« 2018年4月 | トップページ

2018/05/23

春の思い出 草むらで その2

『春の思い出 草むらで その1』 の続きをもう少しだけ。
 
 
その1 で登場の 「ヒメオドリコソウ」 と同じシソ科・オドリコソウ属で
花形が似ているのは 「ホトケノザ」
 
    180323hotokenoza1
 
          しっとり 「ヒメオドリコソウ」 より 陽気で明るい雰囲気
 
 
 
 
 
 
賑やかに歌っておしゃべりを楽しんでいる 「ホトケノザ」 の手前では
 
    180323nazuna_hotokenoza2
 
               「ナズナ」 たちがしなやかに風に揺れて
 
    180323nazuna2
 
             「ペンペン草」 の愛称で呼ぶ方も多いですね
 
    180323nazuna5
 
              真上から  放射状にまぁるく… 花火の形
 
    180323nazuna4
 
         いっしょに 春の風に吹かれていたくなります いつまでも
 
 
 
 
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover

                                  しつこいかしら (´ー`)
 
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018/05/16

春の思い出 草むらで その1

はや思い出となった今年の春の光景、アップさせていただきます。
 
................................................................................................................................................  
 
 
田んぼの脇の草むらに、動くもの発見!
 
    180323mukudori
 
               見えますか? ムクドリがお食事中でした
               草むらには 「ヒメオドリコソウ」 が見えます
 
 
 
 
 
 
別の所では 「ヒメオドリコソウ」 が群れ咲いていました
 
    180323himeodorikosou1
 
 
 
 
 
 
こちらの 「ヒメオドリコソウ」 のお隣さんは 「トウダイグサ」
 
     180323himeodorikosou2
 
 
 
 
 
 
こんもりと小山のような 「トウダイグサ」
 
    180323toudaigusa2
 
            明るく初々しいグリーンは ひときわ目立ちます
 
 
 
 
「トウダイグサ」 上から見てみましょ
 
    180323toudaigusa6
 
                      面白い花ですね
            放射状に枝をだし それぞれの枝先に2〜3個の
                小さな杯状花序がつく という形
 
       ころんとした球形のものは 受粉後杯状花序から伸びてきた果実
                 だんだん大きくなっていきます
 
         詳しくは → こちら のページを見せていただいてくださいね
 
 
 
 
 
ハエ(?)が来ていましたよ  蜜をなめに来たのかな
 
    180323toudaigusa4
 
 
 
 
 
 
小さいながらマメ科らしい花形に綺麗な花色、繊細な巻きひげも美しいのは‥
「カラスノエンドウ」 こと 「ヤハズエンドウ」
 
          180325karasunoendou
 
         天ぷらにすると美味しいそうですよ 食べたことありませんし
              あまり食べてみたいとも思いませんが…
         アブラムシたちがよってたかってご馳走にあずかっていました
 
             もう豆の莢もすっかり真っ黒に熟していますね
 
 
 
 
 
 
さて最後に、大好きな野草の花ひとつ 「キュウリグサ」
 
     180325kyuurigusa2
 
                        可愛い♪
         咲き進みながら花茎が伸び 草丈が20cmくらいになった
          キュウリグサ たちが群れなしている様子も好きですョ
 
 
 
 
 
 
今年は撮りそびれた「オオイヌノフグリ」「タチイヌノフグリ」も大好き。
「ノミノフスマ」や「ムシクサ」「ツメクサ」「ハコベ」などの、小さな白い花たちも大好き。
あ、「ナズナ」もね♪ だんだん見るeyeglassも撮るshoeも難儀になってきてしまいました。
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover
 
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018/05/09

今年の春休み

ご無沙汰しました。春休み終了です~。 皆さまはいかがお過ごしでしたか。
 
4月の終わりから始まった今年のわが家のG.W.は、文字通り あーっ といってる間に
飛び過ぎていきました。 夫はのべ3日は家で仕事をしてましたし、病院に行ったり
体のメンテナンスに行ったりも。 私は家にいる間ほとんどなんだかんだと細々した
用事を片付けたり作業をしていた気がします。
 
真ん中の3日間は、4ヶ月ぶりに山口の義父母のもとへ顔を見に行き、少しばかり
手助け作業をしてきましたよ。義母は、退院したばかりだった1月よりだいぶしっかり
してきていてホッとしました。義父は特に変わらず。でも、義母が入院していた間より
運動不足になっているのが気がかりです。
山口から戻って1日置いて、今度は東京で独り住まいの義叔母(義母の妹)を訪問し、
網戸の張替え作業。材料を買いに行ったり、予想以上に時間がかかり半日仕事。
夕食をご馳走になって帰りました。
 
自宅では予定通りハナモモの剪定など庭作業に、室内の鉢物の植え替え、衣替えに、
それから… あれやこれや etc.
 
最終日に河原でのランチとコーヒーの2時間デイキャンプが唯一の遊び時間で、
公園散歩へもご近所散歩にも一度も行かずじまいでした。 グスン weep
おまけに、私はずっと心がささくれ立っていてイライラ続きの血圧上昇状態。
なんだかなー なんだかなー という、いつになく楽しくない連休になってしまいました。
 
そんな中、往きの飛行中、並行して飛ぶ飛行機が見えたのが面白かったですゎ♪
もうずいぶん何度も飛行機に乗っていますが、初めてのことで、急いでスマホを
取り出して写真を撮りました。
 
 
    180501_2
 
 
ほんの一時のことでしたけれどね。 あの飛行機はどこへ向かったのかしら。
 
 
 
 
 
ついでにもう1枚、河原でランチしながら撮った空写真もアップしておきますね。
雲が面白いなーと撮ったものです。
 
 
          180506sky3
 
 
春休み前にアップした写真の雲と似た雰囲気でした。
 
 
 
 
次回からは、また季節をぐーんとさかのぼって、春の思い出写真をアップさせて
いただきますね。 立夏も過ぎたというのに相も変わらずのスローテンポですが
ご容赦のほどを。
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/05/02

クリスマスローズ ~春の思い出~

夫の連休に合わせての、ブログ春休みに入らせていただいております。
よってこちらの記事は予約投稿での更新。
記事がアップされる頃、ポージィは山口県にいる予定です。
コメント欄も久し振りに開いたばかりなのに、また閉じてしまってごめんなさい。
連休終了し再開しましたら、またよろしくお願いいたします。
 
 
さて記事は、3月の初めまでぐーんと季節を遡って「クリスマスローズ」を
取り上げさせてくださいね。
 
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「クリスマスローズ」 というお花は、とても人気がありますね。
はい、私も好きです。 物静かで気高いレディという雰囲気を感じています。
そんな雰囲気に畏れを感じたか、わが家に迎え入れて枯らしでもしてはいけないと、
(大好きで気に入って買ったものをよく枯らすのです sweat02
園芸コーナーで苗を見てもじっと我慢を長年続けてきたのですが、昨春、とうとう
ふらっと魔が差して買ってしまいました。 地植えする場所はないので鉢植えに・・・。
一緒に寄せ植えにした草花苗は夏場の環境に音を上げ枯れてしまいましたが、
クリスマスローズは夏を生き延び、ろくろく見てもあげられなかった秋も乗り越え、
寒かった冬も乗り越え、なんと、蕾をつけました♪
感動しました、嬉しかったです ヽ(´▽`)/
 
ちなみに日本ではヘレボラス属全体を 「クリスマスローズ」 と呼んでいますが、
本来は、ちょうどクリスマスの頃・冬に咲く 「ヘレボラス・ニゲル」 の英名が
「クリスマスローズ」。 早春から咲き始める 「ヘレボラス・オリエンタリス」 の英名は
「レンテンローズ」、ということだそうですょ。 何度説明を読んでも覚えられませんが。
 
ということは、私達がよく目にするのは 「ヘレボラス・オリエンタリス」 こと、
「レンテンローズ」 の方かもしれませんね。
そして、現在広く市場に出回っているのは、交配種の 「ガーデン・ハイブリッド」 と
呼ばれるものが主かもしれません。 私が買った苗にも 『ガーデンハイブリッド
シングルピコティ系
』 と書かれたタグが付いていました。
 
前置きが長くなりましたが、記念すべき??わが家の 「クリスマスローズ」 一番花を
アップさせていただきますね。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますvirgo
 
 
 
          180302christmasrose_helleborus_orie
 
                    顔をのぞかせた蕾 3/2
 
 
 
 
 
 
          180306christmasrose_helleborus_orie
 
                     開き始めました 3/6
 
                   記念すべき1輪目なのに
          強風でこすれて一部傷んでしまったのが ちょっぴり残念
 
 
 
 
 
 
          180309christmasrose_helleborus_orie
 
                      咲いたよー 3/9
               白に細いワインレッドのライン 綺麗です♪
          ピコティ というのは どうやら縁取りラインのことのようです
 
                 その後 3月中に もう2輪咲きました
 
 
 
 
 
 
 ここからは、よそで撮ってきた 「クリスマスローズ」 です。
 
    180121christmasrose_helleborus_orie
 
                      真っ白 清楚です
 
 
 
 
 
 
    180218helleborus_orientalis2
 
 
                  大輪でたくさんの花付きが見事
                  落ち着き感のある綺麗な色です
 
 
    180218helleborus_orientalis1
 
 
 
 
4月下旬現在、わが家の‘クリスマスローズ’は、大きな葉っぱを茂らせています。
展開してきたばかりは柔らかですが、けっこう硬くごわごわした葉になりますね。
 
 
 

| | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ