« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/25

ちひさきもの 2019 夏 (1)

今日はカラリとした秋の空気の朝となりました。

日中はまだ暑くなりそうですが、秋を実感できる一日になりそうです。

 

さて、家にいた間、ほぼ引きこもり状態で過ごしてしまった今夏でしたが、
家周りの狭い範囲でも、小さな生き物たちとの出会いがありました。
(1)と(2)に分けてご紹介しようと思います。

 
あ、苦手な方はスルーしてくださいね。
 
 

190705tentoumusi

ナナホシテントウ (7/5)

結構歩くのが早くて カメラで追いかけるのが大変

 

190708kamakiri2

幼いカマキリ オオカマキリかなぁ?? (7/8)

人間で例えるなら少年期くらい?

『何か!?』 と睨まれました

大人になれたかなぁ

 

190820kanahebi2

「ニホンカナヘビ」 (8/20)

見返り美人? 窓越しに

 

190823aburazemi2

「アブラゼミ」 (8/23)

タカサゴユリの茎にとまっていました

 

190823ageha_youtyu1

「ナミアゲハ」の幼齢虫 鳥の糞様 (8/23)

「小夏」の葉の上で こんなに無防備で大丈夫?

 

190827ageha_youtyu

脱皮直後 5齢幼虫 (8/27)

 

190831namiageha_youtyu

相変わらず無防備に全身さらしている幼虫 (8/31)

この日の夜はいたのに 翌朝見たら行方不明に

蛹になる旅に出たのか 捕食されてしまったのか分からないままです

 

 

190904ageha_youtyu

がっかりしていたら また新たな幼虫発見 (9/4)

体長3㎜ あるかどうか

この段階ではまだ何アゲハか分からず

成虫まで無事に育ってね

 

 

  「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。」  - 枕草子 より -

   (なにもかも、小さいものはみなかわいらしい。)

 

  (2)に続きます (*^^*)

 
ポチッとよろしく!

| | コメント (16)

2019/09/18

これは何? ~ 土あそび ~

ポージィの、楽しみで作っている陶芸の作品、こんなものも作りましたよ。

何かわかるかしら? (^。^)

 

201811293

ジャーン!

  何だこれ???  ですよね 

201811291

「デフォルメ鳥の形の入れ物」とでもしておきましょうか

実は 作り始めは 蚊取り線香入れにしようと思っていました

でも だんだん 蚊取り線香限定じゃもったいないような気になってきて

(蚊取り線香を止める)金具の固定溝などは 付けるのやめました

こんもり花を活けても良いんじゃない? なんて思って

でも まだ蚊取り線香にも 花にも使ってないのです

20190806

蚊取り線香に使ったら こんなイメージかな

 

 

20190514coffee_dripper1

お次はこちら これは分かっていただけましたよね?

コーヒードリッパー ♪

家でずっと使ってきたものから どうにかこうにか型紙とって

(取っ手があったり凸凹しているので型紙どりも難しい)

後は自己流で 成形しました

20190514coffee_dripper3_20190903160301

下の器に どの位の量入ったか見えやすいよう

台座は一部欠かしてあります

コーヒーが落ちる穴は3つ

市販品とそう変わりなく普通に使えているので成功としましょ♪

 

 

もう一つ作った これは何?

水に関係するものです~~

201907134

じょぼじょぼじょぼじょぼ… ??

201907133

マーライオン(の つもり)です ♪

本物のとは あっちやこっちが違いますが (´∀`)

外置きのメダカ水槽に設置 時折こうして水を出して楽しみます

(ポンプではなく高低差を利用)

水を出すと メダカたちが寄ってくるそうですよ

メダカたちも楽しんでいるのでしょうか

夫からのリクエストにこたえ シンガポールのマーライオン写真を

プリントアウトしたものを見ながら作りました

これも自己流で

 

 

これにて今回のご紹介はおしまいです。

いつもながらの拙い作品を見てくださってありがとうございました。また見てくださいね。

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (30)

2019/09/11

ニゲラ ~ 実と種 ~

今年6月のフラワーアレンジメント・レッスンで、先生がご自宅で実を結んだ

「ニゲラ(黒種草=くろたねそう)」の果実を持ってきてくださいました。

「ニゲラ」の花、ご存知ですか? 自分で撮った花の写真が無かったかしらと

過去写真をずーーーっとさかのぼりましたが見当たらず、ネット上の図鑑に

リンクを貼らせていただいておきます。→ こちら

ぷっくり風船のように膨らんだ「ニゲラ」の果実もユニークで、花材としても

楽しいもの。嬉しくいただいてきてドライにしました。そして観察。

いえ、観察というほどのものじゃありませんけれど、ちょっと面白いなと

思いましたのでご紹介させていただきます。(写真クリックでもう少し大きめに)

 

 

190621nigella_mi

先生のお庭から摘まれたばかりの ニゲラの果実

(6/21)

 

 

190726nigera_mi_tane1

約ひと月後 すっかり乾いて種がこぼれ出てきました

190726nigera_mi_tane2

ツンツン突いて揺らすと ポロポロッ とこぼれ落ちます

自然の中では 風で揺れるたび 地面に落ちて蒔かれるのでしょうか

 

 

190826nigera_tane_mozi

これがこぼれ出た種

ゴマを小さくしたような形? マットな黒で表面が凸凹している? 

あまりに小さな黒で よく見えません~

けれど 別名の 「黒種草(くろたねそう)」が納得の姿でした

 

 

せっかくですから、これらの種を蒔いてもみたいのですが、何しろ日当たり悪いわが家。

仮に芽吹いても、ちゃんと育つ確率はかなり低そうです。

でもでも、もし育ったらワクワクでしょうね! 期待しないで蒔いてみましょうか♪

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (24)

2019/09/04

タカサゴユリ 2019

先日アップの「オニユリ」が咲き終わると、次いで「タカサゴユリ」たちが

順次咲き始めました。

「オニユリ」はムカゴを鉢に埋めましたが、こちら「タカサゴユリ」は、

庭に生えているもの、鉢に生えているもの、全て自然に生え育ったものです。

鉢に生えてきたものは、元々植えてある植物と一緒に水や肥料を貰えて

いますけれど (*^.^*)

 

日当たりの悪さゆえか、年々縮小傾向のわが家のタカサゴさんたちですが、

今年は咲いてみたら花が上手く形作られていなかった‥というものが増えて

いました。蕾の状態では何ら異変は見られなかったというものでも。

写真も、例年以上に なんだかなー というものしか撮れませんでしたが、

楽しませてもらってせっかくなので、やっぱり記事に。

よければ見てやってくださいね。(定点観測ではなく被写体はいろいろです)

 

190803takasagoyuri1

蕾が顔を見せ始めました 最初は上向きです

 

190819takasagoyuri3

蕾が長く伸びるにつれ やがて下向きに

今にも咲きはじめそう!!

 

190819takasagoyuri5

咲きました♪ 少し俯き加減に

 テッポウユリそっくりですが 茎には細い葉がたくさん!

シンテッポウユリ(テッポウユリとタカサゴユリの自然交配種)

かもしれませんが タカサゴユリ ということにしています

 

190820takasagoyuri2

咲いたばかりのオシベには黄色の花粉がいっぱい

オニユリは暗紫色でしたね

ユリの花粉は服に着くと取れ難くてやっかい 気を付けないと!

 

190819takasagoyuri4
後ろ姿

ユリの花は 外花被3枚 と 内花被3枚 からできていて

外花被は 萼 に相当し 内花被は 花弁 に相当します

 

ここまでは わが家の庭や鉢に咲いた子たち(8/3~20に撮影)

 

 

190818takasagoyuri_kinnzyo1

こちらは ご近所の畑に咲いた子たちです

花被の外側に わが家のにはない 赤茶色の筋があります

 

わが家の今年の「タカサゴユリ」たちは、9/2にはみな咲き終え散ってしまいました。

8月下旬になってやっと咲き始めた年もあったことを思うと、ちょっと早めの開花

だったように思います。

白い清楚なこのユリのこと、これといったお世話はしないけれど、大切に思っていて、

毎年心待ちにしています。 好き勝手な所に生えてて荒れ庭の相だけどいいの~(笑)

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (23)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »