« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019/02/27

真冬の出会い

四季の中で冬がいちばん苦手な私。 12月はまだいいのだけれど、1月、2月と寒さが
続くうちに 『もー イヤダ!! 』 という気持ちになってきます。
でも、ここ南関東では12月の終わりころから「日本水仙」「ソシンロウバイ」といった
花たちが目を楽しませ香りで楽しませてくれ、大いに慰められます。
ありがたいことですね。
 
このところずっとご近所カメラ散歩をしていませんで、用事で出掛けた際にスマホで
そそくさと撮った写真しかありませんが、そんな出会いの花たちです。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
          190110nihonsuisen1
 
 
                大好き ニホンズイセン(日本水仙)
 
 
          190110nihonsuisen3_cut
 
 
 
 
 
 
    190120mangeturoubai2
 
                      ソシンロウバイ
            もちろん香りも 胸いっぱい吸い込んできました
 
 
 
 
 
 
          190120sosinroubai3
 
           パソコンに取り込んでから パソコン附属のアプリで
                   ちょっと遊んでみました
 
 
 
 
 
 
          190129kibusasuisen
 
                   キブサスイセン(黄房水仙)
           なんだかちょっと 伸びをしているように感じました
 
 
 
 
 
 
          190120yuzu
 
                お・ま・け   鈴生り! ユズ の 実
 
 
 
 
 
目眩と動悸がほぼ治まってきています。 このまま治まっていてくれると嬉しいな。
動悸は明らかにストレスが原因と思われたので、深くゆっくりな呼吸をしながら
呼吸だけに意識を集中する… というのを日に何度か思い出したときに
していました。 なんちゃってマインドフルネス、なんちゃって瞑想、といった感じ。
もしかすると、効果があったのかもしれません。
 
義母の退院は未定のままですが、3月3日・4日で一度山口へ行ってこようという
ことになりました。ですので、今日の記事はコメント欄を閉じさせていただいています。
ご訪問コメントもお休みすることがあると思いますがご了承くださいませ
 
 
 

| | トラックバック (0)

2019/02/20

ドラセナ・スルクローサ 開花

2017年に初めて花を見て、昨年も咲いて、今年もまた咲きました。
アレンジメントの残り花材から発根して鉢植えにした 「ドラセナ・スルクローサ」
 
昨年は撮らなかったけれど、今年はまた撮ってみましたょ。 一昨年の記事 →
背景が暗いこんな写真だと、この花の蠟質を感じさせる半透明な花びらが
何やら妖しく神秘的に見えてきます。 夜花開いて朝にはつぼむだけに。
 
6枚ほど並べますので、耽美世界に浸ってみてください  
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
    190108dracaena_surculosa1
 
 
 
 
 
    190108dracaena_surculosa3
 
 
 
 
 
    190108dracaena_surculosa4
 
   2枚目3枚目 大きめ写真をご覧いただくと 玉になった蜜もご覧いただけます
 
 
 
 
 
    190108dracaena_surculosa6_cut
 
 
 
 
 
          190108dracaena_surculosa7
 
 
 
 
 
          190108dracaena_surculosa9
 
                      ( 2/5 撮影 )
 
 
 
 
 
 「ドラセナ・スルクローサ(Dracaena surculosa)」 は、花材(葉物)としてはいまも
 旧名の「ドラセナ・ゴッドセフィアナ」 で流通していることが多いと思います。
 鉢植えになると 「星千年木(ホシセンネンボク)」 の名前で流通しているかしら?
 
葉物として、観葉植物としての利用が多いですけれど、小さくともこんな綺麗な
花を咲かせることも覚えておきたいですね。
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2019/02/13

自由な発想のおもしろみ (と お知らせ・2/14追記あり)

前回の記事で、目眩が治まりました♪ とご報告したのに、そのわずか3日後に復活‥
結局しらふでいられたのは1週間で、またもや酔っ払いに戻ってしまいました。
がっかりです~ 加えて何だかしょちゅう動悸が。 ずっと緊張しているみたいに
ドックンドックン 時々不整脈。 どうしちゃったの私??
 
こんなですが、今度の土曜日(16日)から5日ほど夫と共に山口へ行ってきます。
16日に義母が退院するのに合わせ、退院直後のサポートのために。
5日で足りるのか不安ではありますが、こちらの予定もあり、私は自分の体調も心配
なものですから。 その後は義父母2人で力を合わせ頑張ってみていただきましょう。
 
そんなわけで、今週末からしばらくご訪問をお休みさせていただきますね。
今記事のコメント欄も閉じさせていただいています。 帰宅後すぐには無理かも
しれませんが、また再開しましたらよろしくお願いいたします
 
【追記 2/14】
 …と、昨日このような記事をアップしたのですが、その午後、義父より電話。
 義母が肺炎発症で退院が延期になったとのことでした。
 実は、義母入院中の病院では、入院患者にインフルエンザ発症のため、
 しばらく前から面会中止の処置がとられていて、お見舞いはできないのです。
 そんなわけで、16日から予定していた私たちの山口行きも延期することに。
 この週末~週明けは家にいることになりました。 退院いつになるのかな。
 気落ちしているだろうなぁ…
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日はフラワー・アレンジメント教室での習作のご紹介です
 
へぇ~おもしろ~い! と大いに心惹かれながら作ったデザインですが、
この 『おもしろい』 と感じた気持ちをどう表現したら的確にお伝えできるのか
記事タイトルに困って、何だか硬いタイトルになってしまいました。
キャッチ・コピーの才能無いですヮ
 
タイトルの硬さとは関係なく ふんわり自由~なお気持ちでご覧くださいませ。
 
 
 
          20180517103
 
    食用菊のドライ製品(シート状のもの) と 生花を組み合わせたデザイン
 
            そういう製品があることも初めて知りましたが
     シートということを活かそうと ワイヤーメッシュに貼り付けて形作り
                積み上げて花留めにもしました
             ちょっと不安定でしたが留まってくれました
 
 
 
 
 
 
          2018062121104
 
              花のガーランドを立体的に見せたデザイン
 
          花や葉を短く切って繋げたガーランドを 器に立たせて
    すぐには萎れない花材や綺麗なドライになる花材を使うと 長く楽しめそう
 
 
 
 
 
 
          201804051
 
             ドライのリースベースを花留めにしたデザイン
 
      蔓でつくられたリースベース(¥100ショップで手に入ることも)の巻きを
        ほぐし緩めたものを 支柱となる器にしっかり取り付け花留めに
         陶芸で器を自作して 再トライしてみようかなーと思っています
 
 
 
 
 
教わっている教室では、意外なもの同士の組み合わせや、植物の思いがけない表情
などを教わることが少なくありません。 これはこう、という固定観念に縛られない
自由な発想がおもしろいデザインや新たな魅力を生みだすのですね。
頭が固い私は自分からはなかなか生みだせませんが、教わるのを楽しんでいます。
 
 

| | トラックバック (0)

2019/02/06

さざんか さざんか

こちら南関東では「立春」は春爛漫の頃の気温になりましたが、昨日・今日と急降下。
明日はまた上がって、その後また真冬に~ と目まぐるしく変わるようです。
季節の変わり目に差し掛かってきたということでしょうか。
これまで以上に体調管理に気を付けなくてはいけませんね。
 
体調といえば、長く続いていた目眩が、ようやくほぼほぼ納まりました。
ここ2週間飲んできた、耳鼻科で処方していただいた目眩を抑える薬が効いたのか、
自然に治まってきたのかは?? 1ヶ月余酔っぱらい続けた感じでしたが、
やっとクラクラしなくなってホッとしています。
このまま治まったままでいてくれるといいのですけれどね…
 
 
さてさて、それではお花の話題に。
今冬もわが家の窓のすぐ向こう、お隣空き地で 「サザンカ」 が元気に咲きました。
 
例によって、昨年2月頃バシバシと素人剪定しておいたのですが、株が充実して
きているのか、剪定後も枝をよく伸ばし、蕾がたくさんつきました。
これまででいちばん多かったかもしれません。 そのいっぱいの蕾たちも次々に
咲いて、残りあとわずかとなりました。
 
蕾の頃から花咲いた姿までの様子を撮ってみましたョ。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます
 
 
 
181031sazanka_tubomi1 181031sazanka_tubomi3
 
                       2018.10.31
                          
 
181126sazanka_tubomi1     181126sazanka_tubomi2
 
                       2018.11.26
 
             膨らんできた蕾を撮ってから 1ヶ月近く経って
                  ようやく花色が覗いてきました
 
 
 
 
 
 
    181202sazanka7
 
                    2018.12.02 (以下同じ)
 
                   やっと順に咲き始めました
 
 
 
 
 
    181202sazanka9
 
 
 
 
 
    181202sazanka11
 
 
 
 
 
    181202sazanka13
 
 
 
 
 
    181202sazanka15
 
             たまたま 木漏れ日のスポットライトが当たって
                   素適な演出を見られました
 
 
 
 
 
硬い蕾からほころび始めた蕾、ふっくらとした咲き始め、平たく開き切った様子…
いろんな「サザンカ」の花の表情をご覧いただきましたが、皆さまはどんな花姿が
お好みでいらっしゃいますか?
 
2月初旬、小さな蕾があと2~3? 最後まで楽しませてもらいましょう。
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »