2018/09/05

タカサゴユリ 2018

台風21号が大きな爪痕を残しながら遠ざかりつつあります。
皆さまやご親戚・お友達に被害はなかったでしょうか。
被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
 
神奈川のわが家では昨夜強風が吹き続けました。 こんなに離れているのに‥と、
今回の台風の威力を思い知らされるような気持ちでした。 大阪などの被害をTVで
見ると、いかにすごい風が吹いたかよく分かります。 今回の台風の勢力でこれほどの
被害ですから、地球温暖化によって懸念されるスーパー台風の襲来などあったら、
いったいどうなってしまうのでしょう…
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日は前回に続いて ユリ です。 わが家では咲き終わりましたが、まだ咲いて
いるものもありますし、もっと遅くなってからひょっこり咲くものもあります。
 
「オニユリ」 の開花からちょうどひと月ほど経った、8月初旬から中旬にかけて、
今年も、ご近所で、わが家の庭や間借りの鉢植えで、 「タカサゴユリ」 が咲きました。
 
わが家の 「タカサゴユリ」 は、十数年前、どこからともなく種が舞い落ちてきて芽生え、
以来細々ながら毎年数株が花咲かせている、完全な野生児たちです。
でも、熟した種を、毎秋お隣空き地にも大量にばら撒いておくのですが、一向に育つ
気配がありません。 「オニユリ」 のムカゴ同様、大量に生え地上を覆い隠す他の強い
野草たちの陰になって、生長できないのかもしれません。
 
ネット上で拝見する 「タカサゴユリ」 の写真には、たくさんの花をつける逞しい姿も
ありますが、私が見るものは1~2輪だけの花付きのものが多く、逞しさより清楚さが
感じられます。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますvirgo
 
 
 
          180807takasagoyuri_tubomi
 
        蕾ははじめ上向きに出てきて やがてこうして俯き花開きます
 
 
 
 
 
 
          180807takasagoyuri_seminukegara
 
                  ご近所のタカサゴユリの蕾
              花被の外側に赤茶色の筋が入っています
 
             この蕾には セミの抜け殻が付いていました
          羽化して どこへ向かって飛び立っていったのかしら
 
 
 
 
 
 
          180807takasagoyuri2
 
                   さぁ 開花の始まりです
           テッポウユリそっくりの花で 同じく全開はしません
 
 
 
 
 
 
          180807takasagoyuri1
 
         今年庭で育った1株は 太く大きく元気と思ったのですが
         2輪咲いた花は どちらも裂いたような不完全な花姿でした
      そういえば去年もこんな感じのが咲いていたような‥同じ株かしら?
 
 
 
 
 
 
          180814takasagoyuri7
 
             わが家で咲くものは内側も外側も真白ですが
     赤茶色の筋が入っているものが 本来のタカサゴユリかもしれません
 
 
 
 
 
 
          180814takasagoyuri9
 
                小さなアリがたくさん来ていました
 
 
 
 
 
 
          180814takasagoyuri5
 
             たまたま花の基部に日の光が当たってできた
                     美しく輝く光のトンネル
 
 
 
 
 
 
          180814takasagoyuri4
 
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2018/08/29

オニユリ

今日は、定番の季節さかのぼりの振り返りのユリをアップさせていただきますね。
7月に咲いた 「オニユリ」 です。
 
 
一つだけ採ってきたムカゴから育ったわが家の 「オニユリ」 が花を咲かせるように
なってから何年になるのでしょ。
今年は蕾を付ける株が4株まで増えました。 みな鉢植えで、毎年たくさんつく
ムカゴ を全部育てるわけにもいかず、お隣空き地にポイポイ放り込んでいますが、
あちらではいっこうに育ってくる気配がありません。他の野草たちに負けちゃうのかな。
 
今年は蕾の時期に1週間くらい連日強風にもみくちゃにされ、合計5つの蕾が落ちて
しまいましたが、それでもその後残った蕾たちが順に咲いて楽しませてもらいました。
 
花の時季は7月の前半でしたが、ワイルド感漂う 「オニユリ」 の花の表情を
お楽しみください。 この色は暑苦しい? でも夏っぽくも感じられます ( ´艸`)
ずらっと並べましたので、ながしてご覧ください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180709oniyuri3
 
 
 
 
 
          180709oniyuri6
 
 
 
 
 
          180709oniyuri12
 
 
 
 
 
          180711oniyuri2
 
 
 
 
 
          180711oniyuri4
 
 
 
 
 
          180712oniyuri5
 
 
 
 
 
          180712oniyuri4
 
 
                    ( 7/9~7/12 撮影 )
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/08/15

ゆらりと高し

夏休み中のポージィです。
 
皆さまこんにちは。
 
この記事は台風13号が北東へと去っていった9日午後に書いています。
台風前に涼しい日を経験した後、去っていく台風に向かって南からの熱気が
吹き込んだのか、一気に気温上昇、蒸し暑くなっています。
一度涼しさを経験した身にはこたえる暑さ。
記事をアップ予定の15日も残暑厳しい日となっているかしら。
 
  
久し振りに、前田夕暮 氏の短歌を思い出すようなヒマワリを見ました。
 
 
          180710himawari2
 
 
 
          180710himawari3
 
 
 
          180710himawari1
 
 
 
            向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ
 
 
 
 
                           残暑お見舞い申し上げます confident 
 
 
 
 
                 ※ 今しばらく夏休みを続けさせていただきます
 

| | トラックバック (0)

2018/08/08

梅雨間近のころ (夏休みのお知らせ)

2週間前に続いて、またもや台風の心配をしています typhoon 13号。
台風の進路やスピードは他の気象次第とあって、今回もなかなか定まりませんでした。
 
わが家は、10日から今度は山口県・宇部へ airplane 帰省予定のため、
先週から天気予報をやきもきしながら見ていました。
当初の予想より東方向へとずれ、我が市は進路の西側に入りそう。
(西側は東側と比べると影響がかなり小さくなります)
10日の airplane も飛べrそう‥ということで、胸をなでおろしています。
 
けれど、心配なのは我が市だけではありません。どうか被害なく去りますように。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、記事は季節を遡ること3ヶ月余のころの花たちになります。
昨日は立秋でしたが、梅雨入り前のころの季節を振り返ってくださいませ。
 
 
2018年の関東地方の梅雨入りは 6月6日 、梅雨明けは 6月29日(平年より22日早い)
でした。 梅雨明けは昨年も早かったけれど、それよりさらに7日早まりました。
そして、昨年は8月以降雨や曇りの日が多く、気温変動も激しくなり、9月もずっと
そんなだったのではなかったでしょうか。 今年6月下旬から7月上旬にかけての
各地の豪雨といい、過去の経験値があてにならない気象が増えてきていますね。
 
梅雨間近のころ、というと5月の下旬から6月の初めころの感覚ですが、
その頃に咲く花も、今年は咲き始めが早かったような気がします。
 
5月半ばから6月初めにかけて咲いた、身近な花たち点描です。
 
 
 
          180517kinsibai2
 
          咲き始めの ヒペリカム・ヒドコート ( 5月17日 撮影 )
 
 
 
 
 
    180529hypericum_hidcote
 
        咲き終わり間近の ヒペリカム・ヒドコート ( 5月29日 撮影 )
 
 
 
 
 
 
 
          180523italian_parsley1
 
             イタリアンパセリの蕾と花 ( 5月23日 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180524italian_parsley2
 
              イタリアンパセリの花 ( 5月24日 撮影 )
  発見! 花弁が落ちて雌性期(?)に入った花は ヤツデの花の雌性期と似てる!
 
 
 
 
 
 
 
          180524yaedokudami3
 
               八重ドクダミの花 ( 5月24日撮影 )
 
 
 
 
 
 
          180524yaedokudami4
 
         今年とうとう1輪きりしか咲かず 撮り納めかもしれないのに
                綺麗に撮ってあげられなかった・・・
 
 
 
 
 
 
 
          180601nanten2
 
                 ナンテンの花 ( 6月1日 撮影 )
 
   何かで 「ナンテンの結実率が低いのは梅雨時に咲き雨に打たれることが多い
       せいもある」 と読んだけれど 今年は梅雨入り前に咲いてしまって
       それでも結実率はほとんどゼロみたいな この場所の ナンテン
 
                       ・ ・ ・ ・ ・
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
冒頭でも書きましたが、山口県・宇部の夫の両親の元へ行ってまいりますので、
しばらくブログの活動をお休みさせていただきます。
5月にも行っていますから、今回短めの日程ですが、夫の夏休み中ということで、
帰宅後も引き続き、ご訪問・コメントのブログ活動も「夏休み」とさせていただきます。
 (記事は自動更新で1回アップ予定です)
 
8月も下旬に入ってからとなりますが、再開後にまたよろしくお願いいたします。
それでは、皆さまもどうぞお気をつけて、お元気でお過ごしください。
 
   clover   clover   clover   clover   clover   clover   clover
 
 

| | トラックバック (0)

2018/07/18

青い果実 ~初夏の候~

暑い暑い日々が続きますね。 猛暑の中、豪雨被害の地で復旧のための作業に
頑張っていらっしゃる皆さまに頭が下がります。 気持ちばかりの応援でごめんなさい。
どうか体調には十分お気を付け下さい。
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
 
春に花咲かせた木々が、初夏には青い果実を付けますね。
熟成にはまだまだ遠い時期ですが、そうした青い果実たちの初々しさは
なんだかとても愛らしく思えて、何度も眺めて楽しんでしまいます。
 
その後、グリーンのままほとんど色を変えずに熟成する実もあれば、
本格的な夏が来る前に赤く熟す実もあれば、秋まで待ってやっと熟す実も。
それぞれのペースがあるのですね。
 
たくさんある初夏の青い果実たちの、ほんの一部ですが見てくださいね。
暑い中で見ると、一瞬でも爽やかさがよみがえるかも。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
 
    180509hanamomo_mi1
 
                 わが家の 「ハナモモ」 の実です
        食用ではないのですが 完熟するとなかなか良い香りがします
             写真の色から 少ぉし黄色味を帯びるだけで
        完熟してもあまり色変化がないまま あるときぽとっと落ちます
 
          180510hanamomo_mi2
 
 
 
 
 
 
 
          180517kaki
 
          熟す日を迎えることなく 落下した 「柿」の赤ちゃん たち
               まるで セルフ摘果 って感じでしたよ
 
 
 
 
 
 
 
    180524mizuki_mi
 
                お隣空き地の 「ミズキ」 の青い果実
       2月 絡みついていたクズの蔓をできるだけ取りのぞいておいたら
    例年よりもたくさんの花が咲き(撮り損ねましたが)実もたくさんつきました
  いつもだと8月~初秋のころ熟す(赤→紫黒色)前にクズの葉陰になって自然消滅
                  今年の運命やいかに??
                         ↓
   (7月中旬現在ほとんど落果なく アイボリー色多数と淡紫色のもの少数混在)
 
 
 
 
 
 
 
    180510juneberry_mi2
 
               5月上旬の 「ジューンベリー」 の果実
 
    180510juneberry_mi3
 
 
 
 
 
 
    180530juneberry2
 
                5月末の 「ジューンベリー」 の果実
           まだ青いものからだいぶ赤くなったものまでとりどり
 
         赤黒くなったら完熟ですが 今年は自然落果したもの以外
         みーんな鳥さんが食べました  スズメ と ヒヨドリ目撃♪
 
    180530juneberry3
 
 
 
 
 
 
現在わが家で見られる果実は、前述の「ハナモモ」の実と、「ナツツバキ」の青い実
だけですが、食べられるものではなくても、実が生っているというだけで楽しく
思えるのはなぜでしょうね happy01 heart01
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
  
20年使用し続けた冷蔵庫を買い替え、この前の日曜日に新旧交代となりました。
知り合いの方の冷蔵庫が昨年19年目で突然壊れて買い替えたという話を伺って、
わが家のは何年?と調べたら同じ製造年だったのです。
これまで一度も壊れることなく働き続けてくれましたが、年数的にみていつ突然!と
なってもおかしくないですし、節電の面からもそろそろ潮時と判断しました。
突然ではないので計画的に中身を減らして、傷めることなく入れ替えも完了です。
でも、20年も使い続けてすっかり体に馴染んだものが変わるのは違和感大ですね。
新しい冷蔵庫に馴染むにはもうしばらくかかりそうです。
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018/07/11

夏椿 - 2018 -

わが家の 「ナツツバキ」 は、今年のいちばん花は昨年より1週間早い 5月28日に
咲きました。 今年の春は芽吹かなかった枯れ枝が例年より増え、蕾は大量だった
昨年と比べるとだいぶ少ないように感じました。
昨年は7月下旬までかけて順々に咲いていったのが、今年は7月中旬で
ほぼ咲き終わった様子です。 庭の環境、気象の影響を色々受けているのでしょう。
 
 
大好きな 「ナツツバキ」 の花、今年は西日本の豪雨でお亡くなりになった方々へ
手向けます。 お辛かったでしょう… 安らかにお眠りください。
そして、大変な生活・思いを強いられている皆さまに、一日も早く平穏な日常が戻り
ますことを心よりお祈りいたします。 どうぞお気をつけてお過ごしください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180528natutubaki4
 
            5月28日に咲いたいちばん花三輪の内の一輪
 
 
 
 
 
 
    180530natutubaki2
 
 
 
 
 
 
    180604natutubaki2
 
 
 
 
 
 
          180604natutubaki5
 
 
 
 
 
          180607natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    180607natutubaki5
 
 
 
 
 
 
          180613natutubaki6
 
 
 
 
 
一斉に咲いて木全体が花に覆われるような咲き方ではないですし一日花ですから、
昨日はあちらの枝、明日はこちらの一輪と、ぽつりぽつりと咲いていきます。
そんな風情も 「ナツツバキ」 の魅力だと思っています。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。
 
 
               clover 今回はコメント欄を閉じさせていただいています m(_ _)m
 
 

| | トラックバック (0)

2018/07/04

歩けばアジサイの彩り

関東甲信越では早々に梅雨明けが発表され水不足が心配ですが、一方では
大雨・洪水・台風・竜巻などの被害に見舞われる地域もあり、今年の夏も色々と
思いやられますね。
 
晴天と暑さが続いた関東も、今日から4日ほどはcloudrainがちの予報。
強風はもうずーーーっとで、植物たちが揉まれっぱなしでかわいそうです。
「オニユリ」 の蕾が5つも、風に揉まれねじれてダメになってしまいました。
今日明日さらに強まりそうで、そのうち茎ごと折れるかもと気が気じゃありません。
 
さて今日は「アジサイ」を。 雨が似合う花 梅雨どきの花 などと言われますが、
多くの花が平年より早く咲き始める今年は、梅雨入り前から咲き始めた株が
たくさん見られました。 いちばん早くに咲き始めたものは、梅雨入りした頃には
咲き終わっていたものもありましたよ。 急ぎすぎでしょ~
それでも、たまに株の陰の方でやっと色づきつつあるものもあって、暑い中に
爽やかさを感じさせてくれます。
 
アジサイの有名どころ や アジサイ祭り などには出かけていませんが、
幸い、用事の外出で近所を歩くだけでも、様々な アジサイ が見られます。
アジサイの人気に感謝ですね。
 
そんな用事外出ついでに、スマホで撮ったアジサイを並べてみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnail
 
 
 
          180525azisai2
 
                    色づき始めのころ
 
 
 
 
 
 
          180529azisai1
 
               様々な色づき具合のミックスが綺麗
 
 
 
 
 
 
    180529azisai3
 
                   小さな公園の植え込み
 
 
 
 
 
 
    180529azisai2
 
  装飾花の萼片が内側にまるまっているのが特徴的な ウズアジサイ (咲き始め)
 
 
 
 
 
 
    180529azisai4
 
                       ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180525azisai3
 
              色づきスピードの差は 日照量の差かしら?
 
 
 
 
 
 
          180614kasiwabaazisai
 
              重たげに頭を垂れる カシワバアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180614annabelle
 
           淡いグリーン ⇔ 白 の色変化が爽やかな アナベル
 
 
 
 
 
 
          180617gakuazisai1
 
    紫の装飾花と 濃いブルーの両性花の取り合わせが美しい ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
              5月下旬から6月中旬にかけて撮ったアジサイたちでした。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/06/27

ツルニチニチソウ

梅雨前線が北の方にいて、南関東は梅雨明けしたような天気が続きそうな今週です。
5月のころの晴天と明らかに違うのは湿度。 高湿高温は不快感もupですね。
今日は強い南風が吹いて風が通るのでまだ凌ぎやすいかな。
洗濯物は吹っ飛びそうですが~
熱中症と、東北や北海道では大雨にも要注意ですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さてさて、今日は、これまた‘いまは観葉中’の 「ツルニチニチソウ」 を。
  
この冬は、南関東でもかなり低温になる日が繰り返されましたから、
常緑で耐寒性・耐暑性・耐陰性にすぐれ丈夫な(わが家の環境にぴったり)
「ツルニチニチソウ」 にも、さすがにダメージがあり、冬の終わりには枯れ枝と枯葉が
目立っていました。 でも私の心配をよそに、春暖かくなってきたらどんどん新芽が
伸びてきて、いつしかわさわさと元通りに茂って花も咲きましたょ。 さすが!
嬉しかったので記念写真をパチリパチリ camera happy01
アップさせていただきますね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    180419turunitinitisou2
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou5
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou6
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou4
 
 
 
 
 
    180419turunitinitisou1
 
 
 
 
 
似た写真ばかり並べてすみません。 4月19日撮影の花たちですが5月頃まで
楽しませてもらいました。 初々しいグリーンに柔らかな紫色の花が落ち着いた趣で、
見ていると穏やかな気持ちになれるようでした。
 
今の家に引っ越してきた4~5ヶ月後からわが家の仲間になった
「ツルニチニチソウ」。 鉢から這い出たあとは自由奔放に野生化しています。
庭や庭向こうの細い空き地(暗渠)のものは夏の間に何回か切り戻しをしますが、
お隣空き地に進出してグラウンドカバーのように広がった分は放置~ sweat01
クズ、ヤブマメ、ヤブガラシ、スギナなどと共生しております。
 
ネットで情報見ると、『日向の方が花付きが良いが、白い縁取りの斑入りの葉には
半日陰が向く』 といった記述が見られますが、わが家のものは斑入りだった葉が
いつの間にか99%緑一色の葉に変わりました。 日当たり悪い所でも良い所でも
みんなです。 先祖がえりしたのかしら??
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/20

わが家の ローズ

一昨日の朝は大阪で大きな地震の報にドキリと!しました。
前日の群馬での強い地震に続いての強い揺れでしたし、
亡くなられたり(補強などの無い違法なブロック塀でだなんて!)、怪我をされたりと、
被害も大きいだけにショックです。 余震の終息と、亡くなられた方のご冥福、
お怪我や生活の一日も早いご回復をお祈りいたします。
今日の雨にもお気を付け下さい。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
皆さまのお庭やバラ園の素適なバラたちをたくさん拝見した後で気が引けますが、
わが家のローズちゃんたちにも日の目を見せてあげましょぅ confident
 
この春は、「蔓アイスバーグ」が思いのほかたくさん咲きました。
せっかくたくさん咲いたのに写真はほとんど撮れず残念‥。
強風に散々翻弄されて傷めらつけれたのも可哀想でした。
 
そして、意外だったのが、庭の「ずぼバラ」(ずぼっと挿してついた・品種名不明)が、
これまででいちばんたくさんの数の花を咲かせたこと。
それもちゃんとした大きな花が。 ついにこの環境に適応してきたのかしら。
 
花後、みるみる黒星病で葉を落としつつあるのは、蔓アイスバーグも一緒。
それでも枯れてしまわないのは病気に強い性質ということなのでしょう。
 
鉢植えの「ノイバラ」は元気だけど花数はさっぱりで、結実もダメでした。
同じく鉢植えの「ずぼバラ」(品種名不明)は6月に入ってから3輪さきました。
 
 
 
    180506cl_iceberg3
 
                      蔓アイスバーグ
 
 
 
 
 
 
    180506noibara2
 
                        ノイバラ
            全部でこれだけしか咲かず しかも貧弱な花でした
 
    180506noibara3
 
 
 
 
 
 
          180508rose_yatude
 
                      庭の ずぼバラ
            風でへし折れたヤツデの新芽と一緒に投げ活け
        ヤツデとバラは 珍しい取り合わせ? でもお似合いでした
             もうちょっと 整えてから撮ればよかった‥
 
 
 
 
 
 
    180523california_rose_fiesta1
 
                そして 今年新しく購入したローズ
 
                        んん?
 
    180523california_rose_fiesta2
 
          実は 「カリフォルニアローズ・フィェスタ」 といいます
              インパチェンスの園芸種で バラ咲き品種
                ほんと バラの咲き始めのようです
 
           このピンク↑は ‘スターダストピンク’ という品種
      もうひとつ ごく淡いピンクの ‘アップルブロッサム’ と3株植えました
 
 
180619california_rose_fiesta1 180619california_rose_fiesta5
 
  
               ということで、こちらはローズ違い smile
 
 
 
 
 以上、わが家のささやかなローズちゃんたちでした cute cute cute
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/13

ニオイスミレ 今は観葉中

昨日は予定通り人間ドックを受けてきました~。 肺活量も腹部超音波も、転んで
痛いと申告しつつ何とか。胸部レントゲン写真では、見えるような骨折がないことも
確認できたのでホッとしました。
鼻から胃カメラは3回目の体験ですが、慣れませんねぇ。口からよりは楽とはいえ、
麻酔のかかった喉の異物感についついウゲウゲ。 血圧が180近くまで上がって
看護師さんに「緊張しちゃってる?」 と聞かれましたが、緊張しますとも~!
緊張しすぎかもですが、緊張が敏感に血圧上げてしまうのはコントロール不能です。
帰宅したら肩や首は凝りまくり、頭が痛くなり、脇腹痛で寝不足が続いていたことも
あって眠くてたまらず半ダウン状態でした。 ともかく終わってヤレヤレです。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日はどの花の思い出にまいりましょうか bleah
 
この冬の厳しい寒さの繰り返しで、葉がほとんど枯れてしまった、わが家の鉢植え
「ニオイスミレ」 。 枯れてしまった株も少なくない…? と思っていましたが、
春になって日光が降り注ぎ、気温の上がる日も出てくると、次々と新芽を出し、
いつの間にか初々しい葉が出揃っていました。
そして、数は少ないものの(なぜ少ないのかは??)、キリリとした紫色が美しく
愛らしい花も咲いてくれました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    180312nioisumire4
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire3
 
 
 
 
 
 
          180312nioisumire2
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire5
 
 
 
 
 
よく耐えてくれました。 苗を衝動買いしてきてから何年になるかしら?
株が増えてきて、そろそろまた植え替えが必要そうです。
 
・・・と、記事を書き起こしたのが3月下旬。あれから2ヶ月半経った6月中旬現在。
植え替えはしないまま放置中ですが、ちょっぴり肥料をあげたら、
まぁ~葉っぱが元気にもりもり生い茂りました。 みすぼらしかった真冬とは段違い。
もりもりわさわさ茂った葉を見て楽しんでいます。
そして、その元気な葉っぱたちの陰で、まだたまーに花も咲いています ( ´艸`)
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧