« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/28

今年もありがとうございました

皆さまこんにちは。
 
今朝は今冬一番の冷え込みでした。外の植物が凍っています。寒~~~
北海道や日本海側の地域では大変な思いをされていますね。年明けも要注意とか。
どうかご安全にと祈るばかりです。
 
さて、とうとう年末です。 2017年もあと3日となってしまいました。
今年も飛ぶように過ぎ去っていっちゃったなぁ… いえ、一層速かった気がします。
 
今年いちばんワクワクしたのは、春の軽井沢旅行でした。 何しろ何年振りかでの
旅そのものが目的のお出かけでしたし。 季節を遡り、地元ではとうに終わった
桜の花や木々の芽吹きを再び見られた感動はとても大きなものでした。
 
その他では、4月からの自治会役員の仕事はやはりそれなりに時間を取られて‥。
(うちのお役目の仕事は少ない方ですけれど) でもこれも残りあと3ヶ月となりました。
6月7月は東京へのお見舞いが続き8月には葬儀、9月には義母の救急搬送入院、
そしてその後の山口通い… 現実の季節や社会の動きとどこか乖離しているような、
変な浮遊感のようなものを感じながら暮らしてきた気がしています。
 
その義母もついに30日退院予定です。 私達夫婦は明日山口へ飛んでairplane
7~10日ほど滞在し、退院後の生活に少し慣れるのを見届けてから、戻って来ようと
思っています。 夫は年明けに年休をとってあちらでモバイル仕事をしつつ。
私は自治会の関係で一足先に帰宅します。 寒さ厳しい時季ですし、病院と自宅では
違うことがたくさんですし、心配なことばかりですが、上手く順応し、介護サービスを
受けながら両親2人で何とか生活できる目途がつくことを願っています。
 
ブログ活動はずっと低調になってしまって、皆さまにはすっかり不義理して申し訳なく
思っています。 コメントを残すエネルギーはなかなか湧いてこないながら、
皆さまのブログをご訪問させていただき記事を拝見する時間は、変な乖離感が
ふっと晴れる貴重な時間となっています。
 
ことしも本当にありがとうございました。 
感謝をもって今年の締めくくりとさせていただきます。
皆さまがお元気で、よい年をお迎えになられますようにと祈っております。
 
 
 
   170703sky1_1935_mozi
 
 
 
   それではまた。 来年もどうぞよろしくお願いいたします confident clover
 
 
 

| | トラックバック (0)

2017/12/24

クリスマスに寄せて

           xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  bell xmas 
 
         世界には辛いこと悲しいことが満ち溢れているけれど
 
         国も立場もすべてを越えて
 
         お互いの幸せを願うことができたらいいね
 
 
         そんな思いを込めて
 
         アレンジメントの教室で作った作品を掲げます
 
           xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  bell xmas
 
 
 
          20171207card
 
 
 
           xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  bell xmas
 
                Hope you are happy and smiling.
 
           xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  bell xmas
 
 
          20171211card
 
 
 

| | トラックバック (0)

2017/12/18

この秋に見たコスモスは…

皆さま、こんにちは。
今日も寒い朝になりました。 今冬は早くから厳しい寒さがやってきていますね。
北極振動の関係、ラニーニャ現象の関係、いろいろ理由はあるのでしょうけれど、
体の不調や雪による事故などなど、お気を付け下さい。
 
 
さて、記事は季節を遡りまして 「秋」 です confident
 
好きな秋の花は? と問われて真っ先に思いつくのが 「コスモス」 という方は、
きっと少なくないのではないかと思います。 秋の風に吹かれながらゆらり揺れ咲く
コスモスたちは、もうすっかり日本の秋の風景となっていますしね。
 
私も好き♪ 一面のコスモスのお花畑の中を縫うようにして歩いてみたい、と
毎年思いながら夢叶わずにいますョ。
今年はさらに夢から離れ、見られたのはほんの僅か。
 
 
 
          171003cosmos1
 
 
                        こんな感じ
 
 
          171003cosmos2
 
 
 
 
 通りすがりにスマホでパチリ。
 でも、一株だって数輪だって、コスモスが見られたその瞬間は、まぎれもなく幸せな
 ひと時でした。 それに、こんなサービスも ♪
 
 
          171003cosmos3
 
                          heart
 
 
 

| | トラックバック (0)

2017/12/12

小さな花 (レッドドラゴン)

日暮れが早いですね。 午後2時にもならないうちから、もう夕方のような光の感じに、
何とも切ない気持ちになります。 調べてみると、どうやらわが家近辺の日の入りは、
12/5~6日ころが最も早かったもよう。 ということは、すでにすこぉしずつ日の入りは
遅くなってきているsign02 やったー ヽ(´▽`)/   希望が持てましたヮnote
来週22日は冬至ですね。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ *
 
さてさて、
自然界は実に多様性に富んでいますね。 当ブログの主なテーマの「花」もしかり。
その多様な花たちの中でも、小さな野の花にとりわけ惹かれます。
最近では肉眼では ぼやぼや~ になっちゃいましたけれど weep eyeglass
でもやっぱり好き。そんな小さな花たちの一種にタデ科の花たちがあります。
 
秋にはイヌタデ、ソバ、、ヒメツルソバ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ、ミズヒキ など
たくさんの種類が花咲かせますね。
 
でも今年は今挙げたもののどれ一つとして見ることはかなわずでした。
唯一、庭に咲いた 「ペルシカリア・ミクロケファラ‘レッドドラゴン’」 (^^;)
通称‘レッドドラゴン’の花だけは愛でることができました。
過去にもご紹介させていただいたことのある、タデ科・イヌタデ科 の植物です。
可愛らしく & 品のよい‘レッドドラゴン’の花を、皆さまも愛でてくださいませ。
 
11月まではまだかろうじて花が残っていましたが、さすがに咲かなくなりました。
刈り込んで来春の銅葉の芽吹きを楽しみにすることといたしましょう。
       (search写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    170427persicaria_microcephala_reddr
 
            銅葉の頃の様子 レッドドラゴン名のゆかりです
                       4/27 撮影
 
 
 
 
 
 
    170822persicaria_microcephala_red_d
 
                   これ以下 8/22 撮影
 
 
 
 
 
    170822persicaria_microcephala_red_2
 
                お米の粒よりもう少し小さな花です
 
 
 
 
 
    170822persicaria_microcephala_red_3
 
                  小さなアリが来ていました
 
 
 
 
 
    170822persicaria_microcephala_red_4
 
                   淡い紫色の葯がすてき
 
 
 
 
 
          170822persicaria_microcephala_red_5
 
              お付き合いいただきありがとうございました
 
 
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ *
 
日曜は自治会の会議がありましたから、昨日は議事録を作成し、今日コピーをとって
きました。 明日には対象者のお宅に配布して回ります。 こんなに時間をかけるのは、
私は後から見直すと必ずミスがあるから (´Д`;)  その場の見直しでは気づけないん
です‥。 職場の仕事だったらこんな悠長なこと許されないでしょうね coldsweats01
 
 
 

| | トラックバック (0)

2017/12/06

夏の思い出より 7 (小さな生き物たち)

皆さま、こんにちは。
 
またまた強い寒気が流れ込んでいますね。 関東は昨日はまだ暖かでしたが、
南風に乗って枯葉が次々と舞い落ち、今日は落ち葉掃きの仕事が増えました。
義父によると、昨日宇部(山口県)では朝のうち雪がちらついていたそうです。
冬が本格的になってきましたね。 寒いのは大の苦手です。嫌だよぅ bearing
 
12月は普段よりやっぱり忙しなく感じますね。なかでも時間を取られるのが年賀状。
パソコンが変わったので、住所録確認も通信面(裏面)作りも試行錯誤しながらです。
でも、今年は義父母の分は作らなくてよくなり、負担が減ってホッ としています。
まだ先は長いけれど、通信面の印刷まで進みました。
 
 
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~~・~・~・~
 
 
さてさて、書き起こしてあったストック記事は全部アップし終わりましたが、
新しい写真はほとんどない状態ですので、在庫写真からアップさせていただきます。
 
まぁ、季節振り返りの従来の my blog となんにも変わらないということなのですが、
実際の季節との開きはさらに広がりそう… (^_^;) ご容赦くださいませ。
 
6~8月の夏の間に撮ったものばかりですから、先月アップ記事のタイトルに続けて、
「夏の思い出より 7 」 とさせていただきました。
この夏の間に出会った小さな生き物たち(植物以外)です。
苦手な方はスルーしてくださいね。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    170629kamakiri_baby
 
              生まれたばかりの カマキリのベビーちゃん
                      ( 6/29 撮影 )
 
             成虫になれば他の虫に恐れられるハンターも
             そこまで生き延びられる数はわずかでしょうね
 
 
 
 
 
 
    170629musi
 
             何やら鮮やかな… カメムシの仲間のようです
                      ( 6/29 撮影 )
 
 
 
 
 
    170805kanahebi_baby
 
                玄関前で日向ぼっこの ニホンカナヘビ
           しっぽの先が切れてました 何か危険から逃げたのかな
                       ( 8/5 撮影 )
 
 
 
 
 
    170822yamori
 
          こちらも玄関前で ‘頭隠して尻隠さず’状態だった ヤモリ
                   ヤモリ は夜行性なのです
                      ( 8/22 撮影 )
 
 
 
 
 
          170810suzumega
 
            窓ガラス越しだったので ちょっと不鮮明ですが
              スズメガの仲間の キイロスズメ(多分)
      大きくて重そうな蛾ですね 飛ぶときはビューン!と飛ぶのかしら?
                      ( 8/10 撮影 )
 
 
 
 
 
    170822kuroageha
 
         今夏 何度も何匹も「小夏」で孵った クロアゲハ の幼虫
               これは孵化2日目くらいの幼虫です
                     ( 8/22 撮影 )
 
        自然に任せていたので 成長途中で消えてしまった子も多々
                こちらは終齢幼虫くらいかしら?
       厳しい世界ながら 無事蛹になって羽化できた子もいたと信じたい
                     ( 8/30 撮影 )
 
    170830kuroageha
 
 
 
 
 
    170830komisuzi
 
            お隣空き地の葛の葉で休憩中だった コミスジ
            昨夏あたりから 時々見かけるようになりました
                     ( 8/30 撮影 )
 
 
 
 
季節はあっという間に進んで、早や冬に。 こうした小さな生き物たちもいつの間にか
ほとんど姿を見せなくなりました。 歓迎できない生き物もいるけれど、生き物たちが
少なくなる季節はやはり寂しく感じます。
 
そうそ、先日ルーバー窓の窓枠を掃除していましたら、隅っこにヤモリの赤ちゃんを
発見。危うくブラシでつぶすところでした。 そっとつかまえて外へ逃がしましたが、
5㎝にも満たないような小さな体。無事に越冬できるか心配です。
 
 

| | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »