« 空の旅から | トップページ

2017/12/06

夏の思い出より 7 (小さな生き物たち)

皆さま、こんにちは。
 
またまた強い寒気が流れ込んでいますね。 関東は昨日はまだ暖かでしたが、
南風に乗って枯葉が次々と舞い落ち、今日は落ち葉掃きの仕事が増えました。
義父によると、昨日宇部(山口県)では朝のうち雪がちらついていたそうです。
冬が本格的になってきましたね。 寒いのは大の苦手です。嫌だよぅ bearing
 
12月は普段よりやっぱり忙しなく感じますね。なかでも時間を取られるのが年賀状。
パソコンが変わったので、住所録確認も通信面(裏面)作りも試行錯誤しながらです。
でも、今年は義父母の分は作らなくてよくなり、負担が減ってホッ としています。
まだ先は長いけれど、通信面の印刷まで進みました。
 
 
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~~・~・~・~
 
 
さてさて、書き起こしてあったストック記事は全部アップし終わりましたが、
新しい写真はほとんどない状態ですので、在庫写真からアップさせていただきます。
 
まぁ、季節振り返りの従来の my blog となんにも変わらないということなのですが、
実際の季節との開きはさらに広がりそう… (^_^;) ご容赦くださいませ。
 
6~8月の夏の間に撮ったものばかりですから、先月アップ記事のタイトルに続けて、
「夏の思い出より 7 」 とさせていただきました。
この夏の間に出会った小さな生き物たち(植物以外)です。
苦手な方はスルーしてくださいね。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    170629kamakiri_baby
 
              生まれたばかりの カマキリのベビーちゃん
                      ( 6/29 撮影 )
 
             成虫になれば他の虫に恐れられるハンターも
             そこまで生き延びられる数はわずかでしょうね
 
 
 
 
 
 
    170629musi
 
             何やら鮮やかな… カメムシの仲間のようです
                      ( 6/29 撮影 )
 
 
 
 
 
    170805kanahebi_baby
 
                玄関前で日向ぼっこの ニホンカナヘビ
           しっぽの先が切れてました 何か危険から逃げたのかな
                       ( 8/5 撮影 )
 
 
 
 
 
    170822yamori
 
          こちらも玄関前で ‘頭隠して尻隠さず’状態だった ヤモリ
                   ヤモリ は夜行性なのです
                      ( 8/22 撮影 )
 
 
 
 
 
          170810suzumega
 
            窓ガラス越しだったので ちょっと不鮮明ですが
              スズメガの仲間の キイロスズメ(多分)
      大きくて重そうな蛾ですね 飛ぶときはビューン!と飛ぶのかしら?
                      ( 8/10 撮影 )
 
 
 
 
 
    170822kuroageha
 
         今夏 何度も何匹も「小夏」で孵った クロアゲハ の幼虫
               これは孵化2日目くらいの幼虫です
                     ( 8/22 撮影 )
 
        自然に任せていたので 成長途中で消えてしまった子も多々
                こちらは終齢幼虫くらいかしら?
       厳しい世界ながら 無事蛹になって羽化できた子もいたと信じたい
                     ( 8/30 撮影 )
 
    170830kuroageha
 
 
 
 
 
    170830komisuzi
 
            お隣空き地の葛の葉で休憩中だった コミスジ
            昨夏あたりから 時々見かけるようになりました
                     ( 8/30 撮影 )
 
 
 
 
季節はあっという間に進んで、早や冬に。 こうした小さな生き物たちもいつの間にか
ほとんど姿を見せなくなりました。 歓迎できない生き物もいるけれど、生き物たちが
少なくなる季節はやはり寂しく感じます。
 
そうそ、先日ルーバー窓の窓枠を掃除していましたら、隅っこにヤモリの赤ちゃんを
発見。危うくブラシでつぶすところでした。 そっとつかまえて外へ逃がしましたが、
5㎝にも満たないような小さな体。無事に越冬できるか心配です。
 
 

|

« 空の旅から | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/66018840

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出より 7 (小さな生き物たち):

« 空の旅から | トップページ