2018/07/18

青い果実 ~初夏の候~

暑い暑い日々が続きますね。 猛暑の中、豪雨被害の地で復旧のための作業に
頑張っていらっしゃる皆さまに頭が下がります。 気持ちばかりの応援でごめんなさい。
どうか体調には十分お気を付け下さい。
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
 
春に花咲かせた木々が、初夏には青い果実を付けますね。
熟成にはまだまだ遠い時期ですが、そうした青い果実たちの初々しさは
なんだかとても愛らしく思えて、何度も眺めて楽しんでしまいます。
 
その後、グリーンのままほとんど色を変えずに熟成する実もあれば、
本格的な夏が来る前に赤く熟す実もあれば、秋まで待ってやっと熟す実も。
それぞれのペースがあるのですね。
 
たくさんある初夏の青い果実たちの、ほんの一部ですが見てくださいね。
暑い中で見ると、一瞬でも爽やかさがよみがえるかも。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
 
    180509hanamomo_mi1
 
                 わが家の 「ハナモモ」 の実です
        食用ではないのですが 完熟するとなかなか良い香りがします
             写真の色から 少ぉし黄色味を帯びるだけで
        完熟してもあまり色変化がないまま あるときぽとっと落ちます
 
          180510hanamomo_mi2
 
 
 
 
 
 
 
          180517kaki
 
          熟す日を迎えることなく 落下した 「柿」の赤ちゃん たち
               まるで セルフ摘果 って感じでしたよ
 
 
 
 
 
 
 
    180524mizuki_mi
 
                お隣空き地の 「ミズキ」 の青い果実
       2月 絡みついていたクズの蔓をできるだけ取りのぞいておいたら
    例年よりもたくさんの花が咲き(撮り損ねましたが)実もたくさんつきました
  いつもだと8月~初秋のころ熟す(赤→紫黒色)前にクズの葉陰になって自然消滅
                  今年の運命やいかに??
                         ↓
   (7月中旬現在ほとんど落果なく アイボリー色多数と淡紫色のもの少数混在)
 
 
 
 
 
 
 
    180510juneberry_mi2
 
               5月上旬の 「ジューンベリー」 の果実
 
    180510juneberry_mi3
 
 
 
 
 
 
    180530juneberry2
 
                5月末の 「ジューンベリー」 の果実
           まだ青いものからだいぶ赤くなったものまでとりどり
 
         赤黒くなったら完熟ですが 今年は自然落果したもの以外
         みーんな鳥さんが食べました  スズメ と ヒヨドリ目撃♪
 
    180530juneberry3
 
 
 
 
 
 
現在わが家で見られる果実は、前述の「ハナモモ」の実と、「ナツツバキ」の青い実
だけですが、食べられるものではなくても、実が生っているというだけで楽しく
思えるのはなぜでしょうね happy01 heart01
 
 
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 
  
20年使用し続けた冷蔵庫を買い替え、この前の日曜日に新旧交代となりました。
知り合いの方の冷蔵庫が昨年19年目で突然壊れて買い替えたという話を伺って、
わが家のは何年?と調べたら同じ製造年だったのです。
これまで一度も壊れることなく働き続けてくれましたが、年数的にみていつ突然!と
なってもおかしくないですし、節電の面からもそろそろ潮時と判断しました。
突然ではないので計画的に中身を減らして、傷めることなく入れ替えも完了です。
でも、20年も使い続けてすっかり体に馴染んだものが変わるのは違和感大ですね。
新しい冷蔵庫に馴染むにはもうしばらくかかりそうです。
 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018/07/11

夏椿 - 2018 -

わが家の 「ナツツバキ」 は、今年のいちばん花は昨年より1週間早い 5月28日に
咲きました。 今年の春は芽吹かなかった枯れ枝が例年より増え、蕾は大量だった
昨年と比べるとだいぶ少ないように感じました。
昨年は7月下旬までかけて順々に咲いていったのが、今年は7月中旬で
ほぼ咲き終わった様子です。 庭の環境、気象の影響を色々受けているのでしょう。
 
 
大好きな 「ナツツバキ」 の花、今年は西日本の豪雨でお亡くなりになった方々へ
手向けます。 お辛かったでしょう… 安らかにお眠りください。
そして、大変な生活・思いを強いられている皆さまに、一日も早く平穏な日常が戻り
ますことを心よりお祈りいたします。 どうぞお気をつけてお過ごしください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180528natutubaki4
 
            5月28日に咲いたいちばん花三輪の内の一輪
 
 
 
 
 
 
    180530natutubaki2
 
 
 
 
 
 
    180604natutubaki2
 
 
 
 
 
 
          180604natutubaki5
 
 
 
 
 
          180607natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    180607natutubaki5
 
 
 
 
 
 
          180613natutubaki6
 
 
 
 
 
一斉に咲いて木全体が花に覆われるような咲き方ではないですし一日花ですから、
昨日はあちらの枝、明日はこちらの一輪と、ぽつりぽつりと咲いていきます。
そんな風情も 「ナツツバキ」 の魅力だと思っています。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。
 
 
               clover 今回はコメント欄を閉じさせていただいています m(_ _)m
 
 

| | トラックバック (0)

2018/07/04

歩けばアジサイの彩り

関東甲信越では早々に梅雨明けが発表され水不足が心配ですが、一方では
大雨・洪水・台風・竜巻などの被害に見舞われる地域もあり、今年の夏も色々と
思いやられますね。
 
晴天と暑さが続いた関東も、今日から4日ほどはcloudrainがちの予報。
強風はもうずーーーっとで、植物たちが揉まれっぱなしでかわいそうです。
「オニユリ」 の蕾が5つも、風に揉まれねじれてダメになってしまいました。
今日明日さらに強まりそうで、そのうち茎ごと折れるかもと気が気じゃありません。
 
さて今日は「アジサイ」を。 雨が似合う花 梅雨どきの花 などと言われますが、
多くの花が平年より早く咲き始める今年は、梅雨入り前から咲き始めた株が
たくさん見られました。 いちばん早くに咲き始めたものは、梅雨入りした頃には
咲き終わっていたものもありましたよ。 急ぎすぎでしょ~
それでも、たまに株の陰の方でやっと色づきつつあるものもあって、暑い中に
爽やかさを感じさせてくれます。
 
アジサイの有名どころ や アジサイ祭り などには出かけていませんが、
幸い、用事の外出で近所を歩くだけでも、様々な アジサイ が見られます。
アジサイの人気に感謝ですね。
 
そんな用事外出ついでに、スマホで撮ったアジサイを並べてみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnail
 
 
 
          180525azisai2
 
                    色づき始めのころ
 
 
 
 
 
 
          180529azisai1
 
               様々な色づき具合のミックスが綺麗
 
 
 
 
 
 
    180529azisai3
 
                   小さな公園の植え込み
 
 
 
 
 
 
    180529azisai2
 
  装飾花の萼片が内側にまるまっているのが特徴的な ウズアジサイ (咲き始め)
 
 
 
 
 
 
    180529azisai4
 
                       ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180525azisai3
 
              色づきスピードの差は 日照量の差かしら?
 
 
 
 
 
 
          180614kasiwabaazisai
 
              重たげに頭を垂れる カシワバアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180614annabelle
 
           淡いグリーン ⇔ 白 の色変化が爽やかな アナベル
 
 
 
 
 
 
          180617gakuazisai1
 
    紫の装飾花と 濃いブルーの両性花の取り合わせが美しい ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
              5月下旬から6月中旬にかけて撮ったアジサイたちでした。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/06/27

ツルニチニチソウ

梅雨前線が北の方にいて、南関東は梅雨明けしたような天気が続きそうな今週です。
5月のころの晴天と明らかに違うのは湿度。 高湿高温は不快感もupですね。
今日は強い南風が吹いて風が通るのでまだ凌ぎやすいかな。
洗濯物は吹っ飛びそうですが~
熱中症と、東北や北海道では大雨にも要注意ですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さてさて、今日は、これまた‘いまは観葉中’の 「ツルニチニチソウ」 を。
  
この冬は、南関東でもかなり低温になる日が繰り返されましたから、
常緑で耐寒性・耐暑性・耐陰性にすぐれ丈夫な(わが家の環境にぴったり)
「ツルニチニチソウ」 にも、さすがにダメージがあり、冬の終わりには枯れ枝と枯葉が
目立っていました。 でも私の心配をよそに、春暖かくなってきたらどんどん新芽が
伸びてきて、いつしかわさわさと元通りに茂って花も咲きましたょ。 さすが!
嬉しかったので記念写真をパチリパチリ camera happy01
アップさせていただきますね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    180419turunitinitisou2
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou5
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou6
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou4
 
 
 
 
 
    180419turunitinitisou1
 
 
 
 
 
似た写真ばかり並べてすみません。 4月19日撮影の花たちですが5月頃まで
楽しませてもらいました。 初々しいグリーンに柔らかな紫色の花が落ち着いた趣で、
見ていると穏やかな気持ちになれるようでした。
 
今の家に引っ越してきた4~5ヶ月後からわが家の仲間になった
「ツルニチニチソウ」。 鉢から這い出たあとは自由奔放に野生化しています。
庭や庭向こうの細い空き地(暗渠)のものは夏の間に何回か切り戻しをしますが、
お隣空き地に進出してグラウンドカバーのように広がった分は放置~ sweat01
クズ、ヤブマメ、ヤブガラシ、スギナなどと共生しております。
 
ネットで情報見ると、『日向の方が花付きが良いが、白い縁取りの斑入りの葉には
半日陰が向く』 といった記述が見られますが、わが家のものは斑入りだった葉が
いつの間にか99%緑一色の葉に変わりました。 日当たり悪い所でも良い所でも
みんなです。 先祖がえりしたのかしら??
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/20

わが家の ローズ

一昨日の朝は大阪で大きな地震の報にドキリと!しました。
前日の群馬での強い地震に続いての強い揺れでしたし、
亡くなられたり(補強などの無い違法なブロック塀でだなんて!)、怪我をされたりと、
被害も大きいだけにショックです。 余震の終息と、亡くなられた方のご冥福、
お怪我や生活の一日も早いご回復をお祈りいたします。
今日の雨にもお気を付け下さい。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
皆さまのお庭やバラ園の素適なバラたちをたくさん拝見した後で気が引けますが、
わが家のローズちゃんたちにも日の目を見せてあげましょぅ confident
 
この春は、「蔓アイスバーグ」が思いのほかたくさん咲きました。
せっかくたくさん咲いたのに写真はほとんど撮れず残念‥。
強風に散々翻弄されて傷めらつけれたのも可哀想でした。
 
そして、意外だったのが、庭の「ずぼバラ」(ずぼっと挿してついた・品種名不明)が、
これまででいちばんたくさんの数の花を咲かせたこと。
それもちゃんとした大きな花が。 ついにこの環境に適応してきたのかしら。
 
花後、みるみる黒星病で葉を落としつつあるのは、蔓アイスバーグも一緒。
それでも枯れてしまわないのは病気に強い性質ということなのでしょう。
 
鉢植えの「ノイバラ」は元気だけど花数はさっぱりで、結実もダメでした。
同じく鉢植えの「ずぼバラ」(品種名不明)は6月に入ってから3輪さきました。
 
 
 
    180506cl_iceberg3
 
                      蔓アイスバーグ
 
 
 
 
 
 
    180506noibara2
 
                        ノイバラ
            全部でこれだけしか咲かず しかも貧弱な花でした
 
    180506noibara3
 
 
 
 
 
 
          180508rose_yatude
 
                      庭の ずぼバラ
            風でへし折れたヤツデの新芽と一緒に投げ活け
        ヤツデとバラは 珍しい取り合わせ? でもお似合いでした
             もうちょっと 整えてから撮ればよかった‥
 
 
 
 
 
 
    180523california_rose_fiesta1
 
                そして 今年新しく購入したローズ
 
                        んん?
 
    180523california_rose_fiesta2
 
          実は 「カリフォルニアローズ・フィェスタ」 といいます
              インパチェンスの園芸種で バラ咲き品種
                ほんと バラの咲き始めのようです
 
           このピンク↑は ‘スターダストピンク’ という品種
      もうひとつ ごく淡いピンクの ‘アップルブロッサム’ と3株植えました
 
 
180619california_rose_fiesta1 180619california_rose_fiesta5
 
  
               ということで、こちらはローズ違い smile
 
 
 
 
 以上、わが家のささやかなローズちゃんたちでした cute cute cute
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/13

ニオイスミレ 今は観葉中

昨日は予定通り人間ドックを受けてきました~。 肺活量も腹部超音波も、転んで
痛いと申告しつつ何とか。胸部レントゲン写真では、見えるような骨折がないことも
確認できたのでホッとしました。
鼻から胃カメラは3回目の体験ですが、慣れませんねぇ。口からよりは楽とはいえ、
麻酔のかかった喉の異物感についついウゲウゲ。 血圧が180近くまで上がって
看護師さんに「緊張しちゃってる?」 と聞かれましたが、緊張しますとも~!
緊張しすぎかもですが、緊張が敏感に血圧上げてしまうのはコントロール不能です。
帰宅したら肩や首は凝りまくり、頭が痛くなり、脇腹痛で寝不足が続いていたことも
あって眠くてたまらず半ダウン状態でした。 ともかく終わってヤレヤレです。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日はどの花の思い出にまいりましょうか bleah
 
この冬の厳しい寒さの繰り返しで、葉がほとんど枯れてしまった、わが家の鉢植え
「ニオイスミレ」 。 枯れてしまった株も少なくない…? と思っていましたが、
春になって日光が降り注ぎ、気温の上がる日も出てくると、次々と新芽を出し、
いつの間にか初々しい葉が出揃っていました。
そして、数は少ないものの(なぜ少ないのかは??)、キリリとした紫色が美しく
愛らしい花も咲いてくれました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    180312nioisumire4
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire3
 
 
 
 
 
 
          180312nioisumire2
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire5
 
 
 
 
 
よく耐えてくれました。 苗を衝動買いしてきてから何年になるかしら?
株が増えてきて、そろそろまた植え替えが必要そうです。
 
・・・と、記事を書き起こしたのが3月下旬。あれから2ヶ月半経った6月中旬現在。
植え替えはしないまま放置中ですが、ちょっぴり肥料をあげたら、
まぁ~葉っぱが元気にもりもり生い茂りました。 みすぼらしかった真冬とは段違い。
もりもりわさわさ茂った葉を見て楽しんでいます。
そして、その元気な葉っぱたちの陰で、まだたまーに花も咲いています ( ´艸`)
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/06/06

春の思い出 ぶら下がって咲きました

しばらく爽やかな晴れが続きましたが、今日は朝から雨です rain
関東地方も梅雨入り発表になるかしら??
 
ところで、私事ながら一昨昨日、日曜に家の中でコケちゃいました。
ちょっと足場の悪い所で方足立ったらよろけ、手をつこうとしたけれど良い場所に
つけなくてそのままバランス崩して あぁぁ~~ sweat01 impact
どういう体勢で何にぶつかったのかよくわかりませんが、色々なものにぶつかり
引き倒しながら派手な音を立てて。 でも、ストレートにドスン!とコケたんじゃ
なかったのが幸いしたのか、大したケガなく(多分)すみました。
右あごと首の境目と、右脇腹(肋骨にヒビくらい入ったかな?)と
右膝下が痛いけれど。 寝返りのたびに脇腹が痛くて寝不足だけれど。
来週予定している人間ドックの肺活量と腹部超音波の検査(プローブでぐりぐり)に
耐えられるかちょっと心配です。 あと1週間で痛みが消えてくれないかな。
ぼーっと考え事しながら動くのはダメですね。 動作に集中しないと think
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
さて、まだまだ続いております、春・思い出の花たち‥今回もお付き合いください。
今回は、ぶら下がるようにして咲いていた花をまとめました。(未掲載写真より)
 
ぶら下がるようにして咲いて、風にふるふる揺れる花を見て、 可愛い~ ♡ と
感じる方が多いと思いますが、花にとってはそうやって咲くメリットは何でしょね?
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
       今回写真枚数が多いですから、適当に流してご覧くださいませ。
 
 
 
    180218snowdrop1
 
                 ( 2/18 撮影  スノードロップ )
 
      ちょっと離れたところから見つけて きゃぁ~会えた~ カワイイ! と
    突進したところ 先客の小父さまカメラマンが這いつくばるようにして撮影中
    地面と馴染んでいらしたので すぐ近くに行くまで気づかなくて焦りました sweat01
 
 
 
 
 
 
          180325hyuugamizuki4
 
                ( 3/25 撮影  ヒュウガミズキ )
 
     初めて出会ったのは ころころした球形の小さな蕾の付いた枝ものとして
  繊細で柔らかな枝を活かして フラワーデザインなどに使われることが多いのです
        その時の残った枝から花が咲いた時の感動は今も忘れません
       以来ずっと大好きです♪ 花業界では‘姫水木’と呼ばれることも
 
 
 
 
 
 
    180325tosamizuki3
 
                  ( 3/25 撮影  トサミズキ )
 
           ヒュウガミズキ より 花房も樹高も大きい トサミズキ
        こちらも可愛いですね 花房が長くなる分花もよく目立ちます
     ヒュウガミズキ より トサミズキ の方が綺麗 と感じる方も多そうですが
         私は ヒュウガミズキ に先に惚れちゃいましたから happy01
 
 
 
 
 
 
          180325kibusi2
 
                   ( 3/25 撮影  キブシ )
 
                    久し振りで会いました~
       目にすると決まって かんざし と 縄のれん が頭に浮かびます
                 現実ではどちらも縁がないのにです
 
 
 
 
 
 
    180325momiziitigo1
 
                 ( 3/25 撮影  モミジイチゴ )
 
                     こちらも お久し振り!
      かっては 近所歩きでも見られたのですが 開発で消えてしまいました
 
 
 
 
 
 
    180327suzuransuisen_snowflake
 
                ( 3/27 撮影  スズランスイセン )
 
            お隣空き地で自生 ずいぶん大きな株に育ちました
                  スノーフレーク とも呼びますね
         わが家の庭に植えてあるものは 今年は咲きませんでした
          こんなに丈夫な植物でも日照不足には勝てないのでしょう
 
 
 
 
 
 
          180415suzuran3
 
                  ( 4/15 撮影  スズラン )
 
                  わが家の鉢植え スズラン です
            スズランの花って この丸っこさが可愛いですよね
        たぶん ドイツスズラン と思うのですが ちょっと肥料をあげたら
          葉がすくすく育って 花を見るのに葉をかき分けることに‥
        4月上旬に咲き始め ずいぶん長いこと楽しませてもらいました
 
 
 
 
 
ぶら下がって咲いていた花たち。 この春ポージィが出会った子たちは以上です。
多少思いの強弱はあっても、どの花も見つけるとみんな きゃぁ~♡ という気持ちに
なります。 こうなったのはいつからでしょ??
子供時代や若者時代は、同じ綺麗・可愛いでも、ここまで強い気持ちでは
なかったような・・・ happy01
 
 
今回もお付き合いいただきありがとうございました♪ 
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2018/05/30

春の思い出 足元を彩りました

今年は桜の開花から平年より早く、他の花たちもみな早め早めの開花ですね。
初夏の現在、アジサイもわが家のナツツバキもしかり。梅雨入り発表も早まりそう。
 
駆け足で通り過ぎていった春ですが、可愛い花たちの姿もっと長く楽しみたかったな。
記憶にもしっかりとどめておきたい…。
ということで、まだまだ春を引っぱらせていただきますょ smile
たくさんの春の花たちのほんの一部ですけれど、ご一緒に振り返ってくださいね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180314hananira1
 
                毎年楽しみにしている ハナニラ
 
         香りはともかく(触れるとニラ臭が‥) 花姿や色が大好き
      わが家の庭でも 日照不足にめげずひょろひょろと咲いてくれました
 
            写真はよそのお宅の 生垣の足元のものです
          お日様の光をたっぷり浴びて 気持ちよさそうでした
 
                    ( 3/14 撮影 )
 
    180314hananira2
 
 
    180314hananira4
 
 
 
 
 
 
    180323suisen2
 
                    ラッパ咲きのスイセン
 
            大きすぎず小さすぎず しっとり咲いていました
 
                    ( 3/23 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180325fukkisou1
 
                    フッキソウ(富貴草)
 
           この何年か 蕾の姿ばかり見てきた気がしますが
             ついに花咲いた様子を見ることができました
 
       高さ20cmくらいで草花のようですが ツゲ科の常緑小低木です
  富貴草 という良いことありそうな名前は ‘常緑でよく茂る’ことからきているそう
 
                     ( 3/23 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180401nirinsou
 
                     ニリンソウ(二輪草)
 
                 これも大好きな花のひとつです
             可愛いスプリング・エフェメラル(春の妖精)
 
       ご近所のものですが年々縮小中 今年も会えたことに感謝です
 
                     ( 4/1 撮影 )
 
 
 
                                         今日はこの辺で
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/05/23

春の思い出 草むらで その2

『春の思い出 草むらで その1』 の続きをもう少しだけ。
 
 
その1 で登場の 「ヒメオドリコソウ」 と同じシソ科・オドリコソウ属で
花形が似ているのは 「ホトケノザ」
 
    180323hotokenoza1
 
          しっとり 「ヒメオドリコソウ」 より 陽気で明るい雰囲気
 
 
 
 
 
 
賑やかに歌っておしゃべりを楽しんでいる 「ホトケノザ」 の手前では
 
    180323nazuna_hotokenoza2
 
               「ナズナ」 たちがしなやかに風に揺れて
 
    180323nazuna2
 
             「ペンペン草」 の愛称で呼ぶ方も多いですね
 
    180323nazuna5
 
              真上から  放射状にまぁるく… 花火の形
 
    180323nazuna4
 
         いっしょに 春の風に吹かれていたくなります いつまでも
 
 
 
 
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover

                                  しつこいかしら (´ー`)
 
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2018/05/16

春の思い出 草むらで その1

はや思い出となった今年の春の光景、アップさせていただきます。
 
................................................................................................................................................  
 
 
田んぼの脇の草むらに、動くもの発見!
 
    180323mukudori
 
               見えますか? ムクドリがお食事中でした
               草むらには 「ヒメオドリコソウ」 が見えます
 
 
 
 
 
 
別の所では 「ヒメオドリコソウ」 が群れ咲いていました
 
    180323himeodorikosou1
 
 
 
 
 
 
こちらの 「ヒメオドリコソウ」 のお隣さんは 「トウダイグサ」
 
     180323himeodorikosou2
 
 
 
 
 
 
こんもりと小山のような 「トウダイグサ」
 
    180323toudaigusa2
 
            明るく初々しいグリーンは ひときわ目立ちます
 
 
 
 
「トウダイグサ」 上から見てみましょ
 
    180323toudaigusa6
 
                      面白い花ですね
            放射状に枝をだし それぞれの枝先に2〜3個の
                小さな杯状花序がつく という形
 
       ころんとした球形のものは 受粉後杯状花序から伸びてきた果実
                 だんだん大きくなっていきます
 
         詳しくは → こちら のページを見せていただいてくださいね
 
 
 
 
 
ハエ(?)が来ていましたよ  蜜をなめに来たのかな
 
    180323toudaigusa4
 
 
 
 
 
 
小さいながらマメ科らしい花形に綺麗な花色、繊細な巻きひげも美しいのは‥
「カラスノエンドウ」 こと 「ヤハズエンドウ」
 
          180325karasunoendou
 
         天ぷらにすると美味しいそうですよ 食べたことありませんし
              あまり食べてみたいとも思いませんが…
         アブラムシたちがよってたかってご馳走にあずかっていました
 
             もう豆の莢もすっかり真っ黒に熟していますね
 
 
 
 
 
 
さて最後に、大好きな野草の花ひとつ 「キュウリグサ」
 
     180325kyuurigusa2
 
                        可愛い♪
         咲き進みながら花茎が伸び 草丈が20cmくらいになった
          キュウリグサ たちが群れなしている様子も好きですョ
 
 
 
 
 
 
今年は撮りそびれた「オオイヌノフグリ」「タチイヌノフグリ」も大好き。
「ノミノフスマ」や「ムシクサ」「ツメクサ」「ハコベ」などの、小さな白い花たちも大好き。
あ、「ナズナ」もね♪ だんだん見るeyeglassも撮るshoeも難儀になってきてしまいました。
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover
 
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧