« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019/06/26

「初夏の候」点描 2

今日(6/26)は、人間ドック を受けに行きます。 健診も検査も嫌いだ~

しばらく前から憂鬱で… しかも人間ドックの日は必ず頭が痛くなるのです。

採血だけでぜ~んぶの検査がおしまい! とかなるといいのに。 

帰宅したらきっとぐったりなのと、週末と週明けにも用事がありますので

コメント欄を閉じさせていただきますね。 ご訪問コメントもお休みしがちに

なるかと思いますが、ご容赦くださいませ  m(_ _)m

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、それでは

今年の5月に、道端や家の鉢植えに咲いた花たちとの出会いを並べた点描です。

今回は 1 に続いて 2 をアップさせていただきました。

わが家の庭や鉢植え、ご近所で切り取ったものです。

季節を告げるいちばん最初の便りを見つけるのも楽しいですけれど、

ここでは、足早に通り過ぎて行った季節を懐かしんでくださいね。

 

190524hanamomo_mi3

「ハナモモ」 の若い実  5/24

梅の実よりも少し粗くて硬い産毛に覆われています

 

 

190524juneberry_mi1

「ジューンベリー」 の青い実  5/24

その後… なかなか赤くならないどころかどんどん数が減っている?

と 思っていたところ ある日目撃しました!

ヒヨドリが2羽 ほんのり色づいただけの実を 食べているのを

そんな若い実も食べたいほど 餌が不足していたの?

結局 完熟の実はひとつも見ることなく 全部消えました

 

  

190527koebisou_beloperone2

植えっぱなしの鉢植えの 「コエビソウ」  5/27

いつもは花数少ないのに 今年は 小振りながらたくさん咲いています なぜ?

 

 

190528kinkeigiku2

ご近所で 「キンケイギク(ホソバハルシャギク)」? 5/28

明るく鮮やかな花色に元気づけられます

190528kinkeigiku4

 

 

190528dokudami1_cut

ご近所で 「ドクダミ」 5/28

白い花びらのようなものは苞 中央の円錐状の部分が小さな花の集まりです

ドクダミの花 好きなんです

わが家の「八重ドクダミ」は 花の葉化が進み 花数も減り

八重の花は 小さな1輪が 遅れて咲いただけでした

この先 いつか再び あのエレガントな八重の花を

たくさん見られる日は来るのかどうか 来るといいなぁ

もっと大きな鉢に植え替えないとダメかしら??

 

 

これにて「初夏の候 点描1 と 2 」のシリーズはおしまいです。

気温差が激しかったり、ちょっとへんてこな5月でしたが、こうして振り返ってみると

やっぱり5月は5月だったかな‥とも思います。

それにしても、ついこの前のはずなのに、もうずっと過去になってしまったように

感じられるのが切ないです。

 

ポチッとよろしく!

|

2019/06/19

「初夏の候」点描1

 昨夜は新潟県・山形県で強い地震がありました。怖い思いをされたことでしょう。

 大阪の地震から1年だな‥と振り返っていた矢先の強い地震にショックも

 大きいです。 お見舞い申し上げますとともに、早く収束しますよう祈ります。

 どうぞご安全に!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 今年の5月は気温のアップダウンが大きかったですね。暑い日は早くも夏のように。

 まだ湿度が低く、爽やかな暑さではありましたけれど。

 そんな今年の5月に、道端や家の鉢植えに咲いた花たちとの出会い。

 季節ごとに芽吹き生長し花咲かせる植物たちは、自然からの便りですね。 

 そうした便りを見つけるととても幸せな気持ちになります。

 

 主にスマホで ポツリ ポツリ 撮ったものを並べてみました。

 題して 「初夏の候」 点描 1 と 点描 2 。 今回は 点描 1 です。

 

190509murasakituyukusa

近所の道端で 塀とアスファルトのわずかな隙間に毎年咲きます

「ムラサキツユクサ」

 

190528sendan1

出掛けた先 歩いていた小道の頭上に枝が下がって

「センダン」 この一枝は他より少し遅れての開花だったみたい

 

190515rose_geranium1_cut

昨秋買って鉢に植えた苗が 春になったらぐんぐん伸びて 咲きました

センテッドゼラニウムの一つ 「ローズゼラニウム」

センテッドゼラニウムとは 葉に芳香をもつグループ で

ローズゼラニウムの葉は 本当にローズの香りがします

 

190527kohirugao1

お隣空き地で芽生え わが家のフェンスにのぼって咲いた

「コヒルガオ」

 

190515noibara1

アレンジメント花材の残りから 水挿しした 「ノイバラ」 鉢植えで

今年は昨年よりたくさん花が咲きました 実は生るかな?

 

190515cl_iceberg

今年も咲いてくれた 「C.L.アイスバーグ」 鉢植え

ろくにお世話しないのに… 感謝あるのみ

 

 

 「初夏の候」 点描 1 はこれにておしまい。 次の「初夏の候」 点描 2 も見て下さいね。

 

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (17)

2019/06/12

たくさん

たくさん・まとまって・かたまって・群れて … 咲く花たち。

一つ一つは小さくても目を引くインパクトがありますね。

この春出会った、そんな「たくさん」を、少しですがまとめてみました。

もうみんな咲き終わってしまって、ちょっと寂しいです。

 

1904217

皆様ご存じの 「ネモフィラ」 すっかり有名になりましたね

 

190423shakunage1

「シャクナゲ」 この春はいつになく花付きが良くて

 

190508sekitiku1

ご近所の「セキチク」 手前の茎の間から垣間見る向こうの花もイイ感じ

190511sekitiku1cut

上から見るとこんな顔

 

190511haruzion3

「ハルジオン」 細くてたくさんの花びらが柔らかな印象で

少し後に咲き始める「ヒメジョオン」より好きかも ♡

 

190508pyracantha2

「ピラカンサ」 びっしり咲いて やがて びっしり実ります

 

 

【お ま け】

190522amatubu_sakaki

こちらは花じゃないけれど 大雨の翌朝の「サカキ」の葉

なんだか いつも目にする雨粒の並びと違う感じ

人工的ともいえそうな 芸術性を感じたのでした

 

実は、ラストの雨粒ぶつぶつは、虫の卵のびっしりぶつぶつや、シダの葉裏の

胞子のぶつぶつが、苦手な私にとって、もうちょっとでぞわぞわ~

になる一歩手前。

隙間なくびっしり並んでいたら危なかったな、なんて思いながら

カメラを向けていました。

私にとっては、「たくさん」の中にも「変化」があることが綺麗に感じるポイント?

線引きは自分でも未だによく分かっていないのです。

 

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (21)

2019/06/05

たんぽぽ ぽぽぽ

少しずつ湿度が上がってきて、空が雲に覆われる日も増えてきました。

今週末には多くの地域で梅雨入りとなるかもしれませんね。

季節追っかけの当ブログでアップするのは、まだ春の花~ (^。^)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

春咲くものを中心に、背丈の低い野草の花たちが大好きです。

タンポポもそのひとつ。地面に黄色の〇い花を見つけると反射的に

『可愛い~♪』 と頬が緩みます。いつ頃だったでしょ、家の横の砂利を敷いた

狭い通路にやってきたのは。最初は一株から。

ふと気づいたらタンポポの葉があって、春に花が咲き、種を飛ばして消滅。

そしてまた、早春に葉が出ていることにふと気づく。

そんなことを繰り返してきました。

今年は去年までと比べると株数が倍に増えていましたょ。

       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)

 

190404tanpopo2

今年咲いた第1号 (4/4撮影)

 

 

190404tanpopo1

(4/4撮影)

 

 

190409tanpopo3

向こうに見えるのも合わせて 全部で4株 (4/9撮影)

 

 

190409tanpopo4

早くも綿毛1号 (4/9撮影)

 

 

190409tanpopo8

株の真ん中から次々蕾が上がってきます (4/9撮影)

 

 

わが家の庭に咲くタンポポの種類ですが、総苞片が一部だけ反り返っていること、

花の時期まで背が低いのに、種を飛ばす頃はぐんと背が高くなる、開花するのは

春だけ、などの特徴から、在来種と外来種のセイヨウタンポポの交雑種かな~ と

密かに思っていますが、真偽は不明です。

 

6/5 現在、とうに花は咲き終わり種も飛ばし終わって、葉もほぼ枯れて消滅。

また来年の春会いましょう。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (18)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »