2017/06/15

花入れ2つ

今日はちょっと自然を離れまして、のんびりマイペース陶芸を。
ちょっと面白い?形の花器を2つ作りましたので、ご披露してしまいます。
毎度、恥ずかしげもなく‥と思わないでもありませんが、お遊びですので
甘く見てやってくださいませ。 いずれも春前に作りました aquarius coldsweats01
 
 
 
 【 その1 】
 
20170127_artflower1 20170127_artflower4
 
                        窓枠花入れ
 
     何かの折に見た 真ん中に小さな小窓がひとつだけ開いた作品からの
                    アイデアいただきです
 
           窓を4つも開けたうえ 斜めにしたことで強度不足に
      焼く際に くんにゃり曲がらないよう 裏面に補強パネルをつけなくては
          いけなくなったおかげで いささか花を入れ難くなりました
 
          写真の花は 100円ショップで購入の 造花2本です~
 
 
20170420_spring2 20170420_spring3
 
                 その後 生花も挿してみましたよ
 
                   パンジー と ワスレナグサ
 
 
 
 
 
 
 
 【 その2 】
 
20170106a 20170106b
 
                       蝶舞 花入れ
 
 
        カバの物入れに始まる 一連の点々模様の作品のひとつです
             蝶の形をしたアクセサリーの広告に刺激されて
            花器に蝶を舞わせてみたくなって作ってみました
 
     作りながらイメージしていた花は こんもり生けた 白いアルストロメリア
     実際に生けてみた最初の花は スーパー販売のカジュアルフラワー束と
          アレンジメントお稽古であまった ヒュウガミズキの枝物
  カジュアルフラワーは ストック・ホワイトレースフラワー・バラ・ガーベラの束 2つ
                      投げ生けです~~
 
 
          20170210_2
 
 
                  次は何の花を生けましょか
            皆さまは どんな花が合うとお思いになりますか
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017/05/04

五月人形

明日は5月5日 「こどもの日」 ですね。 5月飾りを飾ったり菖蒲湯に浸かったりする
お宅もおありでしょうね。 私は菖蒲湯とには入ったことがありませぬ。
どんな香りがするのかしら? アロマ効果もあるのでしょうね。
 
さて、陶芸教室で5月人形も作ってみましたのでご披露させていただきますね。
「鯉のぼり」 と 「兜」 。 今年は揃えて飾ってみましたョ。
簡単なものですが、可愛いじゃ~んと自己満足に浸っています (≧m≦)
       (chick写真クリックで大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    201505291
 
                  2年前に作った 「鯉のぼり」
 
        体長 約13cm  単純な作りだけど雰囲気はいいでしょ smile
 
 
 
 
 
 
    201703141
 
 
                   そして 今年作った 「兜」
 
                 手の平サイズの ミニ・兜です
           色は明るくしたくて 白の釉薬とアクリル絵の具で
 
  白にしたいと言ったら 先生がちょっと戸惑っていらっしゃいました ( ´艸`)プププ
 
 
201703142 201703143
 
 
 
 
 
 
 
    201703142_2
 
                       一緒に~
 
 
 
 
 
                 お子さんたちの健やかな成長をお祈りいたします confident
 
 
 
 
 clover clover clover
 
     春休み継続中につき、自動更新による記事アップです。
     いましばらくお休みを続けさせていただきますね。
 
  
  

| | トラックバック (0)

2017/04/13

ネコ と ミニ・ピッチャー

前記事では、途中でコメント欄を閉じてしまってすみませんでした。
パソコンの不調はあの時きりで回復し、その後はサクサク動いてくれています。
いったい何だったんでしょ?? スクリーンセーバーとの相性が悪かった??
なんか時々「正常に表示できませんでした」なんて出てきていたから。
元々入ってたものなんだけどな‥ と思いつつ、スクリーンセーバーは別のを
選択しなおしました。 それが良かったのかどうかはわかりませんが、とりあえず
大丈夫になったと、そんないきさつでした。  m(_ _)m ペコッ
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて、今日は、また拙い陶芸作品のお披露目会をさせていただこうと思います smile
 
以前ご披露させていただいた 「カバたん」 をご記憶くださっている方もいらっしゃると
思いますが、あれから、その 「カバたん」 と似た雰囲気をもつ作品を作りました。
それが 「ネコ と ミニ・ピッチャー」 です。 形は全く違っても、模様や色を似せると
自然と共通感が生まれるものですね wink
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますaquarius
 
 
 
          20160715cat8
 
                        にゃぉ~ん
 
                飛行機の中で見た雑誌に載っていた
              小さな陶製猫のポーズを参考にしましたが
         できあがりはオリジナルと言って大丈夫かな と思ってます
 
 
                では ぐるりと 回ってもらいましょう
 
 
 
20160715cat7 20160715cat6 20160715cat10
 
                  お気に入り作品となりました
 
 
 
 
 
 
 
       続きまして ミニ・ピッチャーにも ぐるりと回ってもらいましょう
 
20160923mizusasi2 20160923mizusasi3 20160923mizusasi1
 
           実際は ピッチャーとしては使わないと思いますが
        花瓶にしてもいいように 防水仕上げにしていただきました
                細長い物を立てる器にもできますね
 
            こういう ピッチャーの形 なぜか好きなのです
                 自分で作ってみられて満足です
 
 
          20160923_mizusasi_artflower
 
           ¥100- ショップで購入の 造花を活けてみました
 
 
 
 
 
 
         今回のお披露目会は以上です~
         相変わらず、マイペースで超の~んびり制作を楽しんでています snail
 
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2016/09/15

シーサー

今日は植物記事をちょっとお休みして、久し振りの陶芸作品を…
相変わらずの遅作・拙作ながらマイペースで、その時々に作りたいものを作って
楽しませてもらっています。
 
カテゴリー 「土あそび」 の最初の記事で登場しました 「ミニ・シーサー」 作成から
過ぎること約1年と1年半のころ、久々&またまた簡単なシーサーを作りました。
ひとつは 面シーサー。 もう一つは 釉薬をかけたミニ・シーサー。  downwardleftこんなのです。
       (gemini写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
 
    201510301
 
                   面シーサー  壁掛けです
 
            いささか 顔の下側が空きすぎ 形もいびつに…
                 表情同様 愛敬ということで happy01
 
    
 
 
 
 
 
    201604261
 
 
201604262 201604263
 
               手の平に収まるくらいの ミニ・シーサー
 
         上の面シーサーは 釉薬をかけずに‘焼き締め’という方法で
        仕上げたものですが こちらは釉薬をかけての仕上げにしました
              埃を被ったとき サッと掃除しやすいように♪
 
           病気をした友人へ おくろうと 気持ちをこめて作りました
          私の気持ちだけじゃ 魔除け効果は薄いかもしれませんが
                快く受け取ってもらえてホッとしました~
 
 
 
 
 
 
 
 【おまけ】
    20160427plate5
 
               「鍋敷き」 のつもりで作ったんですけれど
           反ってしまいました  それにちょっと小さすぎたかな
 
              裏側にコルクシールを貼り重ねて 高さ調整
         鍋などを乗せたときにバキッといかないようにはしましたが
              今のところ使わず 飾り物になっています‥
 
        絵柄は 葉っぱと文字を 点と線で細かーく 描いてみましたよ
                ひとつだけ clover が 入ってます うふっ
 
 
 
                  以上、相変わらずの拙い陶芸作品のご披露でした sweat01
 
 
  

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2016/03/03

今日はたのしいひな祭り

今日は 3月3日 「ひな祭り」 ですね。
わが家の雛人形は相変わらず飾れないままですが、今年は2月の法事の際、
会食をした料理旅館に飾られていた雛人形を楽しんできました。
ついでにスマホでパチリ。 許可をいただかないでしまいましたが、素適だったので
アップさせて下さい。ごめんなさい sweat01
       (virgo真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
    160213hinakazari4
 
 
 
 
 
          160213hinakazari2
 
 
 
 
 
          160213hinakazari3
 
 
           スマホ撮影でピン甘ですが…  可愛いですね note 
           ほかにも 和紙製の小さな雛人形などもありました
 
 
 
 
そして、今年は、初心者陶芸で 「猫雛」 を作りましたよ catcat
可愛いような可愛くないような微妙な雰囲気の表情を目指しました smile
 
完成がひな祭りに間に合ったので、スーパーで買ってきたカジュアルフラワーで
一応 「お花を上げましょ桃の花」 に合わせて飾ってみました。
 
 
 
          201602262
 
               桃  雪柳  ガーベラ  スプレーバラ
                スプレーカーネーション  かすみ草
               (器は購入したもの 下は鉢受けのお皿)
 
 
 
 
 
    201602264
 
 
 
 
201602265 201602266
 
            高さ  男雛・約9.5cm  女雛・約8.5cm
 
 
 
                 幾つになっても、こころときめくひな祭りです heart04
                 かって健やかな成長を祈っていただき
                 歳を重ねて幼い少女たちの健やかな成長を祈り
                 わが身のこれからの健やかなる日々を祈ります
 
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (1)

2016/02/18

カバ たん

予告どおり(^^;)、前記事に続いて、初心者陶芸作品のご紹介です。
 
気の向くまま作りたいものを作らせていただいている、陶芸作品。
ここでのアップも、制作順無視で気の向くままにご紹介させていただいています。
 
今回は「カバの形の小物入れ」を。
これは、昨年の夏、ご訪問先のプロフユキさんのブログで拝見した、ケニア土産の
ソープストーン製小物入れ こちら が気に入り、作ってみたものです。
                 (リンクをご快諾いただきありがとうございました ^^)
 
蓋ものを作るのは初めて。先生が結構難しいと仰ったので、蓋部分の滑り止めは
ごくごく初歩的な簡単な形になりました。あまりに簡単な、一応つけただけのもので、
重さで滑らないでいるのが実際のところかも。でもま、蓋ものを作りたいというより
「カバ」を作りたかったので、これでヨシとしました。
 
 
 
    201512250
 
                      ま正面から~
 
    合わせ目のオレンジ色は 撥水剤を塗ったところが こういう色になりました
 
 
 
 
 
 
    20151225
 
                     あ ~ ん  かばっ!
 
 
 
 
 
 
    20151225_2
 
 
                       う ・ な ・ じ
 
                    後姿 なかなかの美人
 
 
    20151225_3
 
 
 
 
 
 
    20151225_4
 
                        ufu confident
 
            体長 12cm ほどの こびとカバたんです smile
 
 
                 ( 2015年 12月 制作 )
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2016/02/15

型から 陶板画 - リンゴの四季 -

この土日は荒れ模様でしたね! 私は土曜日の法事に参列のために愛知まで行って
きましたが、さいわい風雨の影響はほとんど受けずに帰ることができました。
各地で春一番観測でしたね。南風でぐんぐん上がった気温が、今度は北からの寒気で
ガクンと下がるようで、皆さま体調管理にお気をつけください。
 
 
さて、私、ただいま植物・花ネタが枯渇してしまってまして、今週は陶芸作品ネタに
頼ることにしました。
 
10月にアップした、型から作った陶板画の 「鳥さん」覚えていらっしゃいますでしょか?
その 「鳥さん」 chick に次いで作ったのは 「リンゴの木の四季」 apple bud でした。
リンゴの木(幹と枝)だけを型で作って共通とし、それぞれに葉や花・実などを付けて
色付けし、四季の移り変わりを表してみたものです。 4枚組み作品。
拙いながらも面白いのができましたので見てやってください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますapple
 
 
 
   まずは型   20150905apple_tree_
 
 
      板状にした土に、先の細った棒やら彫刻刀やら色々なものを使って
             リンゴの木を彫り、素焼きにしたものです
 
 
 
 
 
    これに板状の土を押し当て、リンゴの木の部分だけ盛り上がったものを作製
     それぞれの四季にあわせて 葉・花・実などの細かなパーツを作って貼付
 
       素焼き後 釉薬や陶芸絵の具などで色付けして本焼き 完成です
 
 
 
20150905apple_tree_spring 20150905apple_tree_summer
 
             春                          夏
 
 
 
20150905apple_tree_autumn 20150905apple_tree_winter
 
             秋                          冬
 
 
 
 
 
 
この4枚を、 こんな風に並べて板に貼ろうかなと思っていますが、
まだいい板を見つけられていなくて未完成のまま。
完成がいつになるかわからないのでしびれをきらして(?)アップしちゃいました coldsweats01
 
 
    20150905apple_tree1
 
 
 
それぞれの大きさは 一辺が 約11cm 。
世界にひとつきりのタイルが4枚 といったところですね。
小さなパーツをたくさん作るのは、ちょっと大変でしたが、楽しんで作れました wink
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015/10/29

型から陶板画

今日は秋の植物たちをちょっとお休みしまして…
久し振りのカテゴリ「土あそび」の陶芸記事でまいりましょう。
 
前回アップしたのは何でしたっけ、そうそう、フリーカップ。
あれからアップはパタリ途絶えていましたが、小鉢・鯉のぼり・陶板画などを
ぼっちらぼっちら作っていました。
 
今日はその中から、型から同じベースを作り、それぞれ少しずつ変化をつけて…
というものです。 初めての試みの作品。 拙作ですがご披露しちゃいます。
あ、お気遣いから何か褒める言葉を…とご案じいただく必要はないですョ smile
しがない作品なことは承知しておりますので confident
       (aquarius写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
 
   20150109plateplate1_mozi
 
    1. まず 素焼きの型 を作りました(左) (割れてしまい補修して使用)
    2. その型に粘土を押し当て 共通の鳥の形と背景の葉を写し取ります
    3. 羽の模様など他と違いを出すものを粘土で付けたし…
    4. 素焼きしたものに 釉薬で彩色し 本焼きしてできあがり
 
 
 
 
 
       20150313tori2
 
          こちらは赤い土を使い ひとつの釉薬にとっぷり漬けて
 
 
 
 
 
       20150415_
 
                         3つめ
 
        それぞれ < 縦 12cm × 横 17cm > くらいの大きさです
 
 
 
 
 
          20150820plate2
 
               3つ出来たところで 板に貼ってみました
 
 
 
 
 釉薬の乗せ具合でどのくらいの色味になるかなど、まだわかっていないことが
 色々あります。 こうするとこんな感じ というのは経験が積まれて身について
 いくものでしょうね。
 
 毎度、『こんなものを作ってみたい』と勝手を言って、作り方の手順を考え教えて
 くださる先生に感謝です。 何でこんなものを作りたがるの? と思ってみえるかも
 しれませんけれど~ happy02
 
 最初はオンリー・ワンの鳥の陶板を作るつもりでいたのですが、型を作って
 たくさん作る手法もあるとお聞きし、それを試してみたのがこの作品です。
 
 
 この後に、もう1作品、型からの陶板画を作りましたよ。それはまたの機会に
 ご披露させていただくことにします apple
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2015/05/18

フリー カップ

私の土遊び(=陶芸教室で作った作品)のご紹介、今回はフリー・カップです。
大きさをあまり考えずに適当に作ったら、用途不明の文字通りのフリー・カップが
できました~。  湯飲みにするにも蕎麦ちょこにするにもちょっと小さめ、
ペン立てにもちょいと浅過ぎだわぁ… (^^;)
 
白い土を使ってのたたら作り。丸い出っ張りと線にそれぞれ釉薬で色付けしてから、
透明釉薬を掛けました。
 
 
 
    20141014
 
                     高さ 8cmくらい
 
                 はて 何を入れましょかね ・・・
 
 
 
20141014free_cup420141014free_cup5
 
             インスタント飲みもののスティックにスプーン
                    小物にキーホルダー
                  入れてみました ふむふむ
 
 
 
 
 
          20150204freecup_flower4
 
            フラワー・アレンジメント も作ってみましたよ ♪
 
 
        * 作ったのは春先のこと *
 
           花材 : スプレーカーネーション、マトリカリア、アイリス
                 ガーベラ、スプレーバラ、スイートピー、ユキヤナギ
                 (スーパーで束販売のカジュアルフラワー利用)
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2015/04/20

さくら さくら

いま、南関東のわが家の辺りでは八重桜が満開ですが、桜前線(ソメイヨシノ)は
そろそろ津軽海峡を越えそうですね。
先だっての予告どおり(?)、遅ればせながらの桜をアップさせていただきます。
 
今年の私のお花見(ソメイヨシノ)は、花咲く木を見上げたのは近くのお寺の1本で
終わってしまいました。 でも、自動車の車窓から、あるいは家々の屋根の向こうに、
そしてニュース映像やご訪問先ブログのお写真で、たくさん楽しませていただいて
満足しています。
 
唯一見上げて楽しんだ、大きなソメイヨシノの花と蜜に夢中だったヒヨちゃんを
ご覧くださいね。 ちょっと枚数多めですがご容赦を。
       cherryblossom(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
          大きめ写真だとヒヨちゃんの顔がも少しハッキリと ^^
 
 
 
    150330sakura1
 
 
 
 
 
    150330sakura3
 
 
 
 
 
    150330sakura6
 
 
 
 
 
    150330sakura8
 
 
 
 
 
    20150313sakura1
 
                         ん ?
 
              うふ 陶芸教室で作った陶板桜です smile
                       そっと挿入
 
 
 
 
 
 
    150330sakura9
 
 
 
 
 
    150330sakura10
 
            満開を過ぎ 咲き終わり近い花も多く見られました
 
 
 
 
 
    150330sakura13
 
                     ( 3/30 撮影 )
 
 
 
 
           風も吹くなり
           雲も光るなり
           生きてゐる幸福(しあわせ)は
           波間の鷗のごとく
           漂渺とたゞよひ
           生きてゐる幸福は
           あなたも知ってゐる
           私もよく知ってゐる
           花のいのちはみじかくて
           苦しきことのみ多かれど
           風も吹くなり
           雲も光るなり

                              林芙美子 作 (未発表詩)
 
 
 
       漂渺(ひょうびょう)=ほのかに見えるさま。かすかではっきりしないさま。
                    広くかぎりのないさま。
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧