« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/25

やちむん風

今日の関東は少し暑さが和らぐようです。でも変わりやすい天気thunderrainに要注意。
南の海上では台風12号typhoonが発生しました。 週末に上陸するかもですって!?
え~~ 週末から週明けにかけて、ポージィの故郷と、三重県伊賀市のお墓参り
(夫方のお墓)を予定しているのにぃ sad どちらも1年ぶりのこと。
おじゃんにはなってほしくないですよ。 発達せずうまくすり抜けられないかなぁ…
 
 
今日は久し振りに‘土あそび’の陶芸作品をアップさせていただきました。
いつもながらの拙作ですが見てやって下さい。
 
春、陶芸教室の先生が、沖縄へ行かれたお土産に‘沖縄の土’を下さいました。
(沖縄の師匠に本格シーサー作りを学んだ方で、年に一度は沖縄へ行かれます)
 
沖縄の土は赤土。 さぁて、貴重なこの土で何を作りましょ。
やっぱりどこか沖縄を感じられるようなものを作りたいと考えました。
沖縄の焼き物をネット上であれこれ見るうちに、土の色はそのまま生かし、
よく描かれる代表的な文様を描いた器を作ることにしましたよ。
 
まずは、いただいた土を2分割して出来るだけ同じ形に成形して素焼き。
その素焼きに文様を描きます。
選んだ文様は‘菊の花’。 筆で白い釉薬で見よう見まねでそれっぽい菊を描き、
透明釉をかけて本焼きしていただき、こんなのできました♪
 
 
 
          201805221
 
 
 
          201805222
 
 
 
     20180522
 
 
 
   ちなみに 釉薬無し部分は
 
   こんな色でした
 
   沖縄の赤土です
 
 
 
 
 
 
 
10cmほどの手のひらサイズの浅い小鉢。 落ち着いた色合いになりましたが
可愛い感じもあります。 小さな奴豆腐など入れるのに良さそう delicious
 
‘やちむん’ とは、沖縄の言葉で焼物のことで、「焼き=やち」 + 「もの=むん」
だそうですよ。
よろしければ、ご参照のひとつとして こちら →  をご覧くださいませ。
 
やちむんによく使われる文様の意味については こちら →  をどうぞ。
 
 
 
 
【おまけ】
                昨年作った シーサー風鈴です
         音を鳴らす小片(舌・ぜつ)が大きすぎて重かったのか
              暴風でも吹かないと鳴りません happy02
          音が聞きたくなったら 手で揺らして鳴らしてます~
 
          201707181
 
 
 
 
      clover 週末から4~5日皆さまのブログへご訪問に伺えません m(_ _)m
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/07/18

青い果実 ~初夏の候~

暑い暑い日々が続きますね。 猛暑の中、豪雨被害の地で復旧のための作業に
頑張っていらっしゃる皆さまに頭が下がります。 気持ちばかりの応援でごめんなさい。
どうか体調には十分お気を付け下さい。
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
 
春に花咲かせた木々が、初夏には青い果実を付けますね。
熟成にはまだまだ遠い時期ですが、そうした青い果実たちの初々しさは
なんだかとても愛らしく思えて、何度も眺めて楽しんでしまいます。
 
その後、グリーンのままほとんど色を変えずに熟成する実もあれば、
本格的な夏が来る前に赤く熟す実もあれば、秋まで待ってやっと熟す実も。
それぞれのペースがあるのですね。
 
たくさんある初夏の青い果実たちの、ほんの一部ですが見てくださいね。
暑い中で見ると、一瞬でも爽やかさがよみがえるかも。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
 
    180509hanamomo_mi1
 
                 わが家の 「ハナモモ」 の実です
        食用ではないのですが 完熟するとなかなか良い香りがします
             写真の色から 少ぉし黄色味を帯びるだけで
        完熟してもあまり色変化がないまま あるときぽとっと落ちます
 
          180510hanamomo_mi2
 
 
 
 
 
 
 
          180517kaki
 
          熟す日を迎えることなく 落下した 「柿」の赤ちゃん たち
               まるで セルフ摘果 って感じでしたよ
 
 
 
 
 
 
 
    180524mizuki_mi
 
                お隣空き地の 「ミズキ」 の青い果実
       2月 絡みついていたクズの蔓をできるだけ取りのぞいておいたら
    例年よりもたくさんの花が咲き(撮り損ねましたが)実もたくさんつきました
  いつもだと8月~初秋のころ熟す(赤→紫黒色)前にクズの葉陰になって自然消滅
                  今年の運命やいかに??
                         ↓
   (7月中旬現在ほとんど落果なく アイボリー色多数と淡紫色のもの少数混在)
 
 
 
 
 
 
 
    180510juneberry_mi2
 
               5月上旬の 「ジューンベリー」 の果実
 
    180510juneberry_mi3
 
 
 
 
 
 
    180530juneberry2
 
                5月末の 「ジューンベリー」 の果実
           まだ青いものからだいぶ赤くなったものまでとりどり
 
         赤黒くなったら完熟ですが 今年は自然落果したもの以外
         みーんな鳥さんが食べました  スズメ と ヒヨドリ目撃♪
 
    180530juneberry3
 
 
 
 
 
 
現在わが家で見られる果実は、前述の「ハナモモ」の実と、「ナツツバキ」の青い実
だけですが、食べられるものではなくても、実が生っているというだけで楽しく
思えるのはなぜでしょうね happy01 heart01
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
  
20年使用し続けた冷蔵庫を買い替え、この前の日曜日に新旧交代となりました。
知り合いの方の冷蔵庫が昨年19年目で突然壊れて買い替えたという話を伺って、
わが家のは何年?と調べたら同じ製造年だったのです。
これまで一度も壊れることなく働き続けてくれましたが、年数的にみていつ突然!と
なってもおかしくないですし、節電の面からもそろそろ潮時と判断しました。
突然ではないので計画的に中身を減らして、傷めることなく入れ替えも完了です。
でも、20年も使い続けてすっかり体に馴染んだものが変わるのは違和感大ですね。
新しい冷蔵庫に馴染むにはもうしばらくかかりそうです。
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018/07/11

夏椿 - 2018 -

わが家の 「ナツツバキ」 は、今年のいちばん花は昨年より1週間早い 5月28日に
咲きました。 今年の春は芽吹かなかった枯れ枝が例年より増え、蕾は大量だった
昨年と比べるとだいぶ少ないように感じました。
昨年は7月下旬までかけて順々に咲いていったのが、今年は7月中旬で
ほぼ咲き終わった様子です。 庭の環境、気象の影響を色々受けているのでしょう。
 
 
大好きな 「ナツツバキ」 の花、今年は西日本の豪雨でお亡くなりになった方々へ
手向けます。 お辛かったでしょう… 安らかにお眠りください。
そして、大変な生活・思いを強いられている皆さまに、一日も早く平穏な日常が戻り
ますことを心よりお祈りいたします。 どうぞお気をつけてお過ごしください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180528natutubaki4
 
            5月28日に咲いたいちばん花三輪の内の一輪
 
 
 
 
 
 
    180530natutubaki2
 
 
 
 
 
 
    180604natutubaki2
 
 
 
 
 
 
          180604natutubaki5
 
 
 
 
 
          180607natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    180607natutubaki5
 
 
 
 
 
 
          180613natutubaki6
 
 
 
 
 
一斉に咲いて木全体が花に覆われるような咲き方ではないですし一日花ですから、
昨日はあちらの枝、明日はこちらの一輪と、ぽつりぽつりと咲いていきます。
そんな風情も 「ナツツバキ」 の魅力だと思っています。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。
 
 
               clover 今回はコメント欄を閉じさせていただいています m(_ _)m
 
 

| | トラックバック (0)

2018/07/04

歩けばアジサイの彩り

関東甲信越では早々に梅雨明けが発表され水不足が心配ですが、一方では
大雨・洪水・台風・竜巻などの被害に見舞われる地域もあり、今年の夏も色々と
思いやられますね。
 
晴天と暑さが続いた関東も、今日から4日ほどはcloudrainがちの予報。
強風はもうずーーーっとで、植物たちが揉まれっぱなしでかわいそうです。
「オニユリ」 の蕾が5つも、風に揉まれねじれてダメになってしまいました。
今日明日さらに強まりそうで、そのうち茎ごと折れるかもと気が気じゃありません。
 
さて今日は「アジサイ」を。 雨が似合う花 梅雨どきの花 などと言われますが、
多くの花が平年より早く咲き始める今年は、梅雨入り前から咲き始めた株が
たくさん見られました。 いちばん早くに咲き始めたものは、梅雨入りした頃には
咲き終わっていたものもありましたよ。 急ぎすぎでしょ~
それでも、たまに株の陰の方でやっと色づきつつあるものもあって、暑い中に
爽やかさを感じさせてくれます。
 
アジサイの有名どころ や アジサイ祭り などには出かけていませんが、
幸い、用事の外出で近所を歩くだけでも、様々な アジサイ が見られます。
アジサイの人気に感謝ですね。
 
そんな用事外出ついでに、スマホで撮ったアジサイを並べてみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnail
 
 
 
          180525azisai2
 
                    色づき始めのころ
 
 
 
 
 
 
          180529azisai1
 
               様々な色づき具合のミックスが綺麗
 
 
 
 
 
 
    180529azisai3
 
                   小さな公園の植え込み
 
 
 
 
 
 
    180529azisai2
 
  装飾花の萼片が内側にまるまっているのが特徴的な ウズアジサイ (咲き始め)
 
 
 
 
 
 
    180529azisai4
 
                       ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180525azisai3
 
              色づきスピードの差は 日照量の差かしら?
 
 
 
 
 
 
          180614kasiwabaazisai
 
              重たげに頭を垂れる カシワバアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180614annabelle
 
           淡いグリーン ⇔ 白 の色変化が爽やかな アナベル
 
 
 
 
 
 
          180617gakuazisai1
 
    紫の装飾花と 濃いブルーの両性花の取り合わせが美しい ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
              5月下旬から6月中旬にかけて撮ったアジサイたちでした。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »