« 松田山ハーブガーデン ① | トップページ | 小春日和に 花 と 虫 »

2016/12/01

松田山ハーブガーデン ②

前記事の続きです。10月半ばに行ったハーブガーデンの思い出。
 
今回はハーブたちをたっぷりとご紹介‥と言いたいところですが、ほんの数種 coldsweats01
急斜面の段々畑ハーブ園、半分あたりまでで咲いていたセージの花たちです。
       (cherry写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    161015_13
 
                可愛い赤の群生 チェリーセージ
 
 
 
 
 
 
    161015_17
 
                  サルビア・インボルクラータ
              写真でなく直接見るのは 初めてでした
 
    161015_19
 
 
 
 
 
 
    161015_32
 
               パープル・メキシカン・ブッシュセージ
 
 
 
 
 
 
    161015_33
 
              ホシホウジャク が 吸蜜にきていました
                     なんとか 撮れたー
 
 
 
 
 
 
    161015_21
 
                  メキシカン・ブッシュセージ
 
 
 
 
 
 
          161015_31
 
              これがいちばんたくさん 咲いていました
 
              茎が描く うねるような曲線 いいですね!
 
 
 
 
 
 
表示板に記されていた名前をそのまま書かせていただきましたが、
「サルビア・インボルクラータ」 は 「ローズリーフセージ」 、
「メキシカン・ブッシュセージ」 は 「サルビア・レウカンサ」 や 「アメジスト・セージ」
ともいわれます。
 
「チェリー・セージ」 以外は、ぽやぽやの柔らかい毛が生えているのが愛らしい♪
「サルビア・インボルクラータ」 は 「オドリコソウ」 の花を思い出しますし、
                     「ホトケノザ」 に訂正します sweat01
「メキシカン・ブッシュセージ」 はビロードのような手触りがなんとも気持ちよくて、
見かけるとナデナデせずにはいられません(毎回書いてますね~ ^^;)
 
花咲くところには虫たちも集まりますね。 蝶や蜂たちがたくさんいましたョ。
 
 
 
これにて 「 松田山ハーブガーデン ①② 」 お終いです~ clovercloverclover
 
ちょっと物足りなかったかな。 ラベンダーなど他にももっと いっぱい 群れ咲いて
いる季節にも行ってみたいなと思いました。 明るい陽射しの下、たくさんの花に
囲まれていると(とくにワイルド感ある花たち)、自然と幸せな気持ちに包まれて
いきます… confident
 
 
 

|

« 松田山ハーブガーデン ① | トップページ | 小春日和に 花 と 虫 »

コメント

おはようございます。

チェリーセージだけであとは名前をいい加減に覚えていました。
アメジスト・セージのあのビロード感は遠くからでも触りたくなるほど魅力的です。
ポージィさんは虫の名前もよくご存じですね。
ホシホウジャクは見たことがないですが、蛾の仲間なのですか。
こんなにお花が咲いているところは虫たちにとって天国でしょうね。

投稿: tona | 2016/12/01 09:12

綺麗です~shine
一番最後のお写真が、お気に入り。
正に「アメジスト」ですね。
紫が光輝いてみえます。

ハーブって逞しいイメージがあります。
見た目はホニャホにゃだったり、
ポヨンポヨンしていて、
そんなにしっかりした茎でもないのに。
お風呂で使ったり、
お茶になったり、ちょっとした調味料になって
本来の姿から見事な変化を遂げるから
アタシはそう思っちゃうのかな。
「お役に立ってますsign01」みたいな感じ。coldsweats01

投稿: くらふぇ | 2016/12/01 12:21

おはようございます!

ラスト 圧巻ですね~
お庭に植えると暴れるので困ることも多いですが こういう広いところで好きなような咲いていると すごいですね~ お花たちもうれしそう!
それにビロードタッチがまたいいですよね。
この季節になってもまだ楽しませてくれているようです。
楽しませていただきました。

投稿: pole pole | 2016/12/01 12:34

こんにちは。

広田せい子さんの本に出会ってから
ハーブにのめりこんだ時期がありました。
ハーブガーデンなどは経営が難しいのか、
オープンしてずっと続いているところが少なく感じます。
ハーブじゃなくお花がメインに変わっていたり。
来年は久々に私もそういうところへ行ってみようかなと思います。

投稿: koko | 2016/12/01 12:50

ポージィさん
こんにちは
ええ~、これら全てハーブですか?
いつもの植物園で、見ることができますよ
でも、この植物園では、花の名前しか書いていないから
ハーブとは分からなかったです
勉強不足です
この中では、インボルクラータが大好きですね
真上のツボミが可愛いですよね

投稿: フクジイ | 2016/12/01 13:57

セージ類といえば、チェリーセージかメドーセージぐらいしか思い浮かびましぇん。
なかなか種類が多そうですね。
セージ類がハーブだったことも初めて知りました。
メドーセージはいつも口をパカッとあけている青い蛇のイメージでしたが、
サルビア・インボルクラータの花はヒメオドリコソウやホトケノザに似た咲き方をするんですね。
(ポージィさんが例にあげていらっしゃる「オドリコソウ」は未見です。逢いたいな)

ホシホウジャク、吸蜜する姿をバッチリ撮れましたね。お見事。(・・||||rパンパンッ
花に関心を寄せるまで見向きもしなかった蛾ですが、花と仲良しになると蛾を始めとする昆虫類にも関心を持つようになったのですから面白いものです。

投稿: あまもり | 2016/12/01 14:09

clover tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
私も名前を正確に覚えているハーブはほんの一握りなんですよ。虫の名前も。
ありがたいネット検索のおかげで、うろ覚えでも探し当てることができます。
アメジスト・セージのビロードのような花、触りたくなりますよね~
そして実際に触ってみて、手触りのよさにまたうっとり lovely です。
はい、ホシホウジャクは蛾の仲間ですね。翅の鱗粉が羽化してすぐに落ち
透明な翅になるオオスカシバという似た仲間もいますね。
面白いので会いたいとおもう蛾たちですが、私が会えるのも
年に2~3回です。
この日は気持ち良い秋晴れで暖かでしたから、虫たちにはパラダイス
だったでしょうね。でも、ちょっと高いところにはジョロウグモの網が
たくさんかけられていて、天国と地獄は紙一重という様子でもありました~
 
 
clover くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ラストの写真、気に入っていただけて嬉しいです~
自分でもお気に入りで、クリックで大きくなるのを他より大きくしちゃいました。
 
ハーブは逞しい、お役に立ってます、というくらふぇさんの思い、大正解ですよ。
ハーブとは、そもそもが自生している植物たちなんです。
「人間の生活に役立つ自生植物」がみんなハーブになります。
(ちなみに、日本ではヨーロッパ生まれのハーブが人気ですが、
 日本のシソ・ワサビ・サンショウなどもハーブ♪)
苗を買ってきて鉢に植えて育てていて、すぐ根詰まりしてしまう様子など見るとき
そういう野のものの逞しさを強く感じます wink
 
 
clover pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ラストの雰囲気、いいですよね~
仰るとおりで、お庭では大きくなって暴れてもてあましがちですが、
こういう広い場所でノビノビ育って咲いている様子は、
ほんと気持ち良さそうですよね。見る私たちも気持ちよくなります~
そして、そうそう、ビロードタッチも (*^^*)♪
はい、まだ咲いていますね。ご近所の畑でも。
目にするたび、私の頬はきっと緩んでることと思います~
 
 
clover kokoさん、ありがとうございます ♪
 
まぁ、広田さんのご本がきっかけにハーブの虜になられたのですね。
私は著書は読んでいませんが、マミフラワーの月刊誌に掲載されていた
エッセイを楽しみにしていました。
 
>ハーブガーデンなどは経営が難しいのか…
あぁ‥そうかもしれませんね。園芸植物と違って花の華やかさは
あまりないですものね。好きな人はとても好きですが、万人とはいかないかも。
私は可能ならハーブの庭にしてしまいたいかな。日当たり悪くて無理ですが。
玄関前においているローズマリーの鉢植えは、いつもスッと撫でて
香りを楽しんでいます~
 
 
clover フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
これらは、食べての効能じゃなさそうですがハーブとして紹介されることが
多いですね♪ 香りのあるのもないのもありますが、何かしら
人の役に立つ特性をもっているのでしょう。(鑑賞も含むのかしら??)
私もそのあたりは勉強不足でほとんど知識がないのですが(^^;)
インボルクラータを初めて知ったのは、フクジイさんのブログでです。
実物を見ることができて感動でした♪ ぷっくり蕾可愛いですね。
 
 
clover あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
○○○・セージ と名前の付く植物、結構多いみたいですね。
それらのすべてが、食べたり精油を使ったりして効能があるかというと、
香りや見て楽しむだけのこともあるように思いますが、ハーブとして
紹介されていることが多いです。
 
サルビア・インボルクラータ、ごめんなさい、オドリコソウを思い出すと
書いていましたが、ホトケノザの間違いでした。訂正しておきました。
(オドリコソウも1度だけ見たことありますが、インボルクラータから
連想したのはホトケノザでした m(_ _)m )
あまもりさんがメドーセージと書いていらっしゃるものは、
サルビア・ガラニチカのことですね。まさしく口をパカッとあけた青い蛇。
(メドーセージ名で流通するようですが、実はメドーセージは別物なのです
 http://garden-vision.net/flower/sagyo/s_pratensis.html)
 
ホシホウジャクは滅多に会えないけど会いたい虫のひとつで、
おおっ!とつい夢中でカメラを向けました。やっと‥の1枚です~
花を見ていると虫さんたちともお近づきに。お近づきになると
もっとよく知りたくなるものなのですね(^^)
ただ、昆虫の世界は植物以上に広大なので、見かけた虫さんを調べるので
精一杯となっています。
 

投稿: ポージィ | 2016/12/01 16:28

ポージィさん、こんにちは。

チェリーセージは相変わらず可愛い・・・
ずっと前に家にもありました、有る年・越冬しませんでしたdown
その前の年は立派に冬を越したんですが・・・また欲しくなってしまった。
メキシカン・ブッシュセージ、家の庭は手狭になったので、
今年は他所(公共施設)で間借り?しています
先日見に行きましたら、家よりノビノビと咲いていました
やはり、この花は広い所でダイナミックに咲くが、良いですね。
もう少ししてら、掘り起こしに行ってきます。
サルビア・インボルクラータ、色が可愛くて欲しいと思いましたが
どうやらあまり寒さに強くないらしいので、冬は要掘上げ(妙高では)のようで
これ以上冬の置き場所を増やせないので・・・あきらめました。

投稿: 雪ん子 | 2016/12/01 16:50

clover 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
雪ん子さんのロココ・ガーデンにはサルビア類たちも色々あって
いいなぁ~♪ のひとつなのですが、寒さに強くない子達は冬前に
掘り上げなくちゃいけないのが重労働ですよね。大株になるだけにまた‥
チェリーセージ可愛いですよね~ 越冬できず残念でしたね。
妙高地方の冬の寒さが耐えられる耐えられないの境目ということでしょうか。
わが家にも一株ありますが、庭の日当たりが悪くなって以来
いちども花を咲かせることなくほそぼそと生きていて、
ごめんね、頑張ってくれてありがとう、と声かけしています。
メキシカン・ブッシュセージは、花の間公共施設を利用される皆さんを
楽しませて、冬越しは雪ん子さんのお宅に里帰りなのですね。
サルビア・インボルクラータも可愛いですよね。これも冬越しが微妙な
ところにあるのでは、労働が増えてしまいますね。
わが家の場合は地面がないことと日当たりの悪さで全部諦め~(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2016/12/01 17:33

頑張っていますね
私は寒がりですので早く寝ますね
綺麗な花見せていただきました

投稿: フクちゃん | 2016/12/01 17:39

clover フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
見に来てくださってありがとうございました。

今ごろもう、お休みでしょうか。
寒くなってくると、あったかなお布団の中が
とても気持ち良いですね。
同時に、夜明けが遅い時期、暗い内から起きるのが
とても苦痛になります。
ふぅ 明日の朝も頑張ります~
 

投稿: ポージィ | 2016/12/01 21:54

 お見事・撮影!
こんにちは~

 へ~・急斜面にですか、スゴ~イ。
それにハーブ系いいですね~・ほんと。
 空に向かって両手を広げ・・、・・クラータさん
先端の丸いのは・実?ですか。

 またこの紫、・・ブッシュセージさん半端じゃないですね~♪
 そして技術!
ナカナカシャッターチャンス・とれないんですよ(未熟)。
 今年も結構訪れて頂いているのですが・・(汗)。
拝見・一安心?しました。
  ヒロ・・

投稿: ヒロ・・の日々 | 2016/12/02 11:51

clover ヒロ・・の日々さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
今日は素晴らしい快晴のお天気になりました。キモチイイ!
 
そうなんです、ここのハーブ園は山の斜面を利用して作られていますから
どの花たちも日当たり抜群。元気いっぱいに育っていました。
それぞれの自由さや野性味が魅力ですね~
空に向かい両手を広げ~♪ のインボルクラータさんの
先端の丸いのは、これから咲く蕾です。ぷっくり可愛いですね。
メキシカン・ブッシュセージさんはちょうど花盛り。ほんと素適でした。
広い空間があればこそですね。
ホシホウジャクさんは、何枚かシャッター押したうちの1枚だけ
ピントが合ってました。技術も何も、まぐれ当たりです~笑
 

投稿: ポージィ | 2016/12/02 12:34

ハーブガーデンですか、素適ですね。
やはり郊外のいい空気で、少し高いところ、行ってみたいです。
今は、我慢の時とおもい、ひたすら近いところでウロウロせざるを得ないし、
あまり人様を羨むのは止そうと思いつつつい愚痴っぽくなりますね。
一人で生きていくのは寂しいしなぜか年のせいでしょう心細い、
その時この様な場面に出会ってほっとする瞬間です、
綺麗なお写真とともに雰囲気を味逢わせていただき感謝です。

投稿: 玲 | 2016/12/02 12:49

clover 玲さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
ハーブガーデン 響きからして心浮き立つ感じですよね。
ここは綺麗に手入れがされていて気持ちの良いガーデンでした。
仰るとおりで郊外で少し高いところ、日当たりもよく見晴らしも良く♪
そういうところはリフレッシュになりますね。
わが家もこういうところへは一人ではなかなか行けないので
たまの夫の休みと天気とその他の予定のかち合わないタイミングを
ひたすら待ちます~ ちょっと違いますがでも似たような状態ですね。
色々なところへいらっしゃる皆さんのことを羨ましく思わないでもないですが、
見せていただいて行ったつもりを楽しむことといたしましょう。
そうする内に、行ってみたい所・夢リストが長くなりすぎて
わけ分からなくなっちゃいましたけれど(笑)
お独り暮らしのお寂しさは私も想像できる気がしています。
私もほとんど独り暮らしのような毎日ですし‥(^^;)
私の母方の伯母も、夫、妹と先に旅だってしまい、現在91歳で独り暮らし。
やはり同じように感じているようです。
子供はいないので、近くに住む私の兄がこまめに覗きに行ってくれています。
 
行動範囲の私のいい加減な写真では、なかなかハッと感じていただけるような
ものもお見せできませんが、また覗きにきてみてやってくださいね(*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2016/12/02 18:36

こんばんは。
ハーブ園はやっぱりセージの仲間がいっぱいですね。
名前はとても覚えきれません。
ホシホウジャクもやってきてくれて良かったですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2016/12/02 20:25

bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
そうですね、セージの仲間がいっぱいでした。
足を伸ばさなかったいちばん下の辺りにもセージの仲間が
3種類ほど植えてあるようでした。
咲いていたのもセージの仲間が多かったのは、行ったのが
秋だったからなおさらだったかもしれません。
セージの仲間は広々とした空間のあるところでこそ魅力を発揮しますね。
ホシホウジャクやオオスカシバは、そばに来てくれると
ワクワク感がアップします。
 

投稿: ポージィ | 2016/12/02 22:06

おはようございます。
斜面に咲く花、知らない名前ばかりですが、ハーブも種類が多いんですね。
ホシホウジャクも、これだけたくさん咲いてると、選り取り見取りで、大満足?
でも、これだけ急斜面だと見る方もそうですが、管理する方たちも大変そう!
最後のメキシカン・ブッシュセージの写真を拝見すると、すごい斜面の様子がよく分かります。
花たちが、引力に逆らって太陽に手を差し伸べてるようで、面白いですね。

投稿: ソングバード | 2016/12/03 07:49

clover ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ご存じない花ばかりでしたか。これらは海外生まれのものばかりですから、
ソングバードさんがよく行かれるような、自然を生かした公園に
あえて植えられることはない植物たちですものね。
ハーブ園 というと、ヨーロッパ生まれのハーブを中心に作られていることが
多いような気がします。
でも、ハーブはそれぞれの国にありますし『何かしら人の役に立つ
 自生している植物』という定義で見るとき、その種類は
世界中にすごくたくさんありそうです (゚o゚)
 
>花たちが、引力に逆らって太陽に手を差し伸べてるよう‥
素適な表現♪ まさしくそんな感じですね!
  

投稿: ポージィ | 2016/12/03 09:35

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

ハーブと言えば、お料理やお茶で使う時の、乾燥した状態が一番馴染みあります。
ハーブは虫よけのイメージがありましたが、虫寄ってくるんですね…。
イメージが覆りました(≖ω≖。)
そうですよね。ハーブだって植物だし。と言いつつ、何故かショックです。

沢山、ブワーッとなると、圧巻ですよね。特に植物はそう思います。
色も綺麗だし。
見て良し、食べて良し、飲んで良し(←コラ)。傷薬にもなりますし。
ハーブは本当に万能です( ≧∀≦)ノ

投稿: コヨコヨ | 2016/12/03 21:40

clover コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
お晩です~ moon3
 
そうですね、乾燥した状態のほうが目にする機会が多いかもしれません。
そうういえば虫除けの効能を持つハーブもありますよね~
あえれ?確かに虫除け効果ありのハーブに寄ってくる虫がいます smile
今年の春、衝動買いしたわが家のミントたちは、オンブバッタの子供に
食べまくられましたし coldsweats01
オール除虫じゃないのね、きっと。得意な虫・不得手な虫に
分かれるんだゎ、きっと。たくさん効果を得ようと思ったら
数種を組み合わせて使うんですよ、きっと。そういうことにしておこう‥
でも、勉強してハーブに詳しくなったら(ベネシアさんみたいに)、
環境にも体にも優しい生活ができますね。勉強する根気も、
ハーブを育てられる庭もないので、憧れるだけですが。
仰るとおりですよ、見てよし・食べてよし・飲んで(お茶ね)よし・
嗅いでよし・薬にもなる♪ 地球が用意してくれた贈り物ですね。
このハーブ園でカモミールティー・ブレンドを買ってきたんですけどね、
なんだかもったいなくて、まだ飲んでないんです。古くならない内に
飲まなきゃそれこそもったいないですね (^-^;
 

投稿: ポージィ | 2016/12/03 22:08

10月半ばですか! 私の記事は10月29日、ちょっと勝った?感じです(笑)
私、なかなか季節に追いつきませんね、、

今月は毎年恒例のアレに出かけます。
乞うご期待、と、一応は言っておきましょう。

投稿: ふくやぎ | 2016/12/04 22:53

clover ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
あは お互いのんびりアップですものね。
ふくやぎさんのひたち海浜公園が10/29の光景ですか。負けた~ (≧∇≦)
季節をのんびり後追いしながら振り返る、これもまた良しとしましょうよ。
季節の最先端をいち早く教えて下さる方は大勢いらっしゃいますもの。
 
お、恒例のアレにいよいよいらっしゃいますか。楽しんでいらして下さいね。
実は、SONGを見られなかったのですよ‥(録画予約が重複してました 涙)
 

投稿: ポージィ | 2016/12/05 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/64429596

この記事へのトラックバック一覧です: 松田山ハーブガーデン ②:

« 松田山ハーブガーデン ① | トップページ | 小春日和に 花 と 虫 »