃん | 2016/11/11 10:08

寒いですね、頑張っていますが
こちらも寒くなりましたよ
頑張っていきます

投稿: フクちゃん | 2016/11/11 10:10

snail 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~ rain/cloud
いえいえ、花mameさん地方の寒さに比べたらこちらなど…
寒さに弱い分、ファッションより暖かさで着込みますから大丈夫ですよ。
花mameさんもご自愛くださいね♪
 
可愛いでしょ~(^^)
こんな赤ちゃんカタツムリを見たのは初めてで感動しました。
でも逃げ足の速いこと…数匹いっしょに撮りたかったのに叶いませんでしたよ。
殻の模様の個性、きっとあると思います。写真↑は2個体だったかな。
どちらも帽子を被っているような感じが可愛いですが、じーーーっと
見るとかすかに違いが。成長につれもう少し個性も出てきそうな気がします。
遺伝子によるそうで、親子だと似るのかもしれませんね。
 
リンク先もご覧いただきありがとうございます。私も知らなかったことだらけ。
身近に感じてきた生き物でも、考えてみたら知らないということ、
けっこうありますね。
おぉ エスカルゴをお食べになったご経験あり、でいらっしゃいましたか。
フランスでも数が減っているとか。卵まで食べてしまってはね~~
でも、三重県でエスカルゴ・ブルゴーニュ種の世界初・完全養殖に
成功したそうで、エスカルゴ牧場なるHPを見つけましたョ~
日本のカタツムリたちは食用にされないと思いますが、生きのびるには
たくさんの試練を勝ち抜かねばならなさそうですね。
べビーちゃんたちの幸運を祈ります。
 
 
snail 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
ですよね~一気に寒さがきすぎ! こんにちは~ smile
 
あらまぁ、雪ん子さんのお庭でもカタツムリを見る機会激減ですか。
そうなんですね。草地の減少、人間の撒く薬剤、外来種…
原因は色々あるのでしょうね。
私は、今年の夏は大人のカタツムリも久し振りに見かけて嬉しかったのですが、
ベビーちゃんまで見られて、初めてのことに感動ひとしおでした。
逃げ足速くあっという間にいなくなっちゃいましたから、
ほんと奇跡の巡りあわせですね。
リンク先もご覧いただきありがとうございます。身近に慣れ親しんできた
イメージのカタツムリでしたが、知らないことがいっぱいでしたね。
カタツムリ・べビ-ちゃんたちに感謝です confident
 

投稿: ポージィ | 2016/11/11 10:34

snail フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
カタツムリの赤ちゃんたち、可愛かったですよ~
こんな出会いは嬉しいものですね。
 
一気に冬になってしまいましたね。
今日も寒い一日のようですが、土曜・日曜は暖かさが戻るようです。
気温差が大きいですが、お風邪など召されませんようお気をつけくださいね。
 

投稿: ポージィ | 2016/11/11 10:37

こんにちは~。
こんなに小さい子をよく見つけられましたね。snail
小さくてもちゃんと、殻を背負ってる~。
サイト、見てみましたが巨大でんでん虫は
ちょっと勘弁です~crying

冬も夏も眠るんですね。
羨ましいような、でもちょっともったいないような。
不思議な生き物ですよね。
知らないことたくさん。
もう冬眠してるでしょうね。confident

投稿: くらふぇ | 2016/11/11 11:32

 いや~♪
こんにちは~

 勿論こちら☆! 拝見で~す。
カタツムリさんも・奥が深~い。
・それにこんな小さなのは見たことがありませ~ん!
見るからにカワイ~イ。
・トリミングしてもこの大きさ、当然ですね・2~3mでは~。

・そういえば我が家、カタツムリは見かけませんね。
お招きしたいものですな!
またナメクジのミニ、多すぎるくらいなんですよ・・。
  ヒロ・・でした。


投稿: ヒロ・・の日々 | 2016/11/11 12:06

snail くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
ベビー・カタツムリちゃんたち、見つけたのはほんと偶然なんです。
たまたま、あの時玄関扉を開けて外へ出たから。
10分時間がずれていたらなかった出会いでしたよ。
リンク先も見てくださってありがとう。
ヤヤッ 巨大でんでんむしに嫌な思いされましたか、ゴメンネ~sweat01
警告入れておくべきでしたね。あんなすごいのがいることビックリでした。
 
冬眠も夏眠もすることもちょっと意外でしたね。
カタツムリはそうする事でよりよい生を全うできるのでしょうね。
人間も、暑い地域ではシエスタの習慣のある人々もいますし。
ずいぶん寒くなりましたから、もう冬眠しているかもしれませんね。
小春日和には目覚めて少し草をはみはみするかしら snail
 
 
snail ヒロ・・の日々さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
リンク先も見てくださってありがとうございます。
身近で慣れ親しんだ生き物のようでいて、知らないことがいっぱいですね。
baby カタツムリはヒロさんも初めてでいらっしゃいましたか。
私も初めてだったのです。孵化したベビーたちがちょうど散っていくところ。
後10分遅かったら見られなかっただろうと思うと、なおさら嬉しかったです。
 
ヒロさんのお庭、ナメクジはたくさんいてもカタツムリはいませんか。
たくさん緑はあって、薬品もあまり撒いていらっしゃらなさそうなのに。
わが家は鉢植えには薬品も少し撒きますが、同じくナメクジは
知ったこっちゃないという感じで葉っぱを食べていきます。
でもカタツムリは滅多に見かけません~
 

投稿: ポージィ | 2016/11/11 16:43

かわいいですねー、かたつむりの赤ちゃん。
私は子どもの頃いろいろな生き物を飼っていて、
かたつむりも飼っていたことがあるんです。
それが卵を産んだことがあって、
卵からちいさな赤ちゃんが生まれてきたことを憶えています。
土がついていたことを映像として思い出すので、
もしかしたら土の中に産んでいたのでしょうか。

投稿: koko | 2016/11/11 18:11

snail kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
可愛いかったです~ 多分生まれたて。ここまで小さなカタツムリは初めてでした。
ほぉ ほぉ カタツムリも飼っていらしたことがあるんですね。
卵を産んで、ちゃんと赤ちゃんカタツムリ誕生とは。
素適な経験をされましたねぇ。
カタツムリの産卵は、土の中に潜ってするそうですよ。
ということは、飼育ケースに土もいれていらしたと…
飼い方をご存知だったのですね (*´▽`*)
 

投稿: ポージィ | 2016/11/11 20:50

おはようございます。
寒くなってきたと思ったら、早速鼻かぜモード!
気温の変化に、すぐ反応してしまいます。(笑)

カタツムリ、懐かしい~! 特に、この赤ちゃん可愛いですね。
最近はあまり見かけなくなりました。
カタツムリの渦巻き、種類によって、左巻きと右巻きがあるようですよ。
小さい頃は、カタツムリの角を触ると、スッと引っ込めるのが面白くて、よく遊んだものでした。

同じようなナメクジは気持ち悪いのに、殻を纏うと可愛くなるのは不思議ですね。

投稿: ソングバード | 2016/11/12 07:36

snail ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
12月下旬の冷え込みでしたものね。今日明日は小春日和でホッとできそうです。
あらら… 鼻風邪気味になってしまわれましたか。
本格化せずすぐよくなられますように!!
 
ソングバードさんもカタツムリを見かける機会が減っていらっしゃいますか。
子供のころはよーく見かけていたのに、寂しいです。
ちょんと触るとひゅん!と引っ込む触角は、子供心には楽しいですよね。
ソングバードさんも遊ばれたのですね(^^)
今年は久し振りに大人のカタツムリも見かけ、生まれたてベビーも
見られてラッキーでした。可愛いかったです~♪
カタツムリの殻の渦は種類によって違うんですか。模様の出方にも、
家系血筋(DNA)による特徴があるかもしれませんね。
 
なんでも、ナメクジはカタツムリの進化形だそうですが…
カタツムリは可愛いのにナメクジは嫌ですね。あのネトネトが…
カタツムリはめったに見かけないのに、ナメクジは玄関先にもよくいます。
 

投稿: ポージィ | 2016/11/12 11:01

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

仰る通り、カタツムリを見掛ける事自体がないかも知れません。
梅雨時期に「紫陽花にカタツムリ」なんて定番の筈でしたが。
何らかの理由で数が少なくなっているんでしょうか。私が子供の頃(愛媛在住時)なんて、ブロック塀にウジャウジャと行進していたんですけどね。
でも、こんなミニマムなカタツムリは初めてです。勿論、リアルでもお目に掛かった事はありません。
小さい生き物は、何でもすばしっこいんですね(笑)。

投稿: コヨコヨ | 2016/11/12 22:49

snail コヨコヨさん、おばんです~ (^^)ノ
 
コヨコヨさんもそうお感じになります?
カタツムリを見る機会。
そそ、定番だったはずの梅雨時ですらたまーに見るだけに。
お子さん時代をすごされた愛媛でのブロック塀 snailsnailsnailsnailsnail
さすがにびっくりですけれど happy02
 
ミニマムちゃんたち、何匹かいたのがさーーーっと散っていなくなったので、
プランターの近くで孵化したんだと思うんですが、もしやプランターの土の中で?
私も初めてでしたよ~ 大人のカタツムリはのっそり動くと思うのですが、
チビちゃんたちのすばしこさといったら。ピントを合わせるのに難儀しました。
すばしこく動くことで少しでも身を守るんでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2016/11/13 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/64412074

この記事へのトラックバック一覧です: カタツムリ baby:

« コスモスと秋風 | トップページ | ハプニング »