« 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  | トップページ | 軽井沢旅 - その4 - 軽井沢タリアセン »

2017/06/08

軽井沢旅 - その3 - 白糸の滝

昨日、関東地方も梅雨入り発表と相成りました。
4日にわが庭の 「夏椿」 のいちばん花が咲き、昨日は2番花が。
これから梅雨空の下、7月半ばまで順次咲いていくことでしょう。
 
 
さて、軽井沢旅の続きです。
軽井沢の旅4回シリーズ - その3 - は、前記事でご覧いただいた「旧三笠ホテル」の
少し先から 「白糸ハイランドウェイ」 を辿って見に行った 「白糸の滝」 をご紹介させて
いただきます。
 
「白糸ハイランドウェイ」はうねる山道を上り下りしていきます。周囲の森の木々は、
私たちが通った5月3日時点はまだ芽吹きも始まっていませんでしたが、それでも
自然に囲まれた空間が心地よく、新緑の頃はどれほど美しいかしらと想像するのも
楽しく感じました。
       (rvcar写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmist
 
 
 
          170503_1

         駐車場に車を停め 渓流沿いに少し坂道を登っていきます
 
 
 
 
 
 
          170503_5
 
                   ほら もう見えてきました
 
 
 
 
 
 
    170503_6
 
                 白糸の滝 (高さ3m 幅70m)
 
     豊富な水量の湧水を直下させるために 人工的に掘り込んで造られた滝
     だそうですが、板状の粘土層の上の軽石層から水が流れ出ているのが
    よくわかりましたよ。 大きな高低差でドド~ッと流れ落ちる滝のような迫力は
      ありませんが、幾条も流れ落ちる様子は手前の池とともにとても美しく、
                ずっと見ていたくなるものでした。
 
    Wikipediaによると 「滝の造成時期は、昭和初期と推定される」 そうです。
       誰がどういうきっかけで ここをこう掘ったらこういう滝になる と
                    気づいたのでしょう‥
 
 
 
 
 
 
    170503_10kakou
 
            浅間山に降り注いだ雨や雪解け水が沁みこみ
          6年の歳月を経て ここから流れ出ているのだそうです
 
     ということは 私たちが見た滝は 東日本大震災の年に降ったものですね
 
 
 
 
 
 
          170503_15
 
          大自然の巨大な手と少しの人の手で作られた滝でした
 
 
 
 
 
 
    170503_3
 
       小道の足元側 渓流のしぶきがかかりそうな土手に咲いていました
        ネコノメソウの仲間ですね 〇〇〇ネコノメ 初めて会いました
                   何ネコノメ かしら ??
 
 
 
 
 
 
170503_18 170503_19
 
       渓流と反対側の土手には こちらの植物がたくさん咲いていました
 
               ハシリドコロ (ナス科・ハシリドコロ属)
 
      有毒植物で 食べると錯乱して走り回ること、根茎がトコロ(野老)と
      似ていることからの名前だそうです~ おぉこわっ (Wikipediaより)
 
 
 
 
 
 
          170503_20
 
                  可愛い子も咲いていました
 
             スミレの仲間  名前は分かりませんです
 
 
 
 
 
 - その3 - はこれでお終いです。 シリーズ最終回 - その4 - に続きます。
 
 
 

|

« 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  | トップページ | 軽井沢旅 - その4 - 軽井沢タリアセン »

コメント

おはようございます!

白糸の滝懐かしいです~!
バードウオッチングの合間に野球をしたり ここへ行ったりと・・・
結構幅があるので見ごたえありますよね。
滝までの行程はほとんど覚えておりません。笑
新緑から初夏にかけて行っていたので とても美しかったですよ。
人がいっぱいですね~ GWだからでしょうかね。

次回も楽しみにしていますね。

投稿: pole pole | 2017/06/08 09:21

ポージィさん
おはようございます
白糸の滝は、非常に美しいですね
マイナスイオンが一杯で、癒されます
と言っても、私は軽井沢の白糸の滝には行ったことがありません
駐車場からの距離は大分ありそうですね
でも、途中での景色を楽しみながら行くには
まだかまだかと期待しながら、楽しみも倍増するのでしょうね
スケールの大きな滝も良いですが
このような優しい繊細な滝も良いですね
富士宮市の白糸の滝は行ったことがありますが
軽井沢の白糸の滝の方が幅も広そうですね

投稿: フクジイ | 2017/06/08 09:41

 そうですか・夏椿が・・♪
おはようございま~す。


 職場の夏椿、昨日見ましたが固そう・まだまだでしょうか~。

 へ~・この時期の白糸さん、ナカナカいいですナ~。
緑が深くなりますと周景が見事で、そちらにも気持ちが行ってしまいます・・。
 ホント・視点は一か所に。
この景色、私も初めてで~す。
○ ん?二枚目で早くも気が付きましたが、五枚目の写真!
ここには3回行っておりますが、このような滝!初めて見ました♪

 ネコノメさん、そうですね気温的にもこれからなんですね、増えてくださいよ~。
 何と花さんに失礼、食べた人間が・・・のに。
こうして見るのは初めてでしょうか~・ハシリドコロ。
※やっぱりそうでしたか最後の写真。
ネコノメサンの左下、大きな葉・同じでは??
 このかわいい子・いいんですな~。
・今朝一番に、先日頂いてきたスミレ、もう根付いてくれたか二輪・咲いてくれました~。
  ヒロ・・

投稿: ヒロ・・の日々(もんたの一年) | 2017/06/08 09:49

mist pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
白糸の滝は懐かしの場所の一つでいらっしゃるのですね。
バードウォッチング、野球、滝 ん~青春の香りがしますよ。
初夏のころの白糸の滝。今頭の中で草木たちを芽吹かせ葉を広げ、
小さな花も咲かせて、輝くお日様の光を射し込ませました。
緑を映しこんで水のきらめきもまた一層美しく、神秘的にも見えるでしょうね confident
ほほをなでる爽やかな風も感じられるようです。
 
5/3のこの日、芽吹きもまだですのに大勢の人が訪れていました。
連休中だからというのもあったのでしょうね。
夏休み中はどれほどのひとが訪れるのでしょ。大混雑になかなか
滝の全容を見ることもできないかもしれませんね。
 
次回は最終回。最後に寄った、こんどもまた公園施設です。
最初のレイクガーデンよりも人工的雰囲気が強いところになります。
 
 
mist フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
白糸の滝は滝の中でも繊細な美しさをもちますね。
仰るようにマイナスイオンがいっぱいの感じでした。
ここへはいらっしゃいませんでしたか。有料道路の途中にありますしね。
駐車場からの距離は、写真ではかなりありそうですが、
実際はそれほどでもありませんでしたよ。5分程度かな。
滝から流れてくる渓流にも小さな滝があったり良い雰囲気でした。
新緑が出揃ったら、さらに良い雰囲気でマイナスイオンの量も多いでしょうね。
富士宮市の白糸の滝、検索してみましたらそちらの方がうんと大きいです。
幅130mだそうですから、軽井沢の約2倍ですね。そちらも見てみたくなりました。
 
 
mist ヒロ・・の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ヒロさんの職場の夏椿開花はまだ先になりそうですか?
うちの6/4開花は昨年より3日遅れでした。
 
芽吹きの始まっていない木々に囲まれた白糸の滝でしたが、
なるほど滝だけに集中して注目できるという、そういう見方もできるのですね。
ヒロさんにとっては何度かいらしたお馴染みの場所なのですね。
5枚目は、白糸の滝から流れ降りていく渓流の途中なんです。
白糸の滝を背に、上ってきた坂を下り始めてすぐのところ。
これも小さな滝になっていますね。
 
ネコノメソウの仲間は山地の湿ったところが好きなのですね。
初めての出会いでした。ハシリドコロも同じく初めて。
ラストのスミレの仲間もですが、あ、ネコノメさんの隣に
確かに同じような葉が映っていますね。そこでは花は咲いていなかったような‥
ハシリドコロはすごい名前を付けられたものですが(^^;)
間違って食べないようにという警告の意味もあるのかもしれませんね。
 
ヒロさんのお庭では、新たなスミレの仲間が開花ですね。いいですね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2017/06/08 15:08

こんばんは。
軽井沢に白糸の滝があるのですね。人が少し手を加えたものですか。人と自然が協力した傑作ですね。
富士宮の白糸の滝は子供のころに伯父に連れられて見に行きました。それとは趣が違うのでしょうね。
ネコノメソウはヨゴレネコノメのように見えますがイワボタンのほうかもしれません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2017/06/08 21:53

mist 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
旧軽井沢よりもう少し北の方(北軽井沢?)にありました。
人が手を加えて滝にしたものですが、自然との共同制作ですね。
はい、繊細で優しい雰囲気もあって、傑作と思いました。
富士宮の白糸の滝は、先だっての記事にも登場された伯父さまが
連れて行ってくださったのですね。
私は写真でしか見たことがありませんが、軽井沢のものより規模が大きく、
変化に富んでいると感じました。そちらも見てみたいです。
 
ネコノメソウ、おーちゃんには色々見せていただきましたが、
ついに自分も直接見る機会がやってきました。
やったー!とは思ったものの同定は難しくて…
ヨゴレネコノメかイワボタン。ありがとうございます m (_ _)m
 

投稿: ポージィ | 2017/06/08 22:04

おはようございます。
白糸の滝と言えば、富士山裾野や日光にもありますが、そういえば軽井沢にもありましたね。
見ていなような気がします。
富士山のより整った感じですね。人工的に整えたのですか。
6年もかかって流れ込んだとは。冨士山に降った雪や雨も何十年後?にしみ出てくると聞きましたが、信じられないです。というのも水は高い所から低い所へすぐ流れ去るというイメージだからです。
ネコノメソウも、そしてもっとわからないのがスミレ、お手上げです。
わかるともっと楽しいですが、咲いているのをきれいだなあと鑑賞するだけでもいいですね。
最後はどちらに行かれたのでしょうか、楽しみです。

投稿: tona | 2017/06/09 09:03

mist tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
白糸の滝、各地にありますね。私は完全に天然の白糸の滝は見たことがないような‥
もしかすると保育園児のころ、富士山のどこかのを見たかもしれませんが、
全く記憶には残っていません(^^;)
tonaさんは天然の白糸の滝をいくつかご覧になったのですね。
軽井沢の白糸の滝は、元は帯状に湧き水が出てくる場所だったのかしら?
掘り下げたら美しい滝になったという、自然と人の共同制作のような
滝でしたが美しかったです。異なる地層の境目からとうとうと湧き出る
大量の水は感動的でもありました。
これらが何年も前の水だとは… そうそう、富士山の周囲の水も
さらにたくさんの年月を経て姿を現すのですものね。
地中を川のように流れている水があるというのがなんだか不思議です。
ネコノメソウはヨゴレネコノメかイワボタンかも、とのコメントを
いただきました。ネコノメソウの仲間もスミレの仲間も、ネット上の
画像をたくさん見てみたのですが決め手がなくて!途中で放棄しました(笑)
きれいだなぁと鑑賞するだけでもいいと、私も思ってます。
微妙な違いで種類がたくさんあるものの名前探しに必死になっていると
疲れて感動が薄れてしまいますもの。
 
最後に行ったのはまたもや公園で、塩沢湖を中心に作られた施設です。
軽井沢レイクガーデンより大分レジャー施設の色合い濃いのですが、
それでも気持ちの良いところでしたよ。(^^)
 

投稿: ポージィ | 2017/06/09 10:55

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

あぁ…。何だか涼し過ぎる景色です。
緑色が少ないと、こうも寒々しく見えるものなのですね。
色って本当に不思議だ~。
寒いと決めつけて写真を見ている所為か、どの草花も健気に見えて仕方ありません。

投稿: コヨコヨ | 2017/06/10 00:29

mist コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~ (^^)/
 
涼しすぎる景色… とお感じになるの、よーくわかりますよ。
実際、空気はかなりひんやりでしたし。
桜が満開だった旧軽井沢から、距離的にはそんなに離れていないのに、
木々はまだ冬の寒々しい姿のままですものね。
初々しい緑の芽吹きがどれほど目にも暖かいものか、よくわかります。
まだ寒い早春のころに咲く草花たちが健気ですね。
 
このときから1ヶ月と1週間。今ごろは木々も地面も若葉がいっぱいで
新緑が輝いていることでしょう… shine
 

投稿: ポージィ | 2017/06/10 14:31

こんばんは。
「白糸の滝」っていろんなところにあるんですね。
有名な富士市の白糸の滝と違って、小ぶりで優しそうな滝ですね。
長い年月を経て湧き出す清水、火山国日本ならではでしょうか。
冷たくて美味しそうですが・・…近くに飲める湧水はないのかな??
軽井沢にこんな滝があるなんて…・初めて知りました。
ネコノメソウの仲間、まだ一度も見たことがないので、一度見てみたいのですが、プチ遠征しないと見れないようなんです。
可愛い花ですよね。

投稿: ソングバード | 2017/06/10 21:44

mist ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
「白糸の滝」と名付けられた滝は、いくつかあるようですね。
富士宮市の白糸の滝は幅150mだそうで、こちら軽井沢の約倍の幅ですね。
富士宮市のほうは写真で見ましたが、どちらも繊細な美しい滝。
あちらもいつの日か直に見てみたいものです。
 
ほんとに長い年月をかけて湧き出す清水は火山国ならではなのかも
しれませんね。 はて、軽井沢に飲める湧水はどうでしょう。
あっても不思議ない気はしますけれど。
 
ネコノメソウの仲間、ソングバードさんもまだお会いになっていませんでしたか。
私は「初」の機会が訪れました。ゆっくり見てはいられませんでしたが。
ハナネコノメあたりはとっても可愛いですね。それも見てみたいです。
山中の湿り気のある所に生えていることが多いのでしょうか。
そういう場所へ行くことがなかなかないですが、ソングバードさんにも
ふっと機会が訪れますように。
 

投稿: ポージィ | 2017/06/11 09:44

こんにちは~

軽井沢の旅。。。。満喫されておりますね~
あと一回はどんなかな~???

1回目のレポートのお写真がすごく素敵で、自然の中に違和感なくレイクガーデンがあって。。。。
浅間山の風景が入るとまるで外国。だけど桜のピンクは日本的で。。。。軽井沢ならでは、、、な感じがします。
うまく調和していますね~
素敵な場所!!

そして2回目のレポートの、木の幹の影が緑に並ぶ夕刻のお写真。
ため息が出るようですね。
こんな一場面を目にするだけで、来てよかったと感じるのではないかしら?自然の中の風や小鳥のさえずりの音や、だんだん気温も低くなりつつある体感、香りなんてないのかもしれないけれど、1日が終わろうとする香り?
そんなことまで想像できそうな1枚です。

そして白糸の滝。
私も何度か訪れたことがありますが、人工だったなんて~
知らなかった!
きっと説明されているのでしょうが、、、、
お恥ずかしいことによく見てなかったのでしょうね~
白糸の滝とはよく言ったもので、細い水が流れる様子がよくわかりますね~
どんどん流れる滝とは裏腹に池は全く静かでその対比が面白いですよね。

って初めて私はこれを見たときはそうめんに見えてしまいましたが。。。。。coldsweats01

4回目のレポートも楽しみにしています。

投稿: 野花 | 2017/06/11 10:41

mist 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
正味1日半の軽井沢の旅でしたが、4回にわたって引っ張っております~
久し振りの旅そのものが目的の旅でしたし、ステキな景色をいっぱい見られて
いまだにその時の喜びが残っている感じですョ。
レイクガーデンで四方どこを見ても素適だった景色、野花さんにも
素適と感じていただけて嬉しいです。
そそ、施設内と周囲の自然とがそのままつながっているような一体感。
これが素晴らしいですよね。
6月に入って、野花さんの大好きなバラたちも、そろそろ見頃の時期を
迎えているかもしれません。
その2の木の幹の影が斜めに横切る光景も、想像豊かに感動をもって
見てくださって、すっごく嬉しかったです。
一日の終わりの香り体感…素適な想像を膨らませてくださいました(*^^*)
 
軽井沢の白糸の滝は何度か行かれたのですね。
人工的に手を加えたものと、現地には説明されていなかったと思いますょ。
私も帰宅後に知りました。でも、そうと知っても大自然と人との共同制作の滝、
感動が薄れることはありませんでした。地層も見られましたしね。
繊細で優しく美しい滝の表情と、その前の静かに水をたたえた池、
そしてそこから流れ出ていく渓流。緑の中のこの滝も見たいです~
え?アハハ 素麺に見えたのですか?夏の暑いとき、お腹空かせた状態で
ご覧になったのかな~? happy01
 
その4 は、いってみればレジャー施設。でも、やっぱり素適な景観のところで、
軽井沢旅を気持ちよく締めくくることができました。見てね。
 

投稿: ポージィ | 2017/06/11 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/65318891

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢旅 - その3 - 白糸の滝:

« 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  | トップページ | 軽井沢旅 - その4 - 軽井沢タリアセン »