2016/12/01

松田山ハーブガーデン ②

前記事の続きです。10月半ばに行ったハーブガーデンの思い出。
 
今回はハーブたちをたっぷりとご紹介‥と言いたいところですが、ほんの数種 coldsweats01
急斜面の段々畑ハーブ園、半分あたりまでで咲いていたセージの花たちです。
       (cherry写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    161015_13
 
                可愛い赤の群生 チェリーセージ
 
 
 
 
 
 
    161015_17
 
                  サルビア・インボルクラータ
              写真でなく直接見るのは 初めてでした
 
    161015_19
 
 
 
 
 
 
    161015_32
 
               パープル・メキシカン・ブッシュセージ
 
 
 
 
 
 
    161015_33
 
              ホシホウジャク が 吸蜜にきていました
                     なんとか 撮れたー
 
 
 
 
 
 
    161015_21
 
                  メキシカン・ブッシュセージ
 
 
 
 
 
 
          161015_31
 
              これがいちばんたくさん 咲いていました
 
              茎が描く うねるような曲線 いいですね!
 
 
 
 
 
 
表示板に記されていた名前をそのまま書かせていただきましたが、
「サルビア・インボルクラータ」 は 「ローズリーフセージ」 、
「メキシカン・ブッシュセージ」 は 「サルビア・レウカンサ」 や 「アメジスト・セージ」
ともいわれます。
 
「チェリー・セージ」 以外は、ぽやぽやの柔らかい毛が生えているのが愛らしい♪
「サルビア・インボルクラータ」 は 「オドリコソウ」 の花を思い出しますし、
                     「ホトケノザ」 に訂正します sweat01
「メキシカン・ブッシュセージ」 はビロードのような手触りがなんとも気持ちよくて、
見かけるとナデナデせずにはいられません(毎回書いてますね~ ^^;)
 
花咲くところには虫たちも集まりますね。 蝶や蜂たちがたくさんいましたョ。
 
 
 
これにて 「 松田山ハーブガーデン ①② 」 お終いです~ clovercloverclover
 
ちょっと物足りなかったかな。 ラベンダーなど他にももっと いっぱい 群れ咲いて
いる季節にも行ってみたいなと思いました。 明るい陽射しの下、たくさんの花に
囲まれていると(とくにワイルド感ある花たち)、自然と幸せな気持ちに包まれて
いきます… confident
 
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2016/11/28

松田山ハーブガーデン ①

土曜日、インフルエンザ予防接種を受けてきました。 ‘全国的な流行期に入った’と
という発表よりも後になってしまいましたが、かかったとしても軽く済むことを祈って。
でも免疫ができるまでは2週間程かかりますし、いちばんの予防は手洗いでしょうか。
接種の後は毎回赤く腫れてムズムズかゆい‥ 今朝は、明け方ぼりぼりかきながら
目が覚めました coldsweats01
 
 
 
さて、記事は、これまた毎度のだいぶ前の振り返りとなります。
 
10月の半ばの土曜、すごく久々に(今年の秋初かも)ピカピカの秋晴れになった日、
お出かけをしました。 目的地は 「松田山ハーブガーデン」 というところ。
神奈川県足柄上郡は松田山中腹にある 「西平畑山公園」 の一部にあたります。
 
< 公園マップ ・ クリックでもう少し大きくなります >
 
          0001
 
         早春には山肌に植えられた河津桜も見応えがありそうです
              その場合は 電車で行く方がいいのかな?
 
            私たちは車で急坂を駐車場まで一気に上りました
 
 
 
 楽しんだのは公園の中のそのまた一部だけでしたが、久々にお日さまの光を
 たっぷり浴びながらのひと時は、私にとっては至福の時間となりました sunbud
 
 
 
 
    161015_4view1
 
                     駐車場からの景色
 
           見下ろす街は 松田町そして小田原辺りでしょうか
               そのまた向こうに見えるのは 駿河湾
     見ている景色の右手には 霞んでいましたが富士山も見えていました
 
 
 
 
 
 
          161015_2train2
 
            駐車場からすぐのところに 「ふるさと鉄道」という
     ミニミニ登山鉄道(?)があり 急に乗りたくなって夫も誘って乗りました
      親子連れ以外で おっちゃん・おばちゃんは私たちだけだったかも coldsweats01
 
             写真は スイッチバックしながら登っている途中
     童心にかえって 往復約20分の登山鉄道の旅を楽しみました (*^▽^*)
 
 
 
 
 
 
          161015_7
 
             さて 目的の 「ハーブガーデン」 は こんな所
             山の斜面を 段々畑のように設えてありました
 
 
 
 
 
 
    161015_8
 
     自分の脚力と相談して 今回は上から半分くらいまでを 楽しみましたよ
                 写真の 東屋のあたりまでです
 
 
 
 
 
 
    161015_11cut
 
               今年唯一出合った ウラナミシジミ ちゃん
 
                 センニチコウ で お食事中でした
 
 
 
 
 
 
 ‥ということで、ハーブの1本も出てこないうちに、今日のところはココまでです。
 次回、少しだけですが、ハーブのお花たちをご覧くださいね confident
 
                                        To be continued.
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2016/03/17

呼び声

2月の末、1時間ほど公園を歩くことができました。 久し振りの里山公園…
早咲きのサクラの少し濃い目のピンクが華やかな彩りを見せてくれていました。
そのサクラは次回に譲ることにしまして、今日は他の早春のお花を見てくださいね。
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
    160228mansaku1
 
 
           駐車場からすぐのところに 咲いていた 「マンサク」
              目立たなくて あやうく見逃すところでした
      木は大きく 花の径もそれなりにあるけれど 控えめな咲き姿でした
 
 
    160228mansaku3
 
 
 
 
 
 
    160228boke3cut
 
 
         あたたか色の 「緋木瓜(ヒボケ)」 も 咲き始めていました
           コロンとした蕾も 花びらの丸いフォルムも 可愛いね
              鋭い棘があることなど 忘れてしまいます
 
 
    160228boke2cut
 
 
 
 
 
 
    160228zintyouge1cut
 
 
            咲き始めていたのは 「沈丁花(ジンチョウゲ)」 も
            以前は 家の近くでもたくさん見られたのですが
             この頃では ずいぶん数が減ったと感じます
                 この日は香っていませんでしたが
       後日他の場所で 離れたところまで漂ってきた香りを楽しめました
 
 
    160228zintyouge4
 
 
 
 
 
 
    160228cat2
 
    大きな声で  にゃぁ~~~ にゃぁ~~~~  と鳴き続けていた猫ちゃん
          しばらくして 白い小さな犬を連れたおじさんが来たら
            しっぽをピンと立てて 駆け寄っていきました
             そっかぁ おじさんを呼んでいたのね confident
 
 
 
 
 
 
 わずかな時間でしたが、何気ない小さな出会いに心和むひと時を過ごせました。
 
 あれから20日たたないうちに、植物たちの春はずいぶん進みました。
 今年も季節の後追いが続きそうです。
 
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2016/03/07

ふくろうパークへ行く

隣町に 「ふくろうパーク」 という所があるのをふと思い出し、初めて行ってみました。
この 「ふくろうパーク」 の存在を知ったきっかけというのもちょっと面白いんですよ。
 
車で買い物に行くときよく通る交差点の、角にある居酒屋さんの前で 「ハリスホーク」
という南米産の猛禽が飼われているのです。名前が 「チャコ」 と書かれていて、
信号待ちするときに姿を見るのを楽しみにしていました。
あるときチャコちゃんの小屋横に貼られていた紙が 「ふくろうパーク」 の案内だった
のです。 そしてチャコちゃんもそちらに出勤していると。
そんなこんなで、1月最後の日曜に、ふと思いついて行ってみたというわけです。
                     HPがありました    こちら
スクロールすると、下のほうにふくろうパークにいる子たちの写真も載っています。
私たちが行ったとき、写真の子たち全部はいませんでしたから、ちゃんとお休みの
日もあるのでしょうね。
 
3時過ぎにふらりと行ってみたところ、結構なお客さんが訪れていて、予約しておいて
1時間入れ替わり制とのことで、しばらく時間をつぶしてから4時の組で入りました。
 
照明を落とした部屋の中、出勤中の子達が止まり木に止まっていましたよ。
チャコちゃんもいました♪ (フクロウの仲間たちの中、唯一の鷹の仲間)
休憩中でない子はナデナデすることができ、手に止まらせてもらうこともできました。
 
フラッシュなしの写真はOKだったので、何枚か撮ってみましたがボケボケを量産。
どうにか見られるものだけ並べさせていただきますね。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    20160131_1sirofukurou
 
            最初に目を引いたのは この方 「シロフクロウ」
      映画「ハリー・ポッター」に登場した「ヘドウィグ」はこの種類ですよね
                     ( 背面は鏡です )
 
 
 
 
 
    20160131_19siberiawasimimizuku
 
               その隣にいたのも大型で目を引きました
                    「シベリアワシミミズク」
                   足も爪もさすがに太く鋭い
      なでると 柔らかいけれどビッシリ厚く重なった羽毛 が感じとれました
 
 
 
 
 
    20160131_27
 
              「シベリアワシミミズク」 の お顔のアップ
 
 
 
 
 
    20160131_4akaasimorifukurou
 
                    「アカアシモリフクロウ」
            ハッキリした模様が特徴的ですね  小振りです
 
 
 
 
 
    20160131_23nisiamerikaookonohazuku
 
                  「ニシアメリカオオコノハズク」
            止まっている大きさは20cm程度に見えましたが
                 オオ なのですね   小振りです
 
 
 
 
 
    20160131_25afurikaookonohazuku
 
              「アフリカオオコノハズク」  美形ですねぇ
            の子よりは大きいのですが  やはり小振りです
 
 
 
 
 
    20160131_5kuromenfukurou
 
                      「クロメンフクロウ」
                止まっている様子は 30cmほど?
            「メンフクロウ」 はTVで見たことがありましたが
          ガングロさんのメンフクロウがいるとは知りませんでした
 
 
 
 
 
          20160131_8_kao
 
       夫は この「クロメンフクロウ」 の 「メンメン」を 乗せてもらいました
                      おとなしかった~
 
 
 
 
 
          20160131_15usagifukurou_cut_kao
 
          ポージィはこの子を  「ウサギフクロウ」の「うさちゃん」
     大きな目に可愛い顔立ち ピュンとした羽角も可愛い と気に入りました
            メンバー中 いちばんの甘えん坊さんだとか…
               スタッフさんが触れたら ピユピユピユ
            というようななんとも可愛い鳴き声をあげてました
 
 
 
 
 
鳥さんを撫でたのはいつ以来でしょう… 子供のころ飼っていた手乗り文鳥以来?
いやいや、大人になってからふれあい動物園でアヒルの雛を抱いて、ウンをされた
ことがあったんでした(^^;)  実は、今回手に乗せた「うさちゃん」にもウンを…
とっさに足を引いて直撃逃れることができました coldsweats01
 
大型の それも 猛禽といわれる鳥さんに触ったのは初めての経験でしたが、
でも小鳥でも大きな鳥でも、羽毛の手触り感は共通しているなぁと感じましたよ。
厚み感は違いますけれど。
 
久々の動物とのふれあい、やっぱり楽しかったです heart04
 
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2016/01/28

江の島詣

1月もそろそろ終わりが近づいていますが…
  
山口県の、夫の両親の元でお正月を迎えた際、近くの神社に初詣に行きましたが、
現在暮らしている地元市内では、11/10にやっと行ってきました。
今年は「江の島(江島神社)」へ行きましたよ。 こちらをご参照ください 江島神社
                                             境内
 
私の膝の都合上、「辺津宮」「中津宮」への参拝と、「サムエルコッキング苑」までの
限定版。 実に2009年の1月以来7年振りの江の島でした。
前回は、クックdogも抱っこして一緒に島の階段を上って下って稚児ヶ淵まで行った
のでした… 当時あった射的のパーン!という音にクックが怯え、病んでいた心臓が
発作を起こすのではないかとハラハラさせられたりもしたのでした…
 
今回は穏やかに晴れて、少し霞んでいたものの富士山も綺麗に見えました。
珍しい写真じゃありませんが、そのときの様子を2回に分けてアップさせて
いただきますね。 今日は参拝編。
       (fuji写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmist
 
 
 
    20160110_4
 
      rvcarを駐車後 江の島弁天橋の付け根から富士山を望みました
 
 
 
 
 
 
          20160110_6_kao
 
                         参 道
 
 
 
 
 
 
    20160110_5
 
               高い街灯の上から トビが慣れた様子で
                  人間たちを見下ろしていました
           無防備に買い食いなどしていると トビにとられます~
 
 
 
 
 
 
    20160110_7
 
                        辺津宮
 
 
 
 
 
 
    20160110_8
 
                        中津宮
 
 
 
 
 
 
    20160110_9
 
               広場の展望スペースからの富士山
 
          黒い点に見えるのはトビ トビはタカ科の鳥ですね
                 一富士 二鷹 …  ダメ? smile
 
 
 
 
 
 
     20160110_25
 
           14時少し前に 島を後にしましたが 弁天橋の上は
     歩きの人たちの列も 車の列も まだまだたくさん島を目指していました
 
 
  

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2015/09/17

サバンナの夢 (ズーラシア)

「よこはま動物園ズーラシア」 に、今年4月下旬 「サバンナエリア」 がオープン
しました。 開園したばかりはきっと混雑するだろうねと、しばらく我慢して、
8月の末に行ってきました。 午後から夕方にかけて、今回は欲張らずに
「サバンナエリア」プラスα だけを目的のお出かけでした。
 
予備知識なしで行ったのですが、開放的な草原エリアに、キリン、シマウマ、エランド
チーターが4種混合展示されていて驚きました。 こんなのは初めて!
チーターは肉食獣ですが、体が小さいので大型の草食獣は襲わないのだそう。
自分で狩らなくても食糧はもらえますしね。
広々とした草地の展示場は、サファリパークのような印象でした。
また、エリアが分かれているライオンやサイの展示場からも、あたかも草原が
繋がっているかのように見えるのです。人にとっても気持ちの良い空間。
動物たちものびのびしているように見えました。
 
そんな雰囲気を写し取るのは失敗しましたが、皆さまの想像力で補ってご覧ください。
サバンナエリアには上記6種の他に、リカオン、ケープハイラックス、ミーアキャットが
飼育されていますが、一部の動物だけご紹介させていただきますね。
       (cat真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
 
    150823zoo53
 
       サバンナの草原の雰囲気が なんとなくお分かりいただける?
            中央の木には高い場所に台がしつらえてあり
                チーターが1頭 休んでいました
 
 
 
 
 
 
    150823zoo8
 
 
 
 
 
 
    150823zoo26
 
 
 
 
 
 
    150823zoo32
 
 
 
 
 
 
    150823zoo25
 
 
 
 
 
 
    150823zoo18
 
       ♂ライオン の お尻  この方向からしか見られなかったんです
 
 
 
 
 
 
    150823zoo20
 
         ♀ライオン は ガラス越しに  ガラスは手の跡でベタベタ…
 
 
 
 
 
 
    150823zoo30
 
          30倍ズームで チーター狙い  あっ こっち見てる!?
 
 
 
 
 
 
    150823zoo48
 
 
 
 
 
 
          150823zoo50
 
 
 
 
 
 
    150823zoo43
 
                    ガラス越しに もう1頭
        毛がもしゃもしゃしていて ブラッシングしてあげたくなったヮ ^^
 
               野生動物たちの中で ネコ科が好きな私
                中でもチーターは 特に好きなのです
              ここで会うことが出来て とても嬉しかったです
 
 
 
 
 絶滅危惧の動物もいます。そうした種を繋いでいくのも動物園の役目ですね。
 ここで、あるいは他の動物園と協力し合って、赤ちゃんが生まれ育っていくと
 いいなと思います。
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2015/07/28

帰省してきました

皆さまご無沙汰しています。
 
週末から週明けにかけ、ポージィの故郷・愛知へ行ってきました。
いなかは折りしも夏祭り。 お祭りを機に集まれれば…という所用もありまして、
みなが集まり、私も3年ぶりの故郷の夏祭りを楽しんできました。
 
でもね、お祭り写真は1枚も撮らずじまいだったんです coldsweats01
なんとなく今回はカメラを通さずに楽しみたくて。
市の観光協会のページ → こちら を見てくださいね。
または、3年前の記事の → こちら をご覧ください。 手抜きですみませーん sweat01
 
昨日帰宅。 家のことが溜まってますので、今回もコメント欄を閉じさせて
いただいています。 ご訪問は明日からぼちぼちと…
またすぐ8月に「恒例夏休み」でお休みしますし、今年はお休みが多くて恐縮です。
 
 
    150531matubagiku
 
 

| | トラックバック (0)

2015/06/08

春 親水公園を歩く

もうひとつ4月の思い出を残しておかせてください。
 
『自然と接してボ~ッとすることでストレスが軽減する』とTVで紹介されているのを
見て、慢性的ストレス溜まりまくりの夫と、短時間でも公園へ行こう!と決めたのは
4月半ばの sun の日でした。公園のベンチでおにぎり食べてボ~ッとしよう!
 
いざ到着してみると… 川面を吹き抜けてきた強風ビュービューで寒いのなんの!
リラックスするどころか寒さでどんどん体がこわばり、企画倒れとなったのでした。
でも、そんな中でも、春らしく輝いていた景色がありました。
       (typhoon写真クリックでもう少し大きめ写真もごらんいただけますcherryblossom
 
 
 
          150418hikitigawasinsuikouen1_ukon1
 
 
           駐車場のすみで咲いていた八重桜  ウコン かしら?
              風で右へなびいているのが分かるでしょうか
 
 
    150418hikitigawasinsuikouen4_ukon4
 
 
 
 
 
 
          150418hikitigawasinsuikouen5
 
 
           強風を浴びながら そそくさとおにぎりを食べた後
              せっかくなので 川沿いも歩いてみました
       川の両側にcherryblossomが植えられ 遊歩道を歩けるようになっています
 
           川を覗いてみてびっくり! 黄色に染まっていました
           セイヨウカラシナ かしら  いつの間にこんなに !
   草たちの初々しい緑と菜の花の 思いがけず明るい光景が広がっていました
 
 
          150418hikitigawasinsuikouen8
 
 
 
 
 
 
    150418hikitigawasinsuikouen9tanpopo
 
 
              遊歩道脇には 可愛いタンポポも きらり shine
 
 
 
 
 
 
    150418hikitigawasinsuikouen11
 
 
               写真左端の木が cherryblossom ソメイヨシノ
     向こう岸にも並んでいます  お花見の時季はすごい人出でしょうね
 
             ほとんど咲き終わって散っていましたが
        時おり数輪 おくての子が可愛く咲いている木もありました
         大多数の花より 半月も遅れて咲くこともあるんですね
                  なんだかホッとしたゎ confident
 
 
 
 
 
 
    150418hikitigawasinsuikouen16yaezak
 
              もひとつ 八重桜を  こちらはピンクのもの
 
           これも駐車場脇で  八重桜はどちらも見ごろでした
     でも強風で 揺れてゆれて揺れてゆれて… あ"ぁ~~もぉぉぉ状態 coldsweats01
 
 
 
            寒くて 風が目に沁みて涙は出る 鼻水も出るで
            体はすっかりこわばり縮こまってしまったけれど
         広々とした景色を味わえて 気持ちは開放感味わえた私
                かんじんの夫は どうだったのでしょ~
 
 
                   ( いずれも 4/18 撮影 )
               
                

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015/03/16

公園にゃんこふたたび

先週木曜にアップした梅の花を見てきた公園は、1月に公園にゃんこに会ったところ。
梅見をしながら、この前会ったにゃんずとの再会も期待していました。
 
いましたいました。 1匹が縁側に見立てて作られている場所で日向ぼっこ中。
私たちを覚えているわけじゃないでしょうけれど、顔を見たら 『にゃぁ~ん』 と
挨拶してくれました。 こちらも 『にゃ~ん』 とご挨拶。
しばし、1匹と2人、縁側に座って日向ぼっこしてきました。 もう1匹の子もいましたが、
用心深い性格のその子は、ちょっと顔を見せただけで行ってしまいました。
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcat
 
 
 
    150221cat2_2
 
                 日向ぼっこしながら 身づくろい
 
 
 
 
    150221cat3
 
                       せっせ せっせ
 
 
 
 
    150221cat4
 
             お顔もしっかりと  耳の後ろから洗ってました
                   ちなみに この翌日は雨に
        猫の顔の洗い方による天気予報が当たる確率はいかほどかcat
 
           身づくろい後 横たわってため息ひとつ お昼寝体勢に
 
 
 
 
    150221cat1
 
             ちょっとだけ 顔を見せてくれた 用心深い子
 
 
 
 
 
    150221cat5
 
 
               この日も 他の人たちが来たのを機に
                     さよならしてきました
 
 
    150221cat6
 
                     またね  元気でね
 
 
 
 
 
 * おまけ *
    150221yagi2
 
            いつの間にか 公園で飼われ始めていた ヤギさん
                この日は檻の外に繋がれていました
 
            穏やかなヤギさんで 子供たちに撫で回されても
                   じーっと 座っていましたよ
 
                     笑ってるみたい capricornus
 
 
 
 pencil すみません、途中ですが都合によりコメント欄を閉じさせていただきます。
 
  

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2015/01/15

鬼揚子(おにようず)

山口県在住の夫の両親の元へ帰省する際は、「山口宇部空港」を利用しますが、
先だっての年末年始の空港には、巨大な凧が展示されていました。
 
山口県萩市見島(みしま)の「鬼揚子(おにようず)」という伝統的な凧だそうです。
「見島」というのは、萩市の沖合45km・山口県の最北に位置する島とのこと。
結婚ウン十年弱、山口には何度も行っていますが、初めて知りました happy02
 
 
 
    150103yamagutiube_airport_oniyouzu1
 
 
 
         見島の島おこし会制作で 畳3畳分 尾も含めると全長7m
 
                   ひときわ目を引いていました
 
 
 
    150103yamagutiube_airport_oniyouzu2
 
 
 
「鬼揚子」 … 奈良~平安時代より伝わる見島の伝統で、初子長男が誕生すると
          その年の暮れに親戚縁者が集まって大凧を作り、お正月に揚げる
          風習。 大凧の大きさは、畳6~8畳にも及ぶそうです。
 
          鬼面には、子がたくましく成長してほしいという願いが込められ
          鬼の目の涙は、育った子が「決して人の情けを忘れないように」という
          願いと、空高く揚がった「鬼揚子」が人々の平和な暮らしぶりを眺め
          「嬉し涙」を流しているという意味があるのだそうです。
          (この↑鬼揚子ではよく分かりませんが、赤いのが涙なのかな?)
 
          また、「鬼揚子」は吉祥のシンボルということで、萩市の消防車や
          見島への連絡船にも描かれているそうです。
 
          (ちなみに「揚子(ようず)」とは凧のこと)
 
 
 
今年のNHK大河ドラマは、萩を舞台にスタートしました。
『ひょっとして、ドラマの中にも登場することがあるかしら?
 萩とはだいぶ離れた島だからやっぱり出てこないかな?』などと、思いを巡らせて
おります。
 
萩といえば、何年も前に一度連れて行ってもらったのですが、当時は維新のころの
歴史に関心も知識もとんと薄く、ほとんど記憶に残っていません sweat01
もしチャンスがあったら、またぜひ訪れてみたいものです。
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧