« 雨の季節への序章 | トップページ | 感動の読後 - 日日是好日 - »

2019/07/10

夏椿 2019

今年も梅雨入りと足並みをそろえるようにして「ナツツバキ」の咲く季節と

なりました。 わが家の庭に迎えてから何年たったでしょう。

記録もしていなければ記憶も曖昧。ここに越してきて2~3年目の早い時期に、

散歩中に見知っていた造園屋さんにいきなりお願いして、たまたま希望していた

株立ちのナツツバキの在庫があったため、翌日にはもう植えていただいた‥

のではなかったかしら?? 何年かするうちにすっかり素適な姿になって

花もたくさん咲かせるようになりましたが、後に植えたジューンベリーの

伸びの早さに押され、日当たりの悪くなった枝が少し枯れ込んでしまいました。

それもあって、今年はジューンベリーの強剪定をしたのですが、やはり両者では

生長の早さが全然違うことを改めて感じています。

 

前置きが長くなりました。昨年は5月半ばに咲き始めるという異例の早さでしたが、

今年はほぼ平年的な6月に入ってからの開花。一番花は 6/6、5輪が同時に

咲きました。 咲き始めが早かったけれど花付きがやや少なかった昨年と比べ、

明らかにたくさんの蕾が付いた今年。そのかわり花は小振りのものが多いようです。

関東は、一番花の翌日 6/7 に梅雨入りとなり、しばらくは雨や曇りの天気の

中での開花が続きました。 そして梅雨の中休み。

そんな両方の様子を撮りました。 今年も見てやってください。10枚並べました。

 

190529natutubaki_tubomi5

5/29 蕾が白っぽくなってきて開花間近をうかがわせる様子に

 

 

190606natutubaki_itiban3

 6/6 5輪咲いた一番花の内の1輪

 

 

190612natutubaki5

毛深いずんぐりしたハチが潜り込んで蜜か花粉に夢中でした

マルハナバチの仲間??

 

 

190613natutubaki1

ナツツバキは一日花 たくさん咲いた翌日は大量の落花

片付けた翌日 50を超える落花があった日も

190610natutubaki5

 

 

190613natutubaki6

梅雨の晴れ間がやってきました

光と影と白い花と緑 美しいです

190613natutubaki14

190613natutubaki21_cut

 

190613natutubaki16

 

 

190612natutubaki15

 

(5/29 ~ 6/13 にかけて撮影したものです)

 

 

高い位置で、昨日はあちらの枝、今日はこちらの枝、とランダムに咲くため、

花顔を覗き込めるものばかりではありませんが、下から見上げ2階ベランダから眺め

毎日様々な表情を楽しませてもらいました。

今年も、最後の蕾が花開くのは7月中旬~後半ころとなることでしょう。

たくさんあった蕾も残りわずかとなりました。

 

 

ポチッとよろしく!

|

« 雨の季節への序章 | トップページ | 感動の読後 - 日日是好日 - »

コメント

おはようございます!

このところ涼しいというか寒いくらいの梅雨寒が続いていますね~ 今日は久しぶりに太陽が顔をのぞかせてくれるとか・・・
ナツツバキ 以前2鉢 デパートから抱えてもって来て 何年かは咲いてくれたのですが その後ぱったりで枯れてしまいました~
なので いつも借景! 今年は1回くらいしか観察していなかったので こちらでじっくりと観察できてうれしいです。美しいですね~
落ちツバキ 風情があるけどお掃除もたいへんですよね~

我が家は一重と八重とのクチナシが伸び放題で 特に八重のは背も高くなり 100個以上の花をつけました。
ノウゼンカズラ クチナシ ボタンクサギの花殻をお掃除するのがたいへんなんです~~

投稿: pole pole | 2019/07/10 10:36

早くも半年が終わって今日はもう7月10日。
季節の移ろいも気付かぬうち、花たちがいつものように季節を教えてくれる。
放ってらかされても、いつものところで変わらず、同じ花を咲かせる。
毎年、取り上げてもらい、愛でられて私は幸せ者です・・・と言ってるかも。

 今日は少し日差しがあるうようなので、7時ごろから洗濯。少し蒸し暑い。
終わって食事。掃除が終わったらたらもう11時半。
今モーニングコーヒーならぬデイコーヒーを飲みながら
コメントしてます。
 
 昨日曇って暑くななかったので、2時ごろからやっと庭木の剪定をしました。
後片付けの方が時間がかかり終わったのは夕方5時。
ナニワノイバラ、梅、キンシバイ、モッコウバラをしました。バラの棘に悩ませられながら。
腰が痛くなり、疲れましたが、やっと終わり思った通りすっきりとなりました。

投稿: 夢閑人 | 2019/07/10 12:18

「こんにちは」
夏椿、お初にお目にかかります。
綺麗、お写真ありがとうございます。

投稿: アットマン | 2019/07/10 12:46

☆ pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はい、私もこのところ寒い~と思っていました。今日の予報の晴れ間‥
たまーに ちらり ちらり 日が射しますが、これじゃ足りないよ~
という気分です(^^;) お日様が恋しくて。
 
pole poleさんのお宅のナツツバキ、以前お写真見せていただいたこと
ありますよね。せっかく苦労して持って帰られたのに、ぱったり枯れて
しまいましたか。残念でしたね。鉢植えは難しいのかしら…
実生が1本育ってきていて、鉢上げしないといけないかな、と思っているのですが。

わが家では今年も咲いてくれて、見ていただけて良かったです。
風情あって美しい花ですよね。でも今年は花が小さいものが多いです。
今は花後のグリーンの実がわんさか。木が弱りそうです。
落ち椿、ナツツバキの場合はすぐにとろけてしまいますね。
毎日は掃除しないので、とろけて土に還っていくものも多々。
肥料になってくれることでしょう(^^;)
え~っ 八重のクチナシが100個以上の花ですか!すごいですね!
そんな大株で花のたくさん咲いたクチナシは見たことないですよ。
うふふ たくさん咲くと花殻もたくさん。何種類もあると
お掃除も半端ではないですね。頑張って~
 
 
☆ 夢閑人さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
ほんとに早いですね! あぁもう半年過ぎてしまったと思っていたら、
7月も早3分の1が過ぎました。このところ梅雨空に梅雨寒続きで
季節が止まっているようにも感じますが、時間は待ってはいませんね。
 
夏椿は私にとって思い入れある木なので、オールシーズン、毎日のように
眺めては変化を楽しんでいます。その思い、伝わっていると良いのですけど(^。^)
 
一仕事されたあとでの、コーヒーブレイクにコメントして下さったのですね。
天気予報では、こちらの天気は晴れになっていますが、現実は
たまーにちらりちらり日が射すにとどまっています。これじゃ足りません~
夢閑人さん地方はもっと晴れ間が広がっているでしょうか。
あ、昨日は気になさっていた剪定を実施されたのですね。
涼しい曇りで作業にはうってつけの日でしたが、たくさんの剪定、
お疲れになったでしょう。お疲れさまでした。
お庭もお気持ちもすっきりと軽くなられましたね。
わが家も、そろそろまたやらなくてはいけません。ひと夏に何度もですね。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/10 12:47

☆ アットマンさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
夏椿、初めてでいらっしゃいましたか。
お寺などに植えられていることがあるようですが…(沙羅双樹の代わりに)
一般のお宅ではヒメシャラの方がたくさん植えられているかもしれません。
あまり目立たない花ですが、風情があって好きなのです。
アットマンさんも気に入って下さったご様子で嬉しいです。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/10 12:51

ポージィさん
こんにちは
先日、いつもの植物園へフェイジョアを見に行った時
ナツツバキが咲き始めたのを確認して
近いうちに見に来なくちゃと思っていたのですが
天気も良くなかったので、ジッと家の中にくすぶっていました
そのうちに、スッカリ忘れてしまいました
あの独特の花弁が綺麗ですね、大好きです
こちらで、見せていただき良かったです
こんなに沢山のツボミが付いて
満開時は、見事だったでしょうね

投稿: フクジイ | 2019/07/10 13:06

こんにちは♪
雪ん子地方、今日はとっても暑いです。
入道雲モクモク・・・梅雨明けの盛夏のようです。

ナツツバキの涼しげな花姿にホッとしている雪ん子です。
一日に50個以上の落花・・・ものすごい花付ですね。
お掃除も大変!?でも、屋根に落ちた花はチョッとステキ。
50個以上も咲いた時の全体が見たかったな~(笑)

投稿: 雪ん子 | 2019/07/10 13:34

☆ 雪ん子さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
雪ん子さん地方、真夏が来たかのようなのですね!
こちらは、ここ数日梅雨寒が続いていました。寒かった~
今日はものすごく久し振りに陽射しもちょっとあって、気温もアップ。
ホッとしたところです。
 
暑い日に見ていただくナツツバキは、いっそう爽やかに涼し気に
感じていただけそうですね。
最盛期には1日に咲く花の数が半端なかったです。
でも枝に咲いている様子は、そんなにたくさん咲いているようには
見えないのですよ。あちこちで葉に隠れて見えないからでしょうか。
落ちて初めて知る花の数、でした。
お掃除はたまーにしかしません。雨が続いていたり面倒だったり。
誰も見ない庭なので気楽に(^^) 朽ちたものはそのまま土に還ってます。
春咲く椿と違ってあっという間にとろけますしね。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/10 15:33

☆ フクジイさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
変人の順番が前後してしまってごめんなさい。
 
よくいらっしゃる植物園に、フェイジョアもナツツバキもあるのですね。
今年は梅雨に入ったとたん、しばらく雨模様の日が続きましたものね。
見にいらっしゃる機を逸してしまわれたのも無理ありません。
その点、わが家の場合は窓から見られるので、ナツツバキに関しては
見落としがありません。
ナツツバキの花、フクジイさんも大好きでいらっしゃると伺って嬉しいです。
風情があって綺麗ですよね。
今年はものすごくたくさんの蕾が付きましたが、いっぺんには咲かず
順々にですし、50輪咲いても葉の陰になったりあちこち散らばって
咲いているので、うわ~満開!といったふうにはならないのですよ。
落花の数で初めてすごく咲いていたんだと知る感じでした。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/10 15:40

こんばんは☆
ナツツバキ私も大好きです。
まん丸のつぼみも可愛いく、咲けばなおよし♪
我が家は葉焼けして葉が茶色になってしまいます。

ポージィさんのblogにリンクさせていただきました。
よろしくお願いしますm(_ _"m)。

投稿: 草もみじ | 2019/07/10 20:21

こんばんは。

夏椿、今年もどこかで2回程見ることが出来ました。
本当にきれいな白ですね。
ポージィ家のは殊の外白が際立っています。
ジューンベリーの方が強いというか成長が早いですか。
花がきれいに咲く木を即選んで庭に植えられたのですね。
蜂がもう夢中になって人が近づいても全然気が付かないのが、何かおかしみを感じます。
一日に50個も咲く日があって凄い数ですね。
ツバキ科ですがチャドクガはいますか?

投稿: tona | 2019/07/10 20:30

☆ 草もみじさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは♪
リンクをありがとうございます。私はご承認いただかないまま
してしまっていて…ごめんなさい m(_ _)m
こちらこそよろしくお願いいたします。
 
ナツツバキ、草もみじさんも大好きでいらっしゃるのですね。
嬉しいです。記事にもアップしていらっしゃいましたね。
仰るように真ん丸の蕾も可愛いです~♡
うちのも真夏の日差しを浴びるようになると少し葉焼けします。
でも、隣のジューンベリーやお隣空き地のどんどん育ってきた木で
カンカンに照らされ続けない分少なく済んでいるようです。
日陰になり過ぎたところは枝が枯れてしまいましたけれど。
 
 
☆ tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
今年はすでに2度ご覧になれているのですね (*^^*)
風情ある白い花が美しいですよね。今年も咲いてくれて
大いに心和ませてもらいました。
そうなのです、ジューンベリーの生長がこんなに早いとは意外でした。
5月初旬にブッツリ強剪定したところから、細い枝がはやくも
40㎝くらいは伸びているんです。花桃と同じくらい早いです。
文字通り狭小庭なので、何を植えようかというのは悩みました。
花桃はたまたま小さな苗をいただいたので自動的にでしたが、
考えて考えて選んだのがナツツバキ。ジューンベリーは半ば衝動的に(笑)
ナツツバキには蜂がよくきていますが、人のことなど眼中になしですね。
こちらも邪魔はしませんが、夢中になっているのはおかしいようですよね。
 
今年はこれまででいちばんではないかという花付きでした。
小さい花が多かったですけれど。
ある朝、前日綺麗にしておいたところがすっかり花で埋まっていたのは驚きで、
思わず数えてしまいました。
 
そうなんです、ツバキ科はチャドクガが付きやすいんですよね。
幸いなことに、わが家のナツツバキにはまだ付いたことがないのです。
代わりにというわけでもありませんが、隣のジューンベリーには
イラガの仲間の幼虫がびっしり…というのが2度ほどありました(涙)
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/10 21:13

 この・はかなさが・・・
今晩は~

 ナツツバキ・ありがとうございます。
とうとう今年は職場の花、見ずに・・でした。
 こうして拝見させていただき、ホッとしたような・・。
そして安心したような・・でした。

 それにしましても、久し振りにこうして見まするに・・。
 何だかすご~く新鮮な感じが・・。
また懐かしいような・・・。
特に、4・5枚目の写真、いやされる~・~!
ひらがなになるくらい・・。

 以前、庭で咲いていた頃、地面の花・ず~っとそのままでした。
これがまたいいんだな~・(私としましてはッ)。
※ また来年も・楽しく咲いてちょうだいよ~♪
  ・・でした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年) | 2019/07/10 23:08

☆ ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
はかなさが… そうですね。風情も儚げ、そして実際一日咲いて散ってしまいます。
 
職場のナツツバキの花、見損ねてしまわれましたか?
まだ蕾が残っているかもしれませんよ。
でも、こうしてここで、今年も見ていただけて良かったです。
毎年恒例ではありますが、年に一度の逢瀬は七夕のようですね(^^)
私も毎年新鮮な気持ちで庭のナツツバキを眺めて飽きません。
別れる時が来たら寂しいでしょうね‥
4~5枚目、といいますと落花の写真ですね。
ナツツバキの花はほんとに儚くて、春咲く椿のようにしばらく落花を
楽しむこともできません。あっという間にとろけてしまいますもの。
その分すぐに土に還っていくのでしょうね。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/11 14:23

こんにちは。
「美しい」という言葉がぴったりですね。
なんだか、それしか出てこなかったです。
語彙力ないだけか?!
1日咲いて、おちてしまう。
それがわかっているから、
そういう目でみてしまうのか、儚げですねぇ。

ナツツバキの花も私達と同じで、
自分が土へ還る時期なんて、きっとわかってませんよね。
自分の持つしろい花びらを輝かせ
咲ける間咲いて、還る時がきたら還る。
当たり前のことを当たり前にしているナツツバキ。
そういう自然の営みが、またいっそう美しく
魅させてくれるのかもしれないなぁ・・
なんて思いました。

投稿: まる | 2019/07/11 15:53

こんにちは。
しばらく我慢していた雨がまた落ちてきました。
梅雨の間、ずっと咲き続けてくれるナツツバキは嬉しいですね。
緑の中に咲いて虫を呼ぶ姿ばかりでなく、一日で落ちた後の姿も素敵な写真になっていますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2019/07/11 16:08

☆ まるちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
「美しい」‥ うん、私もそう思います。
まるちゃんの場合、語彙が少ないからではないですね。
多分、それがいちばん思いにぴったりな言葉だから。
それとも、感動すると言葉が出てこなくなっちゃうか、どちらか。
 
一日咲いて落ちて、あっという間にとろけて土に還る儚い花。
淡々と、あるいは粛々と。どちらも当てはまるような
ナツツバキの花の営み。
ナツツバキに限らず自然ってそういうものかもですね。
当たり前のことを当たり前に、受け入れ、している。
そういう姿に魅せられる気持ち、私も一緒です。
 
 
☆ 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
夜までもつかと思いましたが、降り始めてしまいました。
まだしばらく梅雨空が続きそうですね。
ほんとうに、ナツツバキの花期はちょうど梅雨の時期と重なります。
おかげで、暗い空の下でも白く美しい花に日々慰めてもらえます。
雨が降っていてもちゃんと虫たちがやってくるのにも驚かされますよ。
引きこもってる私とは大違い(笑)
落花はあっという間にとろけてしまうので、なかなか雰囲気ある状態を
撮りとどめることができませんが、ありがとうございます。嬉しいです。
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/11 16:39

おはようございます。
ナツツバキ、いろんな方のブログでよく拝見するのですが、残念ながら我が家の周辺ではほとんど見かけんない花なんです。
山茶花や椿はあるのですが、ナツツバキだけは・・・・
ナツツバキも、普通の椿のように、花のまま落花するんですね。
梅雨の時期に咲くお庭のナツツバキ、じっと眺めてるだけで時間がたちそうです。
いいなあ~!!

投稿: ソングバード | 2019/07/12 11:07

☆ ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
私も、家の周辺で他には見かけないのです。仲間で、もっと小型の
ヒメシャラを植えているお宅はちょこちょこあるのですけれど。
ヒメシャラより大型の木だから少ないのかもしれませんね。
夏に咲くナツツバキは落花は花の形そのままにポトリ‥ですが、
一日しか咲かず、落花も形をとどめている時間はわずか。
みるみるとろけていくという儚い花です。
でもこの風情ある白い花が大好きで… 仰るように眺めて飽きませんね。
この家に越してきてから植えた花木の中で、いちばん思い入れある木。
お別れする日が来たらかなり落ち込みそう、なんて今から心配しています(^^;)
 
 

投稿: ポージィ | 2019/07/12 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の季節への序章 | トップページ | 感動の読後 - 日日是好日 - »