« 泳げ鯉のぼり | トップページ | 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  »

2017/06/01

軽井沢旅 - その1 -  軽井沢レイクガーデン

予告どおり1ヶ月後となりましたが、5/2~3 で行ってきました軽井沢の旅を
4回シリーズでアップさせていただこうと思います。
 
圏央道→関越自動車道→上信越自動車道 と辿っての軽井沢への rvcar 旅は、
季節をさかのぼり早春の自然を豊かに感じるものとなりました。
 
関越自動車道を走っているときは、さほど季節の差は感じませんでしたが、
上信越自動車道の途中からははっきりと感じられるようになりました。
木々の枝の若葉の大きさが、少しずつ小さくなっていくのです。
やがて軽井沢の町へ入るころには、枝からちょこんと顔を出したばかりの新芽や、
展開したばかりの柔らかで初々しい若葉、芽吹きがまだの木々のミックスに。
そして、そこかしこに桜の淡いピンクとコブシ(あるいはタムシバ?)の白い花が
彩を添える、始まりの春の風景に感動しっぱなしでした。
 
 
さて、- その1 - の今回は、軽井沢の町に入ってすぐ、2日の午前中に行った
「軽井沢レイクガーデン」コチラ で堪能した春景色たちをご覧ください。
人造湖を中心にナチュラルガーデンが整備されているのですが、
周囲どちらを見ても、出てくるのは 「いいねぇ。綺麗。ステキね。気持ちいいね。」
といった言葉と満足と羨望の溜息ばかり。
4月21日にオープンしたばかり(今年の営業は4/21~11/5)で、浅い春といえども、
十分ステキでしたし、季節の移ろいに従って折々見られる景色や花々は、いつでも
最高なのだろうと予感させるものでした。
 
すっかり前置きが長くなりましたね。 ここからは写真を並べさせていただきます。
私が味わってきた感動が、皆さまにも少しでも伝わると良いなと思っています。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
          170502karuizawa_lake_garden2_gate2
 
          エントランス  駐車場に車を置き これから中へ入ります
 
                  A.M.10:30頃  気温 12℃くらい
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden4rengyou
 
                 レンギョウ と サンシュユ の黄色
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden3
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden8
 
                冬と春のあわい    春のあわ色
 
 
 
 
 
 
 
 
    ベニバスモモ(アカバザクラ)??           ピンクユキヤナギ
 
170502karuizawa_lake_garden5benib_2 170502karuizawa_lake_garden6pinky_2
 
170502karuizawa_lake_garden15kutibe 170502karuizawa_lake_garden25asaza
 
クチベニスイセン と ムスカリ・テラフォリウム    湖面にたくさん アサザ の葉
 
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden24
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden42
 
 
 
                 ピンク色は 様々な サクラ たち cherryblossom
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden35
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden33
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden36
 
 
 
 
 
 
    170502karuizawa_lake_garden37
 
                遠く 雪が残っているのは 浅間山
 
 
                      ( 5/2 撮影 )
 
 
 
 
 
 
いかがでしょう? ゆっくり歩いて1時間くらい。 それでも、ちょっと冷えて膝が
きつくなってきたため、湖真ん中の小島とカフェなどはパスしてしまいました。
 
バラもたくさん植えられていますが、この時はやっと芽吹きを迎えたところ。
6~7月頃には、約400種が咲き競うことでしょう。 ちなみに宿根草は、
約300種が植えられているそうです。 木は何種・何本くらいあるのかしら。
始まったばかりだった春も、今では早くも初夏へと移りつつあるのでしょうね。
 
軽井沢レイクガーデンは別荘管理会社が運営しており、
散策中に木々の向こうに見える別荘も一部借景となっていました。
逆に別荘の窓からは、こちらのガーデンが見えるのでしょう。溜息ものですね。
 
 
- その1 - はこれにておしまい。 - その2 - へ続きます。
たくさんご覧いただきありがとうございました。
 
 
 

|

« 泳げ鯉のぼり | トップページ | 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  »

コメント

おはようございます!

軽井沢へは 学校の寮があったせいもあって 中学 高校のころからよく行き 大人になってからもバードウオッチングに別荘をお借りしたり 星野温泉へと通っていました~
そのころはここへは行ったことがありません。昔はこんな素敵なところはなかったような・・・
自然がいっぱいなので 人工的なところへは行かなかったせいかもです。
でもお写真で拝見していると 素敵なところなんですね~
セレブになれるところですね。^^;
続きを楽しみにしています。

投稿: pole pole | 2017/06/01 09:12

ポージィさん
素晴らしい所ですね
私は、2~3回軽井沢へ行きましたが
いつも、泊まるのは会社の保養所ばかりでした
こんな自然豊かな所へは、行けませんでしたね
pole pole さんが言われているように、セレブになれますね
さすが、避暑地軽井沢です
続きが楽しみです

投稿: フクジイ | 2017/06/01 09:22

こんにちは。

素敵なところですねぇ。
「軽井沢」って響きだけでも素敵なのに、
ほんっとに素敵なところですね。

お写真に写ってた後姿は旦那様でしょうか。
のんびりお二人で堪能されたんでしょうね。
私もまたどこかに歩きに行かなくては。
そうこうしてる間に、ハスがやってきますね。confident

投稿: おーちゃん | 2017/06/01 13:16

bud pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
まぁ、そうなんですね。pole poleさんにとって軽井沢は、子供時代から
通して馴染みある地でいらしたのですね。
夫は独身時代に数回訪れたそうですが、私は初軽井沢。
一泊でしたし、長時間足に負担をかけないことなど考えて目的地を絞りました。
今回訪れたここはいつ作られたものでしょう?木々が良い感じに育って
いましたから、何年かは経っているのでしょうね。
施設内の人の手が入った自然と、その周辺のありのままの自然とが一体となって、
境目が見えないのが素晴らしかったです。
今年のオープンから日も浅い平日、バラの季節でもないので
訪れる人も少なく、とてもゆったりと散歩することができました(*^^*)
 
 
bud フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
お勤めされてた会社の保養所が軽井沢におありなんですね。
お泊りが保養所と言えども、軽井沢ならではの自然の豊かさは
お感じになれたのでは…?
ここは、自然の植栽ふうに造られたイングリッシュガーデンの観でしょうか。
施設内とその外の自然とが違和感なく繋がって見えるのが素晴らしかったです。
他の来園者も少なかったので、のんびりと散策できました。しあわせ♪
 
 
bud おーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
素適なところですよね~ 四季折々、木々の様子が変わり、
咲く花たち入れ替わっていく様子を、ずっと通して見てみたいと
思いましたよ。冬は閉園されちゃいますけどね smile
 
後ろ姿の人ひとり、お気づきになりましたか。
お察しのとおり夫でございます~ 撮られたこと気づいていませんでした。
他の来園者も少なかったので、ほんとにの~んびり、並んだり離れたり
しながら散策できました。こんな庭園を毎日お散歩出来たら幸せだろうなぁ。
お手入れ管理は庭師さん任せで。
私たち、旅行を目的の旅はほんと何年振りかだったのですよ~
(帰省旅は何度もしていますけれど)
それに、お互いの旅に求めるものが、たくさんの場所を巡る・見る、ではなく、
限定的でものんびり味わうこと、と一致しているので、満足度も高いです。
おーちゃんも夏休みにでもお出かけできると良いですね。
そうそう、その前には毎年楽しみにしていらっしゃるハスの時季が
やってきますね happy01
 

投稿: ポージィ | 2017/06/01 16:13

こんばんは。
軽井沢にはもう何年も行っていませんが、軽井沢レイクガーデンは広々していて、
素敵な景色がいっぱいですね。
浅間山などがチラっと写りこむのもうれしい場所と思います。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2017/06/01 21:29

bud 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
おーちゃんはどの季節に行かれたのでしょう。
私は今回が初・軽井沢でした。1泊ですしあまり長距離歩けないので
行くところも限定されましたが、最初に行ったレイクガーデンは
すごく気持ちの良いところでした。
浅間山もそうですが、人の手で作られた自然風の庭園と、
その周囲の本当の自然とが境目なく一体化して見えることに感動しましたよ。
冬の寒さは私には耐えられないかもしれませんが、春~秋、
四季の移り変わりをずっと見続けてみたいと思いながら歩いてきました。
 

投稿: ポージィ | 2017/06/01 21:46

 お待ち~♪しておりましたよ~。
おはようございま~す。

 私がスキーをしているときに、ポージィさんは花見でくつろがれて・・・。
 まあ・珍しく写真も沢山で~。
そうですよねこの季節、レンギョウもスイセンも・・・。
そうですか、アサザというんですね!
 私なんぞ、池に浮かんでいればハスにスイレンくらいしか・・・(素人丸出し!)。
※いつも出掛けているスキー場は、浅間山をタップリと眺めながらの気分転換なんですよ♪
 十分癒されて、・・の洗濯も・・。
良かったですね~~。
  ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ・・の日々(もんたの一年) | 2017/06/02 08:35

おはようございます。

例によって?読み逃げしようと・・・・
でも、あまりの美しさと早春の感動に足を止めてしまいましたcoldsweats01

ほんのちょっと前の季節なのに、こんなにも景色が違ってしまう
地球って本当に美しい星だわ~(おおげさ~happy02
今頃はバラも宿根草もそろそろ・・・でしょうか
連休のない(でも週休2日)父ちゃんが、リタイヤしたらぜひ行ってみたいです。

投稿: 雪ん子 | 2017/06/02 08:56

bud ヒロ・・の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
お待たせいたしました~ 1ヶ月もたったような気がしないくらい、
まだあの時の感動の余韻が残っているポージィです。
施設内の人の手の入った自然と、周囲のそのままの自然との一体感の
素晴らしかったこと♪
 
同時期、ヒロさんはスキーとそので行きかえりで、標高の高い山の
空気と春を味わっていらしたのですよね。浅間山も見えるスキー場が
マイ・ゲレンデでいらっしゃるのですね(^^)
 
湖にはたくさんの直径数㎝の丸い葉が。何だろう??と思いながら見ていて
帰宅後に調べました。アサザを直に見たのは初めてでした。
黄色の花が咲いている様子も見てみたいです。
 
自然に触れると本当にいろんな洗濯ができリフレッシュできますね。
 
 
bud 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ほんと素適でしたから、足をとめてくださって嬉しいです~
ひと月経っても感動冷めやらぬというポージィです。
 
私が暮らしている地とは、春の訪れがほぼひと月違うと実感しました。
標高が高い分、雪ん子のお住いの地よりも、さらに爆発的な
春の訪れと進み具合となるのでしょうね。
バラも宿根草も咲き始めているようですよ~
ご主人、週休2日ならいらっしゃることも可能だと思いますよ~
ちょっとドライブが疲れるかもしれませんが、施設内は1時間ほどで回れます。
一つ一つの花に足を止める時間が長くなるほど所要時間も伸びますがーsmile
 

投稿: ポージィ | 2017/06/02 09:55

こんばんは。
5月初旬の軽井沢、若葉が眩しい頃ですね。
そんなに山の中だとは思えないのですが、下界との温度差は3~4度くらいあるのでしょうか?
「軽井沢レイクガーデン」には行ったことないですが、いろんな春の花が見れそうですね。
軽井沢には何度か行ったものの、ほとんどがゴルフだったので、ゆっくり散策したことがないんです。
今度、機会があれば、ゆっくり散策しながらのんびりしてみたいものです。
軽井沢シリーズ、その時の参考にさせて頂きますね。
次回は何が出てくるかな?楽しみにしてます。

投稿: ソングバード | 2017/06/02 20:50

bud ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
5月初旬の軽井沢は、4月初旬の南関東と同じくらいに感じました。
ちょうどひと月違いくらい。
今回記事にした軽井沢レイクガーデンは中軽井沢(旧軽辺りより少し南ですね)にあり、
オープン10周年だそうです。中軽井沢にはゴルフ場がたくさんありました。
その中にはソングバードさんがプレイされたゴルフ場もあるかしら?
レイクガーデンは冬季は閉園ですが、その他の季節は早春から紅葉まで
四季折々の木々や草花の変化が楽しめそうな素適なところでした。
施設の外の自然とも一体感が感じられましたよ。
そういうところですから、鳥や虫などの生き物もいるでしょうね。
 
今回、私は初・軽井沢。時間も限られていましたし足も無理できないので
限られたところ少ししか行っていませんが、いくらでも行ってみたいところ、
自然いっぱいなところがたくさんありますね。
次回は何が出てくるでしょうか、期待は無しでご覧くださいませ~ ( ^ω^ ) 
 

投稿: ポージィ | 2017/06/02 21:05

こんばんは

軽井沢は久しく行っておりませんが、丁度この頃は春になったばかりでしたか。
桜が咲いているので東北と同じですね。
塩沢湖がこんな風に素敵なガーデンに変わってしまったのですか。驚きました。
バラの季節も素敵なのでしょうね。
浅間山がこんなふうに見えましたっけ。
良い空気が伝わってくるようです。

投稿: tona | 2017/06/03 19:32

軽井沢と言えば避暑地、まだまだ春浅しという感じですね。
 夏は特にそうですが、木立の間の道を散策すると、空気は美味しいし、爽やかです。
 木立の中に散在する別荘を見ると、どこのセレブの人だろうと思い、あんな所で過ごしたらいい気分だろうなあと、ただただ羨ましく感じます。
 
 レイクガーデン。新しく出来たところなんですね。
四季折々、楽しめそうなところですね。
 
 軽井沢の一泊旅行、気分もリフレッシュされてよかったですね。

投稿: 夢閑人 | 2017/06/04 14:32

bud tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは、お返事遅くなりました。
 
tonaさんがいらしたころ、軽井沢レイクガーデンはまだなかったのですね。
今年10周年だそうです。私は、ご訪問だけさせていただいているブログで
存在を知り、今回軽井沢行きが決まったとき、真っ先に行きたいところ候補に
挙げました。行ってみて、期待を裏切らないステキさに大満足でした。
この施設の湖は塩沢湖ではないのですよ。
塩沢湖も素適なリゾート施設になっていまして、そちらは2日目に行きました。
シリーズ最終回に登場しますので、ご覧くださいね。
 
今ごろ、バラのシーズンが始まろうとしているでしょうね。
そうすると、緑もすっかり出揃って、またぐんと華やかな世界が
広がっていることでしょう。冬季は閉園ですが、早春から晩秋まで
どのシーズンも素適な様子が見られそうです(*^^*)
 
 
bud 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
避暑地として有名な軽井沢は、やっぱり気温が低いのですね。
仰るとおりで、春が始まったばかりでした。もう少し北へ行くと
芽吹きも全然始まっていませんでしたし。
それでも落葉樹が多いからか、木々の間を縫って林床まで陽射しが届き、
明るい山が春だ春だと喜んでいるように感じました。
ほんと、爽やかでしたね。そうそう、あちこちの別荘を垣間見ながら
羨ましく感じましたよ(^^)
持つだけでなく管理も必要ですから、相当セレブでなくては無理ですね。
 
はい、軽井沢レイクガーデンは今年が10周年だそうで、比較的新しい
施設ですね。施設の外の自然と、内側の人の手の入った自然との
一体感がなんともすてきでした。どの季節も楽しめそうです。
はい、おかげさまで、一泊とはいえ気持ちの良い旅ができました。
 

投稿: ポージィ | 2017/06/04 18:50

ポージィさんお晩です(。・ω・。)ノ

凄いです。綺麗です。染み入る美しさですね。
こんな景色の中、ボーッとする時間を持つ事が出来たら最高なんですが。
…まだ寒いかな。風邪ひくかしら。
もう6月に入りましたね。1年の半分が終わるぅ。
早いなぁ。

投稿: コヨコヨ | 2017/06/04 23:12

bud コヨコヨさん、ありがとうございます ♪
 
おはようさんです~ (^^)/
 
「しみ入る美しさ」あ~良い表現してくださいました。嬉しいなぁ。
まさにそう、散策する間に心身にしみわたってきた感です。
そうですね、日向を歩くにはさほど寒くありませんでしたけど、
それでもいつの間にか手はすっかり冷たく体もけっこう冷えていました。
あれから1か月たった今頃の季節だったら、ゆっくり座ってボーッと
浸るのに最適な気温かもしれません。軽井沢は今から短い夏を駆け抜けるのね。
 
うっ‥そうなんですよね、もう6月に入ってしまいました。
じきに半年が~ 早いですね、ほんっと早いです。
 

投稿: ポージィ | 2017/06/05 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/65290438

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢旅 - その1 -  軽井沢レイクガーデン:

« 泳げ鯉のぼり | トップページ | 軽井沢旅 - その2 - 旧軽井沢  »