« 2017年10月 | トップページ

2017/11/19

リングの花器

皆さま、こんにちは。
 
ずいぶんと寒くなりました。 昨日はインフルエンザの予防接種を受けてきましたよ。
毎年のことながら腕が腫れていてむず痒いです。
そして今日は自治会の「一日清掃デー」。 一日と言っても、朝から晩まで掃除する
わけではなく、9:00~10:00の間に自宅から収集場所までごみを拾いながら歩くという
ものです。 収集場所で待機していてくださった環境衛生部長さんたちはさぞかし
寒かったことと思います。
 
山口の義父母の住まいの方も朝の冷え込みがかなり強まっているようで、
応援ツアーの支度では、またまたスーツケースに詰め込んでいく服に悩みました。
何とか決めて詰めまして… 明日からまたしばらく行ってまいります。
今回は週後半から夫も合流。 帰りは一緒の帰宅を予定しています。
 
帰宅したらまたどうにもこうにも眠い日がしばらく続くのかしら。
でも、師走が目の前。やらねばならないことが色々あって、居眠りなどしていられない
かもしれませんね(笑)
 
今日アップの記事は、夏に書き起こしてあったストック記事の最後です。
拙い作品のご披露となっていますが、ご笑覧くださいませ。
 
それではまた~ 皆さまお風邪など召されませぬよう、お気を付け下さい。
 
 
                                              11/19 記
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
「リングの花器」
 
今日は私の土遊び、陶芸教室で作った作品を見ていただきましょ。
いつも通り拙い未熟な作品ですがご容赦を~~
 
春 『まん丸で三日月みたいな花器を作ってみたい♪』 と急に思い立ちまして、
先生にアドバイスいただきながら早速取り組んでみました。 手びねりで試行錯誤
しながら形を作っていきました。
 
頭の中で思っているのと実際に粘土を形作っていくのとでは、どうしても違いが出てくる
ものですね。 頭の中では、綺麗なまん丸の大きな円の中に一回り小さな円が上方に
寄って重なっているような真正面からの形を思い描いていたのですが、当然ながら
それじゃ自立しません。 そこで底面に平らな部分を作り早くもまん丸構想は崩れ、
その他の部分の成形にも四苦八苦しました。
 
おまけに、素焼きの段階でパタンと倒してしまいヒビが… 応急手当てをしたものの、
本焼きしたらしっかり隙間ができていました。 ま、でもね、アクセントになっていて
かえっていいかも。 と、そこはポジティブ・シンキングです。
 
 
 
201705261 20170526
 
          こんなのができました  正面からの直径 約14cm です
                  黒い釉薬にして ちょっと和風
 
 
 
 
 
 
    20170609
 
                     カンパニュラ 一花
 
 
 
 
          201706162
 
                   トルコキキョウ  ソリダゴ
 
 
 
 
          20170630
 
          サンダーソニア  スプレーカーネーション  カスミソウ
                 ボサボサになっちゃいましたsweat01
 
 
 
 
          201707201
 
              ハツユキソウ  スカビオサ  ノコギリソウ
 
 
 
 
アレンジメントのレッスンで使った花の残りなど、有り合わせの花を活けてみました。
和洋どちらの花でも合いそうです。  ただ、花器が小さいので大きな花は無理かな。
花止めには、手持ちの 直径2㎝ ほどの小さな剣山を使いましたが、小さすぎて
挿しにくうございました。 数を増やすかもうちょっと大きいのを探したほうが良さそ。
吸水スポンジを埋め込んで、小さなお花をびっしり挿すなんていうのも、雰囲気も
がらりと変わって面白いかもですし、蔓ものグリーンだけというのも似合いそうです~
いやいやお粗末さまでございました (^.^;)
 
                                              8/24 記
 
 

| | トラックバック (0)

2017/11/13

夏の思い出より 6 (紅葉葵)

皆さまこんにちは。
 
相変わらずの低調ブログ活動で失礼しています。 皆さまのブログ記事を
読ませていただきお写真拝見して、ふわーっと気持ちが豊かに広がる感じを
いただいています。 嬉しいことです、感謝しつつ拝見しています。
 
先月末の帰宅から2週間余が経ちました。
もう1週間家にいて、来週は山口・義父母応援ツアーに出発です。
 
ところで、この数か月、自宅の炊飯器の調子が次第に悪くなり(炊飯中にご飯糊が
吹きこぼれて炊飯器の内外がべとべとに sweat01)、ついに買い替えを決意。
昨日買ってきました。 出かける前、これまで使ってきた炊飯器の製造年を見たら…
’94年 とな。 な なんと23年も経っていました。そんなに長いこと買い替えていな
かったっけ!? と、びっくりでしたョ。 随分と長く働いてくれたものです。
でも、無駄な電気も使っていたことでしょ。震災後は保温はやめていたとはいえね。
炊飯量も少ないものにしたので、これで消費電力はそれなりに下がることでしょう。
昨夜、さっそく初炊飯してみました。吹きこぼれなかった~ ヽ(´▽`)/ バンザイ!
 
昨日の午前中は、自治会の公園掃除と定例会議でした。
この記事をアップしたら、議事録作成にとりかかります。
アップさせていただく記事は、引き続き夏に書き起こしていたストック記事です。
この夏、皆さまの中にも、見かけられた方がいらっしゃるかもしれませんね。
 
                                           11/13 記
 
                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * * *
 
 
 「真夏の赤 モミジアオイ」
 
ご近所の畑で、今年も変わらず咲いていた 「モミジアオイ」 に、今夏は久し振りに
カメラを向けました。 宿根草で、冬には地上部が枯れて春になると芽を出し生長し、
夏になると真っ赤な花を咲かせます。 こぼれ種からの新しい株も育っているかも。
 
「ハイビスカス」や「フヨウ」「ムクゲ」などと同じ、アオイ科・フヨウ属の仲間です。
「フヨウ」や「ムクゲ」はどちらかというと可愛いイメージの形の花なのに対して、 
花びら同士の間に隙間が空き、葉っぱも深く裂け目が入る 「モミジアオイ」 は、
クール系・ワイルド系というイメージです。
       (flag写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmaple
 
 
 
          170720momiziaoi1
 
    大型の植物で 2mほどになることもあるようですがここでは 1.5mほどです
 
 
 
 
 
 
          170720momiziaoi3
 
           特徴ある葉の形  こういう葉の モミジ ありますよね
 
 
 
 
 
          170720momiziaoi2
 
         メシベとオシベが途中まで合着している特徴的なシベが
                    長ーく突き出ています
 
 
 
 
 
 
          170720momiziaoi5
 
         こういう赤を‘深紅’というのでしょうか すてきな色合いです
 
 
 
 
 
      「 モミジアオイ 」 : アオイ科 ・ フヨウ(ハイビスカス)属  北米原産
                   別名 「紅蜀葵(こうしょっき)」
                   花期 7~9月頃(10月まで咲いていましたけれど)
 
 
                                            8/31 記
 
 
  

| | トラックバック (0)

2017/11/07

夏の思い出より 5 (牡丹臭木)

文化の日からの3連休、ときおり雲が広がることもありましたが、おおむね sun
お天気に恵まれました。 久々の晴天の週末が気持ち良かったです。
 
山口の両親の元へ応援ツアーに行っていた夫も5日夜遅くには無事帰宅。
昨日からは通常通り出勤しています。今週も多忙な1週間となるようですが、
どうか体調を崩さず頑張れますように。
 
私は4日に 「〇〇地区総合防災訓練」 に参加しました。
複数の自治会が参加する訓練で、ことしも七百数十名の参加者があったようです。
参加できるかどうかわからなかったので、当初役割分担はお断りしていたのですが、
当日自由参加で 「水消火器」 の放射を体験しました。
ろ過装置を使ってのプールの水のろ過の見学では、いくらろ過してもこの水は
飲みたくないと感じました。やはり備蓄は大切ですね。
わが家ももう少し増やしましょう。 
(以前参加の時は新聞紙をねじって作った「薪」での炊き出しも経験しましたよ)
 
はじめ曇りだったのがどんどん晴れてきて快晴に! 暑い中、3時間ほども
立ちっぱなしで少々腰が痛くなりましたが、こうした訓練はやはり有意義と思います。
(と言いつつ、参加は7~8年ぶりだったのですけれど ^^;)
参加記念品として、LEDライト付きボールペンをいただいて帰ってきました。
 
          Inked20171104_li
 
 
 
さてそれでは、夏の間に書き起こしてあったストック記事からの5つ目をアップさせて
いただきます。 もうさすがに花は終わっています downwardleft
まだ緑の葉たちも間もなく枯葉となって散り落ちる時期を迎えます。
                                               11/7 記
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * * *
 
 
 「元気いっぱい ボタンクサギ」
 
 
もはや野生化している 「ボタンクサギ」 が、今年も庭のあちこちからニョキニョキ、
今年もよく育って7月から順に花を咲かせています。 この 「ボタンクサギ」 と
「ヤブミョウガ」 は、近年の夏のわが家の庭のいちばんの元気ものかもしれません。
どちらも地下茎で広がって好きな所から顔を出しますから、適当に引っこ抜かせて
もらっていますが、つい甘々対応になるのでわさわさと茂っております~ (´▽`;)A
 
蚊が大挙して押し寄せるのでそそくさ撮り写真ですが、今年も 「ボタンクサギ」 の
咲いていく様子をご覧くださいませ。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    170629botankusagi_tubomi1
 
            まだはっきりしませんが 蕾ができつつあります
 
 
 
 
 
    170629botankusagi_tubomi2
 
                  登場してきたばかりの蕾
 
 
 
 
 
    170713botankusagi_tubomi
 
          少し大きくなりました こんな頃からアリンコがいっぱい
 
 
 
 
 
    170711botankusagi_tubomi1
 
              ここまで膨らむと 咲くのも時間の問題
 
 
 
 
 
    170713botankusagi4
 
                    咲き始めましたよ~
 
 
 
 
 
    170713botankusagi2
 
    咲き始めはオシベがピンと伸びていて 葯の色がアクセントになっています
 
 
 
 
    170715botankusagi3
          咲き進むとオシベは倒れ メシベがつーんと目立つ状態に
              アップで撮らなかったので見えませんね sweat01
 
 
 
「ボタンクサギ」 は、葉や茎を傷つけると特有のにおいを発しますが、私自身は
たいして『臭い』とは感じません~  鈍感なのかもしれませんが。
仲間の 「クサギ」 の方は名前の由来となったそのにおいを嗅いだことがありません。
どの程度の『臭さ』なんでしょうね。
 
花は「クサギ」も芳香を放ちますが、「ボタンクサギ」も優しい甘い香りを放ちます。
 
 
 
 
 
          170719botnkusagi2
 
               お・ま・け  ぼくがいちば~ん ヽ(´▽`)/
 
 
 
           (注 : 同一の蕾および花の定点観察ではありません)
 
                                               8/30 記
 
 

| | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ