« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018/10/31

Happy Halloween ! と お知らせ

今日 10月31日は 「ハロウィン 🎃」 ですね。
日本でも行事としてすっかり定着してきましたが、元々の意味云々より楽しいお祭り
として受け入れられているのは 「クリスマス」 と一緒かな。
 
たまたま10月初めに 「大船フラワーパーク」 をちょっとばかり覗いたときに
撮っていた、ハロウィン・ディスプレイの写真をアップさせていただきましょ。
       (night写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    181007_12
 
 
 
 
 
 
    181007_13
 
 
 
 
 
 
    181007_16
 
  
 
 
                 ジャック・オー・ランタン、悪い霊を追い払ってね!
 
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 11/2~ 山口の夫の両親(義母は入院続行中)の元へ行ってきます airplane ので
 またしばらくご訪問等お休みさせていただきます。
 コメント欄も閉じさせていただいております。 ご了承くださいませ wink
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018/10/24

ヤブミョウガのダンス

皆さま、こんにちは。
 
ポージィ 故郷での法事は滞りなく終了し、土曜の夜遅くには帰宅していました。
日曜は洗濯や買い物に勤しみ、月曜は遅れてやってきた睡魔(土曜は4時半起き)に
抗いがたく… 火曜は今度は夫の出張で4時半起きで… という日々でした。
さらには日に日に大きく膨らむ気がかりに、緊張しぃの私は血圧上がりっ放し。
はぁ… なんだかとっても疲れています。
 
 
まぁ、それはさておきまして、
今日は昨年書き起こしたままになっていたストック記事から 「ヤブミョウガ」 を♪
今年(2018年)も咲いて実っているのですが、初夏に数日吹き荒れた風や
台風の暴風によれよれボロボロ状態でして、モデルは勘弁してください~と言うので
カメラは向けませんでした。 そこで、ストック記事を思い出したというわけです wink
 
はて、どんな記事を書いたのだったやら coldsweats01
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
(↓ 2017年 記 ) 
今年、わが家ではいつになく 「ヤブミョウガ」 が元気で、あっちからもこっちからも
にょきにょき伸びてきて花を咲かせ実を付けました。 お隣空き地の草木が茂って
日陰度UPしたのが、彼らにとっては快適だったのかもしれません。
長い間いろんな姿を楽しめる植物ですね。初夏から晩夏まで撮りためたなかから
ピックアップしてみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          170629yabumyouga3
 
                  葉の間から顔をのぞかせた蕾
 
 
 
 
 
    170719yabumyouga2
 
               咲き始めたよ~  ツユクサの仲間です
 
 
 
 
 
          170629yabumyouga1
 
            なかなかの美しさ  1輪は1㎝に満たない大きさ
 
 
 
 
 
          170719yabumyouga1
 
                    もう少し寄ってみましょ
 
 
 
 
 
    170820yabumyouga4
 
              花後に生る実は 白→淡い緑→薄茶→濃紺
                     と色が変化していきます
 
                    こんな感じの様子を見ると
      シャンシャンと鈴を奏でながら エキゾチックなダンスを踊っているように
                   思えて妄想が膨らみます confident
 
    170820yabumyouga3
 
 
 
 
 
          170820yabumyouga1
 
 
 
 
 
その後、メタリックに輝く濃紺の実を長くつけていましたが、葉や茎が枯れて
きたので刈り取り整理しました。 来年はどこからどれくらい生えてくるかしら (´▽`)
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
                     たくさん生えてきたよ~(2018年・記)
 
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2018/10/17

大山詣で 短縮版

昨日は、何だか異様に眠いなぁと思っていましたら、だんだん頭が痛くなってきて
ついにガンガンに。 ちょっと気がかりなことがあって、それも一因かしら。
そんな訳で皆さまのブログへお邪魔するのはお休みにしました。
鎮痛薬が効いて今日は大丈夫。
  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、さかのぼること、かれこれひと月、
9月の半ば、神奈川県伊勢原市へ 「大山(おおやま)詣り」 に行ってきました。
日本遺産にもなった 「大山詣り」 は、結構人気高いようで、紅葉美しい時季には
相当な混雑となるようです。
 
大山詣りの詳細は、ご興味ありましたら下のリンク先をご覧ください。丸投げ~baseball
日本遺産ポータルサイト「大山詣り」のページは → こちら
 
ですが今回私達は、最寄り駐車場まで車で行き(家から約40分)、ケーブルカーで上り、
阿夫利神社下社でお参りした後、またケーブルカーで下りてきたという、「なんちゃって
大山詣り」 でありました。 それでも駐車場から 大山ケーブル駅 までの参道と、
阿夫利神社駅 から 阿夫利神社下社 までの間は結構な数の階段を上りまして、
最近共に足にトラブル有りの私たち夫婦には限界だったかもしれません。
足トラブルの悪化もなく無事階段の上り下りができてメデタシメデタシでした。
 
あれからずいぶん日が経ってしまいましたが、点描写真を並べさせていただきますね。
いらしたことのある皆さまには、懐かしの場面もあるかも?
枚数が多いのでざーっとご覧くださいませ。
       (rvcar写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshoe
 
 
 
    180917ooyama5
 
         ケーブルカー降りて階段上って 阿夫利神社下社 到着
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama14
 
                階段上り口の 手水舎を見下ろして
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama7
 
         相模湾を望む景観 霞んでいたけれど江の島も見えました
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama13
 
                    石に刻まれた案内図
 
 
 
 
 
 
          180917ooyama12
 
                「日本三大獅子山 大山獅子」 ??
 
         江戸時代から奉納されてきた様々な石造物があったのが
      大正12年 関東大震災による山津波でほとんど流失されたのだそう‥
      その内 資料などを元に建立されたのが この獅子山なのだそうです
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama10
 
             たくさんのカエデたちが植えらえていました
          紅葉の時季は さぞかし美しく染まることでしょう maple
          台風であまり傷んでいないといいのですけれど…
 
 
 
 
 
 
    180917ooyama20
 
             ケーブルカーで 大山ケーブル駅まで下ります
 
 
 
 
 
 
          180917ooyama22
 
           途中の駅で 上り下りのケーブルカーがすれ違います
 
 
 
 
 
 
以下はケーブルカーを降りてから参詣道の階段を下りながら撮った秋の植物です。
 
          180917ooyama23_2
 
                     ハギ (品種は不明)
 
 
 
 
 
    180917ooyama24
 
                        ホトトギス
 
 
 
 
 
    180917ooyama25
 
                       シュウメイギク
 
 
 
 
 
          180917ooyama26
 
                        コムラサキ
 
 
 
 
 
          180917ooyama28tamaazisai2
 
         参詣道を下りきった 駐車場付近にたくさん咲いていました
 
            咲き終わり近かったけれど タマアジサイ かしら
 
    180917ooyama31
 
 
 
 
 
 
【おまけ】
180917ooyama32 180919sarunasi_mi
 
          ドライのサルナシの果実を売っていたので 思わず購入
    豆腐でもコマでもコンニャクでもなく これがわが家の大山土産となりました
 
 
 
 
以上、久し振りの半日お出かけでした。 余談ですが、夫が山口の両親に写メを
送りましたら、鳥取の「大山(だいせん)」と勘違いされ、東京住まいの夫の叔母に
話しましたら、東武東上線の「大山(おおやま)駅」と勘違いされました coldsweats01
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
    この週末は、ポージィの故郷・愛知県での法事に行ってきます。
    金曜辺りからコメント欄閉じさせていただき、またご訪問もお休みしますが
    ご了承くださいませ confident
 
  
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/10/10

葛花

先だっての台風24号による、草木への塩害被害が目立つポージィ地方です。
海岸線からは10km以上離れているのですけれど。
何ともなくて平気な草木もあれば、壊滅的被害を受けたものもありで、
塩分への耐性のある植物とそうでない植物があるということなのかな?
わが家では、ジャノメエリカの枝先の枯れ込みが目立ち、ハゴロモジャスミンの葉が
次々枯れて落ちました。 株が生き残れるかどうか見守っている状態です。
近所では、モミジバフウの並木はボロボロ。別の場所ではイチョウの並木が
南側から大々的に葉が茶色く枯れています。
久し振りに覗きに行った隣市の植物園では、シャクヤク・シャクナゲ・ボタンの苗が
全部真っ黒になって壊滅状態に見えました。
農作物への被害はどうだったのでしょ…
 
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今年も、お隣空き地で 「クズ」 の花がたくさん咲きました。
 (クズのダメージは暴風によるものだけで塩害によるものはなさそう)
「クズ」 は秋の七草の一つですね。 秋の七草は花を愛でるだけでなく、
薬や日用品など実用面でも役立てられてきた植物だそうです。
 
「クズ」 も、葛根・葛湯・葛切り・葛餅 などはお馴染みの薬や食べ物で、
いずれも根を利用したものですし、蔓や葉は籠を編んだり家畜の餌に。
手入れのされない土地にすごい勢いで繁茂して、とかく嫌われがちな「クズ」ですが
現代もお世話になっているのですね。
 
でも、その生長の勢いにはやっぱり圧倒されます。お隣空き地のクズも、
春から芽が伸び始めたのを(1日に30㎝くらい伸びると思います)、空き地に入って
いっては切っていましたが、他の野草も生い茂ってきて腿か腰くらいの深さになって
以降は入っていく気になれずに放置。 そうしたらみるみる何もしてこなかったのと
変わらないほど覆いつくされました coldsweats01
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    180910kuzu8
 
 
 
 
 
 
          180910kuzu7
 
 
 
 
 
 
          180910kuzu2
 
 
 
 
 
 
    180910kuzu5
 
 
      以上4枚は 2階の窓から うちのカメラの目いっぱいズームで撮影
              花がよく見えないなぁ と思っていたら
         翌日 下の方で咲いているのを一つ発見 スマホでパチリ
  
 
          180911kuzu
 
 
                    ( 9/10 ,11 撮影 )
 
 
 
9月末にはまだ花のピンク色が見えていましたが、台風の暴風ですべて吹き飛び、
今はたわわなグリーンの豆の莢がついているのが見えます。
これから晩秋になると、熟した豆入りのカラカラの莢とごわごわと嵩張る枯葉が
大量に降ってきます catface
一時のこと 秋の風物詩 と言い聞かせつつも、本音はちょっぴり憂鬱です~ coldsweats01
 
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2018/10/03

花より団子(果実)

台風24号の駆け抜けという劇的な始まり方をした10月は、わが家では電気のない
朝の支度から一日が始まりました。 電池のランタンで手元を照らし、
水道とガス(プロパン)は大丈夫だし、パン食ということもあって何とかなるものです。
パンを焼くのもガスコンロのグリルで。焦がしちゃったけど。
市内の停電は、2日夕方もまだかなりありましたが、3日朝までには全域復旧した
ようです。 愛知・長野・静岡・山梨などまだ続いている地域がありますね。
                                  (10/3 8:00現在)
1日の昼前には早々に復旧し、冷凍食品も大丈夫だったわが家は、運が良かった
のだとつくづく思いました。 早く全域で復旧がかないますように…。
 
 
 ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
 
 
さて、それでは今日は・・・
 
6月中旬から7月上旬に、庭の 「センリョウ」 と 「マンリョウ」 の花が咲きました。
庭の‥といっても、鳥さんの落とし物から芽生え勝手に生えている子たちですが。
 
センリョウ・マンリョウ といったら、なんといっても赤い果実が目を引く、花より果実の
植物たち。実が生る前に花も咲きますが、地味だったり葉陰でひっそり咲いたりで
目立ちません。 もちろんご存じの方も多いと思いますが、こんな花が咲きます。
       (bud写真クリックでも少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    180619senryou2
 
 
                 「センリョウ」 の花 (6/19 撮影)
 
       花弁・萼はなく グリーンの球体がメシベ(子房)でその先端が柱頭
          アイボリー色のラグビーボール様のものがオシベと葯で
                オシベはメシベにくっついています
       私の目と写真では 葯が花粉を出しているかは見えませんでした
 
                センリョウ:センリョウ科・センリョウ属
 
 
    180619senryou3
 
 
 
 
 
 
 
    180709manryou2
 
 
                 「マンリョウ」 の花 (7/9 撮影)
        直径 7~8㎜ の花ですが 馴染みのある‘花’の形をしています
 
           マンリョウ:サクラソウ科(ヤブコウジ科)・ヤブコウジ属
 
 
          180709manryou3
 
 
 
 
 
    180827mannryou_mi
 
              8月終わりの頃の 「マンリョウ」 の果実です
            晩秋に向け やがて色づいていくのが楽しみです
 
 
 
 
   この センリョウ↑↑ は樹高15㎝ほど。まだ実を付けたことはありません。
    (今年もできかけたけれど未熟なうちにいつの間にか全部消滅していました)
   将来実が付いたら何色の実なのかな。 ひょっとすると赤い実じゃなくて黄色い
   実の可能性もありますね。
 
   マンリョウ ↑ は、何回か実が生っています。 赤い実で、毎年いつの間にか
   鳥さん(多分ヒヨドリ)が食べていきます。
 
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »