« お久し振りです | トップページ | 夏の思い出より 2 »

2017/10/10

夏の思い出より 1

皆さま、相変わらずご無沙汰しております。 
まずは近況を…
この3連休の週末、夫が山口へ行き、私はいくつかの自治会が集まっての地区連合
レクリエーション大会(運動会)に応援参加していました。
お天気に恵まれて気温も上昇。ちょっと暑かったけれど、寒さに震えて座っているより
ずっと良いですね。
 
私の次の山口行きは20日頃として、まだしばらく家で過ごそうと思っています。
でも、ブログのリズムはどうもまだ戻せなくて、皆さんの所へも、ご訪問はさせて
いただきながら、なかなかコメントを残せなくて失礼しています m(_ _)m
気持ちが落ち着かないのと、わが家の家事などを‘のんびり’片づけたい気分で。
 
ただ、8月までに書き起こしていた数個のストック記事を、このまま埋もれさせて
しまうのも惜しい気がして(内容は無いよう なものながら smile)、順にアップさせて
いただくことにしました。 季節無視はご容赦いただき、気が向かれましたら読んで
やってくださいまし confident
                                             10/10 記
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * * *
 
 
「惹かれる理由って」
 
 
花というもの、華やかなものから素朴なもの、目立たないものまで実に様々ですが、
たいていが私たちの心に温かな潤いをもたらしてくれますね。
そんな中、ふとした時、特に惹かれる気持ちを感じる出会いがないでしょうか。
 
例えば、たくさん並んだバラの中で急にどれか一つにグッと惹きつけられること。
例えば、 素適 と思う花がいっぱいの植物園の中で、急にキュッと惹きつけられる
ということ。 昨日までは他の花と同し気持ちで眺めていたのに‥ というようなこと。
言ってみれば一目ぼれのようなものかしら。
 
その日その時の心の状態とも関係あるのかもしれませんね。
心理分析ができたなら、何かが見えてくるかもしれません wink
 
難しいことはさておき、そんなキュッと惹かれたことのある花のいくつかです。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          170702geranium_rozanne1_2
 
              ゲラニウム・ロザンネイ  というようです‥
 
 
    170702geranium_rozanne2
 
 
                 私の心を捉えたのは 多分…
          水彩画のような微妙な色変化と 花と草姿の軽やかさ 
 
      ガーデンを巡る小道の縁で風に揺れる様が なんとも魅力的でした
 
 
 
 
 
 
 
          170702gladiolus2
 
 
           グラジオラス  子供のころから馴染みの花ですが
 
 
          170702gladiolus1
 
 
             グラジオラスとしてはおそらく初めての花色と
              ビロードのような質感とに魅了されました
                深みを感じさせる素適な色でしたよ
 
 
 
 
 
 
 
          170702misohagi1
 
 
                      ミソハギ です
 
           この時に限らず以前からですが なぜか惹かれます
          花色とか花の形というより トータルの雰囲気なのかも??
 
 
          170702misohagi2_cut
 
 
 
 
 
 
 
    170702seiyouninjinboku5
 
 
                    セイヨウニンジンボク
 
          シソ科・ハマゴウ属  ヨーロッパ南部原産の落葉低木
 
 
          170702seiyouninjinboku1
 
       これも最初の出会いから キュッと心惹かれ 以来のお気に入り
               やっぱりトータルの雰囲気かしら?
     何年か前 初めて出会った時の木の方がさらに魅力的でしたけれどね smile
 
 
 
 
 
 
 
    170702flower_ring
 
              木の根元を彩っていた フラワーリング
 
                一目見てキレイ!  と胸キュン
           ライムイエローと銅色の葉色が効いていますね
 
 
 
 
 
 
まぁ、こんなふうにまとめてみましたけれど、日が違えばまた別の花にトキメキ heart04
「いちばん好きな花」 は決めることができません。
『みんな違ってみんないい』 の世界です。
 
 
                                             8/8 記
 
 

|

« お久し振りです | トップページ | 夏の思い出より 2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/65638713

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出より 1:

« お久し振りです | トップページ | 夏の思い出より 2 »