« 夏の思い出より 1 | トップページ | ブログ記事更新納め 2018 »

2018/12/19

祈りを込めて

間もなく、1週間もするとクリスマス ですね。
世の中に便乗してちょっとケーキを食べてみるくらいで、プレゼント交換もしなく
なってしまったけれど、クリスマスは子どもの頃からやっぱりワクワクします
 
ということで、今日は季節(夏)の振り返りはお休みして、クリスマスのアレンジメント
あれこれです。
 
 
いつも教えていただいているマミ・フラワースクールの本部がある「マミ会館」の
玄関では、ツリーとスワッグがお出迎え。 ナチュラルで素適な雰囲気でした。
 
          Img_0605
 
 
 
 
 
この他に、花レッスンで教わって作ったクリスマス・アレンジメント、
久々に自主的に作ったアドベン・トリース、それに山口宇部空港で飾られていた
ツリー&サンタクロース をアップさせていただきましょぅ
 
 
 
          201811011
 
          お花を変えれば お正月向けアレンジメントにも使えます
       (バラ、カラー、スプレーマム2種、唐辛子、ヒペリカム、ヒムロスギ)
 
 
 
 
 
          20181129advent_wreath9_mozi
 
        アドベント・リース  オーソドックスにシンプルに作ってみました
               (ヒムロスギ、姫リンゴ、松ぼっくり等)
 
          写真では 緑の小山に見えますがリースの形してますョ
 
 
 
 
 
             I wish you and your family great happiness.
 
 
 
 
 
          201812062
 
        小さな ナチュラル・ツリー の作り方も教えていただきました
 
        家では ツリーの足元に姫リンゴ を転がして飾っています
 
 
 
 
 
          181118yamagutiubekuukou2
 
                      山口宇部空港にて
 
 
 
 
 
                    
 
 

|

« 夏の思い出より 1 | トップページ | ブログ記事更新納め 2018 »

コメント

こんにちは。

マミフラワー、方々にあるのですね。
この間どこかで見たのですが、さっきからどこだったか思い出せなくて。毎日こうです。
今年もお家の中クリスマスのツリーなどで溢れていますね。素敵!
アドベント・リースもいいですね。ローソクが蜜ろうのような色です。
宇部空港のツリーの大きなこと、よその国に負けないような感じ。(TVで見ただけですが)

投稿: tona | 2018/12/19 13:30

 tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
マミ・フラワーデザインスクールは本部が大森にあり、全国各地に(海外にも)
指定教室・登録教室があります。私が普段教わっているのは指定教室になります。
tonaさんはそんな指定教室のうちのどれかをお見かけになったのかしら。
いえいえ、通りすがりにちらと見かけたものを覚えているのは難しいですよ。
私など、よく通る通りに面した建物が無くなっても、
 あれ?ここ何があったっけ?? と言ってます(^^;)
今年はいつもよりもクリスマスのものが沢山できました
この他に、グリーンに赤いリボンを付けただけの小さなリースと、
マミ本部のワークショップ参加で作ったスクエア・リースもあります。
アドベント・リースありがとうございます。リンゴなど赤い色を使わず、
グリーンとシルバーグリーンで作るのもいいですね。キャンドルを
細身でもう少し長いものにしてもエレガントになると思います。
うふふ 宇部空港のツリーは、実はそんなに大きくないのですよ。
小さな空港ですし。床面近くからスマホで仰ぎ見て撮ったので
大きく感じられますが
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/19 15:41

ポージィさん
おはようございます
もうすぐクリスマスですね
我が家では、ケーキを囲んで、なんてことはなくなってしまいました
2人だけの生活になってからは、世の中の行事に関係なく、毎日平凡な生活を送っています
変化のある生活を送らなければ、とは思いますが・・・
ということで、クリスマス気分は、町中に出て楽しんでいます
でも、今年はいつもの年に比べ静かなように思いますね
ポージィ家では、花一杯で楽しそうですね

投稿: フクジイ | 2018/12/20 06:34

おはようございます。

いよいよクリスマスが間近に迫ってきましたね。
クリスマス飾りステキです。
華やかな飾りも良いですが、私はアドベント・リースが・・・
シンプルですが、大人の?クリスマス飾りですね。

2F家族は息子夫婦の職場組合のクリスマスパーティに行くので
家でのクリスマス行事も無しになったことだし
わが家の飾り、今年は弟王子も関心が無くなったのか
何も言わないので、出すの止めようかな・・・
(私はただ面倒くさいだけ~coldsweats01)

投稿: 雪ん子 | 2018/12/20 06:38

 フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
間もなくですね、クリスマス。フクジイさんのお宅ではケーキも無しですか?
わが家はクリスマスに便乗して久し振りのケーキを食べるって感じです。
若かりし頃は夫婦でプレゼント交換してたんですけど、ネタが付きました(笑)
クリスマス気分もわが家の近辺では何にも無し。
やっぱり'街'に出ないとだめですね。さみしい~
わが家のクリスマスアレンジメントたちは、持ちをよくするため
寒い玄関に集中して置いていて、玄関の出入りの時だけ楽しんでます。
 
 
 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
今年のクリスマスはイヴが休日ですから、盛り上がるお宅も
多いかもしれませんね。雪ん子さんのお宅では今年はホームパーティー
無しですか?ご馳走とケーキが並んで賑やかなホームパーティーが
無しとなったらちょっと寂しそう。ご主人とデートにいらしてください。
クリスマス飾りもお子さんたちが関心薄いと面倒になっちゃいますよね。
 
アドベント・リース、ありがとうございます。
赤いリンゴをやめて、シルバーリーフや白い花と茶とゴールドの木の実、
細身でもう少し背の高いキャンドル、という組み合わせもいいなーと
思ってます。来年気が向いたら作ってみましょ。
…わが家も、アレンジメントを習っていなかったらなにも無しかもです。
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/20 08:50

 一見して必見、ポージーさん宅♪
おはようございます。

 と思いましたが・・、そうでしたか・・。
しかしポージーさん、相変わらずすごいですねこの行動力!
 せめてチョットのマネでも出来たら・・・。
もっと・あれもこれもハカドル、のですが・・・汗。
・リンゴ美味しそうな~。
・松ぼっくり、我が家の松の木、今年はあるかな~?
※今年も・もうこの時期に・・・。
 時間だけが・・・、やっぱり待ってくれません ね!
メリークリスマス!♪
  ヒロ・・でした

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2018/12/20 10:15

 ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
うふふ トップ写真をポージィ宅と思われたのですか?
ま~さ~か~ ですよ。こんなだったら素敵ですけどね。
 
私の行動力? とんでもない、人より劣っていると思っています。
何しろ、ひどく面倒くさがり屋ですから、なかなか腰が上がりません。
今年は花レッスンでクリスマスのものを複数教わりましたし、
たまたま何年振りかで本部へ行く機会がありましたし、宇部空港も
11月に2度も利用しましたから、クリスマス関連の写真が増えてくれました。
オーナメントは松ぼっくりも姫リンゴも買ったものです~
お家のものでまかなえたら、愛着もさらにアップですね。
 
今日は今年最後の花レッスンで、お正月のアレンジメントを教わってきました。
ん~ お正月まではお花が持たないかな。差し替えないと、ですね。
いやはや一年経つのは早いですね!
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/20 15:05

ポージィさん こんばんは!

アドベントリース、とっても素敵ですね!
子どもたちの家ではアドベントカレンダーを作っていましたが、
リースは大人の雰囲気ですね。

ナチュラルツリーは瓶のようなものに入っているということは
随分小さいのでしょうか?
お写真では立派なツリーに見えますね。
シンプルで素敵です。

投稿: グレン | 2018/12/20 17:36

 グレンさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
アドベント・リース、ありがとうございます。
お子様たちにとってアドベント・カレンダーは楽しいでしょうね♪
リースの方は大人が中心かもしれません。今回こんな取り合わせで
作りましたが、グリーンにシルバーリーフも加え、赤はやめて
オーナメントの色味を抑え、細身でもう少し背の高いキャンドル
というのも良いなぁと思いながらの制作でした。
 
ナチュラル・ツリーを瓶で立たせていること、見抜かれましたね(^^)
先生がご用意くださった¥100ショップのアンティーク感ある瓶。
わざとラベルを正面に出してみました。
高さは50㎝弱あるので、そう小さくもなく家庭用に丁度いいかなという感じです。
真ん中をつまんで周囲を下へ引っ張ったワイヤーメッシュにコニファーを
差し込んだものを何重かに重ねて枝に通し、天辺を整えるという
作り方なので、大きさはもう少し大きくも小さくも作れそうです。
こういうナチュラルな雰囲気も、大人向けかもしれませんね
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/20 20:05

おはようございます。
クリスマスが近づいてくると、いくつになってもワクワクします。
今年のサンタさん、雪が少なくて、ハイブリット車に乗ってやってくるかもね。(笑)
街のあちこちで見かけるクリスマスのツリーやアレンジメントもいろいろで、皆さん工夫されてるようですね。
ポージィさんのリンゴの付いたアレンジメントが斬新で素敵です。
そういえば、最近、個人の家に飾られる電飾が少なくなりましたね。
一時は、競い合って電飾競争が勃発!!世間を騒がせたことも、少なくなった原因かもしれません!

投稿: ソングバード | 2018/12/21 07:20

 ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ソングバードさんもクリスマスが近づくとワクワクなさいますか? ですよねー
おっとっと、雪が少ない所にはハイブリッド車登場ですか (´艸`)
ヒマになったトナカイさんが太っちゃうかもしれませんね。
クリスマスの飾りは、ツリーもアレンジメントも色んなデザインができる
こともあって、毎年 わぁっ と楽しませてもらえますね。
リンゴ付きアドベント・リース、ありがとうございます。
キリストの降誕を待つ期間を表すリースで、日曜ごとに1本ずつキャンドルを
灯していき、クリスマス前の最後の日曜に4本目を灯すのだそうです。
ちょっと厳かな気持ちになりますね。わが家では火は付けずに飾っておくだけですが。
個人のお宅を飾る電飾について、私も同じことを感じていました。
ひところすごかったですけれど、少なくなりましたよね。
たまにしか見かけませんし、マスコミでもほとんど取り上げられませんね。
過熱が招いた問題も色々ありましたものね。
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/21 09:42

Merry Christmas!

 すばらしいアレンジメントですね。
今年もクリスマスがきました。そしてお正月。
子供たちにとっては嬉しい楽しい時ですね。

 子供たちの小さいころは、ツリーに飾り付けをして楽しんだものでした。子供も大きくなり、やがてそれらは孫のために活躍しました。物置の中からその残骸が出てきました。イルミネーションは玄関の植木に付け童心に帰って楽しんでいます。

 23日、スーパーで3歳くらいの女の子を連れた若い夫婦が入ってきました。入り口には沢山のクリスマスグッズが並んでいます。長靴に入った例のものもあります。
それを見つけた女の子「ああ、これサンタさんがいい子に持ってくるんだよね。どうしてここにあるの?」
両親・・・?????
どうやら子供に内緒で買うつもりだったらしいが子供に言われてなすすべなし。
そのうち父親が子供を連れてそこを離れる。母親がさっと取り、レジで精算、見えない袋の入れてもらってた。
帰って子供にどう説明したのでしょう?気になりました。

 何年かぶりに風邪取りつかれ、3日ばかり咳で苦しみました。今日やっとよくなり起きられました。
医者曰く「若い時みたいにすぐには治らないと思うので、じっくり辛抱強く治療しましょう」・・・と
どうやら寝正月にはならないで済みそう。

投稿: 夢閑人 | 2018/12/24 11:10

 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
かってクリスマスツリーで活躍したイルミネーションを植木に飾って
楽しんでいらっしゃるとのこと、良いですね~
道行く人々もほんわか気分をいただきながら見ていらっしゃるでしょうね。
 
スーパーでの一コマ、ご両親は焦ったでしょうね。
サンタさんを信じているお子さんたちにいつどのように真相を伝えるか、
永遠の悩みかもしれません。
私は5歳になる前の頃?、例の長靴を父が買い物して帰った食糧やら日用品の中に
偶然見つけてしまって、それでサンタさんの夢はプシュッと消えました。
でも意外とショックを受けたという記憶はないのです。
子供心にも、やっぱりそうだったのか、という気持ちだったのかもですね。
 
あらら、お風邪で苦しい思いをされておいででしたか。
咳が酷かったのですね。起きられるようになられて何よりですが、
治り際で無理なさいませんよう、くれぐれもお気を付け下さい。
 
Warmest thoughts for Christmas and a Happy New Year!
 
 

投稿: ポージィ | 2018/12/24 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りを込めて:

« 夏の思い出より 1 | トップページ | ブログ記事更新納め 2018 »