« ひさかたの光のどけき春の日に | トップページ | 山口へとんぼがえり »

2019/03/20

ふわふわ ねこのしっぽ (ネコヤナギ)

ネコヤナギのふわふわの花穂はほんと可愛いですね。 大好きです。
なにしろ、柔らかな毛・産毛フェチなものですから~ 


昨年12月に、花レッスンで使用して残った「ネコヤナギ」の枝を花瓶に挿して取って

ありました。 あれから3か月、冬の花芽のまま変化なく枯れてしまうかな?と

思い始めたところで、やっと冬の褐色のコートを脱いで、ふわふわ銀白色の花穂が

姿を現しました。  わぁぃ ようこそ!!  何年振りのネコヤナギの花穂かしら。

嬉しかったです。 ナデナデすることに忙しくて写真を撮るのが後回しに。

でも記念撮影もしましたよ。 アップさせていただきますね。

       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます


          190301nekoyanagi4


             冬の間 花芽は褐色の硬いコートを着ています

       花芽が動き始めると 褐色のコートが割れるようにして持ち上がり

                 ふわふわの花穂が姿を現します

           なんだか卵からヒヨコが孵化するみたいにも思えます


    190301nekoyanagi2


          190301nekoyanagi3


              品種は何でしょ  少し黄緑がかっています

          ずっと家の中の薄暗い場所に置いていたからかしら?


          この時点では まだ オシベやメシベは出てきていなくて

               雄花か雌花かわかりません(雌雄異株)


                  ( ここまで 3/1 撮影 )


    190318nekoyanagi2


          190318nekoyanagi5


                 ついに シベが出てきました

          これはオシベかな? ということで雄株の雄花でした


                    ( 3/18 撮影 )   


「ネコヤナギ(猫柳)」 は、ふわふわの花穂の様子を猫のしっぽに見立てて

付けられた名前ですが、別名を 「エノコロヤナギ」 ともいうそうです。

「エノコロ」 とは 「犬の子」 のこと。 こちらは子犬のしっぽに見立てた名前ということで、

どちらにしてもしっぽなのですね。


柔らかな手ざわりからすると、猫の方がより近いかなという気がします


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 21日からしばらく、山口の義父母の元へ行ってきますので、また少しお休みします。

 コメント欄も閉じさせていただいています。再開しましたらよろしくお願いいたします

|

« ひさかたの光のどけき春の日に | トップページ | 山口へとんぼがえり »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふわふわ ねこのしっぽ (ネコヤナギ):

« ひさかたの光のどけき春の日に | トップページ | 山口へとんぼがえり »