« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/30

初秋の思い出より 

「夏の思い出より 1、 2」 に続く最終回です。
当初タイトルを 「夏の思い出より3」 と考えていたのですが、写真を撮った日付を
改めて確認したら、どれも9月以降でしたので、「初秋の思い出より」 にしました。
「夏の思い出より 1、 2」 に引き続き、季節の振り返りにお付き合いください。
全部スマホでパチリ。 皆さんがご覧になったものもあるかしら。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
          180908clematis_mi1
 
            クレマチスの実が すっかりもしゃもしゃになって
                 お日様の光に輝いていました
              花が咲いていたのは 確か5月頃でした
                      ( 9/8 撮影 )
 
 
 
 
 
 
          180928inokoduti_cut
 
         来年の干支 「猪」 を意識して撮った 「猪小槌(イノコヅチ)」
            花が咲いていたのでトリミングしてみましたが…
     大きめ写真をご覧いただくともう少し見えるかな? アリが来ていました
                      ( 9/28 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180919yorugao2
 
            とあるお宅のフェンスを飾って咲いていた 「ヨルガオ」
             直径10㎝程はあろうかという白い花がほんわり
                   ( 9/19 17:51 撮影 )
 
                この撮影より後も まだまだ咲き続けて
                11月には大きな実が生っていました
 
          181110yorugao_mi
 
                     ( 11/10 撮影 )
 
 
 
 
 
 
          180920sanzasi1
 
         ご近所のお庭で 「サンザシ」 の実が 赤く色づいてきました
                      ( 9/20 撮影 )
 
 
 
 
 
 
          181002sky2
 
         洗濯物を干しながら 『秋らしいなぁ』 と見上げて撮った1枚
                      ( 10/2 撮影 )
 
 
 
 
 
 
          181012fuyou2
 
              やっと1枚きり撮った お隣空き地の 「フヨウ」
                      ( 10/12 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    181018pyracantha1
 
 秋が進むにつれ オレンジ色から真っ赤へと色づいてきた ご近所の 「ピラカンサ」
           鳥さんたちが食べ始めたのは 11月半ばからでした
    年内はボチボチ 年が明けててから1月中旬頃には食べ尽くされていました
                     ( 10/18 撮影 )
 
          181018yracantha2
 
 
 
 
 
 これより後の季節のシーンは、またの機会に改めて振り返ってみたいと思います。
 全く、といっていいほど撮れていないのでどうなるかわかりませんが (^^;)
 
 今日もお付き合いいただきありがとうございました♪
 
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2019/01/23

夏の思い出より 2

時は1月も下旬となり、季節は冬真っ盛りでありますが、マイペース街道まっしぐら。
昨年12/12アップの記事 「夏の思い出より 1」 に続き、のんびりゆっくり
夏を振り返りたいと思います。
(予告どおり、年をまたいでのアップになってしまいました 
季節の振り返り、よろしければご一緒にお付き合いください。
今回は「虫」 も登場しますので、苦手な方はスルーしてくださいね。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    180716irugao2
 
                 お隣空き地に咲いた 「ヒルガオ」
         以前はもっとたくさん咲いたのですが ずいぶん減りました
               人の手のほとんど入らない草地というのは
              毎年何かしら植生に変化があるものですね
 
            好きな逆光 近寄れないので少し遠くからズームで
             昼間に撮ったのに夜のようで ちょっと幻想的
 
 
 
 
 
 
    180712yamori
 
           ガラス越しの 「ヤモリ」 は わが家の夏の風物詩
              幼いちびヤモリが家の中に入ってくることも
          捕まえられれば外へ出しますが 逃げて見失った子は
                  その後どうなったのでしょ
           いつか 普段動かせない家具の陰からミイラが…?
 
 
 
 
 
 
    180826tukiyo3
 
         ある日曜 外で食事をした帰り道 月夜の光景が素適でした
          スマホを向けてみたものの…  目で見た光景とは程遠い
 
 
 
 
 
 
    180817kamioooka_home
 
               ある日の夕方 電車待ちのホームにて
        夕日で浮かび上がったシルエットが面白いなと スマホでパチリ
              う~ん やっぱり目で見た方が面白かった
 
 
 
 
 
 
          180827kuroageha_youtyuu2_2
 
                  今年も 鉢植えの「小夏」で
          「クロアゲハ」や「アゲハチョウ」 が何度か育ちました
         突然姿が見えなくなることも多く‥ 捕食されたのでしょう
           でも 2匹はどこかで蛹になって羽化したと信じます
 
          180913kuroageha_youtyuu
 
 
 
 
 
 
    180910onbubatta5
 
              今年は庭で 「オンブバッタ」 がたくさん孵り
          タデ科の 「ペルシカリア・ミクロケファラ 'レッドドラゴン'」 が
            格好の食草になりました 穴だらけの葉がそれです
               あ 「ヤブミョウガ」 の葉も食べられました
 
     秋口には こんなふうに♀に♂がおんぶしている様子がよく見られましたよ
             どちらも なんだか 三角関係のよう ( ´艸`)ププ
 
          180913shouryoubatta3
 
 
 
 
 
              以上で その2 はおしまいです。  最終回へ続きます
 
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2019/01/16

空旅はじめ

早いもので今年もすでに半月が過ぎ去ってしまったのですね。 はぁぁぁ~~ (^^;)
先週は花レッスンが教わる側とお教えする側とあり、エアコンの交換工事があり、
未だ治まらないめまい症で、時おりフラリフラリしながら(転ばないよう注意しながら
普通に動いて)過ごしておりました。
一昨日は、夫の提案で映画を観に行ってきましたョ。
「ボヘミアン・ラプソディ」 私は 「クイーン」 のことはグループ名くらいしか知りま
せんでしたが、IMAXという映写で臨場感あふれる映画の世界にすっかり引き込まれ、
グループの成り立ちや成長に目を瞠り、曲を楽しみ、リード・ボーカル(シンガー)
フレディ・マーキュリーの孤独感にはせつなさを募らせつつ、ラストのクライマックスの
チャリティーコンサート「ライヴエイド」のシーンでは大きな感動に浸ってきました。
 
 
さて、今日の記事は先だっての空の旅 からです。
 
2019年、 飛行機乗り初めは、山口宇部空港 → 羽田空港 の便となりました。
進行方向に向かって右側の窓際席でしたので、またまた少しばかりスマホ写真を
撮ってみました。 もう飽きられちゃったかしら?  でも見てね~
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    190103_1433ubekuukou2
 
                   山口宇部空港にて 14:43
      この後乗る飛行機が到着しました 到着機遅れで離陸も遅れました
               小さな空港なので 乗る便も一目瞭然
 
 
 
 
 
 
          190103_1604
 
          16:04 どの辺りでしょう まだ雲の上を飛んでいます
                雲海と紺青の空の色が綺麗でした
 
 
 
 
 
 
          190103_1607
 
         16:07 まばらになった雲の影が海に 斜めに伸びています
 
 
 
 
 
 
          190103_1632
 
               16:32 着陸間近となり陸地もすぐそこに
                 朱に染まった地平線が柔らかです
 
 
 
 
 
 
          190103_1642
 
            16:42 無事着陸 到着ゲートに向かって走行中
               ほぼ日の入り時刻と同時の着陸でした
               この日の東京の日の入り時刻は16:00
 
 
 
 
 
  羽田到着後は、電車と地下鉄と電車を乗り継ぎ、18:30ころ帰宅。
  荷物を置くだけ置いていてすぐ、ぐったり~ でももうひと踏ん張り~~ と、
  食料買い出しと夕食に 出かけたのでした 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2019/01/09

謹賀新年 ブログ事始め

皆さま、ご無沙汰いたしました。
 
改めまして
 
       本年もどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m
 
 
皆さまはどんな新年をお迎えでしたか? もうすっかり平常でしょうか。
私ポージィも冬休みが終わり、平常の日々が戻って今日からブログも事始め
と参りたいと思います。 …思っているのですが、  この続きは後ほど。
 
 
まずは、恒例となっております 「お正月のアレンジメント」 でスタートです。
 
 
     Img_0628_mozi
 
      根引き松 ・ オンシジューム ・ グロリオサ ・ ネコヤナギ ・ 細竹
 
実はちょっと失敗作。 細竹を扇形に編んだものを背景に花を活けているのですが
扇の親骨に当たる辺を上手く止められず、左右の長さに差がつき過ぎいびつな
扇になってしまいました
 
 
 
さて、冬休み中は、年末年始を山口県の夫の両親宅で過ごしてきました。
私達の滞在に重ねて、入院中の義母も一時帰宅となり、山口へ着くやいなや
迎えに行きまして、病院へ送り届けたその足で空港へ向かって帰ってきました。
滞在期間中、義父は自分のことで手いっぱいなので、家事、買い物、お世話、
親戚・ご近所ご挨拶、お客様対応にと、夫と2人でフル稼働。
休む間はほとんどなしで寝る間も倒れたらいけないと緊張で安眠できず。
いや忙しかったし、疲れ果てましたです。 帰宅してからの残りの休日も何かと
することをしつつ、2人して眠い~を連発していました (^^;)
 
私は年末28日からめまいを発症(多分 良性頭位めまい症)、これまでも度々
経験してきているのですが、今回はしつこくてまだ治まりませぬ。
さらに29日夜から寝室のエアコンが壊れ、寝起きの時間が寒い寒い。
こちらは6日に電気屋さんにて買い替え・取り替え依頼、11日に工事です。
その他、今週は花レッスン関連のお出かけが2回。
そんなわけで、せっかくブログ事始め宣言をさせていただきましたが、
ご訪問もままならない日あり、コメント欄も閉じたままでの低調スタートとなりました。
いつもながら申訳ありません m(_ _)m
 
今年もボチボチ‥となりそうですが、よろしくお願いいたします。
 
 

| | トラックバック (0)

2019/01/01

新年おめでとうございます

新しい年が始まりました。 皆さまお元気で新年をお迎えでしょうか。
 
今年はどんな年になるのでしょうね。
天皇陛下と元号が変わること、消費税アップなどは、日本にとって大きな出来事。
その他にも様々なことがあるでしょうけれど、毎年いちばんに願うのは
どうかこの一年が穏やかな日々でありますように、ということです。
残念ながらこの願いはちっとも叶っていませんが、それでもやっぱり祈ります。
 
  どうぞ あなたも私も 穏やかに健やかに過ごせますように 
 
 
 
  181214_2019
 
 
 
今年の年賀状のデザインはこんなのにしました。
「イノコヅチ(猪子槌)」の写真を並べた背景に、日本の古来の「猪目(いのめ)」という
文様(ハートの形)を置き、猪の目をのぞかせました。
猪の目は、ネット上で探した写真を参考に色鉛筆で描きましたょ。
 
シュール。 ちょっと気持ち悪いかしら?
私の作る年賀状デザインは、漫画チックなイラストあり、リアルなイラストあり、
写真ありと毎年バラバラですねぇ。 デザインを考える頃の気分次第??
 
この何年かは、新年の干支と干支の動物が名前についている植物を組み合わせた
デザインを続けてきましたが 「猪」 の付く植物は限られていて悩みました。
そしてできたのが ですが、説明しなきゃわからないというのは
これも失敗作かしら
 
なにはともあれ
 
       本年もどうぞよろしくお願いいたします 
 
 
 
 
                     冬休み継続中につき、予約投稿でのアップです。
                     コメント欄は閉じさせていただいております。
 
 

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »