« 足元の春 - その1 - | トップページ | さくら さくら - 2017 - »

2017/04/20

足元の春 - その2 -

「足元の春 - その1 - 」に続いて、今日も春先に足元に咲く春の花たちを並べさせて
いただきました。 好きな花たちは他にもあるけれど、撮影できたものだけ。
撮影場所は、田んぼの畔や、木の根元の僅かな草地、林縁の小さな土手などです。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
     170404ooinuofuguri
 
        しつこく 「オオイヌノフグリ」 (笑) 見るたび綺麗な色に感動します
 
 
 
 
 
 
     170404himeodorikosou2
 
                      「ヒメオドリコソウ」
 
              ↓ ありんこも誘われてやってきていましたョ
 
    170404himeodorikosou5
 
 
 
 
 
 
    170404kiransou2
 
                  林縁の土手の 「キランソウ」
 
            この写真を撮った1週間後 この林の半分近くの木が
             切り倒されているのを見て大ショックを受けました
    ここも宅地になるの? 植林して新たな林になるの? それならいいのだけど
             この地へ越してきて以来 切り倒されてきた木々は
              何十本? 100本に達しているかもしれません
 
 
 
 
 
 
    170404hotokenoza
 
               賑やかに 楽しそうな 「ホトケノザ」 たち
 
 
 
 
 
 
    170404nazuna4
 
 
                 こちらも 繰り返し登場の 「ナズナ」
 
 
    170404nazuna2
 
 
 
 
 
 
          170404oozisibari1_3
  
                草丈20cmほどの 「オオジシバリ」
 
        花の上の方では キチョウたちが 恋のさや当てをしていました
 
 
 
 
 
 
    170412zisibari1
 
              田んぼの畔に 小さな黄色の花が点々と …
 
                  初め カタバミ かと思いましたが
 
               近づいてよく見たら 「ジシバリ」 ‥
 
        ‥と思ったのですが あれっ? 「コオニタビラコ」 かも???
 
            葉っぱが~ よく分からなくなってしまいました sweat01
 
                    観察不足で すみません
 
    170412zisibari4
 
                          
 
 
 
                      たくさんご覧いただきありがとうございました confident
 
 

|

« 足元の春 - その1 - | トップページ | さくら さくら - 2017 - »

コメント

 華(花)やかですね~♪
おはようございま~す。

 なんたって最初は・・フグリさんですよ~。
おっヒメ・・さん、我が家でも細々と・・で~す。
 キランソウ、まだ招待しておりませ~ん。

・現在、ほぼ全て処理しました~・ホトケノザ。
 我が家ではこの時期になりますと、決まって葉に白カビのようなものが・・、よってさようならなんですよ。

 !オオジシバリというんですね、庭に生えてきて・・。
暫くの間楽しませていただいておりま~す。
コオニ・・、どちらでも癒せていただければ・・(笑)
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ・・の日々(もんたの一年) | 2017/04/20 10:10

おはようございます!

1に続いての2 楽しませていただきました。
ずいぶんとたくさんのお花たちが咲いていますね。
どれも一つ一つは小さなお花ですが 群生すると大きなお花になり 存在感たっぷりですね。

投稿: pole pole | 2017/04/20 11:58

clover ヒロ・・の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ヒロさんはオオイヌノフグリさん、お気に入りでいらっしゃるのですね。
ブルーの花が密集して咲いている様子を撮りたいのですが、
密集となるとなかなか出会いがないものですね。今回のトップ写真は
珍しくかなり密集に近い状態で咲いていて喜び勇んで?撮りました。
キランソウは、私はこの↑場所でしか会ったことがないのです。
もしかすると今年で見納めかもしれません weep
 
うちの近辺でも、気温が高く雨が多くなってくると、
ホトケノザやヒメオドリコソウ、特にヒメオドリコソウに
うどんこ病が発生するようで、白く粉を吹いたようになっています。
過湿は苦手なのでしょうね。そうなったらもう時季が過ぎたということで
さようならですね。
 
オオジシバリ、お庭に咲いているのですか? 可愛いでしょうね。
我が家はオニタビラコがたくさん出てきます。
こちらも可愛いのですが、草丈がそれなりに高いのでちょいとお邪魔~
結構抜いてしまいます。
そろそろ、今年第1回目の庭の整理が必要な状態になってきました。
 
 
clover pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは!
 
2も楽しんでくださって感謝いたします。
草丈の低い野の花たちは、かわいこちゃんが多くて
出会うと楽しくてなりません。風の強い日が多いのが恨めしや~ですが。
それとしゃがみこんで撮れないのが悔しいですゎ。
そうそう、仰るように小さな花でも群れ咲くと存在感たっぷり。
見応えもたっぷりですね♪
このところ平年よりずいぶん高い気温が続いたので、背の高い草たちも
どんどん伸びてきていますね。まもなくかわいこちゃんたちの時季は
終わってしまいそうです。名残惜しいです~
 

投稿: ポージィ | 2017/04/20 15:43

春一色の光景に穏やかな空気が漂いますね。
一つ一つ丁寧に、下からなど大変だったでしょうね。
このページに出会えばお花の美しさ全部知りえますね。
もう私は屈むのは大変でスルーと決め込みました。
撮りよいものだけ、選ばせていただいていますね。
今日は時間があり初めて訪れてみた道の駅行ってきました。
撮るのは大したものも撮らずに帰りましたが少しUPしてみたいかも~
↓もとても素適!拝見はしましたが通りすがりの人ですみません。

投稿: 玲 | 2017/04/20 17:34

clover 玲さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
あぁ おっしゃる通りですね。春の光景には穏やかな空気感がありますね。
春の嵐があったり、寒暖差が大きかったり、春もそれなりに激しさを
持っているのが現実ですが、でも暖かな日差し、温む水や風、
次々と咲き競う花たち…こうした春のイメージはやはり穏やかです。
私は春の草丈の低い野の花たちがとても好きで、足元で咲く花全てと
触れ合いたいくらい(笑)
でも、私もしゃがむのがダメになりまして、しゃがまずとも撮れるものや
場所だけでの撮影となっています。
 
初めての道の駅へいらっしゃいましたか。
先日行かれたところと比べていかがだったでしょう。
玲さんがカメラを向けてみたくなられたシーン、拝見するのを
楽しみにしています。
 

投稿: ポージィ | 2017/04/20 20:22

こんばんは☆
 
下の記事と合わせて読ませて頂きましたよ♪
まぁ、春の可愛らしい お花たちが たくさん!
ポージィさんの目を通して見ると、
いつもの野草が 特別なものに見えて来ますよ shine
 
絵本作家の甲斐信枝さんのことも、番組のことも 存じ上げませんでした。
リンク先を拝見するに、何とも可愛らしい方ですね。
こう言う年の取り方をしたいものです。
人間の人生も過ぎてしまえば、あっと言う間。
野草たちが春を謳歌するが如くに楽しみながら しっかりと生きて行きたいものです♪

投稿: 花mame | 2017/04/20 21:05

clover 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは ^^
 
その1 と その2 あわせてお読みいただきありがとうございます。
アップしてから改めて見たら、重複しているお花も多くて
ちょっと…でしたぁ (^^;ゞ ポリポリ
ほんとは、他にも好きな子たちがたくさんいて、撮りたいのに撮れない
ジレンマも感じております。
どうして、いつの間に、こんなに春の背の野の花たちが好きになったのか
自分でも不思議ですゎ。毎春同じようなこと発信していて、
飽きずにご覧くださっている方が、一人でも二人でも野の花の可愛さに
目覚めてくださったらいいなぁ‥なんて思っています(*^^*)
 
甲斐さんとその絵本、そして番組のこと、私も少し前に知ったばかり。
番組を通して拝見した甲斐さんは、花mameさんがお感じになった通り
なんとも可愛らしい方で、野草たちや自然が友達のようでしたよ。
ええ、ほんと、こんな年の取り方をしたいですね。
人生なんてあっという間。このところ年々強く感じるように
なってきています。何かを残すことは無理でも、せっかくの人生
この世の素晴らしさを、できるだけたくさん見つけ楽しみ、
慈しみながら送りたいものです。
 

投稿: ポージィ | 2017/04/20 21:42

こんばんは。
どれも元気な足元の花たちですね。
まだ寒いうちからも春を先取りして咲いているものが多いようです。
キク科の花たちは似たものが多く見分けが難しいですね。
近所では背の高いオニタビラコがたくさん咲いています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2017/04/20 21:45

clover 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
どれもみんな元気で可愛い花たちですね!
背丈が大きな草たちよりも、春先の足元で咲く花たちの方に
強い愛着を感じます。自分でも不思議なのですけれど。
キク科の黄色の花たち、似ているものが結構ありますね。
ジシバリと思ったのは、後で見てみたら葉の縁が滑らかでなくて、
コオニタビラコのような気がしてきました。
おーちゃんのご近所ではオニタビラコが多いですか?
わが家の庭にも、以前生えてきたのを、咲いて綿毛になるまで
置いておいたら、以後毎年たくさん生えてきます~
繁殖力強いみたいです(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2017/04/20 21:56

おはようございます。
宅地開発が進むのはある程度仕方ないと思いますが、地元に長く住みものにとっては寂しいですね。
こちらの里山では、今、保全活動が盛んで、ボランティアの人たちが、林の掃除などをしながら守ってくれてます。

こちらでも、ホトケノザの群生が、紫色の絨毯のように広がってますよ。
キランソウ、初めてかも??(どこかで見てるかもしれませんが…)
青空バックのナズナも精一杯背伸びしてるようで、いいですね。

投稿: ソングバード | 2017/04/21 06:41

ポージィさん
おはようございます
ご訪問が遅くなりました
こに時期、コウゾの花を見たくて走り回っています
少々疲れ気味
このホトケノザ、見事ですね
群生しているのを見たことがありますが
こんなに密集してのは見たことがありません
ホント、賑やかで楽しそうです
ナズナもスゴイですね、花付きも良いし綺麗です 

投稿: フクジイ | 2017/04/21 07:17

clover ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
宅地開発…様々な問題を含んでいますよね。自然環境に関することだけでなくて。
保全活動が行われているところはありがたいですね。
個人の土地が多い地域ではなかなか難しいだろうと思います。
 
ホトケノザが群生していっぱい咲くと、赤紫の絨毯のようになりますよね。
ソングバードさんのフィールドでもご覧になれるのですね。
キランソウはホトケノザと比べたら、見られる場所はうんと少ないと
感じています。私が知っているのはこの↑場所だけ。見納めかもしれません。
青空バックのナズナに、気持ちよさを感じていただけたでしょうか。
伸びやかに元気いっぱいに、皆がこんな風に生きられるといいですね。
 
 
clover フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは

先日もコウゾの花のチェックにいらしたと仰っていましたね。
昨日もいらしたのですか?咲いていましたか?何度も足を運ぶのは
疲れますね。たまたま行ったときにどんぴしゃりのタイミングだと
嬉しいのですけど、自然のもの相手ではなかなかそうもいきませんし。
 
ここの↑ホトケノザ、花がいっぱい!!咲いてピンクに染まってました。
葉の下に花が咲くヒメオドリコソウは葉の色で地面が染まって見えても
花の色でこうはなりませんね。
ナズナも、冬の間は一部でしたが、春になって爆発的に増えました。
田に水が入っていた間、種は泥の中でじっと耐えていたのかしら??と
不思議でもあり、逞しいなぁと感心もします。
そろそろ田おこしの時期で、鋤きこまれてしまったかもしれません。
 

投稿: ポージィ | 2017/04/21 10:15

こんにちは。

春の草花、かわいいです。
私もついつい何度もオオイヌノフグリを写真に収めてしまいます。
なんなんでしょうねえ。
湧き上がるエネルギーを感じるのかもしれません。

投稿: koko | 2017/04/21 12:53

clover kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
可愛いですよね~ heart04
kokoさんもオオイヌノフグリに何度もカメラを‥camera なんですね。
湧き上がるエネルギー 確かにそれもあると思いますね。
私は他に、単純に好き、イメージするようになかなか撮れない、
といった理由もあるみたいです。
 

投稿: ポージィ | 2017/04/21 17:51

こんばんは~。

春の花たち、沢山見せて頂きました
小さな花もとても美しく撮れていますねhappy01

オオイヌノフグリ、美しい~~~heart04
小さな花だけど・・・私が今日UPしたネモフィラに負けていない?
ヒメオドリコソウ、家の空き地ガーデンのは
スギナの中に飲み込まれそうになっていますcoldsweats01
一つのシーズンの終わりですね。

投稿: 雪ん子 | 2017/04/21 20:49

宅地開発がどこも盛んですね。
きれいな花図鑑のようですね。
こちらは畑が宅地にどんどんなって、それもこの頃庭スペースが全然ないのが特徴になっています。
本当に木がどんどん倒されて寂しいですね。
失われてしまうものが多過ぎて。植物だけでなく鳥たちや虫(嫌いなのが多いですが)までも。
でも雑草と言われる花はかろうじてポージィさんのお写真のように、殆どが心配なく咲き続けているのが逞しいです。
コオニタビラコには大きい花と小さいのがあるような気がして、いつも道端で迷ったりしています。

投稿: tona | 2017/04/21 21:31

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

春ですね~。嬉しいです。
知っている花&触れ合った経験のある花は安心出来ます。
職場や自宅近辺では未だ写真の様に綺麗な風景は拝めませんが、宮城も春到来中ですよ~。
…連日の強風や大雨が大変無粋ですが。

最後のジシバリ?は別に正体不明で良いんです!
黄色い花は、全てタンポポで良いんです!

投稿: コヨコヨ | 2017/04/21 21:50

clover 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
 
重複したのも何点かありましたが、色々見ていただきありがとうございました。
オオイヌノフグリの美しさは、ネモフィラに引けは取らないと思いますゎぁ。
タチイヌノフグリまで小さくなると目立たなすぎになっちゃいますが、
オオイヌさんは立っていてもちゃんと目に飛び込んできますから (*^m^*)
(ネモフィラのお写真付き記事をアップなさったのですね~)
空き地ガーデンではヒメオドリコソウがスギナの海に飲み込まれ
つつありますか。仰るように一つのシーズンの終わりですね。
近所では、ハルジオンが大分草丈をのばしてきました。
ヤブガラシもクズも芽吹いてきましたよ~~ もうちょっと後でいいのに sweat01
 
 
clover さん、ありがとうございます ♪
 
tonaさんのご近所でも畑地がどんどん小さな宅地に変わっているのですね。
同じような状況で、畑も地目:森林の土地が。
相続税が発生すると売らざるを得なくて、買った側は小さな宅地に
お手頃価格の建売住宅を建てて売るのが一番手っ取り早いのでしょうかね。
一方では空き家問題がどんどん深刻化していますのに。
何十年も生きてきた太く大きな木がどんどん切り倒されるたびに
胸が痛くて泣けてきそうになります。tonaさんの仰る通りで、
植物以外の多くの生き物がすべて影響を受け住処を失いますね。
野草たちも、近所のあそこでしか見られなかったというものが、
何点か見られなくなってしまいました。
そういいながらも、わが家もかっては盛だったところに建っている
のですから、矛盾した思いなんですけれど。悲しいです。
 
ジシバリ、オオジシバリ、コオニタビラコ、あたりは花がよく似ていますね。
うちの庭には、以前オニタビラコが咲いて綿毛になるまで置いておいたら、
その後毎年のようにたくさん生えてくるようになりました(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2017/04/21 22:06

clover コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おばんです~ (^^)/
 
春ですね~ コヨコヨさん地方でも、ついに「春」を実感できるような
気温になってきて、緑も増えつつありますか?
そうそう、春は意外と荒れるのですよね。強風に雨に寒暖差。
でも、そんな気候の中でも生き物たちの春は着実に進んでいきます。
今に草たちもぐんぐん伸び始めますよ~(^^)
 
ん?? うふふ 最後の小さな黄色の花はタンポポでいいですか?
それもそうですね~ おんなじキク科どうしですし。
わ~い ちびっこタンポポ~だ~い ヽ(´▽`)/
 

投稿: ポージィ | 2017/04/21 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/65138065

この記事へのトラックバック一覧です: 足元の春 - その2 -:

« 足元の春 - その1 - | トップページ | さくら さくら - 2017 - »