« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/27

ツルニチニチソウ

梅雨前線が北の方にいて、南関東は梅雨明けしたような天気が続きそうな今週です。
5月のころの晴天と明らかに違うのは湿度。 高湿高温は不快感もupですね。
今日は強い南風が吹いて風が通るのでまだ凌ぎやすいかな。
洗濯物は吹っ飛びそうですが~
熱中症と、東北や北海道では大雨にも要注意ですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さてさて、今日は、これまた‘いまは観葉中’の 「ツルニチニチソウ」 を。
  
この冬は、南関東でもかなり低温になる日が繰り返されましたから、
常緑で耐寒性・耐暑性・耐陰性にすぐれ丈夫な(わが家の環境にぴったり)
「ツルニチニチソウ」 にも、さすがにダメージがあり、冬の終わりには枯れ枝と枯葉が
目立っていました。 でも私の心配をよそに、春暖かくなってきたらどんどん新芽が
伸びてきて、いつしかわさわさと元通りに茂って花も咲きましたょ。 さすが!
嬉しかったので記念写真をパチリパチリ camera happy01
アップさせていただきますね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    180419turunitinitisou2
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou5
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou6
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou4
 
 
 
 
 
    180419turunitinitisou1
 
 
 
 
 
似た写真ばかり並べてすみません。 4月19日撮影の花たちですが5月頃まで
楽しませてもらいました。 初々しいグリーンに柔らかな紫色の花が落ち着いた趣で、
見ていると穏やかな気持ちになれるようでした。
 
今の家に引っ越してきた4~5ヶ月後からわが家の仲間になった
「ツルニチニチソウ」。 鉢から這い出たあとは自由奔放に野生化しています。
庭や庭向こうの細い空き地(暗渠)のものは夏の間に何回か切り戻しをしますが、
お隣空き地に進出してグラウンドカバーのように広がった分は放置~ sweat01
クズ、ヤブマメ、ヤブガラシ、スギナなどと共生しております。
 
ネットで情報見ると、『日向の方が花付きが良いが、白い縁取りの斑入りの葉には
半日陰が向く』 といった記述が見られますが、わが家のものは斑入りだった葉が
いつの間にか99%緑一色の葉に変わりました。 日当たり悪い所でも良い所でも
みんなです。 先祖がえりしたのかしら??
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/20

わが家の ローズ

一昨日の朝は大阪で大きな地震の報にドキリと!しました。
前日の群馬での強い地震に続いての強い揺れでしたし、
亡くなられたり(補強などの無い違法なブロック塀でだなんて!)、怪我をされたりと、
被害も大きいだけにショックです。 余震の終息と、亡くなられた方のご冥福、
お怪我や生活の一日も早いご回復をお祈りいたします。
今日の雨にもお気を付け下さい。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
皆さまのお庭やバラ園の素適なバラたちをたくさん拝見した後で気が引けますが、
わが家のローズちゃんたちにも日の目を見せてあげましょぅ confident
 
この春は、「蔓アイスバーグ」が思いのほかたくさん咲きました。
せっかくたくさん咲いたのに写真はほとんど撮れず残念‥。
強風に散々翻弄されて傷めらつけれたのも可哀想でした。
 
そして、意外だったのが、庭の「ずぼバラ」(ずぼっと挿してついた・品種名不明)が、
これまででいちばんたくさんの数の花を咲かせたこと。
それもちゃんとした大きな花が。 ついにこの環境に適応してきたのかしら。
 
花後、みるみる黒星病で葉を落としつつあるのは、蔓アイスバーグも一緒。
それでも枯れてしまわないのは病気に強い性質ということなのでしょう。
 
鉢植えの「ノイバラ」は元気だけど花数はさっぱりで、結実もダメでした。
同じく鉢植えの「ずぼバラ」(品種名不明)は6月に入ってから3輪さきました。
 
 
 
    180506cl_iceberg3
 
                      蔓アイスバーグ
 
 
 
 
 
 
    180506noibara2
 
                        ノイバラ
            全部でこれだけしか咲かず しかも貧弱な花でした
 
    180506noibara3
 
 
 
 
 
 
          180508rose_yatude
 
                      庭の ずぼバラ
            風でへし折れたヤツデの新芽と一緒に投げ活け
        ヤツデとバラは 珍しい取り合わせ? でもお似合いでした
             もうちょっと 整えてから撮ればよかった‥
 
 
 
 
 
 
    180523california_rose_fiesta1
 
                そして 今年新しく購入したローズ
 
                        んん?
 
    180523california_rose_fiesta2
 
          実は 「カリフォルニアローズ・フィェスタ」 といいます
              インパチェンスの園芸種で バラ咲き品種
                ほんと バラの咲き始めのようです
 
           このピンク↑は ‘スターダストピンク’ という品種
      もうひとつ ごく淡いピンクの ‘アップルブロッサム’ と3株植えました
 
 
180619california_rose_fiesta1 180619california_rose_fiesta5
 
  
               ということで、こちらはローズ違い smile
 
 
 
 
 以上、わが家のささやかなローズちゃんたちでした cute cute cute
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/13

ニオイスミレ 今は観葉中

昨日は予定通り人間ドックを受けてきました~。 肺活量も腹部超音波も、転んで
痛いと申告しつつ何とか。胸部レントゲン写真では、見えるような骨折がないことも
確認できたのでホッとしました。
鼻から胃カメラは3回目の体験ですが、慣れませんねぇ。口からよりは楽とはいえ、
麻酔のかかった喉の異物感についついウゲウゲ。 血圧が180近くまで上がって
看護師さんに「緊張しちゃってる?」 と聞かれましたが、緊張しますとも~!
緊張しすぎかもですが、緊張が敏感に血圧上げてしまうのはコントロール不能です。
帰宅したら肩や首は凝りまくり、頭が痛くなり、脇腹痛で寝不足が続いていたことも
あって眠くてたまらず半ダウン状態でした。 ともかく終わってヤレヤレです。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日はどの花の思い出にまいりましょうか bleah
 
この冬の厳しい寒さの繰り返しで、葉がほとんど枯れてしまった、わが家の鉢植え
「ニオイスミレ」 。 枯れてしまった株も少なくない…? と思っていましたが、
春になって日光が降り注ぎ、気温の上がる日も出てくると、次々と新芽を出し、
いつの間にか初々しい葉が出揃っていました。
そして、数は少ないものの(なぜ少ないのかは??)、キリリとした紫色が美しく
愛らしい花も咲いてくれました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    180312nioisumire4
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire3
 
 
 
 
 
 
          180312nioisumire2
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire5
 
 
 
 
 
よく耐えてくれました。 苗を衝動買いしてきてから何年になるかしら?
株が増えてきて、そろそろまた植え替えが必要そうです。
 
・・・と、記事を書き起こしたのが3月下旬。あれから2ヶ月半経った6月中旬現在。
植え替えはしないまま放置中ですが、ちょっぴり肥料をあげたら、
まぁ~葉っぱが元気にもりもり生い茂りました。 みすぼらしかった真冬とは段違い。
もりもりわさわさ茂った葉を見て楽しんでいます。
そして、その元気な葉っぱたちの陰で、まだたまーに花も咲いています ( ´艸`)
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/06/06

春の思い出 ぶら下がって咲きました

しばらく爽やかな晴れが続きましたが、今日は朝から雨です rain
関東地方も梅雨入り発表になるかしら??
 
ところで、私事ながら一昨昨日、日曜に家の中でコケちゃいました。
ちょっと足場の悪い所で方足立ったらよろけ、手をつこうとしたけれど良い場所に
つけなくてそのままバランス崩して あぁぁ~~ sweat01 impact
どういう体勢で何にぶつかったのかよくわかりませんが、色々なものにぶつかり
引き倒しながら派手な音を立てて。 でも、ストレートにドスン!とコケたんじゃ
なかったのが幸いしたのか、大したケガなく(多分)すみました。
右あごと首の境目と、右脇腹(肋骨にヒビくらい入ったかな?)と
右膝下が痛いけれど。 寝返りのたびに脇腹が痛くて寝不足だけれど。
来週予定している人間ドックの肺活量と腹部超音波の検査(プローブでぐりぐり)に
耐えられるかちょっと心配です。 あと1週間で痛みが消えてくれないかな。
ぼーっと考え事しながら動くのはダメですね。 動作に集中しないと think
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
さて、まだまだ続いております、春・思い出の花たち‥今回もお付き合いください。
今回は、ぶら下がるようにして咲いていた花をまとめました。(未掲載写真より)
 
ぶら下がるようにして咲いて、風にふるふる揺れる花を見て、 可愛い~ ♡ と
感じる方が多いと思いますが、花にとってはそうやって咲くメリットは何でしょね?
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
       今回写真枚数が多いですから、適当に流してご覧くださいませ。
 
 
 
    180218snowdrop1
 
                 ( 2/18 撮影  スノードロップ )
 
      ちょっと離れたところから見つけて きゃぁ~会えた~ カワイイ! と
    突進したところ 先客の小父さまカメラマンが這いつくばるようにして撮影中
    地面と馴染んでいらしたので すぐ近くに行くまで気づかなくて焦りました sweat01
 
 
 
 
 
 
          180325hyuugamizuki4
 
                ( 3/25 撮影  ヒュウガミズキ )
 
     初めて出会ったのは ころころした球形の小さな蕾の付いた枝ものとして
  繊細で柔らかな枝を活かして フラワーデザインなどに使われることが多いのです
        その時の残った枝から花が咲いた時の感動は今も忘れません
       以来ずっと大好きです♪ 花業界では‘姫水木’と呼ばれることも
 
 
 
 
 
 
    180325tosamizuki3
 
                  ( 3/25 撮影  トサミズキ )
 
           ヒュウガミズキ より 花房も樹高も大きい トサミズキ
        こちらも可愛いですね 花房が長くなる分花もよく目立ちます
     ヒュウガミズキ より トサミズキ の方が綺麗 と感じる方も多そうですが
         私は ヒュウガミズキ に先に惚れちゃいましたから happy01
 
 
 
 
 
 
          180325kibusi2
 
                   ( 3/25 撮影  キブシ )
 
                    久し振りで会いました~
       目にすると決まって かんざし と 縄のれん が頭に浮かびます
                 現実ではどちらも縁がないのにです
 
 
 
 
 
 
    180325momiziitigo1
 
                 ( 3/25 撮影  モミジイチゴ )
 
                     こちらも お久し振り!
      かっては 近所歩きでも見られたのですが 開発で消えてしまいました
 
 
 
 
 
 
    180327suzuransuisen_snowflake
 
                ( 3/27 撮影  スズランスイセン )
 
            お隣空き地で自生 ずいぶん大きな株に育ちました
                  スノーフレーク とも呼びますね
         わが家の庭に植えてあるものは 今年は咲きませんでした
          こんなに丈夫な植物でも日照不足には勝てないのでしょう
 
 
 
 
 
 
          180415suzuran3
 
                  ( 4/15 撮影  スズラン )
 
                  わが家の鉢植え スズラン です
            スズランの花って この丸っこさが可愛いですよね
        たぶん ドイツスズラン と思うのですが ちょっと肥料をあげたら
          葉がすくすく育って 花を見るのに葉をかき分けることに‥
        4月上旬に咲き始め ずいぶん長いこと楽しませてもらいました
 
 
 
 
 
ぶら下がって咲いていた花たち。 この春ポージィが出会った子たちは以上です。
多少思いの強弱はあっても、どの花も見つけるとみんな きゃぁ~♡ という気持ちに
なります。 こうなったのはいつからでしょ??
子供時代や若者時代は、同じ綺麗・可愛いでも、ここまで強い気持ちでは
なかったような・・・ happy01
 
 
今回もお付き合いいただきありがとうございました♪ 
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »