« 冬に咲いた薔薇 | トップページ | クリスマスを飾る -生花編- »

2008/12/23

カリンでジャムを

またまた、随分前の話で恐縮ですが…
 
11月末のスーパーで、カリンが<3個/袋¥198>で売られていました。
散歩中枝に生っているのを指を咥えて眺め、そのうち収穫されずに地面に転がって
いるのをもったいないなと眺めているカリン。
ずっとずっと前に1つだけいただいたカリンは、蜂蜜漬けにし、エキスをお湯割りに
したりして甘酸っぱい味と香りを楽しみました。 そのカリンの実が目の前に。
迷いましたが買ってきました!! 何にする? やっぱりジャムかな

カリンは硬くて渋みが強く、生食は無理な果実。よって、ジャムにしたり
蜂蜜漬けにしたりカリン酒にしたりして楽しみます。のど飴にもよく入っていますね。

さて、ジャムにしようと決めたものの、作りかたは知らない私。ネットでレシピを
検索したところ、色んな作り方が登場しました。 布でこしてエキスだけジャムに
したり、果肉をミキサーで崩してから煮たり、煮ながら崩したり… 
ええい、何だかメンドクサイな、適当にやろう! と重さも量らず作業開始。
            (料理は適当、が私の信条なの ?? 
 
081130karin1 

 近所で見かけるゴロンと
 丸っこいのと違う
 長細い形の実でした。
 
 切り分けてから皮を剥いて
 種をとって…
 すっごく硬いっ!!
 手が痛くなりました 
 
 
 
081130karin2_2 カリンの種ってこんなに
 細かかったんですね!
 知らなかった。
 リンゴの種と同じ位の大きさ。
 綺麗に並んでいましたよ。
 種が納まっていた部分も
 取り除きました。
 
 生の果肉を齧ったところ、
 酸っぱくて渋くて硬い繊維だけ!
 という感じでした。 ペッペッ
 
 
081130karin3 果肉入りにするか
 エキスだけにするか
 決めかねていたので、
 実を細かく刻みました。
 刻む感触はジャリジャリ…
 竹の子のいちばん硬い部分を
 切るときの様な感触。
 
 これに、皮と種を煮た汁と
 水を足して火にかけました。
 
 
 
砂糖を加えながら煮続け… 果肉が崩れてきたところで食べられそうか試すと、
やっぱり硬い繊維質の塊という感じ。この時点で果肉入りはやめにしました。
(繊維質の塊と感じる硬さは、石細胞が多いせいだそうです)
エキスだけ絞るには大きな布巾がいるが、さしあたって見当たらない、それに
冷めなきゃ絞れない。時間がなかったので、捜すのも待つのもやめて、
「ざる」でこしました。粗い裏ごしって感じね。でもテキトーにしかしなかったので
エキスの大半を捨ててしまいました~ (ほんと、いい加減で適当なワタシ 
 
残った、ちょっぴり果肉片入りカリンエキスに、味を見ながら砂糖とレモン汁を加え、
あくを取りながら煮詰めていきました。
 
081202karin_jam 
   そうしてできたのがコチラ →
   まぁ…ずいぶん少なくなっちゃって
 
   綺麗な色ですね。
   でも、これはブラウンシュガーを
   使ってあるので色が濃いと思います。
   上白糖やグラニュー糖を使い、
   エキスだけでジェリー状のジャムに
   すれば、もっと澄んだ綺麗な
   茜色・夕焼け色になるのでしょう。
   
 
 
 
 
さてお味は…? 
081203karin_jam 渋みが残りましたが、
 気にしないで食べられる程度。
 カリン特有の香りが爽やかで
 美味しいジャムになりました。
 果実が酸っぱかったうえ、
 レモン汁も入れていますから、
 砂糖もかなり入れたと思うのに
 しっかり酸味が効いています。
 う~ん、ワタシ好み
 
 煮詰めが足りなかったか、ちょっと柔らかめのジャムです。
 
 
本当は、買ってきてからしばらく置いて追熟させ、もっともっと香り立ってから
調理した方が良かったのかもしれませんね。この次また機会があったら、
追熟させて、こすのももっと丁寧にもったいなくないようにしよう…
でも、リンゴジャムやイチゴジャムを作るほうがずーーーっと楽ちんです。
 
「カリン(花梨)」:バラ科・ボケ属
           
 

| |

« 冬に咲いた薔薇 | トップページ | クリスマスを飾る -生花編- »

コメント

こんにちは。 おひさしぶりです。
私も、カリンを囓ったことがあります。
「こんな良い香りがするのだから・・・不味い訳がない!」という根拠のない自信を持って。
結果・・・渋~い・・・渋柿生で囓るより渋いんじゃないかと・・・

我が家は主に「ハチミツ漬け」・・・風邪予防に役立っております。

投稿: もりかみ | 2008/12/23 11:18

◆もりかみさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです~(^^)

もりかみさんもカリンを齧っての味見、されましたか。
香りを嗅ぐ限り、どれほど美味しそうかという妄想が
どんどん膨らむ果実ですよね。
見事裏切られました。まぁ、渋いとは聞いてましたけれど。
渋いうえにヤシの皮でも噛んでいるような有様には驚きました。
(イエ、ヤシの皮は噛んだことありません)

ハチミツ漬けで楽しんでいらっしゃるのですね。
やっぱり喉に良さそうですか?うちも次回はそっちにしようかな。
 

投稿: ポージィ | 2008/12/23 16:26

女性は食べ物の話で、ここまで盛り上がることが出来るのですね。
一旦欲しいと思ったものは、買わないと気がすまない。
どこかの奥さんとそっくりです。
でも、さすがに、我が家はカリンは買わないですね。
以前に一度いただいて、カリン酒にしたのですが、
そんなに美味しくなかったですので・・・・。
でも、ロッテのカリンのど飴だけは、一年中必需品です。

投稿: 鎌ちゃん | 2008/12/23 16:59

まあ、お疲れでしたね。
ポージィさん、お手ては大丈夫ですか?
硬いですものね~
花梨酒しか作ったことはないけど、輪切りにするのも
大変ですよ
そうそう、花梨は置いておくと良い香りがぷんぷん。
皮からも油が出てくるようでねっとり。
ジャムができて良かったですね。
近所でもたくさんの花梨がボタボタ落ちています。
ちょっとした花梨畑。
ただ腐らせてしまうのなら籠にでも入れて
『自由にお持ち帰りください』としておいて欲しいものです。
せっかく実をつけたのにね^^
お風呂に入れてもいいですよ。種のあたりからとろんという感じで。良い香りですね。

投稿: 池田姫 | 2008/12/23 17:30

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

あら~、なんだかすっかり呆れられてしまったみたい(^^;)

実は、私が料理の話で盛り上がるのは珍しかったりします。
男の方でも、私なんかよりはるかに料理されている方が
たくさんいらっしゃいますよ~
検索したカリンジャムのレシピも、男の方が書いたものもいくつか。

カリンは以前一度いただいて作った蜂蜜漬けが美味でしたし、
ご近所で収穫されもせず畑で朽ちているのを見ているのを
常々もったいないと思っていましたから、お店で見つけたときは
ほしい~!と思いました。
鎌ちゃんのお宅でカリン酒にされたのは美味しくありませんでしたか。
それは残念でしたね。まだ完熟していなかったのかしら? 
のど飴ではしっかりお世話になっていらっしゃるんですね(^^)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

この時作ったジャム、大事に食べてきましたがあと1回分で
ついに終わりそうです。(朝食はパン

手のご心配ありがとうございます。最近は調子いいんですよ
さすがにこの時は、包丁の背が当たるところにはくっきり跡が
ついて、手を伸ばすときにギギギ…と音がしそうでしたが~

熟してきた果実の皮の表面のぬめりはかなりのものですね。
買って来たのもぬらぬらでしたが、香りがちょっと弱かったかな。
でも、超いい加減な作り方でも無事ジャムになってくれてよかったです。

姫様のご近所でも落ちるに任せて放置されてますか。
そうそ。ご自由にどうぞ、と一言あればいただくんですけれどね。
もったいない。まぁ畑の肥やしにはなってる?

来年また売られていたら、もっと香りを楽しんでから、
カリン風呂も試してみたいです~ (←カリンのつもり)

投稿: ポージィ | 2008/12/23 18:58

うちの近所でもカリンがたくさん植えられていて、なっている実や落ちている実を横目で見ている口でした。
やっぱり生では食べにくいので放置されていることが多いのですね。
こんど手に入ったらジャムやカリン酒などを作りたいと思っていますので、今回の記事はとても参考になります。竹の子との言葉で固さの想像がつきました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2008/12/23 21:09

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのご近所にもたくさんあるのでしたね。
生で手軽に食べられないめんどくささ、渋み、切ったり皮を剥く
時の硬さなどから、放置されることが多いのでしょうね。
今回実感として分かりました。

こんないい加減な作り方でも参考になったと言っていただいて恐縮です(^^;)
切ったり皮を剥いたりの時は、気を抜かずに注意しないと
危険でもあります。私も、皮を剥いていた時、包丁の刃が勢いあまって
実を支えていた左手にぶつかってちょっと血が出ました~
とにかく硬かったです(笑)

投稿: ポージィ | 2008/12/23 22:03

私もカリンをたくさんいただいたので何にしようか迷っていました~
ジャムは苦手だし 砂糖漬けも嫌い! カリン酒も飲めないし・・・
で 先日ブロ友さんにお聞きしたら・・・

表面をきれいにした花梨をざく切りにして 種も一緒に同量の水を加えて圧力鍋で2分加圧。
急冷して煮出した液を漉す。
それにグラニュー糖を入れ丁寧に焦がさないように煮詰めるだけ
と言うレシピをいただきました~
これだ! と思っているのですが 圧力ナベが今ない!
で どうしようと思っています。

投稿: pole pole | 2008/12/23 22:11

ポージィさん、こんばんは。たしか諏訪湖の周りを取り巻く街路樹は全部カリンだと思います。その実を見るのは今回が初めてです。カンリン酒はとても有名ですよね。咳止めに効くとか。クラッカーに付けたカリンジャムの仕上がり、とろりとした照りがあってとても美味しそうです。
ご近所から鬼柚子を沢山貰ったので、私もジャム作りに挑戦しようかな、と思いました。

投稿: polo181 | 2008/12/23 22:41

いやまあ、よくこんな面倒なジャムを作られましたね。
大体切るのが硬くて大変すね。種を取り分けるのも手間がかかります。
とても作る気にならないジャムだからこそ、出来上がったときは嬉しく、それに相当美味しかったようで、パチパチパチです。
また作る意欲がおありのようで尊敬します。

投稿: tona | 2008/12/24 08:50

◆pole poleさん、ありがとうございます ♪

おぉ~ pole poleさんのもとにはたくさんのカリンが。
たくさんいただいたらいただいたで、どうしたものかと迷いそうですね。
ジャムは酸味が効いて美味でしたよ~ ちょっと渋みもありますが
大人の味ということで、気にならない程度でしたし。
 
ブログ友さんに教えていただいたのもジャムの1種ですね。
(果肉の入らないジェリー状の)
きっと綺麗なのができますよ~ って、圧力鍋が必要なんですか。
切るにはすっごく硬かったですが、鍋で煮始めたら意外と短時間で
実が柔らかく煮崩れてきましたから、普通のお鍋でも大丈夫かとも…


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
諏訪湖には、もう何年も前1回きり行ったことがあるのですが、
湖の周りの街路樹には全く気づきませんでした。カリンの街路樹、
ピンクの花の時期も緑や黄色の実のついている時期もすてきでしょうね。
カリン酒、カリン蜂蜜漬けがポピュラーですね。あ、のど飴も(^^)
以前は蜂蜜漬けに、今回はジャムにしてみましたが、どちらも美味でした。
少し残った渋みも大人の味ということで。
写真、美味しそうに見えますか?よかった~

poloさんは鬼柚子をいただいたのですね。柚子ジャムも美味しそうです~
私は、以前は柑橘系のジャムが苦手でしたが、最近だんだん
特有の苦味にも慣れ、美味しく食べられるようになりました。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

いやぁ、たまにだから、それに3個だけだったから作れたんでしょうね。
もっと個数が多かったら、手が壊れていたかもしれません(笑)
ほんと、硬かった…
硬くて手間暇もかかるから、放置され落ちるにまかされている
カリンの実が多いんだなと、今回実感しました。
初めて食べたカリンジャムは、多少渋みはあったけれど美味しかったです。
かなり酸味が効いているところが私好み♪

もう1回くらいなら作ってもいいかな、と思ってますが
(今度はもう少し丁寧に ^^;)、でもやっぱりあまりたくさん
作る気にはなれなさそうです。手が~~
 

投稿: ポージィ | 2008/12/24 09:50

カリンがジャムになるなんて、初めて知りました。
私もお味見してみたいわ~

投稿: koko | 2008/12/24 12:40

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

お、カリンジャム、初めてでいらっしゃいましたか~
私も、やたら硬い実を切りながら、これがジャムになるんかいな…
と半信半疑でしたが、ちゃんとなりました。
美味しかったですよ~
kokoさんもカリンが手に入る機会があったらぜひ

投稿: ポージィ | 2008/12/24 17:12

実は、カリンの実をいただいたのですが、時間不足にかこつけて放置しておいたら、変色してしまいました。
慌てて使えそうなところを切り出して、取り敢えずリカーに漬けてあります。
砂糖も何も無しですので、さてどうなることやらです。
香りは充分楽しみましたので、まあよしとしております(笑)。

投稿: goro’s | 2008/12/25 01:12

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

おっ、悟郎さんもカリンの実を手にしていらしたのですね!
完熟通り越して茶色くなっちゃいましたか。
救出されてリカー漬けになったカリンちゃん、いい香付けを
してくれるといいですね。甘味がないとどんななのかしら??
でも、そうそ。きっとお部屋中にカリンならではの、あの
素適な香りが漂っていたでしょうから、それだけでも十分に
楽しめましたよね。
 

投稿: ポージィ | 2008/12/25 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリンでジャムを:

« 冬に咲いた薔薇 | トップページ | クリスマスを飾る -生花編- »